冷たい雨

2017年10月19日 13:49

なんだか季節を通り越して本格的な寒さになってきましたね。それなのに大きな台風が日本を縦断する恐れもあったりして二輪乗りには悩ましい状況。

スーパーカブ 雨

雨装備は問題ないのですが、それに寒さも加わると装備が若干変わってきます。まだ気温が高い頃の雨ならネオプレーン系グローブで問題なし。水は染みてきますが、保温性がある程度確保されるのがポイント。でも冬の雨はこれだけでは対処できません。やはりハンドルカバーが欲しいところ。一般的なオートバイではカッコワルイ装備ですがカブなら許される実用アクセサリー。

スーパーカブ ハンドルカバー

ちょっと早い気がしますが冬支度はじめます。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

日本製への回帰は幸せな事なのか

2017年10月03日 08:00

私の通勤エクスプレス「ホンダスーパーカブ」も19000kmを突破しました。走り出してから1年と3ヶ月くらいかな。途中、リコールでエンジン交換があったのでエンジンはまだ4000kmくらい。それ以外だとチェーン交換くらいしかしていませんが、とにかく快調に走っています。

cubsakura.jpg

そんなカブの関連ニュースが先々週入ってきました。「スーパーカブ」国内生産へ 中国から熊本へ(毎日新聞より)私の乗っているJA10型は通称「中華カブ」と呼ばれ揶揄されています。世界に誇る名車カブは国内生産であるべきって気持ちの裏返しだったのでしょう。その前の型(JA07)は国内組み立てでしたが部品はタイ製でしたが、次期型は組立のみ日本なのか、部品製造も日本となるのか気になる方も多いでしょう。

でも、もっと私が気になるのは・・・

コスト削減のため2012年から生産を中国に移していたが、当時と比べて為替が円安に推移していることを受け国内回帰を決断。


要は中国で作るより日本で作った方が安いって事でしょう・・・これは震えますね。世界の工場よりも日本で作る方が安い!?日本はずっとデフレの状況から抜け出せずにいるんだから当然なのかもしれません。もちろん単純に人件費を比べるだけではなく、今回のリコールにかかった費用、外国で生産するためのいろいろな費用も加え総合的に判断された訳だと思いますけどね。

2016 HONDA SUPER CUB 110 PRO

MADE IN JAPAN
これを手放しで喜んでいい状況なのか・・・新型車は11月10日発売で4万円ほどの値上げになるそうです。モーターショーで見られるのかな?ついでにJA07時代の丸いリヤフェンダーに戻るといいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

この部品はなんでしょう?

2017年09月14日 08:00

これなんだかわかります?

ブライドルレザー



[ 続きを読む ]

生産中止多し

2017年09月08日 08:00

今年の9月で多くのモデルが生産中止になったのをご存知ですか?

yamaha sr400

ヤマハならSR400にドラッグスター、XJRやセローなど。カワサキもW800やZRXなど他のメーカーを調べてもてもそれなりのモデルが消えていきます。これは欧州の排出ガス規制「ユーロ4」と整合性を取るために設定された平成28年規制が施行されるため。今までもこのようなタイミングで長らく愛されてきたモデルが一斉に消える事がありました。

YAMAHA TRICKER

次期モデルの開発が進んでいるなんてアナウンスもあるのですが、日本だけのガラパゴス規格となっている中型モデルはラインナップが減っていく事は避けられないんじゃないかな。小排気量モデルは東南アジアの流用、大排気量は欧州モデルの流用ってパターン。日本のメーカーなのにね・・・グローバル企業にとって、いくらお膝元でもマーケットが小さいので仕方がないのか。ガラパゴス的な規制も徐々にグローバル化していくことでしょう。

YAMAHA SR400

そうは言っても中古車市場は大きく、面白いモデルがゴロゴロしてるのでとりあえずはそんなに悲観的ではないのですが。SRなんかいくらでも転がってるし、古いキャブモデルの方が面白いしね。そんな事考えてたらロングストロークとヘビーフライウェイトにしたSRに乗りたくなってきました。

どうしても新車がほしい方は流通在庫を急いで調べましょう。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

イケてるハコ

2017年09月06日 08:00

さくらモーニングクルーズにやってきたSIMCAを見て改めてコンパクトでスポーティなハコカッコヨサにやられてしまった私。しかもこの個体は1973/5のラインオフだか登録されたクルマだそうで、まるっきり自分と同じ誕生日みたい。これは運命かもしれません。

1973 SIMCA 1000 GLS
36599899950_7ba1d5e35e_z.jpg

これを機会に今まで撮影してきた写真からカッコイイハコをピックアップしてみようかな。

Fiat 131 Abarth Rally Corsa Bertone

1974 Triumph Dolomite Sprint

BMW 2002

Alfa Romeo Giulia

Renault 8 Gordini

1974-1978 Simca 1000 Rallye 2

LOTUS CORTINA

1970-1977 TOYOTA COROLLA(E20)

1969 HONDA 1300 99

1967 PRINCE SKYLINE 1500

ちょっと年式新しくなってしまいますが・・・

1982 ISUZU GEMINI ZZ/R

DSC_0135

アメリカ車の中では小さいのです・・・

1964 FORD FALCON

1969 DODGE DART

フォード・エスコートなんかも挙げたかったのですが画像ストックがありませんでした。

MITSUBISHI LANCER EVO III

それとかなり最近のクルマになりますがギャランVR-4やランサーEVOなんかもピックアップしておきたいところ。

DATSUN BLUEBIRD 1300SS

もちろん縁があってガレージにやってきたブルーバードも負けてません。どれもこれも目移りしてしまうくらいカッコイイですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!