トピックス


さくらモーニングクルーズは毎月第1日曜日に開催しています。詳細はFacebookイベントページにて御覧ください。

【FOR SALE】1948 CHEVROLET FLEETLINE

2019年06月14日 08:00

どんなに大事にしてきた人もモノもいつかはお別れをする時が必ずきます。その時を運命としてただただ待つのか、それとも自ら決断するのか。どちらが正解というわけではありませんが、大事にしてきたからこそ最後まで見届けるには自らの決断が必要なのかもしれません。このブログでいうモノとはもちろんクルマのこと。CREWのブログ「白洲次郎とベントレー4」「白洲次郎とベントレー5」を読んでいただけると嬉しいです。

【FOR SALE】1948 シボレー・フリートライン
fleetline_1948_green.jpg
バイザー、フェンダースカート装着時

詳細はエンスーさんのための個人売買情報 [ エンスーの杜 ]にて掲載中です。
ご興味のある方はご覧いただき、ご検討ください。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

クラシックカーフェスティバル 2019 in 春日部のリアクション

2019年06月13日 12:16

匠大塚春日部本店にてGWに開催したクラシックカーフェスティバルin春日部

32835861107_9a0166d6cc_z.jpg

今年で2回目を迎え、日頃なかなか間近で見ることのないクルマと、それらと同じ時代に発表された家具を一緒に見ていただきました。ご来場された皆様のお話などが匠大塚春日部本店ブログに掲載されています。

匠大塚春日部本店ブログより
クラシックカーフェス編集後記

クルマ好き同士気兼ねなく楽しむミーティングはもちろん楽しいのですが、やはりこのようにクルマを目的ではなく来店された方に、少しでも古いクルマを愛でる事を知ってもらえる機会は大切にしたいですね。まだまだ、お金持ちの道楽みたいな捉え方をされているように感じますが、もっとカジュアルな部分もあるし、逆にもっと文化の継承みたいな目的意識もあったりするでしょう。こんな事がちょっとでも感じてもらえたらいいな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

高齢者向け新運転免許!?

2019年06月12日 11:43

「高齢者向け新運転免許」

アクセルとブレーキの踏み間違いなど高齢者による交通事故が多発しているが、政府が高齢ドライバー専用の新しい運転免許をつくることを検討しているそうだ。(中略)政府が検討している高齢の運転者向けの免許制度は、75歳以上を想定し、衝突などの危険を察知した際に自動的にブレーキをかけるなど安全機能がついた車種のみ運転できるようにするという。ただ、75歳以上の免許更新の際に義務化させるのではなく、選択制とするようだ。

レスポンス「新聞ウォッチ」より


すごい大胆な案が出てきたとびっくりしましたが、注目はココ。「75歳以上の免許更新の際に義務化させるのではなく、選択制とするようだ。」うーむ、一見大胆なすごい案だと思いましたが、実際はまるで意味をなさない案でした。

2016年のブログ記事でも書きましたが、一般のドライバーよりも私たち愛好家として、この問題にどう向き合うか?どんなスタンスなのかって問われると思います。現在でもクラシックカーフェスに行けば超ベテランドライバーの方が、私では動かすことも難しいビンテージカーを涼しい顔して長距離ドライブしてくる姿を見ると、そんな方に高齢者向け運転免許を強制するなんて考えられません。それに運転ミスは高齢者だけの問題ではありませんから。

30866634401_d43964b521_z.jpg

自らを省みてもドライブとリバース逆だった事はあります。流石に踏み間違いはありませんが。いろいろな制度で事故を防ぐのも大事だけど、なるべく緩やかな枠の中で、自主的に免許返納ができる環境作りと、様々な技術で事故を防ぐ工夫をしていく方向であって欲しいな。これは全ての人にとってメリットになります。



これから踏み間違いの防止機能を全車種に義務付けるようになればコストはグンと下がるでしょう。セレクターがドライブに入っているのかリバースに入っているのか声でお知らせるだけでもミスは減らせるかもしれません。こんな車止めを考えた人もいるようです。ひとつひとつが全てをカバーできるわけではないけど、それらが積み重なって事故は減らせるはずです。

痛ましいニュースが、今の時代生の映像付きですぐに流されます。しかし、このような事故は本当に増えているのでしょうか?冷静に客観的に効果的な対応が必要です。一見すごい法律ができて「これで安心」と思っても、結局中身は無意味・・・みたいなことでお茶を濁してはいけないと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

デジモノステーションの未公開ショット

2019年06月11日 11:09

ちょっと前にこのブログでお知らせした電子雑誌「デジモノステーション 2019年7月号」掲載の件。これまでも何度か取材協力をさせていただきましたが、今回は待望のガレージ特集。自転車仲間でもあるライター&フォトグラファーコンビとの空気感までご覧いただける最高の内容になっていると自負しています。



ぜひ、様々な手段でご覧いただけるので電子書籍の方でその模様を見ていただければ幸いです。紙面では掲載できなかったショットをいくつか頂いたので紹介しますね。

garage life datsun ver

48035028628_e8231874a3_z.jpg

48035092892_103e26e23f_z.jpg

キックダウンガレージのハウスインナー®(色:インダストリアルブルー)はハウスインナー®は記念すべき最初の試作品。今のハウスインナー®と細かい部分を見ていくとかなり違うのですが、自立する強固な構造物で、一人で安全に組み立てられるなどの大事なポイントはしっかり抑えてあります。個人のガレージとしては比較的広い方だとは思いますが、ハウスインナー®を設置することで居場所ができて、整理整頓も進み機能的であり、落ち着く場所になりました。

ハウスインナー®にトップに厚さ24mmの合板を敷き詰めロフトスペースを作りました。そこにスタッドレスタイヤや乗る頻度の少ない自転車などを置いています。ただ、そこまで持ち上げるのが大変なので電動ウインチを導入しようと検討中です。

ハウスインナー® アウトドア グランピング

そして新規格のハウスインナー®に溶解亜鉛メッキを施した屋外対応バージョンのハウスインナー®。ちょうどガレージの屋上部分に設置してあります。他とは一味違ったグランピングのベースとして最高なんじゃないかな。テントやBBQのコンロなんか常設したいですね。

こんな私のガレージの他にもたくさんのガレージが掲載されています。もしかしたらあなたの加入している読み放題サービスで読めるかも?それ以外の方はAmazonなど電子書籍販売サイトでお買い上げください。よろしくお願いします。



Special Thanks : All Photo by Eigo Shimojo

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


お互い様の精神 トレール編

2019年06月10日 18:01

週末の6ホイールライフ。関東地方も梅雨入りをして天気が危ぶまれましたが、久しぶりに山の中を走ってきました。

outlander_bikerack.jpeg

ひんやりとした霧の中を進み、いつもの展望スポットへ。何も景色は見えないけど幻想的な雰囲気が素晴らしい。

trailride_kiri.jpeg

トレールではトレールランニングの方やハイキングの方達とすれ違います。気がついたら自転車を降りて待つのですが「こんなところまで自転車で来たんですか!」って驚かれるんですよね。こちらからしたら「こんなところまで徒歩(ラン)で来たんですか!」ってところなのですが(苦笑)すれ違いざまにそんな他愛もない会話、情報交換、ハイタッチをしたりします。

日本ではハイカーの権利が一番強く、トレランはその次、MTBは結構厳しい状況に置かれたりします。犬と一緒にハイキングをするのも問題になったりしますよね。山への影響を考えたら人口が一番多い、ハイカーが一番インパクトを与えているはずですが・・・まぁ、前回の記事と同じですが、お互い様の精神で気持ちよくシェアするしかないですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!