夏旅と乗り物

2018年07月17日 11:10

暑い・・・

ビーサン

暑い・・・とにかくこの言葉をどれだけ発したか・・・そんな連休でしたね。サイクリングを楽しむ予定が生命の危険を感じて予定変更。ドライブとしましたが、それでもフロントガラス越しに熱を感じて、とても疲れました。涼を求めて山にいったり海に行った際に出会った乗り物を紹介します。

tadamiline.jpg

どこに行ってもクルマのメーターパネルに表示される外気温は高く「37度」を見てガックリ。そんな私たちを只見線が並走して励ましてくれました。盛夏の緑の中を突き進む気動車(ディーゼル動車)はステキでした。

HONDA CX650 TURBO

新潟県と福島を結ぶ国道252号線は照明のないトンネルと石造りのガードレール、ところどころに設置されているスノーシェッドなどがあり山岳国道で思う存分峠道を堪能できることもあってオートバイツーリングの集団と何度かすれ違いました。自転車レースのコースとしても最高でしょうね。この時期は流石に辛いと思いますが。それでも走っている方を見かけましたよ。補給間に合ったのかとても心配でした。コンビニも自販機もずっとありませんからね。

IMG_0894

あまり海水浴場へ行くことがないのですが、久しぶりにビーチサンダルを持って浜辺へ。驚いたのは4輪バギーの多さ。乗り入れできる場所がどれくらいあるのかわかりませんが、こんなにポピュラーになっているんですね。

IMG_0899

水上バイクよりも多い感じでした。水上バイクと違って免許の問題もないしお手軽なのかな。でもただ走るだけでは暑いしすぐに飽きそう・・・砂埃も舞うしうるさいしね?他の海水浴客と上手に住み分けができてコースがあったり、ツーリングできるくらいの土地があったら盛り上がるのかもしれません。みなさん気を使って楽しんでいるんだろうから、思いっきり楽しめるフィールドがあったら最高ですよね。

landcruiserbythesea.jpg

ヒッチメンバーを取り付けてトレーラーを引き、浜辺まで乗り付けるにはやっぱりこんな4輪駆動車が似合います。軽トラックのこなれ感もまたいい。

2日間で800kmくらいのドライブとなりました。エアコンがあっても窓越しの熱でなんだかボーッとしてくる感じわかりますか?それで日陰にクルマを駐めて15分を目安に仮眠をしてたんですが、一度「ガシャンッ」と大きな音がしたようです。私は気がつかなかったのですが、助手席にいた妻はハッと目を覚ましました。どうやら駐車場内での接触事故。当てられた方は不在、駐車しようとして当てた方はそのまま他のスペースに駐車してどこかへ行ってしまったとの事。クルマを確認するとかなり凹んでいて、お互いのボディーペイントも残されています。メモを残したり写真を撮るなどしてなんとか被害者の方と連絡ができて、そのまま警察立会いの現場検証となりました。

drivewomen.jpg

これも暑さで集中力が散漫になっていたからかもしれません。疲れたなと思ったら早めの休憩を。ドライバーチェンジができるならこまめに交代を。脱水症状に気をつけましょう。追尾式のクルーズコントロールなどクルマの機能を上手に使って疲労軽減に努めましょう。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

新しいサムライ

2018年07月12日 08:00

新しいジムニーの評判とても良いですね。ラダーフレームやコイルジットアクスルといった基本メカニズムもしっかりと継承して、ジムニーのヒストリーを感じさせるすっきりとした外観も人気のようです。

2018jimny.jpg

私も用事があって出かけた際にスズキの販売店があったのでちょっとだけ実車を確認してきました。試乗車もなく、お目当のシエラも見られなかったのは残念でしたが、やっぱり興奮してしまいました。

SUZUKI JIMNY

1980 SUZUKI JIMNY

歴代モデルの雰囲気をモダンにアレンジしてまとめたスッキリいとした四角いボディー。歴代モデルに設定されていたサイドストライプやリヤタイヤカバーなんかもあって、自身のヘリテイジに敬意を表するようなラインナップもあり。興味のある方はオプションカタログ見てワクワクしましょう。

問題は人気がありすぎてバックオーダーを相当抱えてしまったらしく、納期はかなりずれ込むみたい。シエラなんて1年待つなんて話も聞きました。長く付き合うなら待ってる間に更に想いを募らせるのもありでしょう。

SUZUKI JIMNY and JIMNY Trailer

幌車は出ないのか?シエラの5ドアが欲しいぞ!なんてリクエストもたくさんあるみたい、来年のオートサロンではジムニーのカスタムカーをたくさん見ることができるでしょうか?楽しみです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

モダンアップデートしたスーパーカブ

2018年07月03日 08:00

今年のモーターサイクルショーで発売予定と聞いていたスーパーカブ125ですが、ついに発売日や気になる価格なども決定したようです。

<ついに出た新世代スーパーカブ> C125は9・14発売!(オートバイweb)

スーパーカブ125

2018年9月14日発売で価格は39万9600円(税込み)とのこと。現行110ccで275,400円ですが、これを高いと見るか、安いと見るか。排気量アップによる余裕とキャストホイール&ディスクブレーキ、スマートキーやLEDライトなども注目ですが、何と言っても売りは初代をリスペクトしながらモダンにアップデートしたスタイルと質感でしょう。

28619a9d2e63614752667e0faf25a991ed55596e_xlarge.jpg

私は「安い!」と感じてしまいました。きっとVespa 946の価格がどこかにあって比較しているからかもしれません。ヘリテイジモデルのモダンアップデートって点では同じなので。

cubsakura.jpg

普段JA10型のカブプロに乗って通勤している私としてはかなり気になっています。スタイルはもちろん気に入ってますし、普段東京の交通戦争を戦っている私にとってディスクブレーキ化が結構なポイントだったりします。まぁ、小径ホイールに大型バスケット、丸型ヘッドライトを装備したプロも気に入っているんですけどね。

125ccと言わず150ccまで拡大して高速道路乗れたら・・・いや、もうキリがないな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


四角いクロカン

2018年03月09日 17:06

メルセデスのGシリーズやディフェンダーが人気爆発しているのを見ると、三菱のパジェロも初代のまま作り続けていたらなぁとか妄想してしまいます。

pajeromonterogen1-4.jpg
1stpajero.png
Historical Museum PAJEROより

本当にパリとダカールを走っていた頃のパリダカで活躍した最初のパジェロ。新しいジープって呼んでるおっちゃんもいたな(笑)

15849390096_4026c4aac8_k.jpg
Photo by RaY29rus

ジープって呼びたくなるのがわかる質実剛健なスタイル。各部を現代に合うようにリファインしたらいいだろうなぁ。

delicawagon_vancustom.png
カーセンサー 三菱 デリカバンNOxPM適合ガソリン車 BTバンスタイル(イエロー)より

中古車サイトを見るとまだなんとか見つかりました。デリカなんかは初代が高くなってきているのを見ましたが(参考:デリカ中古車検索)パジェロはそうでもないですね。

デリカもクールですが、メンテをある程度自分でやると考えるとシート下にアクセスするのが大変なのが気になってしまいます。パジェロの方が手を入れやすい。たくさん走っていましたが、排ガス規制などもあり廃車に追い込まれるか、海外へ渡ってしまったことでしょう。程度が良いのを探すのは大変なのかもしれませんね。それだけにちょっとカスタムするだけですごく目立ちそうです。

ちょっと前のRVRに続いて三菱ネタ。私が現役で整備をしていた頃に触っていたクルマなので、当時はなんとも思ってなかったけど、今になるとちょっと愛着が湧いてきてます。その頃の三菱車をガレージのラインナップに加える・・・そんな日が来るのかもしれませんね・・・。(今は全く予定ないですよ!)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

TOYOTAとBMWで造るスポーツクーペ

2018年03月08日 08:00

GR Supra Racing Conceptが公開されましたね。市販化も噂される新世代のスープラが一足先にレーシングカーとして登場です。

img_63468d21877de84f68ece120ab2b7ff7305981.jpg

スタイルはテストカーのリーク写真なんかでも見ていたので大きな驚きはありません。ロングノーズ、ハイデッキの古典的スポーツクーペ。

24389682135_f5d91eed6c_k.jpg

DSC_0037

オートサロンに出品されたFT−1でもこのスタイルは脳裏に焼き付いている方も多いでしょう。86がスバルBRZであるのに対して、スープラはBMW Z5と兄弟になる予定だとか。

Toyota Supra

1990-1993 TOYOTA SUPRA 2.4 TWIN TURBO

1984 TOYOTA CELICA XX

日本名セリカXXの時代からアメリカンなスポーティクーペとして人気のあったスープラ。大きなセリカというか、スポーツカーの皮を被ったソアラと言うか・・・いろいろ言われましたが今は結構人気があるみたいですね。漫画の影響とかも大きいのかな。
個人的にもA70は友人が買ったので(6年ローンで!)よく乗せてもらったし、A80はデビューしたのが整備専門学校へ通っていた頃で友人の付き合いでショールームに行ったことがあり思い出のあるクルマ。そんな私達世代が懐かしく購入ターゲットになるのでしょう。ユーティリティやエコだけじゃない、こんなクルマが出てくるのはやっぱり嬉しいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!