NSXで6ホイールライフ

2018年05月16日 15:47

過去記事「マッスルカーがチームカーに」でも取り上げましたが、自転車ロードレースのチームカーを使ってプロモーションを行う機会が増えてきました。ユーティリティーカーを使うのが常ですが、タイムトライアルやプロモーション映像などシーンを限定して高性能スポーツカーを使うケースもあります。

jaguarFsky.jpg
過去記事:「マッスルカーがチームカーに」

自転車ロードレースでも東京五輪に向けてオールジャパンチームは結成されて日本の高性能スポーツカーが使われたら・・・そんな妄想をしていました。残念ながら五輪への対策でロードレース強化は見捨てられ(そのように見えます)メダル奪取の可能性が比較的高いトラックに予算が振り分けられている気がします。コースについてもいろいろ言いたいことがありますが、長くなるのでこの辺で(苦笑)

オールジャパンチーム発高性能日本スポーツカーをチームカーでデビューさせる妄想は妄想のままですが、アメリカのプロチーム「Rally Cycling」がNSXをチームカーに採用したようですね。チームのサイトを見るとパートナー企業のページにしっかりACURAの名前がありました。



チームカラーにペイントかラッピングされたNSXカッコイイですね。

acurardx.png
Rally Cycling-ACURAより

普段のチームカーはRDXを使っているみたいです。過去にも日本のメーカーがスポンサードすることは何度もありましたが、現地法人主導で行っているパターンがほとんどで日本のプロモーションで知らされことはまずありません。なんだかもったいないなぁと思ってしまいます。

6ホイールに使うクルマは向いてなければ向いてないほど面白い。ユーティリティを無視した提案にしびれるのです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

お手軽6ホイールライフ

2018年03月29日 08:00

冬の自転車レースシーズンが終わり、春のサイクリングシーズンが始まりました。毎年サイクリングシーズン到来を祝福するように菜の花と桜が咲き始めます。

esr_p202whites.jpg

普段着とスニーカーで気軽にサイクリングを楽しむには小径車が似合います。疲れたら自転車をたたんで袋に入れて電車で帰ってきてもいい。サイクルコンピューターなんか付けずに、景色と会話を楽しみながら気ままな旅。車のトランクに積んで旅先で乗るのもいいですよね。宿泊先で盗難が心配なら折りたたんで部屋に持ち込んでもよい。旅のオプションがどんどん広がります。

IMG_5024s.jpg

普段あまり折りたたみの自転車に乗っている訳ではありませんが、改めて乗ってみると十分走るし快適だし楽しかった。この日は運動不足の妻を誘って20キロほど走りました。

dahonmetro.jpg

感覚的にホームセンターなどで2〜3万円くらいで買えるモノではなく5万円くらい出すと、まずは満足できる自転車が買えると思います。自転車から離れているあなた。クルマに手軽に詰める折りたたみ自転車で6ホイールライフをはじめてみてはいかがでしょう?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

幅を広げる

2018年03月19日 12:14

週末の6ホイールライフ。競技がベースとなっている冬のシーズンが終わり、これからは楽しいサイクリングのシーズン。話題のテレビ番組「池の水ぜんぶ抜く」になぞって「山の杉ぜんぶ抜く」をやって欲しいくらい杉花粉が厳しいのですが、それでも山に入るのです。

40849218312_b44a7d0c10_z.jpg

クルマで一気に楽しい場所までワープして極上のトレールへ。尾根をつなぐ下り基調でアップダウンを繰り返すルートは本当に気持ちが良い。ロードバイクもシクロクロスも楽しいところがありますが、MTBはまた特別です。例えばロードバイクのグレードアップをするなら同じコストでMTBを増やす事をお勧めします。数g軽くする事よりも、楽しむフィールドを増やした方が豊かになれますよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

6ホイール・シクロクロス・ライフ

2018年02月27日 11:58

週末の6ホイールライフ。今シーズンも残り2戦となったシーズン終盤の自転車レースへ。日中はポカポカと暖かい日が続いていたので、日曜日の寒さが堪えました。走り出してしまえば、そんな事を感じている暇はないのですが。

cx_tu1.jpg
Photo by Tomoaki Hori

ポイントランキングによってスタート位置が決まるのですが、勝って昇格はしないけど、そこそこの順位でレースによく出ている私は(苦笑)最前列からのスタート。スタートすれば後先考えずに加速してアドバンテージを築き、徐々に抜かれていくのがいつものパターン。

それでもシングル順位には留まろうと必死にペダルを漕ぎ続けます。完全なドライ路面で砂が浮いている場所も多く、焦って荷重バランスを急激に変化させたり、ペダリングをラフにすると転倒する恐れがあります。逸る気持ちを抑えつつ冷静に。

cx_tu2.jpg
Photo by Harumi Yoshiwara

刻々と変わるラインに苦戦。小山からの下りで前転しながらの転倒、フロントから滑って足をつく事も数回。前を追いたいけど離されていく辛い状況。それでもなんとか抜かれた相手を後半に抜き返してラストスパート・・・シングル順位にはあと一歩届きませんでしたが50人中10位でフィニッシュです。好きだけど苦手なコースで健闘したんじゃないかな。

IMG_4630.jpg

プロテインを飲み干して帰りの準備。自転車をクルマに積んで帰りのドライブ。ほどよい疲れと非日常の緊張感から解放された心地良さ。好きな音楽を聴きながら「次のレースはこうしよう」、「空気圧はちょっと下げたほうがよかったかな」などと考える時間もいい。6ホイール”シクロクロス”ライフ・・・オススメです。

ただ、ガレージに到着して泥だらけのジャージを洗うのはホント面倒ですけどね(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

2018砂浜決戦

2018年02月13日 10:46

週末の6ホイールライフ。東京お台場で開催されたシクロクロス東京へ参加してきました。しっかりサンスポ・サイクリスト「「シクロクロス東京2018」東京・お台場海浜公園で開幕 快晴の中、海辺にカウベル響く 」の写真にも映り込みましたよ(笑)

uplorer

今回、48PRODUCTジャージ着用は3名。レースでは自分のチームジャージだけど、アップの時にこうやって着てくれたりして嬉しいな。

sand ride

40163067422_61101ba1c2_b.jpg
Photo by Keita Nakanishi

ただでさえ来場者が多い東京の観光地でこのマイナーな競技が開催できる喜び。東京五輪の準備で今年がとりあえず最後の開催となってしまいます。ただただ辛い砂浜のコースも楽しく苦しめました。成績の方は56人出走で9位。未だにエントリークラスから抜け出すことはできませんが、力量が拮抗する相手とレースをする充実感は格別です。さらなる高みを目指してトレーニングと行きたいところですが、モチベーションとは裏腹に体の方が回復してこないジレンマ(苦笑)

IMG_4292.jpg

この日のために準備した48PRODUCTステッカーでちょっとだけ私たちの活動をアピール。自転車フレームにぴったりのサイズに作ったので自転車フレームに貼ってもらうのが一番ですが、ケータイだとかノートPCだとか好きなところに貼ってもらえると嬉しいです。

今シーズンも残りわずか。またどこかの会場で会いましょう!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!