Baby Driver

2017年08月21日 11:14

先週の土曜日から日本公開となったベイビー・ドライバーを観てきました。カーアクションが最高なのは期待通りでしたが、音楽とポスターなどのビジュアルも完璧でしたよ。

DG9Oh7GUMAAnd3C.jpg

公開2日目だったこともあって映画館の入りもまずまず。私が選ぶ作品や時間帯が空いているのばかりだってのもありますが(苦笑)でも若い人はいなかったなぁ・・・。字幕映画離れって本当なのかもしれないな。

2006 Subaru Impreza WRX
ベイビードライバー

映画冒頭の「この映画はこんな主人公が出てきて、こんな物語ですよ」と端的に説明するシークエンス。そこで活躍するのがインプレッサWRXです。ここでケン・ブロックのジムカーナシリーズばりのドライビングを披露します。もしかしたらインプレッサが映画を通して大活躍すると期待している方もいるかもしれませんが、犯罪の逃し屋なので、その計画に向いている車を用意しているだけ。ですからこの冒頭でしか出てきませんが、ファンにとって十分満足感を得られる迫力だと思いますよ。

i001051630.jpg

ただドライビングテクニックを駆使するだけではなく、ちょっとした仕掛けで敵を欺くシーンもあって面白い。

2007 Chevrolet Avalanche
chevyava.png

次の作戦では突破に優れているタフなSUVがいい、リンカーンナビゲーターとか・・・とチョイスされたのがシボレーのアバランチ。ダッジラムとの大迫力カーチェイス!

1987 Chevrolet Caprice
capricemurasaki.jpg

ポスターアートのダッジチャレンジャーや通勤時に目立たない車としてアコードなど・・・他にもいろいろな車が出てきますが、印象に残っているのが80年代の四角いカプリス。個人的には70年代の車が活躍してほしかったのですが、これはこれでリアリティがあって良かったです。

犯罪の逃し屋と言えば私の一番好きな「Drive」「The Driver」がありますが、それとはまた違った魅力のある映画でしたよ。ストーリーも音楽とシンクロした表現も。ぜひ映画館へ!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
[ 続きを読む ]

スポンサーサイト

Dallas Buyers Club

2017年07月21日 08:00

実話をベースにした物語。ダラスで電気技師でありカウボーイのロンはエイズで余命30日と宣告される。製薬会社と医療従事者の癒着や進まない薬の認証に業を煮やし、自らが薬を求めて海外へ飛び、その薬を会員とシェアするバイヤーズクラブを作るのですが・・・って話でアカデミー賞も取るくらいの映画なので観ていない方はぜひ。当時はエイズに関しての知識が不足していた事やその土地柄、アメリカ的マッチョ思想もあって大変な差別に晒されます。無知が差別を生む状況ってのは今でも変わっていませんね。

1974 Dodge Monaco
i674861.jpg
vlcsnap-2014-02-09-13h47m57s180.jpg

主人公ロンの愛車。これでメキシコへ行き医師免許を剥奪された医師から薬を買ってきます。埃っぽい土地ででっかい2ドアセダンを転がす・・・良い雰囲気です。70年代カーの絶妙な空気感がたまりませんね。物語は1985年なので、約10年落ちのクルマってことになります。

1980 YAMAHA XS650 Special
dalasxs650spl.jpg

普通なら奥に止まっている 1967 Plymouth Valiantに目が行くところですが、私は手前のオートバイに釘付けでした。グラブバーの形状から48HQに展示してあるXS650スペシャルの最終型で間違いないでしょう。(北米仕様だと年式などは若干のズレがあるかもしれませんが)ハンドルはライズの低いものに交換されている感じですね。

YAMAHA XS650 Special

ほぼノーマルだとこんな感じですが・・・

YAMAHA XS650 Special

なんだかんだと手を入れてこんな感じになりました。アメリカでは今でもダートオーバルに行くと走っているそうで日本よりもたくさんの台数が残っているのかもしれません。おかげで今でも補修部品やカスタムパーツがアメリカから手に入れる事ができます。国産旧車を買うならアメリカでも売ってたクルマだとこんなこともあるんですよ。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ひよっこ

2017年05月19日 08:00

映画のクルマではなくて今日はテレビドラマから。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」を取り上げます。

ドラマの舞台は東京オリンピックが開催された1964年の茨城からはじまり、現在は主人公がそれぞれの事情を抱え集団就職で東京へやってきたところまで進んでいます。

MAZDA T2000(1500)
t2000mazda.jpg

主人公が務める東京墨田区のトランジスタラジオを製造している工場には東洋工業のオート三輪が停まっています。検索すると現在のホッピーの配達に使っている画像なんかも出てきますね。この時代を演出するにはピッタリのクルマですね。
まだ当時発売されたばかりの初期型サニートラックなんかも出てきたように記憶しています。

1963 Chevrolet Impala
1964 CHEVROLET IMPALA

集団就職先の話だけでは地味なカーラインナップになりますが、女優オーディションのサイドストーリーもあってそこには芸能人が乗ってくる華やかなクルマが登場します。当時はベンツに代表されるドイツ車ではなくアメリカ車ですね。年式は正確にわかりませんが63か64のインパラが出てきます。もちろんこんな動きはしてませんが、ワイヤーホイールの小径車だったのできっとポテンシャルを持っているクルマでしょう。オリジナル見つからなかったのかな?

1955−1957 Ford Thunderbird
1957 ford thunderbird

特徴的な丸いオペラウインドウが映ったので初代サンダーバードも出てきたような気がします。朝の忙しい時間にチラッと見ているだけなので自信はありませんけど。

このドラマは劇中車だけでなく、番組終わりの投稿コーナーもなかなか面白い。「昭和とりっぷ」と題して視聴者から当時の写真を募集しています。その写真にも懐かしいクルマが映っていることが多いんです。Webでも見られますよ。例えばスバル360とかね。他にもあるのでぜひチェックしてみてください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

Moonlight

2017年04月06日 10:39

今年のアカデミー賞では作品賞の発表で作品名を間違えるという前代未聞のハプニングがありました。ある意味歴史に残る受賞となったのがこのムーンライトです。作品としての素晴らしさは事前から知られていましたが、現在のアメリカの状況や昨年のあまりにも白人寄りの受賞が続いた事へのカウンターもあったんでしょうね。

物語は黒人の貧困とLGBTが大きなテーマとなっています。日本でもいじめ防止対策推進法に基づいて国が定める基本方針にLGBTの対応を盛り込んだ内容となりました。まさに今観ておくべき映画なのかもしれません。

1973 Chevrolet Impala Custom Coupe
i001007547.jpg

主人公の少年を優しく包み込み人生の助言者として登場するコカインの売人ホアンの愛車はインパラ。超大径ホイールが生活の豊かさを象徴しています。ダッシュボードには王冠のマスコットが。

1978 Oldsmobile Cutlass Supreme
olds78.png

成長した主人公シャロンが乗るオールズのカトラス。あまりクルマをちゃんと確認できるようなシーンはなかったのですが、テールライトのベゼルが一部欠品していたりするところもありホアンのインパラのようなコンディションではなさそうです。仕事はホアンと同じドラッグディーラーでダッシュボードにはあの王冠が載っているんですが・・・。

印象的に登場するのはこの2台のクルマだけなのですが、物語の中でアクセントとして程よく効いているの感じが素敵でした。こんな映画のクルマを観るとちょうど良い2ドアクーペ乗りたくなっちゃうな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

LA LA LAND

2017年03月15日 08:00

久し振りに映画のクルマのエントリーです。かなりペースが落ちましたが映画を見ていないわけではなかったのですが、クルマについて語れるのがなくてね。今回はアカデミー史上いろいろな意味で話題になった「LA LA LAND」です。

1982 Buick Riviera
buickrv.jpg

主人公のセブ(ライアン・ゴズリング)は将来自分の店を持つことを夢見るジャズピアニスト。そんな彼が乗っているのが80年代のボロいコンバーチブル。

191290.jpg

映画のカーキャスティング(そんな言葉ないですけど)において、まだ何も成し遂げていないオトコのクルマと言えば70年台後半のコンバーチブルやクーペと相場が決まっていて、その観点から見ても1979年デビューのリヴィエラはバッチリですね。豪華な押し出しの強いマスクと優雅なお尻下りのテールが特長です。

123198.jpg

フェイクウッドプリントの直立したダッシュパネル。カセットテープを何度も巻き戻しながらあるフレーズを再生するシーンも出てきました。カーステと言えばカセットテープだった時代を少年時代に過ごした私としてもノスタルジーを感じました。

83indy500.png

このリヴィエラは1983年インディ500のオフィシャルペースカーを務めたらしいので、当時としてはメーカー一押しのパーソナルスポーティカーだったようですね。

Toyota Prius
8691402307_3d1ef42c36_z.jpg
普通のプリウスの写真今まで1枚も撮影してなかった・・・

もうひとりの主人公女優を夢見るミア(エマ・ストーン)はプリウスに乗ってます。大学を卒業して女優を夢見てネバダ州ボルダーシティから出てきた設定なので実家にいるときに使っていたクルマを乗ってきたのかな。

よくアメリカ映画を見ているとパーティから帰るときにボーイからクルマのキーを受け取るシーンがありますよね?でもプリウスのキーをくれって言ってもたくさんあってどれだかわからない・・・みたいなシーンがありました。ハリウッドセレブもレッドカーペットにプリウスで乗り付け欺瞞的だと批判されたことがありましたがそれを揶揄しているようで面白かったです。

ミュージカル映画ってことで敬遠している方もいらっしゃるかと思いますが、大人なら絶対に誰もがグッとくるステキな映画でしたよ。映画館で観たい映画だと思います。まぁ、アカデミー賞たくさんノミネートされてたくさん受賞している作品ですから私が言うまでもありませんが。一言で言うとちょっとほろ苦い青春映画かな。ぜひ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!