ロックスターとカタナ

2018年10月12日 12:35

光岡自動車から新型車として発表されたロックスター。スタイリングモチーフはロードスターをベースにしたコルベット・スティングレイ(C2)であることは言わずもがな。



6速MTモデルの「S」が468万8200円、同じく6速MTモデルの「S Special Package」が498万3800円、6速ATモデルの「S Special Package」が518万3600円で予約が開始されているそうです。光岡自動車の50周年記念モデルとしいてかなり力が入ってますね。皆さんの反応をネットでチェックしてみると割と好意的な意見が多いようですね。光岡自動車の最高傑作の呼び声も高い。

光岡自動車 Rock Star スペシャルサイト

一方、ちょっと前にオートバイのニュースが珍しく世間を賑わせました。それがケルンショーで発表されたスズキのカタナです。

KATANA NEW
スズキ二輪製品ニュースより

ファンが多いモデルだけで、その現代的にアレンジされたスタイルには賛否両論あるようですね。一口にカタナと言ってもいろいろなモデルがあるのですが、やはり初代のイメージが一番根強く、その雰囲気を求めている人が多いのかもしれませんね。

SUZUKI KATANA

自社のヘリテイジモデルを現代解釈で蘇らせる。この方程式は各メーカーがこぞって採用しています。スタイルの好みはあると思いますが、オールドファンとしてはちょっと嬉しいかな。元々のスタイルが好きならそっちを買えばいいわけですし。

それよりもいくらカッコヨクできても他のメーカーが他社のデザインヘリテイジをそのまんま頂戴するのはちょっとなぁと思ってしまいます。どうしても無邪気にスタイリングだけで一喜一憂できません。

SUZUKI KATANA

そんな面倒なオールドファンのこだわりは置いといて、若いライダーはこれらをいったいどう思うんでしょうね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

おめでとう!ヤマハSR40周年

2018年09月21日 08:00

SRが帰ってきました。40周年を記念したモデルとともに!

img102.jpg

お馴染みのサンバーストカラーにゴールドのスポークウィール。記念バッジが誇らしげに輝く限定モデルは500台発売されるそうです。

img32.jpg

標準カラーはブラックとこのブルー。絶妙な色合いでブラウンとシートと相まって魅力的ですね。新車の価格ってどれくらいなんだろう?って調べたら57万2400円ですって。前回から2万円アップでなんとか納めたみたい。それなりに高価なオートバイになりましたね。こんなクラシックなオートバイを新車で購入できる(=旧車乗りにとっても部品が流用できる)のは嬉しい限りです。

YAMAHA SR400 DIRT TRACKER CUSTOM

4気筒のオートバイからSRにはじめて乗った時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。ピストン一発、一発の爆発と共にアスファルトを後輪が蹴っ飛ばして進んでいく感覚。もうそれからシングルとかツインのバイクしかダメになりました。キックスタートしかない不便さ、振動で落ちていく部品、痺れる体、アンダーパワー・・・それらもなんだか悪くないと思わせる魅力があります。

YAMAHA SR400

またそのオーソドックスな構成でオートバイをいじる楽しみも教えてくれました。ロングタンクにセパハンでロッカーズを気取り、ミニタンクとトラッカーシートで70年代スタイルのストリートトラッカーを下駄にする。

YAMAHA SR400

SRカスタムの知識は深まり共有されて、そこからさらに新しいスタイルが生まれる・・・そんなサイクルの中で遊べたことを幸せに思います。そしてそんな楽しみが受け継がれることを期待して。

おめでとう、そしてありがとう。YAMAHA SR 40周年

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

メカニックヘルメットの行方

2018年07月31日 08:00

オートバイライダーの方々でこの時期のイベントと言えば・・・8耐!って答えがすぐに返ってくる事でしょう。過去には芸能人チームなんかも参加していて、社会的にもかなり認知されていたオートバイの祭典でした。テレビ中継があったので少しだけ見たのですが、スタートセレモニー中に大雨が降ったり、台風の影響でペースカーがなんども入ったりピットクルーも大変だなぁと思っていたのですが、一番気になったのは・・・






なんでピットクルーが自転車用のヘルメットかぶってるの?ってこと。

どうやらFIMのルール改正で今年からピットに立ち入るスタッフ、関係者にヘルメットの着用が義務付けられたんですね。今まで給油担当は耐火スーツとヘルメットを装備していましたが、経緯は勉強不足でよくわかりませんが安全を優先した処置でしょう。ホンダのレポートを見ても確かにヘルメットをかぶっています。

helmet_endurance.jpg
ホンダWebSiteより

この写真ではスケボーとかアクションスポーツでかぶりそうなヘルメットですね。8耐は酷暑の中で行われるので、アクション用よりも排熱を考えられたロードバイク用を採用したのでしょう。でもスピードを感じさせるデザインがされたロードバイク用のヘルメットはメカニックの作業とミスマッチで違和感しかなかったな。

22612326654_3748d2ed8c_z.jpg

それなら間をとってMTB用のヘルメットだったら排熱とデザイン的にもそこまで違和感がなかった気がします。どちらにしろ、まだこの規則がはじまったばかりなので、この用途に使える他の用途のヘルメットをかぶっている段階だと思いますが、メカニックヘルメットってジャンルが生まれるとしたらどんなデザインになるんでしょうね。

8耐を見る限り、オートバイ用のヘルメットも取り扱っているOGKカブトの自転車用ヘルメットを使っているところが多く見えましたが、作業用ヘルメットのトップメーカー「ミドリ安全」さんが、メカニック用を作ったらどんな感じになるんだろうな。

(参考:モトGP新風景)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


ヒッチメンバーの可能性

2018年07月27日 08:00

ヒッチメンバーに取り付ける自転車ラックで6ホイールライフを楽しんでいますが・・・

ヒッチキャリア

やはりどこかでヒッチメンバーを付けたからにはキャンピングトレーラーを引っ張りながらの旅へ憧れを抱いていたりします。

airstreem

長い旅じゃなくても、冬場の自転車レースにキャンピングトレーラーがあったら快適だろうな・・・とかね。ここまで大きくなくても普通自動車免許で引ける750kg以下のタイプでも十分。

そんな妄想に新たな選択肢が生まれたみたい。その名はヒッチホテル。(#Vanlife: Hitch Hotel lets you tow an expandable camper without any wheels

Hitchhotel1.jpg
Hitchhotel2.jpg

ヒッチメンバーへ取り付けできる拡幅式ボックスみたいな感じか。これならトレーラー特有の運転技術は必要ない。内部に常設する家具は置けないし、立てるスペースでもないので使い方は限定されますが、とても面白いアイデアですね。拡幅の構造自体はキャンピングカーや特装車で採用されていて目新しいものでもないのですが、この使い方は新しい。

まだKickstarter(Hitch Hotel | The Expandable Wheel-less Trailer)を使った提案の段階みたいですがどんな反響があるんでしょうね。

Jr

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ




ssalebaner.jpg

エアコンのないクルマで夏を乗り切る10か条

2018年07月20日 11:43

ある撮影で海の方まで行ってきました。この件の詳細は情報解禁になったら改めてさせて下さい。この記録的な猛暑の最中、エアコンの付いていないクルマで片道約3時間弱のドライブ。時間帯は正午前後。この過酷な耐久ドライブをどう乗り切ったのか?

ブルーバード 6ホイールライフ

そんなドライブを踏まえて、今回は「古い車が欲しいけどエアコンがないのが心配」そんな人に向けて真にエアコンのないクルマでどうやってドライブをしたのかを10か条にしてまとめました。

1. 三角窓を有効に使う
sankakumado.jpg

1966年式のブルーバードにはエアコンは付いていません。もちろん吊り下げ式のクーラーなんかもなし。空調設備と言ったら三角窓くらい。この三角窓、走行風を車内に取り込んでくれます。ドライバーに風が当たるように調整すれば汗の気化熱により体温の上昇を抑えてくれている気がします。走っていればかなり効果的。

強制空冷システム

三角窓がないならこんな工夫で乗り切りましょう。

2. シートとの間に空気の層を作る
mesh_lsaport.jpg

人間は汗をかくことで体温を下げる訳で、背中は表面積が大きく、ある意味ラジエーターみたいなもの。そこがシートと密着するとかなり不快。そこでくのようなグッズでシートとドライバーの間に空気の層を作ります。タクシー運転手さんのシートには蒸れ対策で数珠シートカバーが掛けられているのを見たことありませんか?エアコン付きの車でも効果が実感できます。特にエンジンの上に座席があるようなキャブオーバーの車(軽トラやハイエースなど)にも有効ですよ。

3. 保冷剤を有効に使う
bandana.jpg

助手席足下に置けるくらいのクーラーボックスに保冷剤をたくさん用意して行きました。それをバンダナに巻いて首に巻きます。大きな保冷剤は背中に当てたりもしました。保冷剤の効果がなくなったらすぐに交換を繰り返します。

4. シャツはこまめに着替える
着替えはたくさん用意します。特にTシャツや下着などはドライ素材が好ましいですね。着替える時に冷たく感じるローションや汗拭きシートを使うと一瞬爽快感があってよいです。

5. 冷たい飲み物を用意
保冷剤用にクーラーボックスがあるので、そこに冷たい飲み物をいれておきましょう。補充する際にコンビニで売っている凍らせた飲み物を買うのがおすすめ。クーラーボックス内の温度を低く保つのにも効果があります。

6. 時間帯、ルートは計画的に
できれば気温が下がり、交通量も減る深夜に移動するのが好ましい。今回は一番暑い時間帯でしたが、走り続けられるルートを選択しました。高速道路を一定速度で走り続ければ風は車内に流入するし、疲労も比較的少なくなります。

7. 休憩はこまめに
ss_ichihara.jpg

暑いとどうしても頭がぼーっとしてきます。熱中症にならないようにエアコンの効いた所でまめに休憩をしましょう。

8. クルマもケアしよう
mori_blb.jpg

エアコンがないクルマ=古いクルマって事が多いと思います。人間もそうですが、クルマにとっても過酷な状況。事前の準備はしっかりと。特に古い外国車は何も対策をしないとオーバーヒートになる可能性が高くなります。故障したクルマを押している風景はドラマの中ではキマりますが、実際は地獄だし危険です。

9. ファンを付けてみる
今回はトライしていませんが、DC12Vで駆動する扇風機なんか定番アイテムでありますよね。今ならUSBバッテリーで動くのもあるかな。あとはメッシュシートカバー内にファンが装備されていて空気を流してくれるモノもあります。それらを積極的に導入するのもありでしょう。ひとつで劇的に改善するわけではありませんが、それらが積み重なって快適性を上げてくれるはずです。

10. に慣れる
もう最後はこれしかありません。暑さになれるしかないのです。のはじめに運動などで毛穴を開いておいて汗をたくさん出す準備をしておきます。

番外  レンタカーを借りよう
人間諦めも肝心です。どうにかなる事とどうにもならない事がある。そんな現実を受け入れましょう。無理しても危険なのでエアコン付きのレンタカーを借りるのが正解です。週末のドライブくらいなら対策を重ねる事も可能ですが、毎日の事となるとエアコン付きの軽自動車を実用車として所有する、電車を使う方が得策かな。

CATERHAM SUPER SEVEN

走行風が当たれば快適を勘違いしてオープンに手を出す方も出てくるかもしれませんが、風が当たっても日差しによってチャラです・・・いや、日差しを遮らないと本当に危険です。スーパーセブンならレイジートップって素晴らしい商品があるので大丈夫なんですけどね(笑)

umiumi.jpg

それでは、ドライブもどうかご安全に。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!