CREED II

2019年01月21日 11:48

クリード 炎の宿敵
説明不要の大ヒットボクシング映画「ROCKY」シリーズ。それを次世代に紡いで新たなシリーズとしてスタートしたのが「CREED」。ロッキーのライバルだったアポロ・クリードの息子をメインとしたストーリー。大ヒットし賞レース的にも評価の高かった1作目に続く第二作目はROCKY IV(ロッキー4 炎の友情)でアポロを死に追いやったドラゴの息子とアポロの息子が戦います。

これだけ聞くとよくある復習モノだと思われるかもしれませんが、ドラゴ側の敗者のストーリーやドラゴ、クリード、ロッキーそれぞれの親子のスーリーが絡み合い、最後には本当の意味で次世代へとバトンが繋がれる最高の映画でしたよ。映画館の入りが悪いのがもったいない。個人的にはクィーンもいいけどクリードを超大プッシュです。

FORD MUSTANG
run_mustang.png

1作目Creed(クリード チャンプを継ぐもの)でも取り上げた黒いマスタングが出てきます。前作は乗り物は特に物語にとって重要な役割はなかったのですが、今回はこのマスタングがとても気の利いた仕事をします。すごく書きたいのですが、書いたらつまらないかな。どんな事なのか確認してほしい。

creed-movie-adonis-mustang-mansion.jpg

前作では彼がそれなりのちゃんと仕事についていたので、そのサラリーで購入したものだと思っていたのですが、実は父アポロの形見だったと明かされます。そこだけしっかり理解しておいてください。

TOYOTA LANDCRUISER 60
creedii_drago.png

ロッキーシリーズにはお約束のシーンがいくつかあるのですが、その一つがワークアウトのシーン。ライバルの同じトレーニングシーンを並べて環境の違いを表します。ロッキー4だとソ連のハイテクトレーニング施設でサイボーグのように鍛えられたドラゴと雪山でトレーニングするロッキーみたいなね。今回はニューメキシコのクリードに対してウクライナのドラゴ。

fl0116-230077_1.jpg

お世辞にもコンディションが良いとは思えない角目4灯のランクルにイワン(父)が乗り息子のワークアウトに付き合うシーン。これ1989年頃のランクルですが、時代的にロッキー4と重なるのは偶然でしょうか?

過去の栄光にすがったおじさんホイホイ映画と侮るなかれ。確かに過去の因縁に端を発していますが、単純にそれだけじゃありません。最初に書いた通りクリードは世界的に評価が高い映画となりましたが、個人的にはこの2作目の方が好きです。ぜひ劇場で!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

Rocky IV

2019年01月09日 08:00

お正月休み中に映画をたくさん観ました。映画館へ足を運んだのは1度ですが、あとはオンデマンドで見逃していた話題作、過去に見た作品を改めて味わったり。その中で週末に公開の「クリード 炎の宿敵」を楽しむために「ROCKY 4 炎の友情」から行きましょう!

Lamborghini Jalpa P3500
Lamborghini Jalpa

ヘビー級チャンプとなりビッグマネーを手にしたロッキー・バルボアの愛車はランボルギーニ。当時のランボルギーのに中では日常の使い勝手を考えて作ったジャルパに乗っていました。

Lamborghini Countach LP 500 S
10358530805_223e219322_z.jpg

自宅前には赤いカウンタックも並べてありました。

Nissan 300ZX
NISSAN FAIRLADY Z

ロッキー最愛の奥様エイドリアンはフェアレディZに乗ってましたよ。やはりアメリカ人にとってズィーカーは特別なようです。劇中では1984年のターボモデルだったみたい。

1972 Mercedes-Benz 280 SEL 4.5
43722205074_184f7b039b_z.jpg

物語の後半、舞台はソ連に飛びます。そこでソ連の監視を受けながら山奥でトレーニングを続けるロッキー。監視役が乗っていたのが縦目のメルセデスでした。ちょっと旧型ってところが東西冷戦時代共産主義国を表しているのでしょう。

でも、この映画で最も印象に残っていたのがこの家庭用ロボット。エイドリアンの兄ポーリーの誕生日プレゼントとしてロッキーから贈られました。

robot_rocky4.jpg
すごいですね・・・

途中設定変更をしてポーリーの彼女っぽく言語設定を変えられていたりして。34年前に考えていた未来を感じられて面白かったです。

スタローンは若いし、James Brownの「Living in America」聴けるし、ソ連の科学的トレーニングの物々しさも今見ると微笑ましい。ストーリーも良い感じで緩くて正月見るにはちょうど良かったです。さぁ、「クリード 炎の宿敵」でアポロの息子が父の仇ドラゴの息子にどう向き合うのか!?とても楽しみです。ちょうど3連休だし観に行きたいな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

FLIGHT

2018年12月21日 08:00

フライト
致命的な飛行機のトラブルに遭遇するも奇跡的に不時着をさせたパイロットだが、実はアルコールとドラッグに溺れ、それが原因で離婚、子供からも距離を置かれる立場に。序盤の飛行機トラブルからの生還シーンとは一転、嘘で塗り固められた人生とどう向き合うのかが描かれる。

映画的には車がキャラクターを表す様な描かれ方ではありませんが、この車両が出てきただけで紹介せずにはいられないでしょ?

1985 Toyota Corolla GT-S [AE86]
ae86_flight.jpg

はい、ハチロクです。ドラッグ中毒の女性フォトグラファーの愛車として登場します。家賃を滞納するような経済状況の登場人物が乗るクルマです。今やアメリカでも売ればそれなりのお金になりそうな気もしますが、この映画の中ではそうではありません。

1983-1987 TOYOTA SPRINTER TRUENO

昔から人気があったAE86ですが、漫画の主人公に使われてからその人気は異常とも言える社会現象になり、遂にメーカーが自分のところの新しいスポーツカーの名前にしちゃいました。

86 & 86(BRZ)

私が免許を取得した頃。若者の手が届くFRカーとしてシルビア(180SX)が圧倒的な人気でした。それ以外だとRX-7(FD)やR32スカイライン(もちろんGT-Rじゃないよ)。スープラはドリフトするには大きすぎだったし、ロードスターは峠で走る人には不人気だったんじゃないかな。それでも学生のアルバイトで買うにはなかなか大変で、そんな学生は先輩からAE86(85)やKP6系のスターレットを安く譲ってもらっていました。

1986 TOYOTA SPRINTER TRUENO BLACK EDITION

AE86は、とても運転がうまい同級生が乗っていて、ドリフトしながら駐車場に止めるみたいな芸当を披露していました。それを見てとてもコントローラブルで楽しいクルマなんだろうって思いました。当時オートバイにしか興味がなかったのですが強く印象に残っています。

Toyota Sprinter Trueno AE86

まだ携帯電話が普及する前なので、アマチュア無線を取り付けて交通状況を確認しながら峠を走るみたいな感じ。一度だけ助手席で夜の峠を体験したことがあります。バンパーにはレッカー業者のステッカーを貼るのが流行ってて、やっぱり事故も多かったはず。今思うとよく乗ったな(苦笑)

きっと多くの人にいろいろな思い出があるクルマなのでしょう。様々な伝説と共に語り継がれる名車になりましたね。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

Killer Elite

2018年10月25日 08:00

映画「THE BANK JOB」で大ファンになったジェイソン・ステイサム。普通はトランスポーターシリーズとかなんでしょうけどね(笑)求められるキャラクターを一貫して演じ続けるところが信頼できます。重要な脇役として大作に出演する傍ら、主演作はどこか昼下がりのロードショーの匂いがする作品ばかり。今回の「キラーエリート」もそのひとつ。

キラーエリート
舞台は1981年の英国ロンドン。元傭兵、殺し屋のステイサムがかつての仲間であり師匠を助けるために、元SAS隊員3人を事故に見せかけて暗殺するというストーリー。大事なのはストーリーではなく設定の舞台。80年代初頭のロンドンって事は出てくるクルマやオートバイはカッコイイって事です。

KAWASAKI Z1-R
kawasaki z1r

ステイサムはとある場所に現れた際に乗っていたのはカワサキの空冷四発。ZをベースにしたメーカーカスタムカフェレーサーZ1-Rです。劇中ではアイスブルーの個体が出てきます。別に愛車でもないし活躍もしないのですが、このチョイスは嬉しい。

1974 Ford Granada Coupé MkI
i449462.jpg

後半のカーチェイスでステイサムがこのクルマを奪って逃走します。V8、5リッターを積んだモデルもあったようですね。

1977 Ford Escort GL Rallypack 2 litre MkII
i449476.jpg

ホテルの駐車場にはエスコートが泊まってたので、こっちに乗ってくれないかワクワクしてました。

1972 Ford Cortina XLE 6 MkIII
i433510.jpg

正直映画の細かい部分を全く覚えてなくて(苦笑)コーティナがどんな設定だったか忘れましたが、現在のCGバリバリのカーチェイスとは違い質量を感じさせるリアルなカースタントはやっぱりいいですね。

1970 Aston Martin DB6
i433507.jpg

1974 Jaguar XJ6 [Series II]
i449474.jpg

敵役はもちろん英国製の高級車。それ以外にもシトロエンのDSやSMも出てくるし、街角にはブルーバード、ランクル、シビックなんかも見切れてます。BMW R100の使い方も良かったな。そんな部分を楽しめる人であれば見る価値があるかもしれません。お時間があれば是非。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

The Nice Guys

2018年08月29日 08:00

ちょっと信用できない私立探偵(ライアン・ゴズリング)と暴力でトラブルを解決する示談屋(ラッセル・クロウ)さんのバディムービー。正確にはバディとよくできた子供のバディ+1ムービーかな。舞台は1977年で自動車による大気汚染の問題が深刻化。それをモミ消そうとする巨大な組織とそれにまつわる問題を解決しようって感じです。70年代ノワール映画の雰囲気と80年代コメディを見事にマッシュアップした娯楽映画ですね。元々がテレビシリーズの企画だったらしく軽く楽しめます。

1968 Oldsmobile Toronado
トロネード
トロネード

タフガイな示談屋はラッセル・クロウが体重を大増量して演じているのですが、かれの愛車がオールズのトロネード。もこれが最高にカッコイイ。こんなクルマでカリフォルニアをドライブしたいな。



このトロネードですが、スタイリングはアメリカンスペシャリティカーの記号を踏襲した美しいクーペですが、実はFF(前輪駆動車)だって信じられますか?これだけエンジンルームが大きいのでV8を縦に積んでトランスミッションもそのままエンジンルームの収まっているとしても驚きはないですけどね。足まわりだとかも構造的に独自で当時のアメリカ自動車産業の勢いを感じます。

ちなみにFFなんでこんなリムジンも作られました。そのまま6ホイールライフです。

Mercedes-Benz 280 SE Convertible [W111]
i870600.jpg

一方詐欺師的私立探偵の愛車はMercedes-Benzのオープン。パパはお酒を飲むので娘が運転しています。カリフォルニアの強い日差しで塗装はかなり傷んでますね。ブラウンの車体にベージュのレザーシート。

1973 Chevrolet Chevelle Laguna
Chevrolet_Chevelle_Laguna_Colonnade_Hardtop_Coupe_1973.jpg

最後のシーンでMercedes-Benzのオープンとすれ違う1973年の赤いシェベルを発見。特徴的なテールランプでピンときました。

1973_l11.jpg

Mercedes-Benzに乗るライアン・ゴズリングは以前ココでも紹介した映画「ドライヴ」で1973年式のシェベルに乗っているのですが、それと同じ年式のシェベルが出てくるのは狙いなのか!?と深読みしてひとり大興奮。グレードも違うし多分偶然なんでしょうけどね。こんなつながり(コジツケ)を発見するのが楽しいのです。

他にも自動車ショーでとある計画が実行されるストーリーで1977年当時に発表されたコルベットやペッパーカーなんかも出てきます。凄腕ドライバーによるカースタントはありませんが、移動シーンがそれなりにあるので1977年のクルマ鑑賞映画としてもなかなか良いですよ。

単純にアンチヒーロー的な映画が好きだし、ライアン・ゴズリングファンなので贔屓目で見てるかもしれませんけどね。やはりボロい2ドアクーペを下駄にするのはカッコイイ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!