トピックス


さくらモーニングクルーズは毎月第1日曜日に開催しています。詳細はFacebookイベントページにて御覧ください。

2018 STREET CAR NATIONALS

2018年05月21日 12:01

今年も参加してきましたよ。さくらモーニングクルーズ以外で唯一の恒例行事「MOONEYES STREET CAR NATIONALS」に。お天気が心配でしたが、当日は強い日差しと爽やかな風で、お台場がカリフォルニアになったようでした。

サニーカリフォルニア ムーンアイズ

しかし、今年はエントリー車両の入場が大混乱でした。列に並んでから会場入りまで3時間!エントリー者に送られてくる当日の搬入要領に従いじっと我慢。私はハンドルを握っていたわけではないので、途中クルマから降りて合流ポイントとかいろいろ観察をしましたが、スタッフの制止、注意を無視して途中から列に入るクルマがチラホラと・・・そうやって横入りして入場したイベントは楽しめたのかな・・・。

お台場青海駐車場

確か1300台のエントリーにその他物販や関係車両の動線に一般駐車場の動線も重なってしまうこの状況。抜本的な対策は難しいとしても小さい事の積み重ねでもう少しよく出来そう。いろいろ考えるキッカケになりました。

DSC_0006

一般入場が開始されてしばらくしてからやっと会場にクルマを並べることができました。幸いベストポジションで持参したチェアを並べるスペースもあって結果オーライな感じに。

DSC_0012

いつもなら一般入場が始まる空いている時間に撮影枚数を稼ぐのですが、今年はそれができず。でも一応会場は全体的に歩き回って人の流れが途切れるのをまって撮影してきました。

DSC_0062

アワードを受賞していたバキュームカー。ベースはいすゞのトラックですが、ペイントでこれだけイメージが変わる好例ですね。クルマがこれだけキレイならキレイな仕事をしてくれそうだし。

DSC_0038

ちょい古いライトエースです。友人が家業で使ってたライトエースがまんまこれだったのでとても懐かしく、同時に時代が1周してとても新鮮な感じ。元々ベッド下のスカート部分がカスタムチックだと認識していましたが、ライトカスタムでここまでクールになるんですね。これは朗報ですよ!

DSC_0050

ちょい古いワンボックスのカスタムもこなれてきてどれもカッコヨクなりましたね。古いキャラバンとかベース車に凝らなくてもカラーリングとちょっとしたアクセサリー、ホイール、車高のバランスでまとまる感じ。自転車好きでトランポ検討している人は参考になるかも。

DSC_0079

シンプルでクリーンでいいですね。最近ブロンコがモテモテですけど、高年式で気軽に乗れるラングラーをベースに仕上げていくのも面白そう。

DSC_0077

面白いと思ったのがこのボンネットの処理。裏側の補強だけで外板をとっぱらったスケルトン仕様。ナイスアイデア。

DSC_0032

プレジデントとか・・・

DSC_0029

サニーもカッコイイ。

IMG_5985

32回目となったストリートカーナショナルズ。日本のカスタムカーカルチェーを育んできたこのイベントも東京五輪の影響で来年以降の開催は不透明な状況のようです。もしSCNが継続出来なくてもせっかく根付いてきたこのカルチェーを大切に守っていこう・・・そんな想いが込められたHRCSステッカー ”TAISETSUNI” が配布されました。このバトンを繋ぐのは私たちです。

なんだか偏った紹介になりましたが、それ以外にも撮影してきたのでFlickr!アルバムをご覧下さい(105Pics)。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

日曜日はストリートカーナショナルズです

2018年05月18日 16:07

日曜日はお台場青海駐車場にてMOONEYES STREET CAR NATIONALSが開催されます。

fleetline_in_tokyohighway.jpg

ヨンパチフリートラインにとっての恒例行事。今年もエントリーをしました。

IMG_9482

両サイドに貼ってきたエントリーステッカーもそろそろ貼るところが狭くなってきました。

DSC_0008

今年はどんなクルマに出会えるのでしょうか?とても楽しみです。天気予報も回復に向かってきてひと安心。このイベント、私たちがさくらモーニングクルーズを始めるにあたりすごく参考にしたマインドのある素晴らしいイベントです。アメリカ車イベントだから関係ないなんて言わずに、ぜひ空気を感じてみることをおすすめします。

DSC_0077

会場でお会いしましょう!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®&ハンモックチェア再び

2018年05月17日 14:18

匠大塚春日部本店で開催したクラシックカーフェスがを終わって10日ほど経ちますが、ハウスインナー®と数台のクラシックカーはそのまま展示を継続しております。ハウスインナー®のところには80年代のロードバイクを2台展示してあるのですが、今日ちょっとアレンジをしてきました。

ハンモックスタンド ハウスインナー®

チェアタイプのハンモックをぶら下げてきました。ハウスインナー®の特徴の一つが一番ダイレクトに伝わる使い方。手軽に体感していただくにはピッタリです。

hi_eyebolt.jpg

以前からハンモックチェアを使ってデモをしていました。ハウスインナー®への接続は梁に直接ベルトを引っ掛けていましたが、今回は設定されている8mmの埋め込みナットにアイボルトを取り付けてカラビナで。ハウスインナー®はこんな使い方ができちゃいます。

正面玄関から入ってすぐの場所に展示をしていますので、ぜひハウスインナー®&ハンモックチェアを体感して下さい。さらに、今日から二日間匠大塚×KEN OKUYAMA DESIGNの新ブランド・新作発表会をするそうです。この機会にぜひ!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

NSXで6ホイールライフ

2018年05月16日 15:47

過去記事「マッスルカーがチームカーに」でも取り上げましたが、自転車ロードレースのチームカーを使ってプロモーションを行う機会が増えてきました。ユーティリティーカーを使うのが常ですが、タイムトライアルやプロモーション映像などシーンを限定して高性能スポーツカーを使うケースもあります。

jaguarFsky.jpg
過去記事:「マッスルカーがチームカーに」

自転車ロードレースでも東京五輪に向けてオールジャパンチームは結成されて日本の高性能スポーツカーが使われたら・・・そんな妄想をしていました。残念ながら五輪への対策でロードレース強化は見捨てられ(そのように見えます)メダル奪取の可能性が比較的高いトラックに予算が振り分けられている気がします。コースについてもいろいろ言いたいことがありますが、長くなるのでこの辺で(苦笑)

オールジャパンチーム発高性能日本スポーツカーをチームカーでデビューさせる妄想は妄想のままですが、アメリカのプロチーム「Rally Cycling」がNSXをチームカーに採用したようですね。チームのサイトを見るとパートナー企業のページにしっかりACURAの名前がありました。



チームカラーにペイントかラッピングされたNSXカッコイイですね。

acurardx.png
Rally Cycling-ACURAより

普段のチームカーはRDXを使っているみたいです。過去にも日本のメーカーがスポンサードすることは何度もありましたが、現地法人主導で行っているパターンがほとんどで日本のプロモーションで知らされことはまずありません。なんだかもったいないなぁと思ってしまいます。

6ホイールに使うクルマは向いてなければ向いてないほど面白い。ユーティリティを無視した提案にしびれるのです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハンドル位置と日本仕様

2018年05月15日 10:57

Webメディアのクリッカー記事左側通行で左ハンドル? 日本仕様なら右ハンドルにすべし!【ココがおかしい日本のクルマ&交通事情・第二回】で"おかしなことが当たり前に扱われている日本の自動車社会のあれこれを、自動車ジャーナリストの諸星陽一がぶった切ります。"だそうです。
ハンドル位置について、左ハンドルで設計された車は、そもそも左ハンドルで乗ったほうが良い事が多いのもあるが、日本の道路事情であれば右ハンドルにして、ウインカー位置などもちゃんと日本仕様にして輸入するべきだって意見のようですね。

自国のハンドル位置(右側通行なら左ハンドル)と逆向きのハンドル位置が許されない国も多く存在します。日本も外圧に負けることなく、そういう方向性を打ち出していってほしいものです。ウインカーレバーの位置も含めて。



右ハンドル 英国者

クラシックカーの場合、英国車ユーザーはやはり本国仕様の右ハンドル仕様に憧れるし、まだ右ハンドル仕様がこなれていなかった頃の左ハンドル仕様はそのまま左で乗った方がドラポジに無理がないし、ブレーキのフィーリングなんか特に違和感が出たりね。基本的に本国仕様に人気があると思います。

mcficenterhd.png

もう全車センターハンドルになれば文句ないのですが、そうもいかない(笑)

個人的には欲しいと思った車が、どっちのハンドル位置でも小さな問題でしかないのですが、最近の車でハンドル位置を選べる立場なら右ハンドルを選ぶかな。普通に運転している場合は左ハンドルでも不自由はありませんが、路上駐車している車を追い越すのに、対向車も有無を目視するのに時間がかかるのが唯一困るところかな。乗ったまま支払うタイプのコインパーキングや洗車機などは降りてしまえばいいので問題ありません。有料道路はほとんどETCですしね。

日本は舐められているのか?
ハンドル位置も本国のまま、ウインカー位置も直さないのは日本が舐められているのでは?って指摘もあるようです。確かに左ハンドルで税金が上がるとかそもそも乗る事ができないなんてこともないので、無理にコストをかけて日本仕様にする必要がないのかもしれません。

Alfa Romeo Junior Zagato

そもそも国産車が強い日本でわざわざ外国のメーカーを選ぶ人には強いこだわりがあり、本国仕様のまま乗ってみたい、日本車とは違うハンドル位置で乗ることに優越感を得るようなところもあったのかな。外国車の事を左ハンドルって呼称する時代もありましたから。

今後は外国の車が一般的になってきて特別感がなくなってきた事、操作系統が電子制御化された事もあり右ハンドル仕様じゃないと売れない時代になって来るでしょうね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!