シーズンエンド

2021年03月30日 15:41

コロナ禍によりあらゆるイベントが中止や延期になっていますが、48PRODUCTとして参加している自転車イベントも同じ状況でした。緊急事態宣言とは関係ない地域だし、そもそも宣言地域であってもイベント規模を考えると開催しても構わないはずなのですが、いろいろな意味で様々な活動が萎縮している状況でした。そんな状況は少しづつ変化してきて、シーズン後半になんとか開催に。難しい状況の中、受け入れてくれた自治体、運営スタッフの皆様にはとても感謝しています。

cx48team.jpeg

私の結果はさておき、普段なら練習会やレース会場で当たり前に顔を合わせていた仲間とシーズンエンドを迎えられ、来シーズンへとつなげられたことでとてもスッキリとした気分になれました。

bikejoringbikelore.jpeg

もうひとつ、昨年から始めているバイクジョアリングイベントも感染症対策をしながら開催されています。マスクはやっぱり息苦しいけれど、それが嫌だと家に閉じこもっていてもあらゆる事が停滞するだけ。リスクをできるだけ避けながら心に栄養を与えないとね。

さくらモーニングクルーズもやっと今週末に再開します。それぞれ感染症対策をしっかりして私たちの楽しみをカルチャーを取り戻しましょう。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



2回戦

2020年10月20日 13:25

週末の度に天気が悪くてストレスでしたが、日曜日は待望の秋晴れに。そんな訳で6ホイールライフを楽しんできました。

IMG_7472.jpeg

気持ちの良い季節は黙っていても自転車に乗りますが、寒い冬はなかなか腰がヘビー級になりがち。しかしシクロクロスを始めてから自転車のハイシーズンは冬になりました。

IMG_7478.jpeg

まさか大人になってからも水溜りに自転車で飛び込むとは思わなかったな(苦笑)目一杯泥だらけになったあと、ポータブルな高圧洗車機(中圧くらいかも)を使って現地でざっと洗車。これができるようになって帰宅後のあと片付けが格段に楽になりました。

IMG_7482.jpeg

この日は6ホイールライフ2回戦。午後からは自転車をシクロクロスからMTBに載せ替えて、また違う河川敷グラウンドへ。

bikejoringmtb.png

バイクジョアリングの練習をしてきました。実はこれも大会を控えていましてそれに向けての確認です。シクロクロスとシーズンが被ってしまうのが悩ましいのですが、うまく折り合いをつけて楽しみたいと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ひさしぶりの6輪生活(+ワン)

2020年08月24日 10:49

ちょと前までは日常的にクルマに自転車を載せて出掛けていたのにね。ヒッチラックに自転車を載せたの本当にひさしぶりです。新型コロナで活動自粛が始まってからもう半年くらい?どうすれば感染の確率を下げながら、活動ができるのかもだいぶ理解が広まってきました。その理解、認識の差が軋轢を生むようなニュースも耳にしますが、とりあえず近所の誰もいない日曜日夕方の河川敷ならマスクもせずに思いっきり遊んでもいいでしょ?

BikejoringMTB.jpg

今回載せて行ったバイクはMTB。ステムからアンテナが伸びたこのスタイルでピンときた人は通です。ちょっと前から取り組んでいるバイクジョアリングの練習をしてきました。バイクジョアリングの場合、新型コロナによる自粛の前に、この暑さでは自転車を引っ張る犬の方がバテてしまい取り組めなかったのも理由の一つ。それでも夕方になると比較的暑さが和らいで来るようになり、ちょっとの時間ならトレーニングをできる感じ。


サイクリング中に見つけた河川敷公園内の周回コース。スタートしてゴールまで引っ張って走り続けるのを覚えるにはこのような距離の短い周回コースが最適。がんばって走りきったら、たくさん褒めてもらえてご褒美オヤツがもらえることを犬に教えます。久し振りでしたが、かなり積極的に引っ張ってくれて1周目はスタート以外はノンペダリングで帰ってこれました。

IMG_6738.jpg

冷たい水を準備して与え休みを入れながら4周走ってバイクジョアリング練習は終わり。その後はボール遊びとクールダウンの散歩。お互い良い刺激になった夕方のイベントでした。新しい生活様式の中での遊び方を模索中です。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

はじめの1歩

2020年07月06日 11:47

梅雨の合間にサイクリングをしてきました。

IMG_5831.jpeg

マスクをしてまで自転車に乗る気が全く起きずに、ちょっと遠ざかっていたのですが、熱中症のリスクやソーシャルディスタンシングを保てばマスクは必ずしも必要がないと発表されました。これで人目を気にせずにノーマスクで自転車に乗る事ができます。雨上がりだったし、中途半端な時間のソロライドだったので、そもそも人目を気にするほど他者と遭遇していませんけどね。

こうやって自分のペースでいろいろな趣味を続けていると、相談を受ける事も多くなりました。今回は自転車の購入相談。世界的に移動手段としての自転車が再注目されていて、販売も好調のようです。

「自転車で何がしたい?」
IMG_5657.jpeg

スポーツサイクルを購入するにあたって、自転車屋さんに聞かれる最初の質問は「どんな風に自転車を使いたいのか?」だと思います。

走る場所は舗装路か未舗装路(トレール)か
ロードレースなど競技に興味があるのか?
キャンプツーリングに行きたい
身軽に長い距離を走りたい
100kmくらいまでの距離を快適に走りたい
街を快適にサイクリングしたい
通勤や通学に使いたい
ヒルクライムに挑戦したい
配達に使いたい

挙げればキリがありません。弱虫ペダルやLe Tour de Franceを見て自転車に憧れたからと言って、誰もがレースに出るわけではありません。でもせっかくだから憧れたスタイルの自転車を手に入れたい気持ちもわかる。レース用の自転車でツーリングができないわけでもないしね。用途と好みのギャップをどれだけ許容できるか。
そもそも、まだ乗ってないのにどんな風に使いたいかなんて答えるのは難しいし、実際に乗ってみたらレースっぽい乗り方よりもゆっくりツーリングが合っていたなんて事もあるでしょう。

今回の相談者は、私と体格がそれほど変わらなかったので、私の所有する自転車に乗ってもらいました。自転車の違いを体験して、なるべく1台目から好みの自転車に出会えればいいのですが。ここで傾向が見えたので、改めて専門店で相談して最初の1台を決めたと連絡がありました。最初の一歩に立ち会えるのはとても幸せな事ですね。

hi_takumibanaer.jpeg

ガレージライフについても最初の一歩の相談受け付けていますよ(笑)匠大塚春日部本店に展示中のハウスインナー®ですが、条件が合えばお得な価格でご案内させていただきます。是非、メッセージ、お店で直接お問い合わせください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

はじめてのバイクジョアリングレース

2020年03月18日 11:01

先週の記事「6 Wheels と 6 Legs」で紹介した6ホイールライフの新展開、名付けて6レッグスライフ。無謀ながら入門講習から1週間後の大会に参加しました。

6wheels_6legs.jpeg

前日の冷たい雨から一転して気持ちの良い青空の広がる河川敷芝生広場がこの日の舞台。最長1キロから呼び込みや先導OKの100mクラスまで設定されていて初心者でも安心。初心者の私は100mのクラスに参加・・・せっかくここまで来てたった100mでは物足りないと1キロのオープンクラスにもエントリーしました。

この競技自体がよくわからないと思いますのでオンボード映像をご覧下さい。(5分30秒)



1000m 1Dog オープンクラス
犬ぞりのように、自転車に乗ったドライバーを犬が引っ張ってタイムを競います。ただ私の場合は、まだ犬が積極的に引っ張ってくれないので、ペダルを漕ぎながら声をかけて犬を鼓舞する感じ。スタートしてしばらくは犬が映像に出てきません。コースの折り返し(動画で2分10秒あたり)になると、やっと犬が引いてくれそうだったのでペダリングを緩めてドッグパワーに委ねました。ゴール前100mはペダリング禁止ゾーンになっていて、そこはしっかり引いてくれれば成功・・・でしたが、実際は上手くいかずに自転車を押して走ってゴール。

100m 1Dog マットクラス
100mの入門クラスは先導と呼び込みが許されるのですが、いつもと違う雰囲気に犬が完全に戸惑いスタートが上手くできず。なんとか声をかけて走り出し、今回は自転車をしっかり引っ張ってゴールへ。

90511269_2793152114095199_1433055532398149632_n.jpg
Photo by 北関東マッシャーズクラブ

しっかりとトレーニングされている犬達は力強く楽しそうに自転車を引っ張っていました。基本的には雪上での犬ぞりをメインに行う団体なので、犬種はハスキーやマラミュートなどがほとんど。競技前は犬が引っ張らなければ自分が漕いでタイムを狙おうかと考えていたのですが、訓練された犬に敵うわけがありませんでした(苦笑)

maramute.jpeg

普段のトレーニングだけでなく、レース当日もスタート時間から逆算して食事や排便を計画的に行い、犬のテンションを徐々に上げていく方法など、人間のアスリートに通ずるノウハウみたいなものがあるのも面白いですね。また道具なんかもいろいろ工夫が見られて面白い。

この団体は今回の大会でシーズンオフに入ります。寒い地方で活躍する犬にとっては、この日の気温でも暑すぎるくらい。次のシーズンまでに、カタチになるように楽しみながらトレーニングをしたいと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!