ハウスインナー®でVR環境を構築

2016年06月02日 08:00

以前の記事で自転車のバーチャルライドトレーニングについてご紹介しました。退屈になりがちな室内トレーニングを楽しみに変えてくれます。

Zwift 環境

擬似的に48HQで環境を作った時はこんな感じに。大型モニターをハウスインナー®に吊るし、走行風を受けられないので扇風機を壁面にマウント。不安定な3本ローラーから落ちないようにハンドル型の手摺なんかも取り付けました。

今回は擬似的に出はなく、本当に使う為に。キックダウンガレージに自転車のバーチャルライド環境を構築します。

vride2.jpg

室内トレーナーは固定ローラーにしました。利点は3本ローラーに比べて大きな負荷を掛ける事ができ、落車の心配をせずに思い切りもがく事ができます。VRにはピッタリですね。

vride3.jpg

体の冷却に関しては工場用の大きな扇風機もあるのですが、とりあえずスポットクーラーで。モニターはMacを工具箱の上に置いて使います。

後は自転車に取り付けられたセンサー、体に巻き付けた心拍をモニタリングするセンサーを同期をさせて専用のソフト「ZWIFT」を起動してスタートです。

vride4.jpg

自転車のクランクにに取り付けられたセンサーで僅かな歪みや加速度を計測、それを下に出力を計算して画面の中で走る自分のアバターに反映させます。世界中でヴァーチャルライドを楽しむサイクリストとグループライドやレースをすることができるんですよ。グランツーリスモなどのカーレースゲームと違うのは、自分のペダルを踏む力がそのまま反映される事ですね。

画面内で一緒に走ってる相手にベルを鳴らしたり声をかけたりできるのですが、その操作はiPhoneアプリで行ないます。ハウスインナー®の壁面にトレーを取り付けてそこをスマホ置き場としました。自転車にマウントしてもいいのですが、汗でびしょびしょになりそうなので。

とりあえず基本的なレイアウトはできました。ひとり深夜にガレージでハァハァしています。やはりこの状態では床置きしているスポットクーラーは邪魔だし、Macも工具箱の上を占有していて具合が悪い。ハウスインナー®にマウントさせてスッキリとした環境を作りたいと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



自転車バーチャルトレーニングとハウスインナー®

2016年04月06日 08:00

以前、「自転車ワークアウトとハウスインナー®」の記事で自転車の室内バーチャルトレーニングが流行していると紹介しました。

smratsetting.png

室内バーチャルトレーニングを行なうには上の図のようなセッティングを行ないます。まずは自転車を固定ローラー(又は三本ローラー)にセット。室内トレーニングは走行風で体を冷やすことができないので大量の汗をかきます。そこで扇風機があると便利。さらに汗が床に落ちてもいいように、又は騒音軽減のためにマットを敷きます。そしてバーチャルトレーニング用に見やすい位置にモニターやパソコンをセット。

スマートトレーニングと言いながらセッティングは結構大変ですね。出しっ放しでよければいいのですが、なかなかそうも行かないでしょう。これをハウスインナー®がある環境でやるとどうなるか・・・擬似的に作ってみました。

DSC_0003

モニターはハウスインナー®の梁部分から吊り下げました。私は三本ローラーなので手摺も取り付けています。

DSC_0023

壁面の棚にはスマートホンを起きました。ここの天板を大きくしてノートパソコンを置くのもありですね。

DSC_0029

扇風機もちゃんとセットしてありますよ。取り付ける場所は自由自在です。リアリティーがあるのはモニターの横にセットして正面から風を送る感じかな。私はコンタクトなので下から顔に当たらない位置に調整しました。こんな風にトレーニング環境を完璧に構築できちゃいます。

2014ガレージングEXPO

また折りたたみ式の自転車メンテナンスラックを取り付ければ整備スペースにも早変わり。限りあるスペースを我慢せずに有効に使いきる工夫。使う人の数だけアイデアがたくさん産まれる事でしょう。これ、自転車だけではなくヨガだとか筋トレ的ワークアウトなんかでも活用できそうですよ。

ハウスインナー®は48万円〜発売中です。詳しくはコチラへ

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!