知性とユーモアで

2020年03月03日 11:49

マスクが売り切れてしまうのは仕方がないとして、トイレットペーパーやティッシュまでなくなるとは思いませんでしたね。ちょっとしたデマがSNSなどを通じてあっという間に拡散してしまう。こんなことが起きると私は地域柄なのか関東大震災での悲劇を思い出します。ココではあえて言及しませんが、流言飛語がとんでもない事件に発展しました。世の中が便利になり誰でも簡単に様々な情報が手に入る時代になれば、そんな問題は起きないだろうと願ってはいますが、現実はそう甘くはないようです。そのデマをキャッチしたデバイスで他の意見がないかちょっと調べればいいのに・・・人間は悲劇的な情報を好むってことなんでしょうね。

我が家は妻が医療関係なのでマスクなんかはそれなりに買い置きがありました。ボックスティッシュがそろそろストックがなくなってきたのですが、その分トイレットペーパーには余裕があるので代用しようと思っています。こんな状況になると、普段からもう少し買い置きをしておいた方がいいのかな?と考えますよね。

アメリカンワゴン

日本では多くの地域が自転車の活動範囲にスーパーマーケットがあることがほとんど。コンビニもたくさんあるし、足りなくなったら買いに行けば間に合います。しかし、アメリカの郊外ではそうはいきません。そんな地域では1ヶ月に1度の買い物でワゴン車のラゲッジへパンパンにするほど買い物をするそうです。自宅には大きなパントリーに大きな冷蔵庫が備え付けられています。これなら、こんな事態にも対応できそう・・・と思いましたが、アメリカでも紙製品が売り切れているんですね(苦笑)

情報をキャッチしようと関連ニュースをチェックするのも大事ですが、いつのまにか不安や恐怖に苛まれてしまいます。これは東日本大震災の時もそうでした。こんな時は映画でもいかがですか?観るのは間違っても感染パニック映画じゃないですよ。(これはこれで臨場感があって娯楽と割り切ればいいのかもしれませんが)私がお勧めしたいのは「オデッセイ 」です。火星にひとり取り残された宇宙飛行士が知識と勇気でサバイバルする話。絶望的な状況でありながらユーモアもあって楽しい映画です。日本の映画ってとかく不良がカッコ良くて勉強ができる人はガリ勉みたいな描かれ方が多いのですが、この映画は「勉強のできる人(知識のある人)カッケー!」って素直に憧れちゃいます。学校が休みの子供たちにも観て欲しいな。



見えないウィルスに対してギスギスと疑心暗鬼になっている場面もあるようです。こんな時こそ、知性とユーモアで乗り切ろうじゃありませんか。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



The Man from U.N.C.L.E.

2016年08月22日 08:00

夏と言えば夏休み映画。わかりやすいブロックバスタームービーに期待するのですが、今年はどうも映画館へ足を運びたいと思う作品がなく(シンゴジラは話題で波に乗るか迷いましたけど)公開時に見逃した映画を借りて来ました。

コードネーム U.N.C.L.E.
過去のテレビシリーズの映画化。ガイリッチーによって古き良き60年代を更に誇張した表現が最高にカッコ良く気持がいい。冷戦時代、核兵器を巡るある計画を阻止する為にCIAとKGBが手を組み・・・みたいなストーリーです。難しい事を考えずに観ましょう。

1984 Trabant 601 S
travant.jpg

手に汗を握るカーチェイスもちゃんと描かれていますが、冒頭はいわゆる大衆車がベルリンの闇夜を疾走します。このトラヴァントは旧東ドイツのクルマ。整備シーンからはじまりエンジンは750ccである事が語られます。このカーチェイスの結末もクールでした。

その後、富豪のパーティが開催されるサーキットシーンがあり、そこではアストン、ジャガー、PORSCHE、フェラーリ、マセラティ、ベントレイ、クーパーのフォーミュラなど一級品のクラシックカーが走っています。

LANDROVER DEFENDER 90
defender90.jpg

冒頭の冷戦化ベルリンを舞台にした街でのカーチェイスも最高でしたが、後半の大自然の中をディフェンダー、バギーそしてカスタムオートバイが走り回るシーンもたまらなく良いです。

Métisse Mk 3 Hammer
DSC_0189

そのディフェンダーを追いかけるモーターサイクルがこのマティス社のスクランブラー。マックィ−ンが大脱走で乗ったスクランブラーを忠実に再現したモデルです。今年のモーターサイクルショーに出展されていて乾燥重量135kgでストリート仕様は338万のプライスが付けられていました。空冷バーチカルツイン、Triumph TR6エンジンが美しいですね。ストリート仕様があるって事はレーサーもあります。レーサーレプリカはやっぱりいいですね。

この映画での活躍も素晴らしかったのですが、借りて来たブルーレイディスクにはこのオートバイを作っているファクトリーのレポートも収録されています。それも必見ですよ。こんなの観ちゃうとオートバイのカスタム欲がふつふつと湧いて来ちゃうんだよな(苦笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

完璧な調和

2013年11月19日 11:05

A Single Man
ファッションデザイナーのトム・フォードの監督デビュー作にして世界的に評価を高めた映画です。舞台は1962年のロス。最愛の恋人を亡くした大学教授のジョージは悲しみにくれ、自らも命を絶つ決意をします。全ての場面で計算された非常に素晴らしい映像で溜息が漏れました。その演出がMTVのように嫌みではなく、ワンカットでじっくり見せながら物語や感情と完璧にリンクしているんですよね。
ルックだけではもちろんなく、一番大切な人をなくした焦燥感と最後の一日に訪れる様々な出来事が静かに、時に情熱的に過ぎていき・・・音楽も60年代の風景も完璧ですね。良い映画でした。

1956 Mercedes-Benz 220 S Coupé
1956benz.jpg

ジョージ(コリン・ファレル)の愛車はMERCEDES BENZのクーペ。彼は英国人でかなりおしゃれな人間。最後の日を前に遺書をはじめいろいろな準備をするのですが、棺桶に入る時に着用するスーツには「ネクタイはウィンザーノットで」とメモを入れる所なんかは彼のコダワリがみられる場面でした。暮しているガラス張りの家は1948年にジョン・ロートナーによって建てられた実在する家であり、彼がフランク・ロイド・ライトの元から独立して初めて建てた家だそうです。(Wikipediaより)

1964 Rambler Classic Wagon
1964 Rambler Classic 770 Cross Country Station Wagon
Photo by Alden Jewell

恋人の乗るランブラーのワゴン。帰省する道中でアイスバーンにハンドルを取られて事故死。ふたりで飼っていた犬も死んでしまいました。

この物語は男同士の同性愛の話です。ご存知の方も多いかと思いますが、監督トム・フォード自身の人生を投影した作品です。マイノリティーとしての行き辛さなどを語る訳ではなく、先に挙げたように大切な人を亡くし8ヶ月間苦しんだ末に死を決断した男の最後の1日を描いています。死を迎える話なのでその心情を写した映像表現となりますのが、覚悟したからこそ起きる今(命)の輝きの表現は見事でした。

そこに登場するMERCEDES BENZのクーペの佇まいも完璧にマッチしていて、「大人になったらこんなクルマに乗りたいなぁー」と感じさせてくれましたよ。それ以外の小道具もファッションも音楽も整理の行き届いた自宅も・・・その世界観に大きく影響を及ぼすのではなく、しっかりと馴染んでいる感じが心地よいんですね。

この馴染んでいて調度良いって感覚。これって大事だよなぁーと思います。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

モーターでワクワクできるか!?

2011年06月24日 13:29

最近のクルマは、まず環境性能ありき。モーターショーでも花形だった高性能スポーツカーは壇上から追いやられ、電気モーターを動力とした乗り物が注目されています。

昔:「このクルマ。何キロ出るんだろう・・・」

今:「このクルマ。満充電で何キロ走るんだろう・・・」

やっぱり昔の方がワクワクしますよね?(笑)

電気自動車に乗った事がありますか?
クラシックカーファンの皆さんはハイブリッドカーや電気自動車に乗った事がありますか?私はレンタカーで借りたプリウスで埼玉~大阪を往復と一時期社用車だったシビックハイブリッドを仕事の足に。三菱・「i-MiEV 」を短い時間でしたが試乗しました。
先日のイベントでマイクロEVと電動スクーター。それとちょっと外れるかもしれませんが電動アシスト自転車にも乗った事があります。

New Toyota EV Prototype
Photo by TOYOTA UK

困った事にどの体験も思ったよりワクワクしたんですよ(苦笑)。ただし、単純に新しい体験は楽しい!って事でそれ以上の興奮を見つけたか?って言うと・・・モーターの立ち上がりのトルク感くらいかな・・・。

スーパーセブンの魅力って?
個人的にはダイレクト感だと思っています。スピードが出ると風圧に晒される。アクセルを踏むと吸気音と排気音と振動と共に後輪がアスファルトを蹴っ飛ばす。ノンアシストのステアリングを切れば、フロントタイヤが思った通りに動いてクルマが向きを変えて旋回Gを感じる・・・。

操作とフィードバックと結果が自分の予測通りに、もしくは予想をちょっと超えてやってくるから気持が良いのかな。モノとしての魅力よりも、その体験を得られる事が唯一無二の存在なんでしょう。

DSC_5247
Photo by Ferdinand Fiedler

EVの魅力って?
もちろん様々な制御で振動や音をバーチャルで再現する事は可能でしょう。無音で危ないからメロディーを鳴らすなんて事もやってましたね。着メロで「フェラーリのV12サウンドをダウンロード」なんてのも簡単でしょう。数値的な動力性能についても、1回の充電で得られる航続距離と電池容量のバランスがネックなだけで、今でも問題ないはず。

Eliica
Photo by Starfires

でも、その従来の内燃機搭載の自動車に感じていた「感動」や「興奮」の要素を詰め込むだけでは、やっぱりしっくり来ないんだと思います。電気自動車だからできた楽しみって、きっともっとありますよね。効率とか環境性能だけじゃ寂しいな。

インホイールモーターで4輪制御したらどうなるんだろう?
そもそも乗り物のカタチって?

Eénwielige motorfiets / One wheel motor cycle
Photo by Nationaal Archief

まだまだこれくらいじゃ、旧来のクルマの価値観に縛られているのかも。ネットワークとかアプリとかそんなものはいくらでもどうにでもなる。そうじゃなくて、五感に訴えるような、価値観を変えちゃうようなステキな体験ができるのか!?きっとあるはず。

Ed Roth "Beatnik Bandit"
Photo by twm1340

もうしばらくそんな事も考えながら、ガソリンを燃やしてワクワクしていましょう。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!