2018 STREET CAR NATIONALS

2018年05月21日 12:01

今年も参加してきましたよ。さくらモーニングクルーズ以外で唯一の恒例行事「MOONEYES STREET CAR NATIONALS」に。お天気が心配でしたが、当日は強い日差しと爽やかな風で、お台場がカリフォルニアになったようでした。

サニーカリフォルニア ムーンアイズ

しかし、今年はエントリー車両の入場が大混乱でした。列に並んでから会場入りまで3時間!エントリー者に送られてくる当日の搬入要領に従いじっと我慢。私はハンドルを握っていたわけではないので、途中クルマから降りて合流ポイントとかいろいろ観察をしましたが、スタッフの制止、注意を無視して途中から列に入るクルマがチラホラと・・・そうやって横入りして入場したイベントは楽しめたのかな・・・。

お台場青海駐車場

確か1300台のエントリーにその他物販や関係車両の動線に一般駐車場の動線も重なってしまうこの状況。抜本的な対策は難しいとしても小さい事の積み重ねでもう少しよく出来そう。いろいろ考えるキッカケになりました。

DSC_0006

一般入場が開始されてしばらくしてからやっと会場にクルマを並べることができました。幸いベストポジションで持参したチェアを並べるスペースもあって結果オーライな感じに。

DSC_0012

いつもなら一般入場が始まる空いている時間に撮影枚数を稼ぐのですが、今年はそれができず。でも一応会場は全体的に歩き回って人の流れが途切れるのをまって撮影してきました。

DSC_0062

アワードを受賞していたバキュームカー。ベースはいすゞのトラックですが、ペイントでこれだけイメージが変わる好例ですね。クルマがこれだけキレイならキレイな仕事をしてくれそうだし。

DSC_0038

ちょい古いライトエースです。友人が家業で使ってたライトエースがまんまこれだったのでとても懐かしく、同時に時代が1周してとても新鮮な感じ。元々ベッド下のスカート部分がカスタムチックだと認識していましたが、ライトカスタムでここまでクールになるんですね。これは朗報ですよ!

DSC_0050

ちょい古いワンボックスのカスタムもこなれてきてどれもカッコヨクなりましたね。古いキャラバンとかベース車に凝らなくてもカラーリングとちょっとしたアクセサリー、ホイール、車高のバランスでまとまる感じ。自転車好きでトランポ検討している人は参考になるかも。

DSC_0079

シンプルでクリーンでいいですね。最近ブロンコがモテモテですけど、高年式で気軽に乗れるラングラーをベースに仕上げていくのも面白そう。

DSC_0077

面白いと思ったのがこのボンネットの処理。裏側の補強だけで外板をとっぱらったスケルトン仕様。ナイスアイデア。

DSC_0032

プレジデントとか・・・

DSC_0029

サニーもカッコイイ。

IMG_5985

32回目となったストリートカーナショナルズ。日本のカスタムカーカルチェーを育んできたこのイベントも東京五輪の影響で来年以降の開催は不透明な状況のようです。もしSCNが継続出来なくてもせっかく根付いてきたこのカルチェーを大切に守っていこう・・・そんな想いが込められたHRCSステッカー ”TAISETSUNI” が配布されました。このバトンを繋ぐのは私たちです。

なんだか偏った紹介になりましたが、それ以外にも撮影してきたのでFlickr!アルバムをご覧下さい(105Pics)。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

日曜日はストリートカーナショナルズです

2018年05月18日 16:07

日曜日はお台場青海駐車場にてMOONEYES STREET CAR NATIONALSが開催されます。

fleetline_in_tokyohighway.jpg

ヨンパチフリートラインにとっての恒例行事。今年もエントリーをしました。

IMG_9482

両サイドに貼ってきたエントリーステッカーもそろそろ貼るところが狭くなってきました。

DSC_0008

今年はどんなクルマに出会えるのでしょうか?とても楽しみです。天気予報も回復に向かってきてひと安心。このイベント、私たちがさくらモーニングクルーズを始めるにあたりすごく参考にしたマインドのある素晴らしいイベントです。アメリカ車イベントだから関係ないなんて言わずに、ぜひ空気を感じてみることをおすすめします。

DSC_0077

会場でお会いしましょう!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

日曜はさくらモーニングクルーズ Vol.83ですよ!

2018年05月04日 08:00

権現堂公園駐車場(埼玉県幸手市)で開催します!
毎月第一日曜日のお楽しみ。5月6日は83回目のさくらモーニングクルーズです。今回はホーム権現堂公園で開催します。

sakuramc_wide.png

参加者はまず会場で発起人を探し参加料を100円お支払い下さい。集めたお金は会場使用料として使う他、災害等の支援金として使っています。ブログ等でもお知らせしておりますが、新作のさくらモーニングクルーズステッカーを1枚300円で販売します。(会場で買うと100円お得なんですよ。)

※発起人はOFCC馬場(DATSUN BLUEBIRD 1300SS)森田氏(MG-TF-1500、ディフェンダー)住田氏(Lotus Seven Sr)です。

DSC_0005

さくらモーニングクルーズのお知らせですが、このブログでは開催される前の金曜日に発表をしていますが、Facebookのイベントページでは会場が予約できた時点でアップしています。Facebookに登録していなくても閲覧する事はできます。

Facebookイベントページへ

天候不良の際などは中止にする場合があります。中止の場合はヨンパチのツイッターやFacebookにて告知します。ぜひチェック。フォローして下さい。

Seven

#さくらモーニングクルーズ 
ぜひ #さくらモーニングクルーズ でシェアをお願いします。さくらモーニングクルーズのレポートブログで使わせてもらえれば幸いです。よろしくお願いします。

48baner.gif



この日は春日部市の匠大塚にてクラシックカーフェスティバルも開催しています。さくらモーニングクルーズで集合、そのままアフタヌーンクルーズで春日部までなんてプランはいかがでしょう?大型の駐車場も完備。ぜひお越し下さい。よろしくお願いします!

20180503_car_s.jpg
クラシックカーフェスティバルin春日部

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

クラフェス参加車両は・・・

2018年04月23日 11:00

GWの春日部クラシックカーフェスに向けて着々と準備が進んでいます。会場となる匠大塚春日部本店のWEB SITEにもスペシャルページが立ち上がりました。

takumiclassiccars.png
クラシックカーフェスティバル in KASUKABE

さくらモーニングクルーズ参加者の方にはお馴染みのラインナップ。お声がけさせていただいたみなさま、よろしくお願いします。今回、クラシックカーだけではなく、オートバイ、自転車についてもご協力をいただき展示する事になりました。

ハウスインナー® ツールボックスレッド

ハウスインナー® X 自転車ライフ
真っ赤なハウスインナー®には自転車の展示を行います。詳しい車種は追ってお知らせしますが、こちらは最新のカーボンロードモデルを中心に、子供の日でもあるのでカッコイイKIDSバイクの展示を展示する予定です。

meridareactobm.jpg
輪工房春日部店

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

電子雑誌 デジモノステーション 2018年5月号

2018年04月03日 08:00

エクストリーム自転車通勤・・・ではなくとある日の自転車遊び。

MTBは都心に住んでいるとなかなか遊ぶフィールドがないなんて聞きます。西に行くか、埼玉の飯能や秩父方面に出掛ければ良いのですが隙間の時間に行ける距離ではありません。それなら唯一自然が残されたと言ってもいい河川敷で遊ぼうよってのが私たちの見解。

27173776578_5317bee66c_z.jpg
Photo by Eigo Shimojo

未舗装路と堤防を利用したアップダウン。これを使ってどうやって遊ぶか。子供の頃に神社やそれこそ河川敷、資材置き場で遊んでいた頃に想いを馳せます。水たまりがあれば後続にスプラッシュを浴びせ、堤防があればダウンヒルとヒルクライム。

39236334330_f2e4d02e3f_z.jpg
Photo by Eigo Shimojo

ぬかるんだダスティーロードは前走者の轍をトレースして、ちょっとした段差を探してはジャンプ(しているつもり)!

27173776028_74841e006c_z (1)
Photo by Eigo Shimojo

河川サイクリングは隣接するグランド利用者や散歩など散策を楽しむ方々、ランナーにサイクリストと目的もスピード域も違う利用者でごった返し時に事故なども起きて問題になっています。でもちょっと道を外せばこんな思い切り遊べるフィールドが残っているんです。

39236336700_3725340dc1_h.jpg
Photo by Eigo Shimojo

そんな原点回帰的自転車泥遊びの様子をデジタル雑誌に掲載して頂きました。

電子雑誌「デジモノステーション 2018年5月号」
29543220_1627509550659467_3796416962242156261_n.jpg

電子雑誌「デジモノステーション 2018年5月号」
「休日ぐらいは泥まみれ!新定番 アウトドア遊び」

よかったらコチラのサイトからご購入下さい。よろしくお願いします。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!