エアコンのないクルマで夏を乗り切る10か条

2018年07月20日 11:43

ある撮影で海の方まで行ってきました。この件の詳細は情報解禁になったら改めてさせて下さい。この記録的な猛暑の最中、エアコンの付いていないクルマで片道約3時間弱のドライブ。時間帯は正午前後。この過酷な耐久ドライブをどう乗り切ったのか?

ブルーバード 6ホイールライフ

そんなドライブを踏まえて、今回は「古い車が欲しいけどエアコンがないのが心配」そんな人に向けて真にエアコンのないクルマでどうやってドライブをしたのかを10か条にしてまとめました。

1. 三角窓を有効に使う
sankakumado.jpg

1966年式のブルーバードにはエアコンは付いていません。もちろん吊り下げ式のクーラーなんかもなし。空調設備と言ったら三角窓くらい。この三角窓、走行風を車内に取り込んでくれます。ドライバーに風が当たるように調整すれば汗の気化熱により体温の上昇を抑えてくれている気がします。走っていればかなり効果的。

強制空冷システム

三角窓がないならこんな工夫で乗り切りましょう。

2. シートとの間に空気の層を作る
mesh_lsaport.jpg

人間は汗をかくことで体温を下げる訳で、背中は表面積が大きく、ある意味ラジエーターみたいなもの。そこがシートと密着するとかなり不快。そこでくのようなグッズでシートとドライバーの間に空気の層を作ります。タクシー運転手さんのシートには蒸れ対策で数珠シートカバーが掛けられているのを見たことありませんか?エアコン付きの車でも効果が実感できます。特にエンジンの上に座席があるようなキャブオーバーの車(軽トラやハイエースなど)にも有効ですよ。

3. 保冷剤を有効に使う
bandana.jpg

助手席足下に置けるくらいのクーラーボックスに保冷剤をたくさん用意して行きました。それをバンダナに巻いて首に巻きます。大きな保冷剤は背中に当てたりもしました。保冷剤の効果がなくなったらすぐに交換を繰り返します。

4. シャツはこまめに着替える
着替えはたくさん用意します。特にTシャツや下着などはドライ素材が好ましいですね。着替える時に冷たく感じるローションや汗拭きシートを使うと一瞬爽快感があってよいです。

5. 冷たい飲み物を用意
保冷剤用にクーラーボックスがあるので、そこに冷たい飲み物をいれておきましょう。補充する際にコンビニで売っている凍らせた飲み物を買うのがおすすめ。クーラーボックス内の温度を低く保つのにも効果があります。

6. 時間帯、ルートは計画的に
できれば気温が下がり、交通量も減る深夜に移動するのが好ましい。今回は一番暑い時間帯でしたが、走り続けられるルートを選択しました。高速道路を一定速度で走り続ければ風は車内に流入するし、疲労も比較的少なくなります。

7. 休憩はこまめに
ss_ichihara.jpg

暑いとどうしても頭がぼーっとしてきます。熱中症にならないようにエアコンの効いた所でまめに休憩をしましょう。

8. クルマもケアしよう
mori_blb.jpg

エアコンがないクルマ=古いクルマって事が多いと思います。人間もそうですが、クルマにとっても過酷な状況。事前の準備はしっかりと。特に古い外国車は何も対策をしないとオーバーヒートになる可能性が高くなります。故障したクルマを押している風景はドラマの中ではキマりますが、実際は地獄だし危険です。

9. ファンを付けてみる
今回はトライしていませんが、DC12Vで駆動する扇風機なんか定番アイテムでありますよね。今ならUSBバッテリーで動くのもあるかな。あとはメッシュシートカバー内にファンが装備されていて空気を流してくれるモノもあります。それらを積極的に導入するのもありでしょう。ひとつで劇的に改善するわけではありませんが、それらが積み重なって快適性を上げてくれるはずです。

10. に慣れる
もう最後はこれしかありません。暑さになれるしかないのです。のはじめに運動などで毛穴を開いておいて汗をたくさん出す準備をしておきます。

番外  レンタカーを借りよう
人間諦めも肝心です。どうにかなる事とどうにもならない事がある。そんな現実を受け入れましょう。無理しても危険なのでエアコン付きのレンタカーを借りるのが正解です。週末のドライブくらいなら対策を重ねる事も可能ですが、毎日の事となるとエアコン付きの軽自動車を実用車として所有する、電車を使う方が得策かな。

CATERHAM SUPER SEVEN

走行風が当たれば快適を勘違いしてオープンに手を出す方も出てくるかもしれませんが、風が当たっても日差しによってチャラです・・・いや、日差しを遮らないと本当に危険です。スーパーセブンならレイジートップって素晴らしい商品があるので大丈夫なんですけどね(笑)

umiumi.jpg

それでは、ドライブもどうかご安全に。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!




スポンサーサイト

日曜日はストリートカーナショナルズです

2018年05月18日 16:07

日曜日はお台場青海駐車場にてMOONEYES STREET CAR NATIONALSが開催されます。

fleetline_in_tokyohighway.jpg

ヨンパチフリートラインにとっての恒例行事。今年もエントリーをしました。

IMG_9482

両サイドに貼ってきたエントリーステッカーもそろそろ貼るところが狭くなってきました。

DSC_0008

今年はどんなクルマに出会えるのでしょうか?とても楽しみです。天気予報も回復に向かってきてひと安心。このイベント、私たちがさくらモーニングクルーズを始めるにあたりすごく参考にしたマインドのある素晴らしいイベントです。アメリカ車イベントだから関係ないなんて言わずに、ぜひ空気を感じてみることをおすすめします。

DSC_0077

会場でお会いしましょう!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

CLASSIC CAR FESTIVAL in KASUKABE 1

2018年05月08日 12:34

匠大塚春日部本店にてゴールデンウィークの4日間クラシックカーフェスティバルを開催しました。プレ展示から数えるととても長い期間のフェスで、私たちもはじめての体験でしたが、会場となった匠大塚春日部本店の環境やスタッフの素晴らしいバックアップもあり、とても楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_5574
プレ展示の様子

文化の発信基地に
元々、匠大塚さんのフロアにはポルシェ356とkode.7が展示してあり、スーパーカーの展示イベントも過去に2回開催していたので、恐らくクルマに理解のある方がいらっしゃるんだろうと思っていました。そのイベントを横目で見ながら、匠大塚さんには歴史を積み重ねてきたクラシックカーの趣も絶対に似合うはずと勝手に思っていました。そんな勝手な思いが届き、今回のフェス開催をプロデュースする事に。地元だから単純に協力したい気持ちもありましたが、「単に客寄せではなく、文化の発信基地にしたい」といった匠大塚さんのお考えに共感したところが大きかったです。

DSC_0331

1回目の開催でどんなイベントかも分からない状況でクラシックカーを愛でるには良い季節、長い休日に愛車をお借りする・・・。見に来てくれるお客様が「楽しい!」と思って頂くのはもちろん、クルマを提供してくれたオーナー様にも満足してもらう事も考えながら、様々な制約の中で企画を考えました。

DSC_0342

クルマとパーソナルチェア
車種選定はこちらで行い、そのクルマの写真とちょっとしたデータを匠大塚さんに渡しました。そこから連想するパーソナルチェア(もしくは家具)を選定してもらい一緒に並べて展示する事にしました。この宿題を受け取った匠大塚の担当者は眠れない夜を過ごしたそうです・・・生産国、色、年式、デザイナー・・・どこをフックにするか?直球勝負か?ちょっと捻ったチョイスがいいのか?いやでもそこまでいくと伝わらないかな・・・などいろいろ思考を巡らせた事でしょう。

匠大塚 クラフェス

そのおかげで世界観の広がりを感じる素晴らしい展示になったのではないかと思います。

DSC_0365

それに照明の力は改めて凄いと感じました。クルマの展示スペースに合わせてスポットライトを調整して頂いた事で、クルマの魅力が引き立てられたと思います。

IMG_5674

このクラフェスが決まった時に最初にフロアレイアウトが思い浮かんだのはココ。常設されたkode.7の隣にはおじいちゃんくらい?に当たるLOTUS SEVEN Sr2を並べました。この2台が並ぶのは本当に珍しい事でしょう。

DSC_0353

個人的にはオースチンの大衆車が並ぶこのエリアもお気に入りでした。最終日は玄関前にミニが並びましたが、できたらココに並べたかったな。

DSC_0340

ブルーバードとフェアレディーZはダットサンラリーコーナーに。地元の年配の方々には国産車がやはり好評ですね。匠大塚前の道(日光街道)がまだ未舗装だった頃の話などを興味深く拝聴しました。

DSC_0330

家族を連れてきたあるオーナーさんからこんなコメントを頂きました。「いつも趣味で私だけが楽しんでいるクラシックカーをこんな素晴らしい状況で展示して頂いたことで、家族の目も変わりました。お父さんのクルマってこんなに貴重なものだったんだ!皆さんが写真を撮っている風景や、スタッフの皆さんに感謝の言葉を頂いた事が大きかったようです」と。併設された匠サローネでのランチを楽しみながら良い時間を過ごせたそうです。

古いクルマを愛でる文化が、まず家族に伝わった瞬間だったのかもしれません。

写真はフリッカーアルバムにアップロードしてあります。権現堂の駐車場に並ぶクラシックカーも親しみがあって良いのですが、たまにはハイクラスのインドアショーみたいな雰囲気で並べてみるのもいいですね。ぜひご覧下さい。

次はクルマ以外を紹介します。

つづく

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
[ 続きを読む ]

日曜はさくらモーニングクルーズ Vol.83ですよ!

2018年05月04日 08:00

権現堂公園駐車場(埼玉県幸手市)で開催します!
毎月第一日曜日のお楽しみ。5月6日は83回目のさくらモーニングクルーズです。今回はホーム権現堂公園で開催します。

sakuramc_wide.png

参加者はまず会場で発起人を探し参加料を100円お支払い下さい。集めたお金は会場使用料として使う他、災害等の支援金として使っています。ブログ等でもお知らせしておりますが、新作のさくらモーニングクルーズステッカーを1枚300円で販売します。(会場で買うと100円お得なんですよ。)

※発起人はOFCC馬場(DATSUN BLUEBIRD 1300SS)森田氏(MG-TF-1500、ディフェンダー)住田氏(Lotus Seven Sr)です。

DSC_0005

さくらモーニングクルーズのお知らせですが、このブログでは開催される前の金曜日に発表をしていますが、Facebookのイベントページでは会場が予約できた時点でアップしています。Facebookに登録していなくても閲覧する事はできます。

Facebookイベントページへ

天候不良の際などは中止にする場合があります。中止の場合はヨンパチのツイッターやFacebookにて告知します。ぜひチェック。フォローして下さい。

Seven

#さくらモーニングクルーズ 
ぜひ #さくらモーニングクルーズ でシェアをお願いします。さくらモーニングクルーズのレポートブログで使わせてもらえれば幸いです。よろしくお願いします。

48baner.gif



この日は春日部市の匠大塚にてクラシックカーフェスティバルも開催しています。さくらモーニングクルーズで集合、そのままアフタヌーンクルーズで春日部までなんてプランはいかがでしょう?大型の駐車場も完備。ぜひお越し下さい。よろしくお願いします!

20180503_car_s.jpg
クラシックカーフェスティバルin春日部

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

クラフェス参加車両は・・・

2018年04月23日 11:00

GWの春日部クラシックカーフェスに向けて着々と準備が進んでいます。会場となる匠大塚春日部本店のWEB SITEにもスペシャルページが立ち上がりました。

takumiclassiccars.png
クラシックカーフェスティバル in KASUKABE

さくらモーニングクルーズ参加者の方にはお馴染みのラインナップ。お声がけさせていただいたみなさま、よろしくお願いします。今回、クラシックカーだけではなく、オートバイ、自転車についてもご協力をいただき展示する事になりました。

ハウスインナー® ツールボックスレッド

ハウスインナー® X 自転車ライフ
真っ赤なハウスインナー®には自転車の展示を行います。詳しい車種は追ってお知らせしますが、こちらは最新のカーボンロードモデルを中心に、子供の日でもあるのでカッコイイKIDSバイクの展示を展示する予定です。

meridareactobm.jpg
輪工房春日部店

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!