アウトドアライフ

2020年11月20日 10:57

モーターサイクルフォトグラファー中尾"テッペー"省吾さんのFacebookにてキャンピングカーの話を背景に少年時代からアメリカに行くまでの話がありました。中学生時代に買い漁っていたオートバイ雑誌。その中でいつも楽しみにしていたテッペーさんのダートトラック記事。そのルーツを垣間見ることができて、個人的にとても嬉しかったのです。

エアストリーム

広大なアメリカを移動するには飛行機が一番効率的だろうとは思います。実際に移動している(飛んでいる)時間だけ考えるとね。でも、搭乗手続きをするのに1時間前とかに飛行場に行かないとダメだし、飛行場へ行くための交通手段(例えば駐車場とか)のことも考えないといけないし、現地での移動も考えるといろいろ面倒だと思うのは日本人の私だけではないみたい。一人一枚チケットを買わなければいけない飛行機に比べて、高速道路は無料だし、ガソリンは安い。キャンピングカーに乗ってワイワイ行こうぜって気持ちになるのは想像できますよね。

48763333866_11e0ec2da6_c.jpg

日本でもいまや空前のキャンプブーム。コロナ禍の影響もあって、公共交通機関を避けクルマで移動し、アウトドアで楽しもうって機運が高まっています。まぁ、人気のキャンプ場は一時期の海水浴場のように大混雑でトイレに長い行列ができている・・・なんてのを見ると複雑な気持ちにもなります(苦笑)

akigasetent.jpeg

近所の公園でもちょっとタイミングを見計らえばゆったりアウトドアタイムを満喫できるでしょう。キャンピングカーのレンタカーなんてのを利用してアクセスがあまり良くないキャンプ場まで足を伸ばすのもありかもしれませんね。

jhi_hanmok.jpg

自宅の庭でハンモックに揺られるだけでもリフレッシュになるものです。ハウスインナー®があればそんなことも簡単にできますよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



ハウスインナー®ガレージをzoom背景にしよう!

2020年05月28日 08:00

今回の新型コロナウィルスの爆発的感染を防ぐために48PRODUCTを運営する株式会社CREWもテレワークを実施中。緊急事態宣言が解除されていますが、現在も新しい生活様式、働き方を模索しながらテレワークをこれからも取り入れようと考えています。

これまでもTV電話やビデオ会議の提案はずっとありましたが、なかなか普及しませんでした。確かに実際に顔を合わせないとわからないこともたくさんありますが、やってみたらビデオ会議でもなんとかなるし、メリットも見つかった。オンライン飲み会もいけるじゃん!と新しい可能性の扉を開いた感じはありますよね。この騒動で開封していなかったiPhoneのマイク付きイヤホンがどれだけ活躍したか(笑)

ハウスインナー® zoom 背景
48HQ ハウスインナー®zoom背景

テレワーク環境を快適にする流れも出てきているんじゃないでしょうか。以前も触れましたが、ハウスインナー®を有効活用したアイデアがあります。そんなことを言ってもなかなかハウスインナー®をすぐに導入できる人も少ないと思います。気分だけでも・・・って事でzoom用の背景を作ってみました。

hi_zoomback_takumi_mr.jpg
匠大塚春日部本店 ハウスインナー®zoom背景

画像を別画面で開くと1280x720のサイズになります。ダウンロードしてzoomアプリの設定からバーチャル背景を追加して下さい。アプリデフォルトのミラーリングで使うことを想定してロゴなどを反転しています。よろしければどうぞ!

STAY GARAGE , SAVE LIVES

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®に開閉式サンシェイド

2020年05月25日 11:24

昨年納品させてもらった飲食店テラス席にハウスインナー®。テラス席に活用するならやはりサンシェイドがあった方が活用の幅が広がると計画はしていました。どんな形で取り付けるのが活用方法にマッチするのかいろいろ検討はしていました

hi_naname_blue.jpg
昨年、納品時の状態

48PRODUCTでもいくつか企画を練っていたのですが、一足先にお客様の手配で「テントを取り付けたよ!」と連絡をもらってさっそく見学させてもらいました。

hi_tent_blue.jpeg
植栽も成長して良い雰囲気になっていますね

スライド式で簡単に開閉ができるサンシェイドが見事にハウスインナー®にマッチしていますね。しっかりとしたアルミ製のレールを剛性のあるハウスインナー®にセットすることで、かなりスムースに動かせます。

slidetent_hi.jpeg

水勾配も設定されていて、テントの生地も撥水性が高そうなので、吹き込むことのないちょっとした雨なら問題なく、食事ができそうですね。

hi_tentnozoku.jpeg

低めの天井高が落ち着いた雰囲気を演出してくれています。屋外の開放感とハウスインナー®&テントによる包まれ感。このバランス・・・良いです。

hi_tanakaya.jpeg

IMG_5045.jpeg

3つの密「密室、密着、密接」を避けることが推奨されていますが、テラス席はその点とても良い解決方法ですよね。これまでちょっと周囲の目が気になって使いにくいなんて声もあったようですが、時代の変化でもっと活用しやすくなるのかもしれません。
店内での食事に関して営業自粛が続いていますが、このハウスインナー®&テントのテラス席でお弁当販売なんてのも素敵じゃないですか。

ハウスインナー®はあなたの活用方法に合わせて様々なサイズ、仕上げ、色などを選べます。どんなスタイルがベストなのかイラストなどを使ってご提案をさせていただきます。是非、お問い合わせください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

自宅のワークスペース

2020年04月24日 10:06

48PRODUCTのWeb SiteもSTAY HOME,STAY SAFE仕様に更新しました。

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、48PRODUCTショールーム「48HQ」は現在CLOSEDとなっています。

メールやお電話でお問い合わせは随時受け付けております。またはコチラのフォームからでもOKです。よろしくお願いします。

stayhome.png

ガレージ付きの家ではなく、家付きのガレージを建てたのが13年前。駅から近いとか、都内までの通勤時間など一般的な価値観には背を向けて土地探しからはじめました。終電は早いし、乗り換えは面倒だけど、クルマの出入りが消防署のようにストレスフリーでちょっとした生活音なんて全く気にならない余裕のある敷地、素晴らしい借景などを手に入れました。私がSTAY HOMEがなんとか耐えられるのは、この環境と愛犬との散歩があるからなのかもしれません。

IMG_4193.jpeg

「通勤時間がもったいない、どうせ家には寝に帰るだけ」街で暮らす、遊ぶ人達のそんな言葉には一理あると思いますが、さすがに現在の状況ではストレスフルだろうと思います。(あ、都心の豪邸住まいの方は別ですよ)

多くの企業でテレワークが見切り発車的に行われています。これから通信規格がアップデートされると環境は一気に整うでしょう。これまでの価値観がぐるっとひっくり返る時なのかもしれません。実際に会うという価値は高まりつつ、そうじゃなくても対応できるようになると、どんな風な世界になるんでしょうね。

最近よく聞くのがビデオ会議をするにも、生活感を消すのが大変だって話。子供や犬の声が入ってしまうのは、それはそれで微笑ましくて良いトラブルですが、例えばデスクや背景がごちゃごちゃして片付いていなければ、プレゼンの説得力が感じられないかもしれません。また生活の中で仕事をするとなると、気分を切り替える意味でもリビングではなく、ちょっとしたワークスペースが必要になると思います。

hi_syosai.jpeg
匠大塚春日部本店で展示中

そんな状況を想定して作ったのが1500mm幅のハウスインナー®です。リビングの一部など自宅のちょっとしたスペースに置く事で空間を緩やかに区切り、その場所をワーキングスペースに仕立てます。

IMG_2457.jpeg
大型影響も余裕でマウントするハウスインナー®

ハウスインナー®の強固なフレームを生かしてモニターを複数枚吊り下げたり、吸音パネルなどを設置する事でビデオ会議時の音響を整えたり、背中側にカーテンを設置する事で背景を整えたり・・・様々なアイデアを盛り込む事ができます。

ハウスインナー®へのお問い合わせお待ちしています。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®に簡単ブランコ

2020年04月16日 10:02

KICKDOWN GARAGE屋上デッキで耐久試験中のメッキ仕様のハウスインナー®。

hi_withdog.jpeg

拾ってきた流木をぶら下げて遊んでいた子供たちのリクエストで、今度はブランコを設置しました。

hi_br2.jpeg

ホームセンターで適当な丸棒とロープを買ってきて縛り付けただけですが。私(体重63kg)も座って漕いでみましたが安定感があって不安はありませんでした。小学生の子供たちなら思いっきり漕いでも全く問題ないでしょう。ハウスインナー®があれば思いつきでこんな事もすぐにできちゃいます。外出自粛おうち遊びが注目される中、どれだけ運動不足を解消できるかは課題ですよね。懸垂用にロープを短くしたバージョンを取り付けたり、ネットを張り巡らせてティーバッティングをしてみたり、ジャングルジムにしたり・・・いろいろできますよ。

hi_buranko.jpeg

ブランコより垂れ下がった日除けが気になると思いますが(苦笑)何日か前の強風で日除けをしばっているタイラップが切れました。どこか弱いところを作っておくのは安全対策としては一つの手段ではありますけど・・・。そろそろ製品ラインナップとして専用のテント試作をスタートしようと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!