牧場で自転車レース

2018年11月19日 11:14

今年もこの地に帰ってきました。シクロクロスの祭典「Rapha Super Cross NOBEAMA」に。今年で4年目かな。

Nobeyama,Nagano

全国で開催されているシクロクロスですが、ココにしかない雰囲気を求めて全国から愛好家が集まります。標高が高い野辺山高原の滝沢牧場。極寒、悪天候による泥、雪や凍結などが代名詞ですが、今年は珍しく完全なドライで覚悟していた選手には拍子抜けでしたが、一緒に遊びに来た家族には嬉しい誤算だったかな。

nidai.jpeg

それでも、いざって時のために洗車道具から工具、スペアの部品、デイキャンプグッズなどを満載にしました。

nobeyama_warmup.jpg

気温が低いので、レース前にはしっかりとウォーミングアップ。

superdry_nobeyama.jpg

二日間レースに参加して、どちらも約80人中で20位くらい。結果はともかく、大人になっても「ヨーイドン」の合図で自転車競争できるなんて幸せなことだと思います。

nobeyama_inhouse.jpg

48PRODUCTのジャージもだいぶ皆さんに認知されてきて嬉しい限り。まだ追加オーダーを受け付けていますので詳しくはコチラへ

48ssj-1.png

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

2週連続で自転車レース

2018年10月15日 10:46

週末の6ホイールライフ。4時に起床した瞬間に耳に入る雨の音。前日に積み込みをしていたラッゲージスペースに雨用の準備を追加で詰め込みレース会場へ。このまま家出できるんじゃないかと思うくらいの大荷物になる。

会場に着いたら雨は全く降っていなかったようで完全にドライのレース。肩透かしの天気にホっとしたけど、残念な気持ちもあり。この日は50人くらいのレースで後列からのスタート。競技の特性、コースの特徴共に後列スタートはかなり不利になるので、雨などでレースが荒れた方がまだチャンスがある。

uplorer_car.jpg

レース前に30分ほど、ローラーを使って体を目覚めさせる。軽いギヤを回して血液を循環させ、脚の疲れを抜き、心拍を上げてレースの高負荷に対応できるように。

tabletopride.jpg
Photo by FL増田さん

レースはスタート後のカオスをうまく立ち回りジャンプアップ。落車もなく、試走で決めたレースプランを守りフィニッシュ。平均心拍171、最高心拍182bpmで4周回のラップタイムも安定して走れたようです。上位カテゴリーと混走と考えると上出来の順位でした。一応看板背負って走ってますから、遅くとも諦めない走りはしないとね。走っている間も、終わった後もたくさんの声援をもらいがんばれました。皆さん、ありがとうございます。

帰りの道中。関越道ではちょっとした事件(橋からの飛び降り未遂?)によってかなりの渋滞になっていた様子。お疲れ様でした。



Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

俺たちのフィールド・オブ・ドリームス

2018年10月10日 11:42

3連休の締めくくりは先々週にシーズンインした自転車レース「シクロクロス」へ。

race_style.jpg
ヒーリーと同じ色にしたフレームですが、バーテープを黄色にしたらロータスみたいになりました

会場はいつも練習に使っている小貝川河川敷。常設コースをベースに南北に延長されたレイアウトで国際規格の大会が開催されました。いつも静かなこの場所に全国から競技者が集まる雰囲気は映画「フィールド・オブ・ドリームス」みたいでワクワクしちゃいます。
早めに会場入りしてテーブルや椅子を並べ、タープなんかを広げる人もいて、さながらオートキャンプ場みたいな雰囲気。レース会場特有のピリピリとした空気ではなく、ゆったりとこの時間、カルチャーを楽しもうといった感じ。

cm3start.jpg
Photo by Kasutaka Inoue

それでもレースになったらどのカテゴリーも真剣です。今年から40歳以降に参加資格があるマスターズにチェンジ。オトナ気ないバトルを展開します。いつもは得意のスタートをミスしてしまい・・・

44285747705_1cfc0a5ac4_z.jpg
Photo by Donmai

小山を駆け上がるセクションで渋滞にはまり、落車に巻き込まれるなどスタート後のカオスに翻弄されます。

45147340412_bb410387dd_z.jpg
Photo by Atsushi Miyahara

それでも気持ちを切らさないように、とにかく前を追うことに集中して・・・なんとか8位(出走56人)でゴール。3位までに入ると上位カテゴリーに昇格となります。トップとの差は29秒。希望が見えて来ました。

レースなので成績が一番大事ではありますが、幸せなことにレースの成績で生活が左右される訳ではありません。楽しみながら時には苦しんで、レースを満喫したいと思っています。河川敷でやってる草野球みたいな感じでね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

シーズンイン

2018年09月26日 08:00

週末の6ホイールライフ。遂に泥んこレースの季節がはじまりました。会場に着けば半年振りに再開するレース仲間と「あけましておめでとう、今年もよろしく」と挨拶して握手から。

6wl_outlander.jpg

アウトランダーに機材を満載して高速道路をクルージング。秋の交通安全運動ってお巡りさんの運動会?かくれんぼ?みたいなのが開催されてるみたいなので、いつにも増してご安全に。

cx2018-2019.jpg
Photo by Takashi Saito

開催されたレースは起伏の激しいダイナミックなコース。粘土質のスリッピーな場所もあれば、舗装路の上りや芝生のスラローム区間もありタイヤ選択や空気圧の調整など、どこを重視するかでセッティングが変わってくる面白みがありました。

kaidan_cx.jpg
Photo by Takashi Saito

登山かよってくらいな長い階段の担ぎ上げもあったりして・・・シーズンスタートからしっかり刺激をいただきました(苦笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

クルマを自転車に置き換えるサイクリング

2018年09月19日 14:57

近所を散策する街乗り自転車が完成したら試運転。いつもはついクルマを使ってしまう買い物も自転車で。クルマやオートバイは行動範囲を劇的に広げてはくれますが、自転車は行動範囲内を濃密に知ることができます。

42944590090_c81fe25093_z.jpg

大人になってから移り住んだ街って近所のことを知っているようで知らないでしょ?私は朝のランニングや街乗り自転車があるのでクルマではわざわざ入らない小道に分け入り「ココとココが繋がってるんだ!」とか「こんな小さなお地蔵さんがあった!」などちょっとした発見に感動をしています。

IMG_1992

歴史のある自動車工場脇のバックヤードには退役したレッカー車が置いてありました。当時はレッカー作業も請け負っていた自動車工場なのでしょう。

デボネア

違う工場の裏手にはデボネアが。これからレストアされてファンの手元に届くのかな。

寄り道していたら危うくゲリラ豪雨に襲われるところでした(笑)なんでもない休日の午後。ちょっとした目的地を設定して自由に散策してみる。山に登ったり、100キロ走るのもそれはそれで良いのですが、こんなお手軽サイクリングも楽しいんですよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!