トピックス


さくらモーニングクルーズは基本毎月第一日曜日に権現堂公園(埼玉県幸手市)で開催していますが、会場の都合で変更する場合があります。詳しくはこのブログ、または48PRODUCT FBイベントページでご確認ください。

4月21日(日)はさくらモーニングクルーズ Vol.134ですよ!

2024年04月19日 16:32

権現堂公園駐車場(埼玉県幸手市)で開催します!
sakuramc_wide.png

毎月第一日曜日のお楽しみ。4月はさくら祭りの関係で変則的スケジュール21日に134回目のさくらモーニングクルーズを開催します。

参加者はまず会場入場口で参加料を200円お支払い下さい。
sakura_uketuke.jpg

集めたお金は会場使用料など運営費用として使う他、災害等の支援金として使っていますす。会場を借りる際、おおまかな参加台数を申告して専有スペースを計算し会場使用料を支払っている事、何か問題があった時にさくらモーニングクルーズとして管理責任が問われることなども考慮して、さくらモーニングクルーズエリアを明確にするようにしています。
最近、参加台数と徴収させていただいた参加料金にだいぶ開きがあります。支払うのを忘れてしまう方もいるでしょう。ちょっと離れたところにさくらモーニングクルーズの参加者と思われるクルマが停まっているのも散見されます。
精神はフリーミーティングですが、運営に関して最低限のルールを設けています。これからも永く続けていくためにご理解のほどよろしくお願いします。

※さくらモーニングクルーズ世話人は大見(ケータハムセブン)、大村(ケータハムセブン)、大久保(カングー)、山田(VW BUS)、住田(LOTUS SEVEN)の5名です。

sankahi.jpg

さくらモーニングクルーズの開催について、このブログでは開催される前の金曜日に発表をしていますが、Facebookのイベントページでは会場が予約できた時点でアップしています。(Facebookに登録していなくても閲覧可)これまでは第一日曜日にこだわり権現堂が使えない場合は他の会場を探していましたが、増加した参加台数を受けいれることができる会場がないなどの問題もあり、開催日をスライドしなるべく権現堂で開催するようにします。

Facebookイベントページへ

天候不良の際などは中止にする場合があります。中止の場合はヨンパチのツイッターやFacebookにて告知します。ぜひチェック。フォローして下さい。

365314817_7384158728266530_1803843876697736985_n.jpeg

#さくらモーニングクルーズ 
ぜひ #さくらモーニングクルーズ でシェアをお願いします。さくらモーニングクルーズのレポートブログで使わせてもらえれば幸いです。よろしくお願いします。

来月の情報などは決まり次第Facebookのイベントページで告知します。また来月お会いしましょう。

48baner.gif

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



修理は癒し

2024年04月17日 11:14

最近若者の間で古着が流行っているそうです。個人的な感覚では古着って流行るとかそんなレベルじゃなくてずっと選択肢としてあるもんだと思っていたのですが、ファストファッションで育った世代の感覚を想像するとそれもわかる気がします。それより驚いたのはつい最近としか思えない90年代の洋服がビンテージとして扱われていることなんですけどね。これが年齢を重ねるってことですか。

xs650splcherryb.jpg

クルマやオートバイもそう。80年代なんて聞くと反射的に「新しい」と思ってしまいます。この最終型のXS650スペシャルも1980年式なので44年前の個体。エンジンの基本設計を考えると50年以上前になります。

maintenance_motoi2.jpeg

1998年に購入してカスタムのついでにメンテをしながら乗り回し、その後14年間寝かしていたので乗り始めてからも色々気になる部分が出てきては消していく作業。

maintenance_motoi3.jpeg

LEDなど離れていた間に一般化された部品などを取り入れつつモダン化にも挑戦しましたが結局は元に戻す事も少なくありません。その遠回りもまた楽しい。

maintenance_motoi1.jpeg

48HQショールームに置いていた時に漏れたフロントフォークの修理も進めています。

maintenance_motoi4.jpeg

予備のフロントフォークがあるのでそれをオーバーホール。

maintenance_motoi5.jpeg

ただそのまま仕上げるのも面白くないのでアウターチューブを塗装。ダストカバーをブーツタイプに変更したり・・・

maintenance_motoi6.jpeg

内部パーツを追加してローダウン加工もしてみました。

maintenance_motoi8.jpeg

フォークの準備ができたところで車体側をバラします。フォークを外したついでにゴリゴリと引っ掛かりのあったステアリングの修理。バラしてみるとボールの数は少ないしレースにしっかりと打痕が残っていました。ダメ元で清掃、グリスアップして組み付けてみましたがやっぱりダメ。部品を注文します。

maintenance_motoi7.jpeg

これをやるならあれも、それならついでにあっちも・・・と作業は続きます。その度に部品や工具が足りなくなったりするのですがガレージがあるおかげで作業を中断してそのままにしておけるし、ハウスインナー®があるおかげで三叉についている電関関係をバラさずに吊っておけます。

乗るのがメインの方からすると苦行に見えるようですが、手を入れたら確実に良くなる整備作業はただただ癒しなんですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

ssalebaner.jpg
ケーターハム・スーパーセブン用ビキニトップ「レイジートップ」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

桜ハンティング

2024年04月08日 15:20

例年よりもかなり遅めの開花になりましたね。都内はもう満開のようですが、我が家の周りは今週中から末がピークかな。

IMG_4611.jpeg
from めっちゃ近所

桜の名所に行くのもありですが、日本全国桜はそこらじゅうに咲いています。それがたった数メートルの桜のトンネルでも、たった1本の古木でも。自分だけの名所を毎年確認しに行くなんて人も多いんじゃないかな。私は完全に後者。昨日は以前住んでいた地域の桜をハンティングしてきました。

ちなみにさくらモーニングクルーズの会場でお馴染みの権現堂桜堤のさくら祭りも1週間延長して今週末まで開催されるようです。桜の時期に一度も行ったことがなければ覚悟を決めてトライしてみては?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

ssalebaner.jpg
ケーターハム・スーパーセブン用ビキニトップ「レイジートップ」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!





さくらモーニングクルーズのスケジュールについて

2024年04月03日 11:30

毎月第一日曜日を基本に開催しているさくらモーニングクルーズですが、毎年4月は会場の権現堂公園が全国的に有名な桜の名所であり会場を借りることができないのでスケジュールを変更しています。よって次回のさくらモーニングクルーズは4月21日です。

さくらモーニングクルーズのスケジュールなどのお知らせはこのブログの他にFacebookイベントページにて告知しています。Facebookアカウントがなくても確認することが可能なのでコチラのリンクからチェックをよろしくお願いします。

fbiventpage.png

現在決定しているのは4月21日と5月5日です。日程近いところでの開催となります。近所の方ならどうせ観光地は渋滞しているしさくらモーニングクルーズへ!ってパターンもあるしょう。また遠くにお住まいの方がゴールデンウィークの連休を利用して遠征参加なんてパターンもあるのかな。

さくらモーニングクルーズ113

変則的な日程になるので情報のシェアをよろしくお願いします!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

ssalebaner.jpg
ケーターハム・スーパーセブン用ビキニトップ「レイジートップ」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

RIDE and CAMP and RACE

2024年03月26日 08:30

モーターサイクルショーの翌日。新しいオートバイ業界トレンドも気にしつつ本当に興味があるのはこちら。

千里浜で始まったビーチで開催されるビンテージモーターサイクルのミニドラッグレース。もう開催がスタートして10年が経ったそう。数年前から茨城大洗サンビーチでも開催されるようになりました。残念ながら私のオートバイはレギュレーションに適合しないのですが、友人のTriumphがギリギリオープンクラスなら出場できるって事でサポートメンバーとして行ってきました。

参考:SUN BEACH SAND FLAT'S公式サイト

pamorning.png

一般的に会場までトランポでマシンを運ぶのが一般的。ただレースでのリスクはさておき、公道を走るにはイリーガルなレース仕様に仕上げているなら運ぶしか術はありませんが、ストリート仕様で走るなら自走で行っちゃう方が草レースを楽しむ精神としてありかな?って事で自走して、会場近くでキャンプして実際にレースを走る方向で計画しました。初日の雨は大誤算でしたけどね。そんなわけで土曜日の練習走行は回避して日曜日の本番に挑みます。

DSC05601.jpg

会場について灯火装置やミラー、ナンバーなどを外しゼッケンを取り付けてレース仕様に仕上げます。受付で聞いてみるとこれまで1人だけ自走できた選手がいたそうですが、それくらい異例のことらしいです・・・確かに他の参加チームを見渡せばこの特殊なレースに合わせて仕上げてきたマシンばかり。ストリート仕様を事前にカスタムしている選手はもちろん、完全にレーサーって感じのマシンもちらほら。

DSC05594.jpg

キックスタンドないし、このタイヤで走ってくるのはしんどいですよね

DSC05514.jpg

ホットロッドクラスもあり。SCNではショーカーとして展示されていたロードスターが本気で走るところを見られます

DSC05575-2.jpg

レースの方は予選と敗者復活戦と最低2本は走ることができます。結果の方は・・・それは置いといて、このようなイベントをどうやって楽しむか?まずはこれくらいのノリで遊ばせてもらってもいいんだよってことが伝われば成功です。来年はサンドタイヤを履かせてトランポで搬入すると言ってますけどね(笑)

サンビーチサンドフラッツの写真はコチラ(102Pics)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

ssalebaner.jpg
ケーターハム・スーパーセブン用ビキニトップ「レイジートップ」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!