さよならパジェロ

2019年04月25日 08:00

びっくりしましたね。パジェロの国内販売が終了するそうです。デビューから日本におけるRV車ブームを牽引しました。パリダカでの輝かしい活躍も鮮烈に記憶に刻まれています。私の場合、三菱のメカニックだったこともあり、パジェロには思い出がたくさんあります。最近でも実は初代パジェロをレストアしながら乗るのもいいなーなんて思って中古車をチェックした事もありました。経験を生かしてね。

パジェロ

入社して最初に購入を検討したのは、2代目パジェロ(上の写真)のJトップでした。プラスチックのオーバーフェンダーがないすっきりとしたナローボディーと軽量な幌仕様。MITSUBISHI Jeepの血統を一番色濃く受け継ぐスタイル。それでいいて一番安い値段設定に「これなら買えるかも!」って思った訳です。営業課長が止めてくれたのでローン地獄にハマらずに済んだのですが(苦笑)でもこの写真のようなバンパー一体型のカンガルーバーを取り付けたり、OZ Racingの軽量ラリーホイールを履かせるとかいろいろ妄想したものです。

1996-2006 MITSUBISHI PAJERO

リコール隠しで問題になった時代。直噴エンジンしか選べないような展開をしたせいで三菱のメカニックでさえ三菱の車に乗ることをためらいました。三菱のファンだった人もどんどん離れてしまい、クロカン四駆が時代遅れの存在になり販売台数は伸びなかったことでしょう。

ただ市場は日本だけにあらず。世界を見渡せばランクルと並んでパジェロへの信頼、ブランド力はまだまだありますからね。もしかしたら日本にはアジアマーケット向けのパジェロスポーツが入ってくるなんて展開もあるのかな。オートバイもそうですが、東南アジアマーケット、欧州マーケット向けの中から日本で売れそうなのを選んでもってくるような流れになっています。残念ながら日本のメーカーでさえ、日本向けを開発できない状況に見えます。ガラパゴス島スペシャルは軽自動車だけになるのかもね。

1998-2007 MITSUBISHI PAJERO io

パジェロは誰もが認めるクロカン四駆のブランドで一時はミニやジュニア、イオなんてパジェロもいたんですよね。イオなんか扱いやすいサイズで見た目はオーソドックスでありつつ、ピニンファリーナVerもあったりして洒落てるんですよ。 エンジンはGDIですけど・・・残念ながら。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

日本を代表するオートバイ

2019年03月26日 15:51

昔は気にも留めなかった原付、原付二種のオートバイ。今では通勤カブライダーとなり、とても身近で気になるジャンルになりました。それでも趣味嗜好の範囲は狭く、トレンドを盛り込んだエッジーな最新スクーターなんかは苦手。歳をとったからって訳でもなく、若い頃からトラディショナルなスタイルのオートバイが好きでした。

siper cub c125 honda
C125の新色(タイでは以前から通常モデルとして売っています)

そんな私にはスーパーカブはピッタリ。目立った動力性能を誇る訳でもないスーパーカブ。乗り始めこそ物足りなさを感じていましたが、その物足りなさは、毎日実用的に乗るオートバイには大事な性能であることに気がつきます。

cub_ja10_white.jpg
不遇のモデルとなったJA10型のスーパーカブ

肩の力を抜いてリラックスできるオートバイ。それがスーパーカブの誇るべき性能なんだと思います。そんなカブも誕生から60周年を迎えて限定車やプレミアムモデル「C125」が発売されたりと、その価値が見直されています。

HONDA Super Cub 110 Pro
14インチタイヤ、鉄フェンダー、丸いヘッドライトにフロントバスケット(プレス、ポストマン仕様モデル)

振り返ると私が購入したタイミングは一番難しい時期でした。カブスタイルのアイコンでもある丸いヘッドライトと丸いリアフェンダーを捨てた唯一の時期であり、生産も完全に中国。エンジン交換に発展したリコールがあったりと不遇のモデル。私は80年代スクーターみたいな異形ヘッドライトを嫌い、丸いヘッドライトをフロントキャリアにマウントしたプロモデルを選んだのですが、それは消去法みたいなもの。60周年を記念したモデルチェンジで日本製に戻り、丸いヘッドライトと丸いフェンダーが復活した今ではモヤモヤした気持ちもあります。選んだ時点で最善の選択だったとは今でも思っていますけどね。

2017 HONDA SUPER CUB
現行のスーパーカブ

オートバイにもう一度・・・そんなリターンライダーが増えていると言われています。大型バイクに乗るのもありですが、スーパーカブはいかがでしょう?カブを買うには近年で最も良い時期だと思いますよ。

60thaniv_cub.jpg
60周年モデル

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ヒストリックカーのラリー

2019年02月22日 14:41

Flickr!でフォローしている方がモンテカルロラリーのヒストリックカークラスの写真をアップしています。

Rallye Monte-Carlo Historique 2019 / Nico Quatrevingtsix

46920295352_d52792754b_z.jpg

46259901484_e2024ba9d9_z.jpg

40044872463_168a2d3ce3_z.jpg

40160029463_5182108849_z.jpg

まだまだカッコイイ写真がたくさん。全部で556枚アップされてますよ。気になった方はチェックしてみましょう。

Rallye Monte-Carlo Historique 2019 / Nico Quatrevingtsix

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ナショナルカラー

2019年02月14日 11:24

トヨタから86の限定バージョンが発表されました。ブリティッシュグリーンのカラーリングとタンカラーのアルカンターラシート。更にハイパフーマンスパッケージが用意されていて専用のサスペンションやブレンボのブレーキなどが追加できるそうです。

britgreengt86.png
トヨタ86特別サイト

この限定でブリティッシュグリーンにタンカラーのシートって組み合わせ・・・どうしてもあれを思い浮かべますよね?

1989-1998 EUNOS ROADSTER

世界的にライトウェイトスポーツの復権をした初代ユーノス・ロードスター。その成り立ちを考えればこのカラーリングはお手本となったクルマへの敬意を感じるものでした。

エラン

ブリティッシュレーシンググリーンなんて言われたりしてジャガーやベントレー、モーガンなんかもこの色のイメージが強いですよね。これは過去に設定されていたモータースポーツのナショナルカラーに由来しているって事で理解していますがどうなんでしょう?

スプルースグリーン

ちなみに48PRODUCTのAustin Healey100はブリティッシュグリーンではなくスプルースグリーン。イギリスの緑にはも似ていますがいろいろ種類があります。

7974904466_875dd57ea7_z.jpg

そうなるとブリティッシュグリーンよりもまずは日本のナショナルカラーモデルがあってもいいのにね。まぁ、あまりナショナリズムを打ち出すのも賢明ではないかもしれませんが、ブリティッシュグリーン、イタリアンレッド、フレンチブルーとかシルバーアローなんて聞くと、ジャパンアイボリー(&レッド)がもう少し大事にされてもいいのにな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

平成の日産

2019年02月06日 08:00

話題になっている日産の平成をまとめたムービーです。



平成もいつのまにか30年。昭和の最後に登場した印象的なCMで井上陽水さんの「皆さん、お元気ですか?」からはじまります。「くうねるあそぶ」ってコピーは糸井重里さんによるもの。ギラギラとしたバブル時代でこの力の抜けたコピーは異質に感じたんだろうな。

Nissan_Cefiro_1988.jpeg

その次はR32のスカイライン。セフィーロは正確に言えば昭和から売っていた車で、スカイラインは1989年5月デビューなのでまさに平成のスタート後に発売されたクルマですね。ちょうどJrの高校入学時で後ろの席の友人がクルマの雑誌を読んでいてスカイライン特集だったのを覚えています。3年後に免許を取得できるようになって、GT-Rには手が届かないけどローンでType-Mを買ってた同級生もいたな。

1989-1993 NISSAN SKYLINE

次は平成3年にデビューしたフィガロ。Be-1、パオに続く日産のパイクカーシリーズ第三弾。手軽なカスタムベースとして今でも人気がありますよね。

1991 NISSAN FIGARO

平成6年はラシーン。僕らのどこでもドアってコピーでドラえもんをCMに登場させました。最近トヨタのCMにドラえもんを使っていたのが記憶に新しいのですが、ラシーンが先です。パイクカーの流れを組みますが、限定車ではありません。こちらもカスタムベースとして人気で専門店なんかもあったりしますね。

14213066163_4e81e0de1b_z.jpg

同じく平成6年に登場したのは3代目のマーチです。今では軽自動車が何かと重宝されますが、当時は軽自動車は危ないから・・・とスターレットやマーチが一番小さいクルマとして選ばれていた気がします。当時オートバイの免許しかなかった私はよく友人彼女のマーチに乗って遊びに行ったなぁ。

1992-2002 NISSAN MARCH (MICRA)

ここから平成12年にとんでエクストレイルやキューブに続いていきます。

NISSAN EXTRAIL

ぜひ動画で確認してください。動画に出てこないクルマとしてはアベニールなんかが個人的には思い入れがあったりするし、インフィニティはなかった事になってるのも気になるし、セールス的にはシルビアなんかも入ってていいのにって気もしますけど。

NISSAN IDx

パイクカーシリーズどんどん発売されていたら・・・延長線上にこんなクルマが出てたかもしれないな・・・カングーが日産の名前で販売されるより、こっちの未来が見たいです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!