トピックス


さくらモーニングクルーズは毎月第1日曜日に開催しています。詳細はFacebookイベントページにて御覧ください。

おめでとう!ヤマハSR40周年

2018年09月21日 08:00

SRが帰ってきました。40周年を記念したモデルとともに!

img102.jpg

お馴染みのサンバーストカラーにゴールドのスポークウィール。記念バッジが誇らしげに輝く限定モデルは500台発売されるそうです。

img32.jpg

標準カラーはブラックとこのブルー。絶妙な色合いでブラウンとシートと相まって魅力的ですね。新車の価格ってどれくらいなんだろう?って調べたら57万2400円ですって。前回から2万円アップでなんとか納めたみたい。それなりに高価なオートバイになりましたね。こんなクラシックなオートバイを新車で購入できる(=旧車乗りにとっても部品が流用できる)のは嬉しい限りです。

YAMAHA SR400 DIRT TRACKER CUSTOM

4気筒のオートバイからSRにはじめて乗った時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。ピストン一発、一発の爆発と共にアスファルトを後輪が蹴っ飛ばして進んでいく感覚。もうそれからシングルとかツインのバイクしかダメになりました。キックスタートしかない不便さ、振動で落ちていく部品、痺れる体、アンダーパワー・・・それらもなんだか悪くないと思わせる魅力があります。

YAMAHA SR400

またそのオーソドックスな構成でオートバイをいじる楽しみも教えてくれました。ロングタンクにセパハンでロッカーズを気取り、ミニタンクとトラッカーシートで70年代スタイルのストリートトラッカーを下駄にする。

YAMAHA SR400

SRカスタムの知識は深まり共有されて、そこからさらに新しいスタイルが生まれる・・・そんなサイクルの中で遊べたことを幸せに思います。そしてそんな楽しみが受け継がれることを期待して。

おめでとう、そしてありがとう。YAMAHA SR 40周年

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

自転車ショップとハウスインナー®

2018年09月20日 11:44

東急ハンズ渋谷店でご活用いただいているハウスインナー®。店舗内でお引越しをしました。

ハンズ 自転車売り場

ハンズの定休日に合わせてハウスインナー®の分解、移動、組み立ての作業を承りました。新たに設置したのは自転車売り場。ハウスインナー®の成り立ちからするとまさにドストライクな活躍の場。どんな分にハウスインナー®をご利用いただけるのか、ワクワクしながらこの日はハンズを後にします。

後日改めてお伺いするとメカニックスペース兼展示スペースになっていましたよ。

hi_bikesale11.jpg

機能的に並べられた工具類。ライティングレールによって照明を自由にレイアウトできるので作業時の手元灯も展示品へのスポットライトも自由自在です。

hi_bikesale22.jpg

お客様の視線を遮ることなく、緩やかに作業スペースと展示スペースをゾーニングをしてあります。自転車本体位以外のアクサセリーも同時に展示することによって世界感を演出することができますね。

hi_bikesale33.jpg

ハウスインナー®は、今まで世の中になかったシステム。使いこなすにはちょっとコツがいるかもしれません。しかし、日頃空間作りに悩まれていたり、様々な課題をお持ちの方には「あ!」とひらめく瞬間が訪れるものだと信じでいます。あなたの課題をご相談いただければ、私たちの経験とアイデア、ハウスインナー®の機能で楽しい解決方法があるかもしれません。穂興味のある方はぜひお問い合わせください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

クルマを自転車に置き換えるサイクリング

2018年09月19日 14:57

近所を散策する街乗り自転車が完成したら試運転。いつもはついクルマを使ってしまう買い物も自転車で。クルマやオートバイは行動範囲を劇的に広げてはくれますが、自転車は行動範囲内を濃密に知ることができます。

42944590090_c81fe25093_z.jpg

大人になってから移り住んだ街って近所のことを知っているようで知らないでしょ?私は朝のランニングや街乗り自転車があるのでクルマではわざわざ入らない小道に分け入り「ココとココが繋がってるんだ!」とか「こんな小さなお地蔵さんがあった!」などちょっとした発見に感動をしています。

IMG_1992

歴史のある自動車工場脇のバックヤードには退役したレッカー車が置いてありました。当時はレッカー作業も請け負っていた自動車工場なのでしょう。

デボネア

違う工場の裏手にはデボネアが。これからレストアされてファンの手元に届くのかな。

寄り道していたら危うくゲリラ豪雨に襲われるところでした(笑)なんでもない休日の午後。ちょっとした目的地を設定して自由に散策してみる。山に登ったり、100キロ走るのもそれはそれで良いのですが、こんなお手軽サイクリングも楽しいんですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

こだわりの街乗りバイクを組みました

2018年09月18日 14:52

数年前に「もう乗らないから」と古いロードバイクを譲り受けました。思い出話を聞いてみると、購入当時大事にしながらも、いろいろな所に連れて行った思い出が詰まった大事な自転車だってことが伝わってきました。以前同じようにもらってきた三連勝(ロードバイク)のようにレストアしてようと思ったのですが、普通にロードバイクとして組んでもあまり乗らないことがわかっていたので考えがまとまらず・・・フレームの状態で48HQに飾ってありました。

promiyata

その間も私のガレージには使わなくなった自転車部品が増えていきました。その都度処分はしていますが、それでも気がついたらそれなりに。それらを見ていて思いついたんです。手持ちのパーツを活用してフラッと街乗りできる自転車を組もうって。ロードバイク(長い距離を効率良く走る)、マウンテンバイク(山道を楽しむ)、シクロクロス(レース用)、タンデムバイク(2人乗り)と所有していますが、街乗り用途にはまだこれといったバイクがなかったんですよ。ラストピースを埋める1台を、冷蔵庫の残り物で料理をするように生み出そうって魂胆。

街乗りバイクって何?
一言で言っても街乗りバイクってなんぞや?って思われるかな。言うなればママチャリ(軽快車)ですね。だからと言ってカゴもなければ、スタンドもないし泥除けだって付いていませんが、ママチャリのように気軽に扱えるのが大事。

IMG_1921 2

80年代のロードフレームなので、現在とは規格に大きな違いがあります。簡単にポン付けとはいきませんが、コンバーターなどを使ったり、ちょっと工夫したりして部品を取り付けていきました。

IMG_1901.jpg

古いフレームの場合、リアエンドの幅の違いが問題になります。ホイールが余っていてもそのままでは取り付けられない場合がほとんど。ホイールハブを加工するか、フレームの幅を広げる作業が必要になりますが、今回はフレーム側を広げて対処しました。
また多段ギヤにするくらいの部品もあったのですが、今回はメンテナンスフリー化を目指してシングルギアにしています。変速が全くない自転車ってことですね。

miyatafbar.jpg

フロントのチェーンリングもアウター側を外してインナーのみに。ペダルはビンディングではなくフラットペダル。それ以外も手持ちのパーツを中心に組み付け。ワイヤーとかブレーキシューなんかは新品にしてあります。

Le Tour de Franceを制するために本気で作っていた時代のクロモリフレームを下駄にする。なんて贅沢でしょう。それでいて派手さはないので街乗りに大事なステルス機能も備わっていると思います。

わかる人にはわかる街乗りバイク。今度、さくらモーニングクルーズに乗っていきますね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ミラーレス車が市販化へ!

2018年09月13日 08:00

ついにサイドミラーを装備しないクルマが市販化されるようですね。一般的にミラーレス車と呼ばれ、今まで後方の確認には鏡の反射を使っていましたが、それをカメラとモニターに置き換えたシステムです。要はバックモニターのサイドバージョンですね。

003-20180910231651-900x507.jpg
参考:ウワサの最新装備がついに搭載! 新型レクサスESに量産車として初となるデジタルアウターミラーを採用より

このブログでも2016年の記事でミラーレス車の基準ができるニュースをお伝えしました。確かカメラの位置は従来通りのドアミラー付近に取り付けて、モニターもAピラー付近に取り付ける基準があるんですよね。ドライバーの運転習慣を変えずに違和感なく移行するのが目的だと思います。

alfa-romeo-4c.jpg

本来ならスタイリング的にも空力的にもすれ違い的にも邪魔なミラー(カメラ)がもっと違う場所で目立たなく機能してくれたらいいのにな。フェンダーミラーからドアミラーに対応できたんだし、気を使うのはモニターの位置だと思うんだけど。まぁ、小型化されるだけでもスタイリング的には大きいと思いますけどね。

asayake.jpg

鏡からモニターとミラーになる事でタイムラグや距離感などに違和感を覚えることもあると思いますが、それよりもデジタルならではの機能がどんどん加えられてなくてはならないものになるんでしょうね。思い浮かぶだけでもナイトビューやバックモニターのようなガイドライン、ウインカーや速度と連動して拡大などもするかもしれません。

KTM

この流れはオートバイにもやってくると思うのですが、オートバイの場合はカメラ位置どうするんだろう。ナンバーの近くで超広角なバックモニターでは距離感が掴めないだろうから、やはり従来のミラー位置にカメラ取り付けて、モニターはメーターASSYみたいな感じかな。

HONDA

カウリング付きのオートバイなら自由度あるから、まずはスクーター系から移行していくのかもしれませんね。するともっと自由度のない自転車だとヘルメットにカメラとモニターつけた方が早そうだな・・・とかいろいろ妄想が膨らんできます。

どんな進化を遂げて、それをどんな風に受け入れていくのか。アポロウインカーがなくなったように、サイドミラーが過去の遺物になる時代があっという間に来るのかもしれませんね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!