ブリジストンサイクル自転車のリコール(「一発二錠」搭載自転車・電動アシスト自転車の無償点検・改修のお知らせ)

2019年06月26日 08:00

ブリジストンサイクルよりリコールの発表がありました。自転車でここまで大きなリコールってなかなかないんじゃないかな。後輪のをかけるとワイヤーで繋がれたハンドルロック機構が作動して1操作で1つので施錠できる画期的なシステム。これにより自転車盗難のリスクがかなり下がる優れものだそうです。このハンドルロックに不具合があり、最悪の場合走行中にハンドルがロックしてしまうとか。詳しくはブリジストンサイクルのお知らせページへ。

BS_cyclerock.png

参考:「ハンドルロック「一発二錠※1」搭載自転車・電動アシスト自転車の無償点検・改修のお知らせ」より



どうやらハンドルロックのインジケーター部分のステッカーが黒ラベルだとリコール対象で白ラベルは対策品のようです。48PRODUCTにもブリジストンサイクルの電動アシスト自転車があるんですよね・・・

ブリジストン アシスタ
blackrabel.jpeg

ビンゴー!

BSの「ハンドルロック「一発二錠※1」搭載自転車・電動アシスト自転車の無償点検・改修のお知らせ」ページに登録フォームがあるので、さっそく情報を入力しようと思ったのですが、フレームに記載してある車種略号、商品番号の記号が読めない・・・

BS_ryakugo.png

参考:BS ハンドルロック「一発二錠」搭載自転車・電動アシスト自転車無償点検・改修対象製品一覧より


薄く残る印刷の英数字をなんとか確認して、一覧から検索してみるとやっぱり該当の自転車みたい。直接電話(「一発二錠」無償点検・改修お客様コールセンター:0120-502-092」)で問い合わせを行いました。

自転車の購入店舗、個人情報を伝え、交換部品が準備できるまで乗るための作業案内などが追ってあるようです。もしご自身や家族、お知り合いに「一発二錠」が装備された自転車に乗っている方がいたら確認をするように教えてあげたください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



新しい6ホイールライフ

2019年06月17日 10:20

関東地方は梅雨入りして急に肌寒くなり、土曜日にかけてかなりの大雨が続いていました。一転日曜日はこの快晴!日差しは強かったのですが、風が心地よく日陰でボンヤリ過ごすには最高の1日でした。ただそんな贅沢な時間を満喫するにはまだ若く、そそくさとある場所へ出かけました。

dog_hi.jpeg
ハウスインナー®を設置したデッキで愛犬と共に

向かった先はさいたま市の秋ヶ瀬公園。クルマに犬を乗せて現地へ急ぎます。目的は犬の運動会の見学。今までも近所の河川敷でアジリティ競技やディスク(フリスビー)キャッチなどは見たことはあったのですが、それ以外にもドッグスポーツっていろいろあるんですね。

2dogs_scooter.jpeg

一番のお目当てはこれ。犬ぞりレースのグラス版。ソリの代わりに自転車や専用のスクーター(キックスクーター)を犬が引っ張ります。1頭クラスと2頭クラス、サイクルクラスとスクータークラスで分けているようですね。

2dogs_cycle.jpg

犬の体重とかでもクラス分けしているのかな?サイクルクラスはペダリングもできるし、小型犬でもそんな負担がなく参加できるのかな?ちょっと細かいルールはわかりませんが、そんなことはともかく、レースなのに平和でキュートで最高でしたよ。

ちょっと検索してみたら過去に普及に尽力した協会があったようですね。詳しく解説しているサイトによるとこれはギグレースまたはバイクジョアリングという競技のようです。

gigracescooter.jpeg

会場で見たスクーター。フロントサスペンション付きのキックスクーターですね。特徴的なのはヘッドチューブにリードを取り付ける金具が取り付けられること。リードが弛んだ時に前輪に巻き込まないようになっています。

diy_doglink.jpeg

専用品が販売されているようですが、DIYされている方もたくさんいました。自宅にある自転車などを工夫して参加しているようです。巻き込み防止以外にも、犬が引っ張った時のショック吸収の役目もありそうですね。軽量で低重心のスクーターが有利のようですが、手軽に始められるサイクルクラスの1Dogクラスならできそうだな・・・新たな6ホイールライフ(with Dog)がはじまるかもしれません。

dog_5mo.jpeg

まだ5ヶ月の子犬なので、挑戦するにしてもまだ先になりますが、それを見据えて一緒にランニングからスタートです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポーツサイクルショップとハウスインナー®

2019年06月04日 08:00

東京都狛江市のスポーツサイクルショップ「ビチクレッタ・シド」様にてハウスインナー®を採用していただきました。

bicishidoshop.jpeg
ビチクレッタ・シド Web Site

同市からのお引越し&リニューアルに合わせて納品&組み立て作業。その段階ではお店の内装もまだまだでしたが、先日お邪魔した際には、もう何年もここで開業されているかのような雰囲気でした。

cycleshop_hi.jpeg

使い込んだ設備や工具類がハウスインナー®に命をふき込んだ感じでしょうか。しっかりとした作業台が欲しいとのことでハウスインナー®専用の作業台ステーに脚部品を追加して更にヘビーデューティに仕上がっていました。

hi_side_1unit.jpeg

サイドパネルは商品が並べられるようにメッシュ仕上げになっていました。ハウスインナー®下で作業をしながらも、お客様が店内で商品を見ている雰囲気を感じられるように、自然に視線を遮る工夫。

ac100_hi.jpeg

ハウスインナー®の梁には高圧エアーホースが仕込まれていて、コンプレッサーからホースリールの配管が目立たないようにしてあります。AC100V電源もハウスインナー®を使って配線されていました。

店内は自然の温もりを感じるような木質系の仕上がりで、比較的シンプルにすっきりとスポーツバイクや関連部品がディスプレイされていました。一方ハウスインナー®のあるピットエリアはたくさんの工具や油脂類、部品が並べられていますが、どれもが機能的に配置されていて、信頼できるプロの仕事場の雰囲気。このある意味両極端の雰囲気をゆるやかにゾーニングして同じ場所で成り立たせる。これもハウスインナー®の機能の一部だと思います。

引っ越して数日でこれほどまでにハウスインナー®があって当たり前の雰囲気まで作り上げるのは、ビチクレッタ・シド様のプロとしての経験とそれを元にしたビジョンが先にあったからでしょう。そして、その経験は積み重ねられ、ハウスインナー®に反映されていくことだと思います。その変化を私はとても楽しみにしています。ハウスインナー®を採用していただきましてありがとうございました。

ビチクレッタ・シド Web Site

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

過酷な暑さはスパイスに

2018年08月07日 08:00

週末の6ホイールライフ。成果のさくらモーニングクルーズが開催されていた裏で、私は国道(酷道)299号線を主にルートとするサイクリングイベントに参加していました。距離にして約170キロ、獲得標高(サイクリング中に登った合計標高)は3,400mを超えます。ルートは埼玉県飯能市からスタートして、山伏峠、志賀坂峠、十国峠を超えて最後に麦草峠を超えてゴール。最後に登場する麦草峠だけでもヒルクライムイベントが成立すると言ったらその過酷さが少しは伝わりますか?

at299maps.png
corceprof.png

コースも過酷ですが、それに追い討ちをかけるように夏の暑さが参加者に牙を剥きます。毎年8月の第一日曜日に開催されるこのイベントは、その天候によって難易度が大幅に変わるようです。

at2993mens.jpg
Photo by Yasuhiro Nakashima

日曜日の3時から順番にスタートをして、15時15分までにゴールができる自身のあるサイクリストのみが参加できるイベントで手厚いサポートはありません。途中棄権の場合は自己責任で帰る算段を取らなければいけないのです。(そのためチームにはサポートカーを付けることを認めています)コースへの対応、暑さへの対策、制限時間内には知り切るマネイジメントなどサイクリストの経験、総合力が試されるイベント。

r29jersy.jpg
Photo by Eigo Shimojo

このイベントの存在は前から知ってはいましたが、その凄まじさから縁のあるものとは思ってはいませんでした。しかし自転車仲間の間で参加の話が持ち上がり、そのためにジャージを作る話まで発展。良い機会だからこれに向けて準備をしようと決めたのです。それから体力の向上はもちろん、ダイエットに体調管理、暑さへの対策、機材のブラッシュアップなどできる限りのことをして大会を迎えました。

目標は完走ですが、それは当たり前として、チャックポイントに近くの河原で水浴びをするなど遊びに要素もちゃんと組み込みます。過酷さも暑さも聞いていた通りで、今までのサイクリングライフで最も挑戦的なライドではありましたが、給水や補給などのサポートがCPごとに設定されていて、それ以外でもツボを押さえたサポートのおかげで辛いながらも安心してチャレンジできるイベントでした。結局は制限時間1分前まで楽しんでゴール。

mizuabi.jpg
Photo by Momiko Tanne

ワンウェイコースなので、私の好きな6ホイールライフでの参加ではなく、電車と自転車での参加。これだけがやっぱりストレスでしたが・・・(苦笑)どうせ暑いんだから、その暑さを逆手にとって楽しむ。そんな事まで教えてもらったサイクリイベントでした。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

東京は坂の町

2018年06月22日 12:17

ちょっと前の週末。自転車仲間と東京の坂めぐりサイクリングをしました。コース設定は都心の道を知り尽くす現役メッセンンジャー。坂と坂を繋ぐエリアもなるべく走りやすいルート選択で、車の少ない週末の朝の東京を楽しみました。

yureizaka.jpg
幽霊坂

古地図と見比べながら古い名前の残った東京の町を散策するなんてのも一般的になりましたよね。坂の名前に関してもアイドルグループのネーミングに使われている乃木坂、欅坂は聞いた事ある人も多いでしょう。芋洗坂も芸人さんの名前で聞いたことがある人いるかな。渋谷の道玄坂やスペイン坂なんかはメディアでもよく聞く名前だと思います。

nezumizaka.jpg
鼠坂(ねずみざか)

逆に昔は名所的存在だったのに今では名前から過去に思いを馳せるしかない坂もあります。江戸見坂はかつて東京の市街地を一望できたのでしょうが、今は道路脇に立ち並ぶビルの壁しか見えません。狭い坂道に付けられた鼠坂も同じですね。

nozokisaka.jpg
のぞき坂

坂道ファンには有名な急坂「のぞき坂」にもトライしました。普段からスポーツバイクに乗る私たちには難しい坂ではありませんが、変速機のないママチャリで日常的に使うのは勘弁願いたい坂でしたよ。アシスト自転車のプロモーションに使うにはバッチリですね



交通量の少ない時間や曜日、夏の連休などを狙って都心サイクリングは楽しいですよ。スポーツサイクルでなくても、アシスト付きのシェアサイクルも充実しているのでそれらを利用してもいいでしょう。山の中と違って自動販売機、コンビニ、カフェが充実しているのも嬉しいポイント。楽しみ方はまだまだありますね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!