25年前の新車が発見されました

2017年06月20日 11:38

以前の記事「6ホイールライフ タンデムとリカンベント編」を読んでピンと来た人も多かったかな?察しの通りこんな自転車がキックダウンガレージに仲間入りしました。

khs_start.jpg

グリーンとパープルのグラデーションが美しいタンデム自転車です。どこか懐かしいクラシックな外観、アッセンブリーなのはこの自転車が1995年式だから。しかし、ただの古い自転車ではありません。これ、新車なんです。いわゆるデッドストックとして、とある自転車屋さんの倉庫で眠っていたものなのです。これがもっと古いフェラーリやジーンズだったら世間的にも大きなニュースになりそうですが、個人的にはそれくらい驚きの事件でした。

IMG_0376.jpg

「True Temper」はアメリカのチューブメーカー。恐らくゴルフシャフトの方で知っている人の方が多いのではないでしょうか?私のゴルフバッグに入っているVOKEY WEDGEにもTrue Temper社のダイナミックゴールドシャフトが刺さっています。残念ながら自転車のチューブ生産を止める事を最近発表したばかりでした。

IMG_0362.jpg

新車と言っても永い間眠っていたので復帰させるにはそれなりの整備が必要でした。グリスは固まり、ゴムは劣化し、所々軽い浮きサビも見受けられました。清掃と給油をしながら交換が必要な部品は潔く交換します。自転車のグレード的には入門クラスでサドルなんかはいわゆるママチャリ部品が付いていたので、ガレージにあるスポーツサイクルの部品に交換します。

まだサスペンションが一般的ではなかった時代のMTBカテゴリーバイクだったのでタイヤはゴツゴツとしたブロックタイヤでしたが、使い方を考慮してちょっと細めの舗装路用のタイヤに交換しました。もちろんリムテープやチューブも新品です。

IMG_0366.jpg
タンデム自転車って興味があっても保管場所を確保するのが大きなハードルだったりするのかもな

ホイールは盛大に触れていてフリーの回転も渋い。昔の規格でこのフリーを分解する工具を持ち合わせていなかったので近所の老舗自転車屋さんで整備してもらいました。今後の事もあるので専用工具を探して購入しようと思っています。

34574134424_929f6194ff_z.jpg

25年前の自転車を新車整備するなんて、なかなかできない経験ですね。とりあえず完成しました。さぁ、試運転!と行きたいところですが・・・このタンデム自転車、日本の法律としては走行が認められているのですが、実際はほとんどの都道府県条例で公道を自由に乗る事が禁止されています。今後、東京五輪に向けてパラサイクリングの認知度が向上する事により解禁されていくと思うのですが・・・期待しています。

幸いな事にキックダウンガレージの前は大きな公園ですし、数百メートル走ればサイクリングロードもあるので乗るフィールドには困りません。軽く試運転をしてタンデム自転車の面白さを堪能しました。レンタルで乗った事があるママチャリベースのタンデム自転車とは全く別物ですね。

タンデム自転車を相棒とした6ホイールライフ・・・はじまるかも。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

6ホイールライフ タンデムとリカンベント編

2017年06月12日 11:47

乗らない時でも411に自転車を積んで6ホイールライフを演出しておりますが・・・

alfadatsun.jpg

もっと大きな自転車ってどうやって運ぶんだろうと疑問に持っていました。例えばリカンベントやタンデムサイクルなど。乗ると楽しいけれど、一般公道で自由に走る事ができる都道府県は残念ながらまだ限られています。

shoubuparkbike.png

自由に走れる場所まで運ぶのに大きなバンやトラックで運べるのは当たり前として、一般的なセダンやワゴンなどで積む事ができれば自転車の楽しみが広がると思ったわけです。

ネットで調べてみると力技的解決方法がたくさんあって、日本はまだまだ遅れていると思った次第です。

9324d0688be0c9470e28082b158843d5.jpg

どう考えても、どう見ても全幅からはみ出していて日本でこの方法は無理ですね・・・

tandem-car1.jpg

それなら持ち上げてしまえってのも・・・これもまだはみ出ている。

tatetabndem.png

垂直尾翼のように立ててしまえばいいのか。凄い解決策ですね。

verticalrack.jpg

この方法ならリカンベントでも積む事ができますね。テールランプを隠す事もなさそうですし。

smart_tandem_rack_original.jpg

重い車体を持ち上げるのは大変そうですがルーフ積みもあるようです。クルマが小さければ小さいほど、大きな自転車を積んでいる感じが楽しげで良いです。

ロードバイク、シクロクロス、MTBと自転車の奥深さにはまっていますが、まだまだ沼は深そうです(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

キッズバイク

2017年05月30日 08:00

週末の6ホイールライフ。

IMG_9660.jpg

CX、MTBと荒れたオフロードを走ってきましたが、久しぶりにロードバイクに乗ってきました。初夏を感じながらの60キロ。お昼からミニレーサーの受け取りがあったので午前中にサクッとね。小さいけれど本格的なシクロクロスバイク。こんなのに乗れちゃうって今の子達は幸せですね。

34664797035_a3d862eb87_z.jpg

自分のことを振り返ると・・・小学3年生くらいの頃、映画「E.T.」の影響で日本でもBMXが話題になっていたんだと思います。そのBMX風の自転車を買ってもらいました。オレンジ色の車体で太くてゴツゴツしたタイヤが付いていて、その走破性はなかなかのものでした。神社の裏山を走り、木の根っこでジャンプして、陸橋などの階段をダウンヒルしたり。今思い返せばノーヘルメットでかなり危ないことをしていたんでしょうね。小学生ながら「重いな」と思ってたけど楽しかったなぁ。

pprivate.png

今は、なかなか自転車で思いっきり自由に遊べる場所も限られている?そんな想像してしまいがちですが、こんな高性能スポーツバイクもあるし、好奇心を刺激するイベントやスクールなんてのもたくさんあります。

五輪アスリートを育てたいお父さん、お母さん。トラックはもちろん、ロード、MTBにBMXとサイクルスポーツは水泳選手や陸上選手よりも狙い目かもしれませんよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

MTBでマラソンイベントに挑戦

2017年05月23日 10:47

週末の6ホイールライフ。開発中の自転車トートバッグにMTBを入れて長野県王滝村までのロングドライブ。長距離の高速道路移動だと特に自転車を車内に積んでいるのは気が楽でいいですね。

IMG_9557.jpg

会場では翌朝スタートに備えて自転車の最終チェックと補給食などを準備します。前日入りのレースはそこだけでも遠足的高揚感があって楽しいです。

IMG_9580.jpg

このイベントは普段一般の方は入ることがでない林道を使ったアドベンチャーレース。100kmのほぼアップダウンしかない未舗装路を10時間以内に走り切ります。エイドステーションもなく、あるのはチェックポイントの水と天然エイド(湧き水)のみ。補給食はもちろんパンクなどの機材トラブルへの備えやスキルも試されます。

IMG_9588.jpg

その日の気象条件や自分がどれくらいの時間で完走できるのか?未然にトラブルを防ぐ工夫や自身のライドテクニックなど様々な条件を考慮して持っていくモノを決めます。沢山荷物を増やせば安心ですが、それだけ重量が増えて走るのが辛くなりますからね。

IMG_9598.jpg

走っている時に物音がして顔を上げると猿を発見。コースには大きめの糞(熊!?)があったり鹿?の頭蓋骨も発見。無事に帰らないと明日は我が身・・・とペダルを踏み込む足に力が入ります。

IMG_9603.jpg

とにかくこの日は暑さにやられました。攣ってしまうのが一番怖いのでマグネシウム多めの補給を40分ごとに摂っていました。しかし、それでも中盤に両脚を攣ってしまい緊急ストップ。違う筋肉を使ってペダリングを継続します。標高が上がると雪がまだ残っていて、そこに吹き抜ける風は本当に心地良かったな。コース上に流れる湧き水の水しぶきも普段なら敬遠するところですが、今回はその冷たさにも救われました。

制限時間40分前になんとかゴール。事前の準備と整備と少しの運によって機材の方はノントラブルで帰ってこれました。元々この手の耐久系は苦手なのですが、MTBに乗っているなら一度は参加しておきたかったレース。一発クリアできたので安心しました。今年は東京マラソンに続きてマラソンイベント2つクリア。次は何に挑戦しようかな?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

週末の6ホイールライフ

2017年04月24日 14:32

週末の6ホイールライフ。MTBを積んで山の方へ行ってきました。

mttsukubasuiboku.jpg

関東平野の住民は山が近くに見えるだけでテンションが上がります。それと同時に、抜けの良い空をずっと見ているので四方を山に囲まれるのも、もしかしたら息苦しいのかもな・・・早起きして車を運転していると目的地までいろいろな事に思いを巡らせるのも良い時間です。

17992243_1667252953304085_5486708301100270371_n.jpg
Photo by Matsudo

無心で山を登って降って汗をかいて大声で笑う。ロードバイクでは見つからなかった景色がそこにあります。河川敷のサイクリングロードだって舗装路から少し逸れるだけだって世界が変わりますからね。

自転車バッグ

自転車バッグの方もいろいろな人に見てもらって、使ってもらって今の段階での最終案が見えてきました。車に泥だらけの自転車を積むためのバッグ。今まで世の中になかったのは誰も思いつかなかったからなのか、それとも不要だからなのか?広くマーケティングなんてしていないのでわかりませんが、私もYamaさんも欲しいと思えたので作ってみようと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!