ヒッチメンバー取り付けの自転車ラック

2017年08月09日 08:08

以前の記事「【DIY】ヒッチメンバーを取り付けました」でアウトランダー PHEVにヒッチメンバーを取り付けたことをレポートしました。さぁ、そのヒッチメンバーで何をするって話ですが・・・

ヒッチ 自転車ラック

自転車ラックが付きました。これで3台の自転車が簡単に積めるようになります。ロードバイクなら車内積みでもあまり問題はありませんが、泥だらけになるオフロード自転車はさっと車外に積んでガレージでじっくり洗車&メンテナンスをする方が運用が楽なのです。

2015 Mitsubishi OUTLANDER PHEV

ちょっと試運転をした感じでは、ルーフ積みよりも走行時の空気抵抗も少ないし高さ制限も気にしなくていいので気楽です。ガタガタ音なども全く感じず取り付けていることを忘れてしまいそうです。
比較的このタイプでは軽量な自転車ラックですが、ラック本体重量が24kg。自転車3台が単純計算で30kgとして約60kgの重量がリアオーバーハングにかかります。重量級のアウトランダー PHEVでは気になりませんが、1t以下の軽量車だとチョロQにコイン挟んだウィリー状態みたいになってハンドリングに影響が出たりするのかな?

IMG_1040.jpg
ボルト1本で脱着可能

簡単に取り外しが可能なのもいいですね。ルーフラックの場合は脱着に比較的時間と手間がかかるので自転車ラックを付けっぱなしにせざるを得ず紫外線でプラスチックパーツが劣化してしまいます。

海に行ったり融雪剤をかぶったあとのドライブ帰りに高圧洗車ノズルが置いてある洗車場に寄って下回りを含む洗車をしていました。しかし、最近はゲート型の洗車機ばかり。ルーフ自転車ラックだとそれが使えなくて困ってしまいます。ヒッチメンバー取り付けだと自宅でラックを外してしまえばそのまま洗車機に入れられるのはメリットです。

IMG_7740

やる気になればこんなトレーラーだって引けちゃいますからね。夢が広かるなぁ。ここまで大きく立派なのは無理としても750kg以下なら牽引免許も不要ですしね。軽トラックの荷台くらいのカーゴなんかは使い勝手良さそう。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

6​ ​w​h​e​l​l​ ​l​i​f​e​ ​#​8​ ​6​w​h​e​e​l​ ​S​p​e​e​d​s​t​a​r

2017年05月10日 08:00

人気の6ホイールライフシリーズTシャツに新作登場です。今回登場するのはユーノス・ロードスター。イラストを描いているYamaさんが昔乗っていたクルマ。世界的なライトウェイトオープンカー再燃のキッカケを作った自動車史に残る名車です。

Eunos Roadster
当時の写真。この後オレンジに全塗装されるわけですね

自転車のトランポとして向いているかと問われたら「・・・NO」と答えるしかないのですが、不思議とレース会場には向いていないクルマをトランポとして活用して楽しんでいる人も多いんですよね。操る楽しさをトランポにも求めるのは自然なことでしょう。その代表格がロードスターなのかも。皆さんトランクリッドのラックやハードトップ、ロールケージを上手く活用して自転車を積んでいます。
ロードスター Tシャツ
ロードスター Tシャツ

タイムトライアルバイクを搭載して4輪でも2輪でもスピードを楽しむ6ホイールライフを表現しました。文字の色やTシャツボディでバリエーションの違う4種類をご用意。各ボディー共に豊富なサイズとボディーカラーからお選び頂けます。注文が入ってからのインクジェットプリントで恐らく注文から5営業日くらいでお手元に届くと思います。3枚以上で送料は無料、週末にはクーポンが発行されることもあるのでぜひ会員登録をされてはいかがでしょうか?

6​ ​w​h​e​l​l​ ​l​i​f​e​ ​#​8​ ​6​w​h​e​e​l​ ​S​p​e​e​d​s​t​a​r
文字黒 5.0オンスTシャツ (United Athle)
文字白 5.6ハイクオリティーTシャツ(United Athle)
文字白 5.0オンスTシャツ (United Athle)

このデザイン以外にもたくさんのオリジナルデザインTシャツをオンデマンド販売しています。ぜひ48PRODUCT Tシャツショップをご覧下さい!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

車内積みでの悩み

2017年03月22日 08:00

冬の間レースを共に楽しんでいた仲間の誘いでトレールライドを楽しんできました。天気も良く多くのサイクリスト、トレールランナーとすれ違いました。

DSCN2632.jpg

こんな山が近所にあればいいのですが、残念ながら埼玉県東からアクセスするのは電車かクルマが不可欠。まぁ、6ホイールライフ的にはドライブも一緒に楽しめる利点はあるんですけどね。

IMG_8265.jpg

ルーフキャリアやヒッチラックを取り付けていないアウトランダー PHEVは自転車は車内積み。リアシートを倒し、フロントタイヤを外して積み込みます。セキュリティの問題や、運転する際に気を使わなくてもいいなど、車内積みの利点も多くありますが、どうしても汚れるMTBやCXだとクルマを汚さないように気を使うのが大変。

現在はブルーシートとラッゲージトレイで対応しています。ブルーシートは安くてサイズも豊富で便利ですけど、かっこ悪いんだよな・・・もう少しどうにかならないものか。せっかく車内積みしてるので、何か作れないか検討してみようと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

道具に徹する

2016年12月06日 08:00

毎週末おなじみの6ホイールライフ。今週末は地元のMTBレースのお手伝いに行ってきました。

泥んこ道

ロードレースと違って山や森の中を駆け巡るMTB。会場への道のりも容易ではなく、乗用車ではスタックしてしまうこともしばしば。そんなところでも4WDなら不安なく飛び込んでいけます。水しぶきを上げながら走り回るのは自転車でもクルマでも楽しいですね。

IMG_7037

首都圏でありながら計画的に残された雑木林が点在していて、そこを管理しながら年に1度MTBレースを開催しています。この森は通称「ふくろうの森」。名前の由来はそのままふくろうが住処にしていた森だからです。オオタカなど野鳥はもちろんタヌキや野うさぎなんかの小動物も住んでいるそうです。確かに餌がいなければ彼らも飛来しませんよね。

moriride.jpg
Photo by 輪工房

ちょうどさくらモーニングクルーズが開催している時、私は3時間のチーム耐久レースに参加していました。日常では味わえないちょっとしたスリルにチャレンジ精神を刺激されておおいに楽しんできましたよ。

スーパーセブンに自転車を積んでいくような6ホイールライフも刺激的ですが、クルマが完全に道具に徹する6ホイールライフもまた男心を満足させるものですね。そんな気持ちわかるでしょ?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

最新6ホイールライフ事情

2016年11月28日 11:44

週末は長野県野辺山高原や滝沢牧場まで6ホイール遠征をしてきました。昨年は411ブルーバードで参加してインパクトを残すことができたのですが、今年は地味なPHEVです。人間は朝食、クルマは充電。わざわざ充電のためにパーキングで時間を潰すには航続距離が短すぎるのですが、何かのついでならありですね。混雑している駐車場でも良い位置に止められるし。

2015 MITSUBISHI OUTLANDER

会場は聖地野辺山。全国から集まった自転車乗りが集結します。メインの自転車レースがもちろん一番の目的ですが、どんな6ホイールスタイルを見られるのか!?それも楽しみにしていました。

IMG_6987

IMG_6976

Land Rover Defender

ここ最近、シクロクロスの会場で急激に増えているのはヒッチメンバーに取り付ける自転車ラックです。日本ではあまり馴染みのないスタイルですが、欧米ではかなりポピュラーな方法。走行時の空気抵抗も低減されるし、屋根上の障害にぶつける心配もありません。低い位置にあるので自転車の載せ降ろしも簡単。バックカメラが普及してきたので車庫入れが不安であれば取り付けてもいいでしょう。本体ごとチルトする製品なら自転車搭載状態でもバックドアは開くようです。

ヒッチメンバーの設定があるか?比較的コストが高い事や灯火装置やナンバープレートの視認性の問題は残しますが、それらの問題なければ、最も快適な解決方法かもしれません。

IMG_6977

6ホイールライフ

IMG_6988

でも屋根に載っている雰囲気も捨て難いんですよね。絵的にはこっちの方が様になっていると思います。

2015 MITSUBISHI OUTLANDER

私はまだ準備が整わず中積みで。自転車保護や盗難の観点から中積みを選択する人も多くいます。私も寒い冬、霧の朝にルーフ上に自転車を載せて走り、現地で自転車に乗ったらホイールのリムに付着した水滴が凍結していてブレーキが効かずコースアウトした事があります。

ロードバイクならまだそんなに汚れないので積むのも楽ですがシクロクロスやMTBでは自転車が泥だらけになる事が多く、洗車や養生が必要になり面倒ではあります。クルマの新車カタログでは盛んに自転車を室内に積めます!なんてやってますが、汚れてたり濡れてたりするって事は考慮してない場合がほとんどなんですよね。

泥だらけ自転車
Photo by ZERO

ここまで泥だらけの自転車を室内に積めるようになるまできれいに洗車するのはなかなか骨の折れる作業でした。それでも室内積みのメリットも先に挙げたようにあるので、もう少し室内積みを研究したいと思っています。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!