ありがとう、さようなら

2020年03月04日 08:00

我が家のガレージのボスであり、48PRODUCTの象徴でもあったシボレー・フリートライン。実は昨年、他のオーナーの元へ旅立ちました。

フリートライン

いろいろな事が一段落して、これ以上ないタイミングでの決断でした。このクルマが与えてくれた影響は語り尽くせないほどあります。例えば・・・

48PRODUCT

1948年のINDY500ペースカーはこのクルマでした。(正確にはフリートラインのオープンVerのフリートマスター)その時代の資料を元にペースカーと同じグラフィックをデータに起こしてステッカーにしました。更に当時所有していたケータハム・セブンをその年のチャンピオンカー風にカスタム。あの所さんに認められてアワードを頂いたりもしました

トヨタ博物館賞
9年目を迎えた「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」レポート

トヨタ博物館主催のクラシックカーフェスで特別賞 トヨタ博物館館長賞を頂きました。

1948 CHEVROLET FLEETLINE

アワードには縁がありませんでしたが、MOONEYES主催のストリートカーナショナルズに20年間同じクルマで参加し続けたことを誇りに思っています。

5652030080_e678732a97_c.jpg

北海道でのドライブイベント、故郷の新潟県までの帰省、一時期は普段使いのデイリーカーとして運用していたこともありました。その見切りの悪いボディとノンパワステ、コラム3速の操作性で日本の細々した路地を走るのは決して快適ではありませんが、国道や高速道路のような道でのクルージングは最高な気分にさせてくれました。70年以上の前のクルマですが、なんの問題もなく優雅に堂々とドライブできます。もちろんそこには感動があるのですが、同時に当時のアメリカ(フリートラインは戦前の設計)の豊かさを肌で感じ、この国と戦争をした我が国の事を考えずにはいられませんでした。そんな相反する感情を掻き立てるクルマでもあったのです。

整備やメンテのこと、この車を通じて出会った人々・・・こんな感じで話は尽きませんが、最後にこのエピソードで締めたいと思います。

以前、テレビの取材で「フリートラインは棺桶の代わり」なんて話した事がありました。残念ながら(?)CoffinにはなりませんでしたがGraveにはなったんですよ。このクルマに対するリスペクトを私たちなりに表しました。

boseki.jpeg

断捨離ではなく断車離。断腸の思いでそのクルマを手放そうとしているオーナーさんも多いでしょう。思い入れのあるクルマほど手に入れるよりも、手放す方がよっぽど大変なのかもしれませんね。きっとこんなストーリーが世界中に溢れているんでしょうね。

fl_akita.jpeg
オーナーと最後の写真

でもその結果、ガレージと心にぽっかりとスペースが空くんですよ(苦笑)

つづく?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



ドライバーズクラブ

2015年06月19日 08:00

テレビ番組でアメリカのクラシックーカーオークションの様子を紹介していました。普段あまりクルマの値段の話はしませんし、興味もないのですが、昨今のクラシックカー価格高騰の現場を見てしまいカルチャーショックを受けました。

Tucker'48

その時、壇上に上がっていたのがタッカー48でシリアルナンバーが3番。その後、量産されるモデルのベースとなったクルマであり、とてもコンディションが良い事から145万ドルで最低落札価格に届かず売買不成立。専門家は恐らく150万ドルが最低ラインだろうと話していました。日本円にすると1.85億円くらいですかね・・・凄い世界です。

その専門家はハガティクラシックカー保険の方のようで世界中のクラシックカー相場を調べて公表しているそうです。その相場も車種によっては毎回高値更新が続いているようで格差上位10%のコレクター達の欲望とマネーゲームに巻き込まれてしまうと大変ですね。しかし、そのおかげで素晴らしいクルマが素晴らしいコンディションで保存されていく訳です。

ちなみに現在の価格を最高のコンディションで200万ドル!(2.46億円)になってます。写真はトヨタ博物館のタッカー48ですが最高ランクよりひとつ落ちたとしても185万ドルの価値があるそうです。

他にも馴染みのある車種が掲載されています>>>Hagerty Classic Cars

Old Mother Gun

世間的、歴史的に見て価値のある高価なクルマは数あれど、コレクターズアイテムになるとなかなか庶民が目にする機会はありません。そう思うと積極的に地方のクラシックカーイベントに車両を展示してくれるトヨタ博物館や歴史的価値がありコレクターが仕舞い込んでもおかしくないクルマを動態として披露してくれるWAKUI MUSEUMの活動は本当に素晴らしい事ですね。

1924 Bentley 3 Litre

以前ワクイミュージアムの涌井さんとお話させて頂いた時に教えてもらったのですが、ベントレーのクラブオーナークラブではなくドライバーズクラブと呼ぶには意味があります。世界に1台しかないその価値あるクルマ達は金額ではなく代々動態保存ができる誇り高きドライバーに受け継がれていくとか。何故ワクイミュージアムにそのようなクルマが集まるのか?その理由の一端が垣間見えるお話でした。
世界最高金額が更新されるマネーゲームが繰り広げられるクラシックカーの世界がありつつ、更にそのまた上に高い志を持ったドライバーの世界があると思うと救われる気がします。

Highway Drive

僕らは僕らの中で最高に価値のあるクルマを、小さな誇りを胸に楽しんでドライブできればいいんです。志は高く高くね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

僕のクルマ遍歴 6

2012年04月16日 08:00

キャンパーノスタルジー
徹夜をして一仕事終えると、眠っている息子二人をパジャマのままキャンパーに放り込んで、取り合えず日常から離れる。この辺りならいいだろうと、人気のない場所に駐車し眠り込む。夜が開け辺りが明るくなると、何やら賑やかなざわめき、通勤の人たちが怪訝な顔をしてクルマを除き込通り過ぎる。

・・・これをロマンティックに言えば、夜中に何の目的も定めず知らない土地へワープする。土地の人たちが仕事や学校に出かけて行く日常世界の真っただ中に、縁もゆかりもない旅人が忽然と、生活装備の整った小さな空間で目覚め、パジャマのままモーニングコーヒーを楽しむ。ちょっとした旅愁を感じるシーンです。わかるかなぁー(笑)。しかもボロキャンパーはベテランの哀愁も醸し出します、土地の人から見れば不審車でしかありませんね。

キャンパーが中古車屋さんに引き取られて行く背中を、家族4人で見送るのが切なかったです。だって本当の生活ぐるま(ホームレスカー?)だったのですから・・・。またキャンパーが欲しくなりました。でも「道の駅」に寝泊まりする軽キャンパーライフはどうもなぁー・・・。

「何時かはクラウン」の時代が始まります
仕事が忙しくなり事務所を都内に借りると、キャンプ場が縁遠くなってきました。それ以上に、残念ながらクルマを楽しむ時間も気持ちの余裕もなくなります。クルーの仕事の紹介で触れましたが、アメリカのコレコインダストリーからザクソン(セガのオフィシャルゲーム)の開発と一部生産を受注すると、長野の成型工場と新潟の組み立て工場を行ったり来たりしなければならなくなります。
そのために・・・楽ちん!広い!丈夫で安全!そこそこ余裕のあるパワー!しかもビジネスをしているっぽく見え、保守的な人たちから仲間として見られる(笑)そうです、もう迷う余地などありません。正しい親父のサクセスカー、いつかはクラウンです!

1977-1979 TOYOTA CROWN SUPER SALOON

これは取引先の金型屋社長が乗っていたクルマで、堂々ベンツマスクのクラウン2600・4ドア・ロイヤルサルーンです。押し出しが欲しい社長さんが乗る車として絶対条件の3ナンバー!これで僕もデザイナーから社長さんに昇格です(笑)でも、内外装とも、それなりに使い込んだ、はっきりって中ボロ(よく言えば適度なヤレ感)。なかなか新車オーナーには復帰できません。クラウンは道具として徹底的に使い切りましたね。ベンコラはとても快適で、助手席から乗り降りできる便利さは今でも忘れません。写真は会社の前で撮ったものですが、今と違ってポプラ並木で情緒がありました。(今はこんな感じです)

クラウンと言えばやっぱり「白」
次に乗り換えたのが、クラウン2800・4ドアピラードハードトップ・ロイヤルサルーンです。ちょっとお金が儲かったんでしょうかね?でも新しめの中古(笑)。この車はフロントバンパーのトンガリデザインが好きでした。5ナンバークラウンとの違いは、前後バンパーが全長寸法を気にしないで、のびのびしているところ。2600とは異次元の静粛性。これはクラウンの売りでした。もちろん200プラスの走りは余裕。ほぼ1年の所有でした。アメ車好きの僕としては“リトルアメリカンデザイン”がお気に入りでした。

1979-1983 TOYOTA CROWN

バブル時代の正しいクルマ選び
またちょっと儲かったんでしょうね(笑)。またサクセスします!3リッター・ロイヤルサルーンGでした。「G」ですよ!しかもサンルーフ付き。東京ではカローラよりもクラウンの新車登録台数が多い時代で、交差点で豆腐のような四角いクラウンが並びます。この時に5ナンバーより3ナンバーが偉い!同じ排気量だとスーパーサルーンかロイヤルサルーンか?で偉さを競う。それでも同じだと、そこに「G」の記号が付されているかどうかが最後の決め手!水戸黄門の印籠のようなものです。それでも差がつかないと後はサンルーフで勝負です!(笑)。

1983-1987 TOYOTA CROWN

バブル時代は、はっきり言って高額の車が偉かった!排気量が大きくて馬力が大きいのが偉かった!でもね、面白いことにドイツ車や英国車は、また住む世界が違う車。ましてクラシックカーなんて異次元の世界ですから、偉さを競う対象にはならなかったんです。僕も当時は関心がなかったなぁー。そのころからクラシックカーに乗ってる方は偉い!お馬鹿な話をしてしまいました(汗)。

クラウンに乗り続ける理由
借りた都内の駐車場が7万5千円。敷金2ヶ月、それも順番待ち、馬鹿な時代の冗談のような話です。駐車場が圧倒的に不足していた時代です。まさにバブルの真っただ中!僕のバブルの尻尾にいたんですね。確か携帯電話の保証金が20万円だったと・・・。

三代のクラウンに乗り続けた理由は、毎日往復100キロの通勤と深夜帰宅のパターンをストレスなくこなすことでした。クラウンはシートがヤワで腰が沈む。足回りもどっかに飛んで行きそうなグニャグニャ感。おまけにハンドリングもプアー。ヨーロッパ車に心酔している自動車評論家と、自称エンスーには馬鹿にされる駄目クルマでした。でも、その駄目なポイントが実は美点になることを知りました。疲れた身体と頭にストレスを与えないように、クルマを操縦していると言う意識を抑えてくれる。

そうなるとドイツ車はドライバーに求めるものが多くてNG。“ダルでいい加減な運転をしていても身体を運んでくれる適度なルーズさ”を持っているお座敷クルマ。それがクラウンでした。その時の僕のビジネスライフからすると最適な選択だったと思います。

なんだかんだ言われても、やっぱりクラウンは売れています。僕の理由以外に、きっと日本のお父さん、社長さんの心を射止める魅力がクラウンにあるんです!クラウンに乗ることを目標に頑張ったオーナーに乾杯!です。

「あーやっぱりクルマっていいですね」

48の父


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!