The Art of Racing in the Rain

2020年05月07日 10:07

こんなに自宅で過ごすゴールデンウィークは後にも先にもないでしょう。それはそれで貴重な体験だったと思います・・・いや思いたい。自粛により、新作映画の公開も延期されてしまいましたが、たくさんのサービスが無料で公開され、どれからチェックするか悩んだ人も多いのでは。私はDIYですっかり疲れ切って早寝早起きが身についてそんなにチェックできていませんが、映画を何本か観ました。その中で紹介したいのはこれ。

エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語
原題「The Art of Racing in the Rain」は映画を観ると納得のタイトルでカッコイイセンスなのですが、邦題もわかりやすさもギリギリありかな。フェラーリの創始者エンツォ・アンゼルモ・フェラーリから名前をもらったゴールデンレトリバーのエンツォと飼い主であるレーサー、その家族のストーリーです。

1973 BMW 3.0 CSi
i001311990.jpg

レーサーとして成功を目指す主人公デニーの愛車。レースでは最新のGTカーを駆るデニーですが、プライベートでは美しいクラシッククーペに乗っているセンスも素敵。映画冒頭サーキットからの帰り道に牧場で子犬を販売しているのを見つけてエンツォに出会います。犬視点でストーリーが展開する映画なのですが、その犬に投げかけられるデニーの優しい表情もいいんですよね。運転しながら後部座席の子犬を座席の間から見つめる感じが。

i001312071.jpg

レース講師をしながら、自らもレースで結果を出し、素晴らしい伴侶に恵まれて子宝も授かり順風満帆の中に少し不穏な空気が・・・でも安心して下さい。最後には想像を超えながらも、納得の結末が待っています。レースシーンもたくさんあるのでクルマ好きにはたまらないマシンが出てきます。(2018 Audi R8 LMS GT3、2018 BMW M4 GT4、2018 Audi RS3 LMS TCR、2016 Ferrari 488 GT3、2018 Dallara GP2、1989 Ferrari 640、2017 Ligier Nissan DPi などなど)その中でも印象的なのは以下の2台かな。

2016 Ferrari 488 GTB
i001312041.jpg

1958 Ferrari 250 Testa Rossa Replica
i001312064.jpg

もちろんエンツォがめっちゃ可愛くて犬映画としても最高です。映画は映画館で観た方が良いに決まっていますが、この映画に関しては、自宅のソファで犬に膝枕をして撫でながら見るのもなかなかだと思います。

IMG_4591_20200507100157f2f.jpeg

昨年の映画で無料コンテンツではありませんが、複数のサービスでレンタルが可能です。まだ続きそうな "おうち時間" に是非!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



Drive Angry 3D

2015年03月04日 08:00

ニコラス・ケージ主演のカーアクションと銃撃戦とセクシーなお姉さんが出てくるバイオレンスアクション&セクシーなジャンル映画。そこを理解してみればそれなりに楽しめる映画ですかね。いや、それでもキツイかも(苦)でもね、クルマは間違いないのでいいのです。

1969 Dodge Charger


途中から見たので経緯は定かではないのですが、ニコラス・ケイジがセクシーなお姉さんを乗せて黒いチェージャーでぶっ飛ばしていました。ザッピングしててそんなシーンに遭遇したら見ちゃいますよね。
追いかけるクルマはフォード・エコノラインキャンパーって所がね。すぐにどうにでもなりそうなもんですが、そうは問屋が卸しません。

1971 Chevrolet Chevelle Malibu SS

写真は1972年式 グリルやランプが違いますね

なんやかんやで次のクルマが必要になり古い友人のガレージで「お前の好きなクルマだ」と出て来たのがシェベルですよ。カマロやマスタングじゃないところがいい!「454か?」みたいな会話もたまらん!

ドライブアングリー ガレージ

しっかり隣にはきれいなブルーのベイビーカマロがいらっしゃって、わざわざこっちのカバーも剥がす必要もない気がしますけど・・・と思ったら最後に友人がこのクルマに乗って登場します。

1957 Chevrolet One-Fifty


物語の終わりに黄泉の世界に戻るようですが、そこもわざわざ1957年のCHEVROLETが出てくるとかね。もうジャンル映画として徹頭徹尾こだわっている所は好感が持てます。

恐らくこのジャンルが理解できない人にはホントに見るのがツライ映画でしょうね。この手の映画って日本でも作れないもんかな。昔は西武警察とかあった訳じゃないですか。CGも上手く使ってしまえばイケると思うのですが。1800円出して映画館に行きたくなるようなジャンル映画・・・無理か・・・。

Jr

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す

スクリーンの中の女神

2014年08月21日 08:00

夏休み中に映画館にも行けたし撮り貯めた映画も少しは見ることができました。そこからチョイスです。

裏切りのサーカス(原題:Tinker Tailor Soldier Spy )
サーカスとは諜報機関の事。そこに潜入している"もぐら"(Wスパイ)を巡って物語は展開します。原題の「Tinker Tailor Soldier Spy 」は裏切りものを探す際にメンバーに付けたコードネーム。「ティンカー(鋳掛け屋)」、「テイラー(仕立屋)」、「ソルジャー(兵隊)」の他に「プアマン(貧乏人)」、「ベガマン(乞食)」なんてのも出てきます。

CITROEN DS21


操作車両に使われていたのがCITROENのDSでした。映画の舞台が1974年で使われていたのはモデル末期の1970年式。英国を舞台にした重厚なストーリーとDSのクラシックで上品な佇まいのマッチングは最高でした。



DSって今まで何度もスクリーンに登場しています。このコーナーでもいくつかの作品で取り上げてきました。
フランス大統領車であり政治家の公用車としても使われたクルマでありながら、ラリーでも輝かしい戦績を残す動力性能があった訳ですから、様々なシーンにマッチするでしょう。そして個性的なアクの強いデザインでありながら、多くの人が優雅で心惹かれるスタイリングは映画監督や演出家にも重宝されるんでしょうね。見ていても画面が落ち着く感じがします。ハイドロニューマチック恐るべし(笑)

見ることができていないのですが気になる映画があります。それが「The Goddess of 1967」

pink_ds.jpg

1967年型のDSを買いにオーストラリアに渡って・・・って話のようですが詳しくはわかりません。原題は1967年の女神って意味だと思いますが、クルマ好きなら知ってる人も多いように、DSの名前の由来は女神から来ている説があるから。

車名シトロエン「DS」は、フランス本国では “スィトホエン「デ・エス」” と発音される。語源は「開発コードの省略形」とも「Désirée Spéciale(デズィへ スペシアレ)」(特別な憧れ)の略とも言われるが詳細は不明である。同じ発音の「女神」という意味のフランス語「déesse(デエス)」を意味しているという説も根強い。
Wikipediaより



残念ながら日本でソフト化されていないので詳しい事はわかりません。言葉がわかる方は動画共有サイトで見られるので問題ないんでしょうけど。



日本車、英国車好きなら特にクラシックカーをニュージラーンドやオーストラリアから引っ張ってくるって現実的な話だし興味ありますよね。乾いた気候で生き残った右ハンドルの旧車天国。なんと堺雅人さんも出演しているそうで、そのうちソフト化されるんじゃないかと期待しています。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ボートテール

2013年04月23日 11:29

たまたま80年代後半から90年代初頭のアクション映画を何本も観ていて、その甘い脚本が織りなすエンターテイメントに心地よさを感じている今日このごろ。ちょっと体調を崩している時にはこの程度の映画がちょうど良かったりします。

The Last Boy Scout
ダイハードでブレイクした後のブルース・ウィリスとトップガン後のトニー・スコットが監督ですからルック的には今観ても古くさく感じる事もないけど、映画内の倫理観って言うか会話とかは懐かしいなぁーと感じます。(1991年公開)内容的には刑事変則バディームービーで、元大統領ボディーガードで私立探偵と元アメリカンフットボーラーがひょんな事からバディーを組んでスポーツ賭博の黒幕に鉄槌を喰らわすって感じ。

1971 Buick Riviera
1971 Buick Riviera Sport Coupe
Photo by aldenjewell

ジョー・ハレンベック(ブルース・ウィリス)はボロいリビエラが愛車。まだ成し遂げていない、又は過去に栄光はあるが挫折した男達など、信頼できる役柄にはアーリーセブンティーのアメリカ車が似合います。しかし、いろんなとこ尖ってるな・・・歩行者衝突保護なんて全く考えてません・・・ナチュラル・ボーン・デスレーサーの風格が漂います。

1971 Buick Riviera '2ANJ055' 2
Photo by Jack Snell "Snappy Jack"

この時代のリビエラと言えば、強烈な印象を残すボートテール!ボートテールって聞くとアメリカ車好きならもう1台思い出すクルマがありますよね?

1963-1967 Chevrolet Corvette
1963-1967 Chevrolet Corvette C2

2代目のCORVETTE(A.K.A スティングレイ)もシャープなラインとボートテールを備えていました。どちらもデザイナーはビル・ミッチェル。ヨーロッパ車(ピニンファリーナ)に強く影響を受けたと言われて、おおらかな曲線を描くクロームメッキをふんだんに使ったクルマからシフトをしたいと考えていたそうです。

1978-1982 Chevrolet Corvette
1978-1982 CHEVROLET CORVETTE C3

相棒になる元フットボーラーは過去にQBでMVPを獲得した程のスター選手。彼の乗るクルマはコルベットでした。今だとハマーとかエスカレードとかになるのかもしれないな。いいセンスです。どうせならボートテールのC2にすれば繋がりが合って良かったんだけど、キャラクター的にはぼやけるか?でも、それだったら選手として活躍した時代と重なる当時現行型だった4代目のコルベットの方が良かった気もしかすけどね。ちょっと納得できないポイント。

CITROEN DS21
CITROEN DS21

まだ若いハル・ベリーが出演してまして、敵の陰謀で暗殺されますが、彼らが乗っているのがDSとかジャガーとかBMWとかヨーロッパ車が目立ちました。わかりやすくていいぞ、この対比(笑)

KAWASAKI KZ1000 POLICE
KAWASAKI POLICE1000

シーンにチラッと出て来るだけなんですけど、この時代のKawasakiポリスバイクは存在感があってカッコイイなぁー。「Lethal Weapon 3」では白バイを借りて的を追うシーンなんかあって興奮するんですよ。大型トレーラーの下をくぐったりしてね。カウルのスクリーン割れるだけで下を通り抜けるのですが、アメリカのトレーラーってそんなに車高高いのかな?

このブログネタ探しも兼ねて古くて、今の感覚で観るとちょっとダレそうなアクション映画も観てますが、クルマが出てくれば集中してみられる特種体質になってきました(苦笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!