自転車からエコカーを考える

2011年07月06日 19:53

エコだ!エコだ!と言われて久しい自動車業界ですが、買い替えをさせたいだけじゃない?って思ってしまう所が多々あります。(「エコ替え」なんて悪夢のようなキャッチコピーや補助金をもらうには廃車しないとダメとかね)
ただ、3.11以降はライフスタイルを変える覚悟みたいな想いが共有されて状況は変わってくると思いますが・・・。

自転車の省エネって?
48PRODUCTの3人は実は自転車も大好きです。自転車は自分の体力がエンジン。限りある小さな力でなるべく速く遠くに行きたい。ですからクルマよりもストイックに省エネに取り組んでいます。クルマで例えるとエコランに近い考え方ですね。どんな工夫をしているかちょっと紹介します。

シャーシ(自転車本体)
1.軽量化
動かすのは軽い方が楽。当たり前の話ですよね。自転車ですとそれがよく分かります。自転車の構成部品で一番大きいのはフレーム。自動車でもお馴染みのカーボンで作られます。フレーム単体で1kgを軽々下回ります。また回転部分の軽量化も有効。ホイールもカーボン製が増えてきました。細かい部品も徹底的に重量が削られてチタンやアルミ素材も適材適所に使われています。
ただ、レースの世界においてはフレームにハンドルやタイヤ等を取り付けた完成状態で最低重量が6.8kg以上にする事となっていて、これ以上の軽量化は必要がなくなってきました。

evo_lighter_bike.jpg
Cannondale Super Six Evo

2.空気抵抗低減
自転車に乗ってて向かい風って辛いですよね?自転車の最大の的は空気抵抗なんです。軽量化を追求しなくてもよくなった結果、如何に空気抵抗を軽減する形状にするかが次の争点になっています。
アメリカのスペシャライズド社はF-1で有名なマクラーレンと共同開発したフレームを製作しました。しっかりとマクラーレンの名前が入っています。

venge.jpg
Specialized Japan
sl4.jpg
road.cc

現在開催中の世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」ではエアロ効果を追求したロードバイクが各社から発表され実践に投入しテストされています。
フレームのレイアウトは基本的にダイヤモンド型を維持して、そのなかでの工夫がなされています。パイプの形状にワイヤリングの内蔵やブレーキキャリパーの位置など様々な工夫が面白いです。

回転するホイールも速度よりも空気抵抗を受ける部分ですね。あの細いスポークの数が多くて長ければその影響をより受けてしまいます。ですからリムを高くしてより短く、そして少なくてすむようにするんですね。

レギュレーションが違うトライアスロンやタイムトライアルで使う自転車の方が空気抵抗軽減については、もっと大胆なアプローチがなされています。
trekspeedcon.jpg
TREK Japan
Leopard-Tre.jpg
road.cc

翼断面のパイプで構成されたフレームで全面投影面積を減らし、ながらも巨大なパワーを受け止められるように剛性を高めています。また、ボトルの形状も専用で設計されていて、これを付ける事で更に空気抵抗を下げられるようになっているのです。ですから、補給を必要としない短いタイムトライアルでも空のボトルを取り付けてスタートするんですよ。

3.剛性アップなど
ペダルから入力した力がロスなくホイールの回転に伝わるように各部の剛性を上げます。更に機械損失を減らす為にチャーンやギヤなどにも工夫がなされます。


エンジン(人間)
クルマでも省エネって言えばエンジンが主役。自転車で言うと人間。ですから、人間をどうにかしないと行けない訳です。出力を長い間出し続けることができるポジション。学生みたいにサドルを下げてチンタラ漕いでるなんてもってのほかです!発汗量の多い運動なのでドライ素材のウェアーも必要です。それはより快適な状況で運動能力を発揮する為の工夫です。



さきほど自転車本体の空気抵抗について書きましたが、自転車自体が受ける空気抵抗は、人間のが受けるそれに比べれば実はたいした影響はありません。ですから、人間の方で空気抵抗が小さくなるように改善した方が効果は高いのです。
その為に空気抵抗の少ないポジションが必要になります。ハンドルがドロップ形状になっているのはその為です。その他にウェアーが風でバタバタしてたらロスになりますから、ピッタリと体にフィットしたジャージを着用します。安全性を高めるヘルメットだって空気抵抗を抑える形状になってますね。

tdf2011ttt.jpg
cyclowired

あとは、トレーニングで少ない心拍数でも高い出力を出せるようにするのみですが、それはまぁおいときましょう。

じゃぁ、クルマはどうなのよ?
どうしてもエコカーの技術って電気モーターやハイブリッドのシステムの方に注目しがちですが、それ以外の抵抗を減らす努力も当然いろいろな所で行なわれているんです。空気抵抗係数の低減だったりタイヤの転がり抵抗だったり、軽量化だったり。

ハイブリッドカーが同じようなカタチをしているのは空気抵抗係数を減らす為ですね。5人乗りでゴルフバッグが2つ入って・・・と条件を決めて、風洞実験を繰り返してなるべく空気抵抗係数を小さくする努力をすると同じ所になるんでしょう。

001_o.jpg
AutocOne

空気抵抗は少ない方がいい!軽い方がいい!
それならもっと割り切って尖ったEVがあってもいいのになぁー。尖ったって行ってもテスラみたいな尖り方じゃなて、例えば2人のタンデムで空気抵抗係数を抑えたアルミボディーの超軽量タイプとかね。もちろんゴルフバッグを積む程の積載スペースはいらないよ。荷物をたくさん積む時は1人しか乗らないって割り切りでもいい。パッケージからライフスタイルから変えちゃうような。

Illustration-future car 6
Photo by lili.chin

普通のラインアップに当てはめない。「これ一台でなんでもできちゃいます!」じゃなくて「これ1台で普段は大丈夫です」。みんなで出かける時は電車?バス?レンタカー?他の手段を考えましょう・・・でもいいですよね?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



モーターでワクワクできるか!?

2011年06月24日 13:29

最近のクルマは、まず環境性能ありき。モーターショーでも花形だった高性能スポーツカーは壇上から追いやられ、電気モーターを動力とした乗り物が注目されています。

昔:「このクルマ。何キロ出るんだろう・・・」

今:「このクルマ。満充電で何キロ走るんだろう・・・」

やっぱり昔の方がワクワクしますよね?(笑)

電気自動車に乗った事がありますか?
クラシックカーファンの皆さんはハイブリッドカーや電気自動車に乗った事がありますか?私はレンタカーで借りたプリウスで埼玉~大阪を往復と一時期社用車だったシビックハイブリッドを仕事の足に。三菱・「i-MiEV 」を短い時間でしたが試乗しました。
先日のイベントでマイクロEVと電動スクーター。それとちょっと外れるかもしれませんが電動アシスト自転車にも乗った事があります。

New Toyota EV Prototype
Photo by TOYOTA UK

困った事にどの体験も思ったよりワクワクしたんですよ(苦笑)。ただし、単純に新しい体験は楽しい!って事でそれ以上の興奮を見つけたか?って言うと・・・モーターの立ち上がりのトルク感くらいかな・・・。

スーパーセブンの魅力って?
個人的にはダイレクト感だと思っています。スピードが出ると風圧に晒される。アクセルを踏むと吸気音と排気音と振動と共に後輪がアスファルトを蹴っ飛ばす。ノンアシストのステアリングを切れば、フロントタイヤが思った通りに動いてクルマが向きを変えて旋回Gを感じる・・・。

操作とフィードバックと結果が自分の予測通りに、もしくは予想をちょっと超えてやってくるから気持が良いのかな。モノとしての魅力よりも、その体験を得られる事が唯一無二の存在なんでしょう。

DSC_5247
Photo by Ferdinand Fiedler

EVの魅力って?
もちろん様々な制御で振動や音をバーチャルで再現する事は可能でしょう。無音で危ないからメロディーを鳴らすなんて事もやってましたね。着メロで「フェラーリのV12サウンドをダウンロード」なんてのも簡単でしょう。数値的な動力性能についても、1回の充電で得られる航続距離と電池容量のバランスがネックなだけで、今でも問題ないはず。

Eliica
Photo by Starfires

でも、その従来の内燃機搭載の自動車に感じていた「感動」や「興奮」の要素を詰め込むだけでは、やっぱりしっくり来ないんだと思います。電気自動車だからできた楽しみって、きっともっとありますよね。効率とか環境性能だけじゃ寂しいな。

インホイールモーターで4輪制御したらどうなるんだろう?
そもそも乗り物のカタチって?

Eénwielige motorfiets / One wheel motor cycle
Photo by Nationaal Archief

まだまだこれくらいじゃ、旧来のクルマの価値観に縛られているのかも。ネットワークとかアプリとかそんなものはいくらでもどうにでもなる。そうじゃなくて、五感に訴えるような、価値観を変えちゃうようなステキな体験ができるのか!?きっとあるはず。

Ed Roth "Beatnik Bandit"
Photo by twm1340

もうしばらくそんな事も考えながら、ガソリンを燃やしてワクワクしていましょう。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ミニカーのディスプレー

2010年12月13日 08:00

クルマ好きなら必ず持ってるおもちゃと言えば「ミニカー」でしょう。

幼少の頃に遊んだトミカやチョロQ。アメリカ車ならホットウィール。ヨーロッパ車ならミニチャンプスやマテルなどの新製品をチェックしている人も多いのではないでしょうか?また、最近では食玩や雑誌の付録でもノベルティーとしてミニカーが付いてくる事も多く、ついついコンビニで欲しくもない甘いコーヒーを大人買いするなんて珍しいことじゃないですよね。

そんなみんなが大好きなミニカーですが、買った後どうしてますか?ミニカーでガシガシ遊ぶ永遠の少年(笑)は少数派で箱に入れて保管する人と飾る人に別れるんじゃないでしょうか?

yzr01.jpg
チャンピオンバイクコレクション YZR500

恐らくアクリルやガラスのショーケースに入れて飾るのが一般的であり憧れ。一番きれいだし、整然と並べられた名車の数々にうっとりとする事でしょう。小さなケースであれば100円ショップにも売ってますからそれを重ねて行く方法もありますよね。

でもそこから一つ工夫してみませんか?いわゆるショーケースなのですが、ミニカー以外の小物を入れて統一した世界観を出したり・・・

showcase.jpg
IKEAで買った壁取り付けのショーケース

鉄道やプラモデルでお馴染みの情景模型(ジオラマ)を用意してみたり・・・

minicase01.jpg
スナップオンツールのノベルティー

あまり大規模ではなく、こんな一つのコーナーを切り取った感じでも背景があるとストーリーが生まれてミニカーが生き生きとしてきます。

minicase02.jpg

スケールが合ってませんが、ミニチュアのツールを並べてコンクリート打ちっぱなしのガレージに名車が佇む雰囲気を出しています。

探してみると鉄道模型のようにスタイロフォームを使って本格的な完成品ジオラマを販売しているサイトもあるようですね。みなさんはどんな風に飾ってますか?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!