パワーユニット調達

2019年01月18日 08:00

中学生の頃、はじめてアメリカ車の文化に触れた時にカルチャーショックを受けたひとつ。シャーシがFORDでも、困ったら入手が容易なシボレーのエンジンを載せてしまうこと。

001.jpg

カー用品店でシボレーのモーターが普通に売られていて、それを買ってガレージで載せ替えるそうです。そんな重整備まで自宅ガレージで行うことにも驚きましたが、それよりもメーカーが変わることが気持ち悪くないのかと。

CATERHAM SUPER7
キットカースタートのセブン系はパワーユニットのバリエーション豊か

ロータスだとか考えたらエンジンは他者から供給してもらうのが当然だったりして、それを考えればそれもありなのかと思いますけどね。なんとなくトヨタのエンジンが載っかったロータスにありがたみを感じなかったりと複雑な気持ち。

newsupra_bros.jpg

そんなことを踏まえて考えると・・・スープラがトヨタ製ユニットを搭載していないことはどんな風に受け取られているのでしょうか。ファンではない私からすると「BMW製いいじゃん!」って思ったりしますけど。二輪YAMAHA好きなのでヤマハ製でもいいけどね。

自社製だけどV6になってしまったGT-Rとストレート6は死守したけど他社製になったスープラ。簡単に比較できませんがそんなところにも違いが現れていますね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

新しいスープラ

2019年01月17日 08:00

盛り上がったオートサロンの直後。アメリカ、デトロイトで新しいスープラが発表されましたね。

DSC_0023

2016年のオートサロンにおいて日本でも公開されたFT-1が新型スープラになると噂されていましたが、まさにこのまま出てきた感じですね。

DSC_0028

先日のオートサロンでもダズル迷彩にて擬装されたA90(プロトタイプスープラ)が展示されていました。

newsupra_bros.jpg

BMWと共同開発で兄弟車となるZ4はこんな感じ。

bmwz4_bros.jpg

86の時はスバルと細かいエンブレムなど装飾以外は同じでしたが、今回はしっかり別物に仕上げてきました。2シーターと割り切ることにより86よりも短い全長、伝統の直6ターボエンジンなんかは好意的に受け入れらている反面、トランスミッションは全車スポーツモード8速ATしか設定されていないのは残念に思っている方が多いみたい。

1967 TOYOTA 2000GT

基本的にショートデッキ・ロングノーズの古典的なスポーツカーのフォルムで2000GTのシルエットに重ねてプレゼンをしていました。テールは80スープラを彷彿とさせるデザインを取り入れているようですね。フロントマスクはトヨタのキーンルックではなく80スープラを現代トヨタ風にした感じなのかな。FT-1のグリルは左右分割式でフォーミュラーカーみたいだったのですが、中央にもグリルが設けられたのでスバルのスプレッドウィングスグリルみたいになりましたね。エンツォ(フェラーリ風)でもあるのかな。

1990-1993 TOYOTA SUPRA 2.4 TWIN TURBO
セリカXX系の匂いがあった頃のスープラは置いてけぼりな感じはありますね。

共同開発のBMWがエンジン、ミッション、プラットフォームを担当したと聞いています。そうなるとBMWのシルキー6をトヨタディーラーで面倒見てもらえるって事か・・・ルックスが気にならなければお得感あるのかもしれません。そんな損得勘定で選ぶクルマじゃないと思いますけどね。
とにかくトヨタがスポーツクーペを出してくれた!これだけでポジティブな反応に溢れている感じがします。早く日本でも実車を見てみたいですね。

DSC_0025

次はこっちをよろしくお願い申し上げます。スバルでもBMWでもなくダイハツと共同で手の届く感じで(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

7つの開発理念と日本自動車殿堂

2019年01月11日 08:00

日本自動車殿堂のサイトでたまたま見つけた原禎一さんの「自動車の本質を貫く開発に挑む」日産自動車 元専務取締役 原 禎一を読みました。

11095812585_0a1ecf4163_z.jpg

氏の功績はここで抜粋するのも難しいほどたくさんあるので、お時間のある時にリンク先「自動車の本質を貫く開発に挑む」日産自動車 元専務取締役 原 禎一を読んでいただければと思います。戦後からダットサンの開発に取り組み510ブルーバードやS30Z、初代ローレルの企画に直接取り組んでいたそうです。このページの最後に7つの開発理念として以下の文言が記されていました。1年が始まる時期ですからこんなのもいいでしょ?

①他社商品を模倣しない。尊重する気持ちで臨め。欧州では似た商品を出す事は恥とされる。

②開発期間を短縮する悪影響をわきまえよ。

③企業の首脳部は全員が自動車人であるべき。細かい技術まで正確に語れる人材が必要。

④車種の整理は重要であり、大きな決断力を必要とする。

⑤車種を命名したら、これを守り抜け。

⑥設計に関わった人は配転があっても、その後の結果を追い求めよ。自分の技量が理解出来て自己の成長に繋がる。

⑦一度失敗した人にも一回は次のチャンスを作ってあげよう。失敗は非常に勉強になった筈だから。


1980-1981 NISSAN SUNNY CALIFORNIA B310

ありがたいお言葉です。時代とともにこの理念も変わっていくことだと思いますが、⑤車種を命名したら、これを守り抜けとありますが、現在はサニーもブルーバードもセドリックもグロリアもローレルもありません・・・④で言う通り大きな決断で車種を整理したんだと思いますが、せめてGT-Rはスカイラインのスポーツモデルであって欲しかったな。

SUBARU 1000
2017年歴史遺産車選定 1966 スバル1000

それはさておき、恥ずかしながら今まで日本自動車殿堂なんて組織を意識したことはありまでした。どんな活動をされているのかサイトでチェックすると・・・歴史的遺産車の選定なんてのもやってるんですね。カーオブザイヤーくらいはもちろん知っていますが、テクノロジーイヤー、デザインイヤーなど様々な切り口でイヤーカーを選出しているようです

HONDA Dream CB750Four
2018年歴史遺産車選定 Honda Dream CB750 FOUR

ヨンパチブログでも海外の自動車文化に触れ、例えば英国車の遺産証明所取得方法ヒストリックカーへの減税や保険の話を題材に日本は作って売る台数では世界一になれても近代遺産、文化として自動車を捕らえられているかっていうと・・・みたいな事を書きました。このような素晴らしい組織があるのであれば、日本でもヒストリックカーにまつわる環境を良くしていく動きみたいなものは生まれないものなんですかね。 せめて遺産証明書が出るくらいになって欲しいな。この組織がやるかどうかは別にしてね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

高級セダンをアピールする場所?

2019年01月10日 08:00

スポーツはやるのも観るのも好きな私。お正月は箱根駅伝を割と長い時間観ていました。スポーツとして純粋に箱根駅伝を楽しみつつ、クルマ好きならどうしたって伴走車も気になるところでしょう。

mitsubishi jeep

箱根の伴走車と言えばジープが定番でした。自衛隊に協力を仰いで行なっていたとのこと。監督がクルマから檄を飛ばす風景がCM前の過去映像でも流されていたと思います。でも走っている選手にとってはジープの排気ガスは嫌じゃなかったのかな・・・当時はそれが当たり前だったからそんな疑問も湧かなかったのか?

6491400513_d3eb8e0546_z.jpg
2011東京モーターショー Kanto Auto Works' FS Hybrid Concept

今年話題をさらったのが「トヨタ センチュリーGRMN」でした。かなりの視聴率を見込める箱根駅伝はプロモーション効果が絶大だと思いますが、大きな白いセダンに選手が追いかけているように見えたのは私だけでしょうか。それ言ったらJeepの方が怖い人乗ってそうか(苦笑)

それよりも伴走するクルマが多くて後ろの選手が見えないのが気になりました。選手の安全を保つため、レースを円滑に進めるため、テレビ中継のためなど様々な仕事があるのだと思いますが、本当にこんなにいるんですかね・・・。

SUZUKI BANDIT 1250F

選手のためにハイブリッドや電気自動車をベースにもっと小さな2輪に近い車両だったら、後ろの選手がどれくらいの距離にいるのかなど見通せます。

DSC_0295

マイクロEVなんかが活躍するような雰囲気になったらいいのにな。そんなにプロモーションの場として最適なら高級セダンよりも、もっと楽しい未来を見たいよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!




遊べる系(軽)

2018年12月27日 14:17

スズキ、「東京オートサロン 2019」に荷台を備えた「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」参考出品(クリッカー)
01_l.jpg

ピックアップ好きにはたまらないなぁ。このままでも十分カッコイイしフォードスタイルにカスタムにしてもいい。これはシエラベースだけど軽でも実現できるだろうし、最高の軽トラックになりますよ。頼れるセカンドカーとしての素質十分!

家族で使う普通車があって、個人的に遊べる軽自動車を持つなんてスタイルもありですよね。クラシックカーやオートバイ、自転車もそんなポジションかもしれませんが、そこに楽しい軽自動車ってのもありでしょう。

HONDA ACTY TRUCK VAMOTORA

1996-2001 DAIHATSU Midget II

DSC_0103

余裕があれば旧車って個性も加えると最高なんだけど・・・気軽ではなくなるか(笑)

HONDA VAMOS

年が明ければオートサロンはすぐ。楽しみに待ちましょう。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!