Stay Garage

2020年04月20日 09:44

荒れた土曜日から一転、爽やかな晴天に恵まれた日曜日・・・忍耐力が試される1日となりました。出掛けたい欲求に負けた人たちが公共の公園に大挙して押し寄せたようですね。近所の公園もTVニュースに出ていたとか。

garage_stayhome.jpeg

私は犬との散歩以外は #stayhome していました。 #staygarage と言ってもいいかな。アウトドア趣味もたくさんありますが、家にいなさいと言われたら無限にやる事がでてきますね。自転車の整備に・・・

IMG_4197.jpeg

ジャケットやブーツなど冬物のメンテナンス・・・いつかアウトドアで思いっきり遊べるように今はしっかりと準備する時間としましょう。

どこでも組める自立ガレージ 48PRODUCTのハウスインナー®でいつもの部屋がそのままガレージに!(ds)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



匠大塚春日部本店に展示中のハウスインナー®

2020年04月03日 15:36

匠大塚春日部本店のリニューアルオープンに合わせて展示中のハウスインナー®をアレンジ。シンプルでありながらハウスインナー®をはじめて見る人にも世界観が伝わるように考えました。

hi_takumibanaer.jpeg

ハウスインナー®エリアにはガレージデッキを敷き、そこに匠大塚が独占で取り扱っているディーゼルの家具を。さらにKTCの新しいコンセプトの工具箱NEXTを展示販売しています。

ktcnexttoolbox.jpeg

NEXT工具箱には金属製フレーム構造のシステム「nepros neXT」と・・・

neprosnextwalnut.jpeg

木製チェスト walnutがあります。工具箱と言うよりも道具箱と呼びたい風情がありますね。

ktcurushitools.jpeg

この道具箱に並べたら最高でしょうね。京都機械工具と京都の伝統工芸がまさかのコラボレーション。漆塗りグリップラチェットレンチも展示販売しています。この工具箱とハウスインナー®の展示場所は正面入口から入ってすぐ。是非ご覧下さい。

kenokuyamakodenine.jpeg
ガルフカラーが眩しい

クルマ好きなら、今回のリニューアルの目玉「KEN OKUYAMAギャラリー」も必見ですよ。以前から展示されていたkode 7に加えてkode 9も追加展示中。

匠大塚春日部本店は、明日よりリニューアルオープンフェア開催とのこと。展示中のハウスインナー®も特別価格で販売中です。こんなご時世でなかなか外出が難しいところですが、3密には当たらないゆったりとした店内でじっくり見てもらえると思います。週末、よろしければ是非。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

男の隠れ家 デジタル「古いクルマが趣味という親子が惚れるクラシカルなフォルム」

2020年02月19日 08:00

男の隠れ家 2016年 10 月号巻頭特集「あなたのクラシックカー見せて下さい!」の記事が2019年にムック本へ再編集されました。今度は男の隠れ家 デジタルに再登場です。

datsun_austin_chevy.jpeg

「古いクルマが趣味という親子が惚れるクラシカルなフォルム」と題した記事にて紹介していただきました。ハウスインナー®についてもちょっとだけ触れてもらっています。まぁ、1度の取材で3回目の掲載なので「またこれかよ」と苦笑いですが、ネットでフリーに読めるので、まだ見てなかったって方は是非。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ガレージと物置の違い

2019年12月17日 17:35

ガレージと物置の違いってなんだと思いますか?

ハウスインナー®

48PRODUCT的には・・・

物置は邪魔な不用品を押し込んで置く場所

ガレージは大事なモノを保管する場所


だと考えています。「ガレージ」で大事なモノやヒトと過ごす素晴らしい時間は想像できるけど、「物置」って言葉からそんなイメージはできないんですよね。そのままモノを置いておく場所でしかありません。

ハウスインナー® インダストリアルブルー
Photo by Eigo Shimojo

ガレージとして建てた場所も、使い方によっては物置になっている人いませんか?お恥ずかしながら私もかつてはそうでした。それを変えてくれたのが(手前味噌ですが)ハウスインナー®です。どこから手をつけていいのか迷っていた空間でしたが、ハウスインナー®を置くことで「まずココを居心地の良い空間にしよう」とスタートを切れたのです。

同じような悩みをお持ちのあなた。ガレージ以外でもハウスインナー®を置くことで空間の捉え方がガラッと変わりますよ。ご興味のある方は是非お問合せ下さい。

 お問い合わせフォームはコチラ

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

屋外設置OKのハウスインナー®

2018年12月05日 08:00

バイクロアで初お披露目となった開発中の新しいハウスインナー®屋外対応バージョン。

IMG_4177.jpg
Photo by Takashi Saito

ハウスインナー®のデビューは2014年5月のガレージングEXPOですが、その頃から「屋外で使えないのか?」とご質問と要望をいただいてました。私たちも屋外使用の可能性に惹かれていたのですが、耐候性の問題(錆など)を解消できずに屋内での使用を考えて開発していました。

従来型のハウスインナー®を当初の価格で販売することが難しくなり、かなり値段が高くなることが予想されるタイミングでもっとシンプルでフレキシブルな新しいハウスインナー®を開発することになりました。その開発目標に掲げたのが屋外での使用に耐えること。

IMG_3349.jpeg

表面処理として従来型はアクリル塗装を行なっていました。発色は良いのですが耐候性は劣ります。また組み立てを容易に行うのに埋め込みのナットを多用していたので、その部分から錆びることが予想されます。新型は埋め込みナットを使わず、また表面処理に溶融亜鉛めっき(どぶ漬メッキ)を採用しました。上の写真は依頼した工場の写真ですが、非常階段まど建築系の大きな構造物がたくさん並んでいました。

hi_chrome.jpeg

かなりラフな仕上がりでコントロールも難しく仕上がりには好みが分かれると思いますが、目標にした耐候性の観点では間違いはありません。このメッキの上から塗装するなんてのもありでしょう。

hi_akigase2.jpeg

仕上がった直後は特になのですが、ギラギラ過ぎて「うーむ、やっちゃったか!?」とちょっと不安になったのですが(苦笑)

hi_chrome1.jpeg

自然の中にポツンと入ると際立ちますね。その無骨でそっけないシンプルなデザインも相まってアメリカのホームセンターに並んでそうな雰囲気があります。

hi_bikelore_chrome.jpg

木製パネルとの相性は抜群じゃないでしょうか?鉄の地肌そのままも屋内仕様には最高にクールだし、従来通り色を塗って仕上げるのもカッコイイ。今回の新型については表面処理なし、メッキ、塗装から選べる感じにしてもいいですね。できるだけ素材として安く手に入れたい方には表面処理なしで、組む前に自らペンキで塗るなんてDIY精神溢れる導入もありですね。

その辺の構成も考えて、そろそろ販売を開始します。お待たせしちゃって申し訳ありません。新型(名前も考えないとな)もうすぐリリースです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!