最新最速の6ホイールスタイル

2019年12月11日 08:00

最新にして最速の6ホイールスタイル。自転車ロードレースのトップカテゴリーチーム「チーム・バーレーン・メリダ」はマクラーレンと提携関係にありましたが、来季より正式に「チーム・バーレーン・マクラーレン」として活動を開始します。マクラーレンもチームバーレーンどちらもオーナーがバーレーン人なので提携が決まってから当然こうなることは予想されていました。

以前このヨンパチブログでもTEAM SKYとJaguar、FORDについて取りあげましたが、それ以来のインパクトのあるチームカーが活躍しそうです。

マクラーレン・バーレーン・メリダ
Facebook MERIDA BIKES

かつてのコルナゴとフェラーリのように技術的な交流が行われるとまた楽しみが増えるのですが、そこまでは難しいかな。

colnagoc35.jpeg

その点においては東京五輪で英国チームが持ち込むであろうLOTUSとHOPEのバイクのインパクトには敵わないでしょう。

fc2blog_20191210160634cc9.jpg
BIKERUMORより

自転車でも風洞実験が当たり前になりましたが、自前で風洞を持っているメーカーはごくわずか。そこでカーレーシングチームの協力を仰ぐパターンが増えてきました。そう考えるとマクラーレンがメリダのタイムトライアルバイクをデザインするなんてのは夢ではないかもしれません。

なぜかと言うと・・・話の発端はバーレーンメリダに所属するタイムトライアルの世界チャンピオンがLe Tour de Franceの個人タイムトライアルステージを棄権したところからはじまります。その理由について本人は口を閉ざしていますが、噂ではタイムトライアルバイクの性能に納得していなかったと言われています。ここまでなら単なるゴシップですが、その後開催された世界選手権ではブランド名を隠した他社のタイムトライアルバイクで2連覇を成し遂げたのです。

参考:世界選手権を走る黒塗りのバイク写真

話が随分脱線しましたが(笑)最新最速のチームカーがタイムトライアルステージなどで見られるのを楽しみにしています。毎回この手の話の時に書きますが、チーム・ブリジストン・レクサスも設立してくれないかな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



広がる6輪生活の輪

2018年10月29日 11:09

埼玉県さいたま市の秋ヶ瀬公園にて開催されたSIX WHEELS MTG #1に参加してきました。48PRODUCTのFacebookページやヨンパチブログで告知を協力しましたが、主催は48PRODUCTではなく、Jrの自転車仲間。他のイベントに出る予定でしたが、そちらが行けなくなったので急遽こちらへ参加です。

1966 DATSUN BLUEBIRD 1300SS

ガレージで少々埃をかぶっていたダッツンの洗車をして自転車キャリアを取り付け。載せていく自転車はガレージ内で一番古いミヤタをチョイス。どちらも国産メーカー、カラーも青系で揃って良い雰囲気。

IMG_3045

会場には約10台くらい集まったのかな?場所が自転車トレーニングのメッカ荒川河川敷に近い事もあって、自転車で訪れる仲間もチラホラ。

DSC_0018

遠くは静岡から参加者までいて。まだ台数は少なめですが、熱量はありました。

DSC_0014

自転車の積載スタイルとしてはルーフラック、ヒッチラック、簡易取り付けの背面ラック、室内積みなど。個人的には雰囲気としてルーフオンが素敵だけど、使い勝手においてヒッチラックが1歩リードしている印象。空気抵抗による燃費低下や屋根の上だと、ぶつけそうって意見も多い。

リゾートランナー

様々な車種が集まりましたが何故かフランス車が多かったな。自転車=Le Tour de France=フランスみたいなところもあるのか?私の一番お気に入りは三菱シャリオのリゾートランナー。ギャランVR-4やランサーEvoシリーズに搭載されていた4G63インタークーラーターボを搭載した快速7人乗りワゴン。しかもマニュアルミッション車!オーナーのセンスでカッコイイカスタムも施されています。

同じようにRVRにもスポーツギアってと特別仕様車がありまして、スイング式のスペアタイヤキャリアなどを利用すればオリジナルに自転車ラックが作れそうだな・・・なんて話はこのブログにも以前書きました。まだまだ車種選択、自転車の積載方法などでオリオジナリティをアピールできる奥深さがありそうですね。今後も続けていきたいようなので、また開催が決定したら告知いたします。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ヒッチメンバー取り付けの自転車ラック

2017年08月09日 08:08

以前の記事「【DIY】ヒッチメンバーを取り付けました」でアウトランダー PHEVにヒッチメンバーを取り付けたことをレポートしました。さぁ、そのヒッチメンバーで何をするって話ですが・・・

ヒッチ 自転車ラック

自転車ラックが付きました。これで3台の自転車が簡単に積めるようになります。ロードバイクなら車内積みでもあまり問題はありませんが、泥だらけになるオフロード自転車はさっと車外に積んでガレージでじっくり洗車&メンテナンスをする方が運用が楽なのです。

2015 Mitsubishi OUTLANDER PHEV

ちょっと試運転をした感じでは、ルーフ積みよりも走行時の空気抵抗も少ないし高さ制限も気にしなくていいので気楽です。ガタガタ音なども全く感じず取り付けていることを忘れてしまいそうです。
比較的このタイプでは軽量な自転車ラックですが、ラック本体重量が24kg。自転車3台が単純計算で30kgとして約60kgの重量がリアオーバーハングにかかります。重量級のアウトランダー PHEVでは気になりませんが、1t以下の軽量車だとチョロQにコイン挟んだウィリー状態みたいになってハンドリングに影響が出たりするのかな?

IMG_1040.jpg
ボルト1本で脱着可能

簡単に取り外しが可能なのもいいですね。ルーフラックの場合は脱着に比較的時間と手間がかかるので自転車ラックを付けっぱなしにせざるを得ず紫外線でプラスチックパーツが劣化してしまいます。

海に行ったり融雪剤をかぶったあとのドライブ帰りに高圧洗車ノズルが置いてある洗車場に寄って下回りを含む洗車をしていました。しかし、最近はゲート型の洗車機ばかり。ルーフ自転車ラックだとそれが使えなくて困ってしまいます。ヒッチメンバー取り付けだと自宅でラックを外してしまえばそのまま洗車機に入れられるのはメリットです。

IMG_7740

やる気になればこんなトレーラーだって引けちゃいますからね。夢が広かるなぁ。ここまで大きく立派なのは無理としても750kg以下なら牽引免許も不要ですしね。軽トラックの荷台くらいのカーゴなんかは使い勝手良さそう。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

喜びの声

2017年08月08日 08:08

#48product
ハッシュタグでインスタを検索してみたらTシャツのシェアたくさん頂いておりました。皆さん、本当にありがとうございます。

48PRODUCT T-Shirts SHOP




宣伝中(笑)! #48product #goride #vw6wheellife #cx #spinninggarage6wheellife #バイクロア #白州 #bikelore

Nobukazu Tanakaさん(@nobukazutanaka)がシェアした投稿 -










暖かったのでロンT解禁しました。 ちょっと寒かったけどねw #48product #hondaelement

Katsurou Yamazakiさん(@yamazakink2row)がシェアした投稿 -




I have a dream... #funnytk @h_cal

Kyosuke Takeiさん(@kyosuke.takei)がシェアした投稿 -




かっこいいのキタ! #tshirtstrinity #48product

Masahiro Nakajimaさん(@fb_gti)がシェアした投稿 -




男は背中で語る。 #48product

カルさんさん(@h_cal)がシェアした投稿 -







48PRODUCT T-Shirts SHOP
48oroduct T-Shirts

新デザインは随時追加中。よろしくお願いします!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

自転車バッグ 試作第一弾

2017年03月28日 08:00

6ホイールライフにおいて「自転車を車内に積む悩み 」についての記事で予告した自転車カバーの試作第一弾が出来上がってきました。

泥だらけ自転車
Photo by ZERO

泥だらけの自転車を現地で掃除することなく、車内に積むために現在はラッゲージトレイとブルーシートを併用しています。安価な方法ではありますが、スマートとは言えませんよね。さらに自転車を出し入れする際に付着していた泥が車内に落ちてしまうこともあります。

IMG_8265.jpg
IMG_7190.jpg

自転車丸ごとバッグに入れてしまえばいいのでは?
自転車を電車で運ぶための輪行バッグは商品としてあるので、車に積むためのバッグがあってもいいのではないかと思っていました。今回の使い方とは違いますが前後ホイールを外して入れるバッグは以前あるメーカーが出していたのですが(現在は廃盤)、後輪を取り付けたままフロントフォーク固定用専用バッグは見たことがありません。かなりニッチな商品なのでわざわざ商品にするところはないんでしょうね。それなら作りましょう。

cyclebag1.jpg

とりあえずターポリン生地を使って袋状にしてみました。これをベースに細かい部分を詰めたいと思います。写真から見えにくいと思いますが、バッグの左下に開口部があり、フロントフォークの先端を出せるようになっています。

cyclebag2.jpg

MTBはホイールベースが長いのでフロントフォークが入りませんでした。大は小を兼ねるでいいのか。サイズ展開を準備するのか・・・。

求める機能は単純明解なので迷うことはありませんが、どうやって袋に自転車を入れるか?車内で固定する為には何が必要か?そんな事を考えたいと思います。生地もここまでヘビーデューティじゃなくていいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!