トピックス


さくらモーニングクルーズは毎月第1日曜日に開催しています。詳細はFacebookイベントページにて御覧ください。

自己満足

2020年01月24日 08:00

先日、ガレージで整備をしていた際に工具が破損してしまいました。しかし、私が愛用しているのはSNAP-ONの製品ばかり。これらには永久保証が約束されていて、破損したら無料で交換してもらえる・・・と思っていました。

snapon_toolbox.jpg

タフで高品質な工具なので壊れることはそう多くはありませんが、現役で整備をしていた特に、工具を無償交換してもらったことが何度かあります。週に一度来るスナップオンのバンに自分の手帳(購入日や工具の名前が記載されている)と破損した工具を持っていけば、そのまま新品と交換してもらえました。工具の破損で仕事が止まることを最低限に抑え、貴重な休日を工具の購入に費やす必要もありません。バンセールスと永久保証は、比較的高額な工具を購入するのに十分なメリットでした。キャビネットの薄い引き出しを開けると、眩いほどにメッキ処理されたツールがぎっしりと整理して並んでいる。それは確かな技術と工具でお客様に完璧なサービスを提供する整備士の誇りの現れであるのと同時に、自己満足のひとつだったと思います。

フリーゾーン

様々な環境の変化を考慮すると仕方がないことなんだと思いますが、今はその保証制度も変わってしまったようです。破損した工具の代わりは他のメーカーでもいいかな?と悩みつつ補充はまだしていません。

HOUSE INNER TOOL BOX RED
アマチュアだからこ工具や環境にこだわる

ただ、アマチュアだからこそ、どの工具でどんな整備をするか効率を考えずに自分の満足度だけに注視して選べる贅沢も持ち合わせています。問題を解決できるだけでいいのか?どうせなら所有感を満足させ、心地良い握り心地の工具をしたいですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



技術革新を止めるな!

2020年01月23日 08:00

陸上界が揺れていますね。ナイキ社の厚底シューズがトップランナーのシェアを独占して、新たな記録を連発。非公認ながら人類初のマラソン2時間切りを達成しました。問題が厚底となっていますが、実際はミッドソール内部に仕込まれたカーボンプレートによる反発力が鍵だと思われます。ただ、カーボンプレートに関しては短距離用のシューズには既に採用されていて、そこを禁止にするのは難しいなどの事情があるとか。義足カーボンブレードについても不問になった過去もあります。そこで厚底に焦点を当てて問題定義している感じでしょうか。

ELI7957-1.jpg

少し前まで次トップランナー用のマラソンシューズは、足形計測をして作るフルオーダーで薄いソールに軽量なアッパーでした。厚底は不公平と言われていますが、誰でも手に入る市販品を履いて記録を出していることからそれには当たらない気がします。むしろフルオーダーの方が不公平ですよね。

IMG_5235.jpg

ほんの少し前。トップ選手は薄いソールが当たり前でしたが、一般ランナーの間でも裸足感覚のランニング(ベアフットラン)が注目されました。48HQでもランニング用サンダル「ワラーチ」製作のワークショップをやっています。メキシコの山岳民族がウルトラマラソンで驚異的な成績を叩き出したことからはじまったこのムーブメントは、ラグジーなクッションこそ人間本来の走る力を退化させる原因だと敬遠されたのです。確かにただフカフカのクッションは安定感の欠如から膝を壊す原因にもなるし、反発力も吸収されるので速く走れません。重量も嵩むでしょう。

30287201836_3476f7719a_c.jpg

そんな時代にいち早く新時代の厚底ソールを世に送り出したのがHOKA ONE ONEです。独自のソール形状で足が自然と前に出る感覚も味わえました。自転車仲間で膝などが悪く長距離のランを諦めていた友人もこのシューズでまた走り出すことができたと喜んでいます。

レーザーレーサーやスラップスケートなどこれまでも同じように問題になり禁止されたスポーツ道具はあります。ただ、今回は禁止にする根拠がかなり薄いと思うんですよね。今はナイキ社が独占していますが、特許で独占しているわけでもないので他のメーカーもだまっていないでしょう。自動車やオートバイレースでもそうですが、レギュレーションの解釈でギリギリをせめて研究開発がなされます。それもひとつの楽しみじゃないですか。用品開発の部分でも正当な競争が行われ、認められることを願います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

モニターマウント

2020年01月22日 08:00

48HQにて展示&活用中のハウスインナー®。工具のパネル収納は何度か紹介していますが、こちら面はまだ紹介してなかったかな。

hi_3dp.jpeg
現在は、左側に3Dプリンターを設置、右には液晶モニターと折りたたみテーブルを設置しています。

IMG_2457.jpeg

液晶モニターのステーはスイング式の市販品。穴位置が合わなかったので、少しだけ加工して取り付けています。

IMG_2458.jpeg

作業場所に合わせて見やすい位置に画面を向けられるのでとても便利。市販品を流用して簡単DIY。これはガッチリとしたフレームがあるからこそのお手軽感だと思います。ハウスインナー®専用部品はあまり多くはありませんが、このような遊び方ができる方には十分価値がわかっていただけると思います。逆に専用部品が必要だと感じる方にはハウスインナー®は持て余してしまうのかもしれませんね。

hi_v2_1.jpg

よりシンプルに未完成を突き詰めたのが新型のハウスインナー®です。あなたのアイデアであなたの描く完成品に育ててください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

John Wick

2020年01月21日 08:00

マトリックスに続きキアヌ・リーヴスの代表作となったジョンウィックシリーズ。一言で言ってしまえば元殺し屋の復讐劇。ガンアクションや近接格闘の部分で見どころたっぷりの本作ですが、その復讐の螺旋のキッカケは1台の車とワンちゃん。絶望の中にささやかな希望を感じた冒頭のシークエンスだけ2時間み続けたいと思ってしまいました。

1969 Ford Mustang Mach 1
john_mach1.jpg

ジョンの愛車はマスタングのマッハ1。タイヤとホイールのチョイスや車高のバランスなどバッチリのビューティフルコンディション。「車が恋人なんてダメよ」と病気で亡くなった奥様から遺言と子犬が送られてくるところから物語ははじまります。

1970 Chevrolet Chevelle SS 396
7967980958_692bb8a1a7_c.jpg

劇中では黒か紺色っぽいボディーに白いストライプのシェベルが登場。愛車が盗まれたので「車が必要だ」と借りるのがこのシェベル。映画「アウトロー」でもトム
・クルーズがドライブしていましたね。

DSC_0009

12月には同じ顔したエルカミーノがさくらモーニングクルーズに参加してくれました。排ガス規制によって牙を抜かれる直前の黄金期。ハリウッド映画の主人公はこれからも70年以前のクルマに乗るのでしょう。

2011 Dodge Charger
vlcsnap-2015-01-16-22h57m33s56.jpg

すったもんだあって、またまたクルマが必要に。そこで用意されていたのがダッジ・チャージャーでした。

5203563420_2dbdd41bf2_c.jpg

ここでも70年式のチャージャーにして欲しかったけど、物語の流れとしては現行型が自然でしたね。

最初にも書きましたが、ガンアクション、カーアクション、近接格闘のどれもカッコ良くて犬も可愛い。今までなんで見てなかったのだろうか。シリーズ2作目まで同じテンションで見ました。3作目も楽しみです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®に木製ルーバーを追加

2020年01月20日 15:28

匠大塚さんお取り扱いの美しい一枚板の天板を載せるために特注サイズで製作したハウスインナー®。

hi_shosai2.jpg

今回はサイドパネル取り付け部分に木製ルーバーを取り付けてみました。

IMG_2438.jpeg

2本で1組の木製ルーバー。今回は左側に2組取り付けてみました。

hi_rb.jpeg

ハウスインナー®への組み付けは専用のL型金具でボルトオンです。空間を緩やかに仕切る役目以外にも、この木製ルーバーにフックなどを取り付けてもいし、木ネジを使って様々なアイテムを自由に固定するなんてこともできます。堅牢なスチールフレームやブラケットに木製パネルのコンビネーションはDIYでアレンジするのも簡単で好評です。

hi_rb2.jpeg

今まではどちらかと言うと設備に近い寸法でしたが、この大きさだと個人で使う家具の範疇に収まっている感じがします。部屋を丸ごとシステムラックにするのがハウスインナー®なら、それをデスク周りに限定したのがこの商品。同じようにベッドサイドやキッチン、TV周辺や子供部屋などシチュエーションを限定すると見えてくることがあります。

ぜひ、匠大塚春日部本店でハウスインナー®をご覧ください。正面入口から入ってすぐ左側に置いてあります。(2020/1/20現在)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!