東京オートサロン2019

2019年01月15日 11:52

昨年はお休みしちゃいましたが今年もオートサロンに行ってきましたよ。2017の時も書いてますが環境問題など避けては通れないモーターショーと違って、オートサロンは直感的、純粋な欲望をカタチにしたようなクルマが多いのが特徴だと思っています。普段あまりこのシーンを追いかけていないので、事前の予習なしに体感する事を目的に行ってきました。

DSC_0020

トヨタは発表直前のニュースープラに合わせて過去のレーシングスープラを展示していました。現役で走っている時代をサーキットで見ていることもあって、いきなりノスタルジックな感じになりました。

DSC_0062

オートサロンで唯一の明確な目的と言えばこのジムニー・シエラのピックアップカスタム。ボリューム、迫力、凝縮した感じがちょうど良く欲しくなっちゃいますね。

DSC_0056

電動ウインチ付きのジムニーの方も。またスズキ以外のブースにジムニーは結構並んでいて様々なアプローチでカスタムされていた印象。まだバックオーダーの状態だと思いますが、納車前に妄想が膨らみますね。

DSC_0101

ジムニー以上に目についたのが軽トラックのカスタム。ダイハツブースでも展開していましたが、それ以外にもたくさんありました。海外でも人気とブログでも記事にしましたが、日本でもかなり盛り上がってきましたね。

DSC_0143

リフトアップにオーバーフェンダーは定番でキャビンまで覆うロールケージ(兼キャリア)がトレンドでしょうか。

DSC_0160

雨の多い日本では幌付きがやっぱり便利ってところで、こんなスタイルも見られました。箱バンベースもありましたよ。くたびれた安いベース車を探してきて遊ぶには最高のカテゴリーですね。長距離移動とか高速道路とか雨とかあまりいろいろな事を考えると中途半端になるので、近所のホームセンターと自宅を往復するDIYのパートナーとか限定した使い方に適した仕様を考えるのが楽しそう。

短い時間で広い会場を回るので多彩なゲストの話をじっくり聞く時間はとれませんでしたが、ジェイソン・バトンケン・ブロックのトークショーは聞きたかったな。

45991785694_86c86fd898_z.jpg

最新の市販車も普段なかなかじっくり見る事もないのですが、新しいMAZDA3はハッチバックのクォーターパネルが忙しいキャラクターラインもなくシンプルだけど、ハリがあってとても印象的でした。

DSC_0356

賛否両論を巻き起こしたデリカD:5もはじめて実車を拝見。

DSC_0464

個人的にはイカツイ顔のミニバンに飽き飽きしているので、新しいD:5には懐疑的な立場でした。ほとんどの人が都市で使うんだしこんな雰囲気もありなんだと思いました。

DSC_0443

ガレージ的な展示を探したのですが、今年は特になかったかな。「オープンハウス」と大きく掲げられていたホンダのブースがありましたが、結局意味がわかりませんでした。ホンダアクセスによると「楽しみ上手な家族の家」・・・だそうです。

DSC_0449

とにかく写真は片っ端から撮ってきたのでお時間ある時に見てください。

Flickr!アルバム(463pics)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

バイクロ8で見かけたクルマ

2018年12月06日 08:00

バイクロア8では昨年に引き続き、スピニングガレージさんの車両展示がありました。(昨年は48PRODUCTでもダッツンブルバードを持って行ったんですけどね)

IMG_4068.jpeg

表彰台の後ろにはゴルフIIのカントリーが。いわゆる現行クロスシリーズの元祖的モデル。ノーマルのゴルフとはあまりにも共通部品が少なく維持するのが大変だと聞きました。カッコイイけど覚悟も必要です。得意なショップが近所にある人はラッキーですね。

VW GOLF

落ち葉で敷き詰められた会場の至る所に色とりどりのゴルフが並んでいる風景はなかなか素敵でした。

Volkswagen Type 2

さくらモーニングクルーズでも馴染みのある色のバスも登場!

ここまで来たら6ホイールスタイルなクルマのコンテストなんかやってもいいですよね。会場を巡って人気投票をしてもらったり、出展ブースさんで独自のアワードを作ってもらったり。自転車イベントとちょっとしたカーショー。いいかもね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

広がる6輪生活の輪

2018年10月29日 11:09

埼玉県さいたま市の秋ヶ瀬公園にて開催されたSIX WHEELS MTG #1に参加してきました。48PRODUCTのFacebookページやヨンパチブログで告知を協力しましたが、主催は48PRODUCTではなく、Jrの自転車仲間。他のイベントに出る予定でしたが、そちらが行けなくなったので急遽こちらへ参加です。

1966 DATSUN BLUEBIRD 1300SS

ガレージで少々埃をかぶっていたダッツンの洗車をして自転車キャリアを取り付け。載せていく自転車はガレージ内で一番古いミヤタをチョイス。どちらも国産メーカー、カラーも青系で揃って良い雰囲気。

IMG_3045

会場には約10台くらい集まったのかな?場所が自転車トレーニングのメッカ荒川河川敷に近い事もあって、自転車で訪れる仲間もチラホラ。

DSC_0018

遠くは静岡から参加者までいて。まだ台数は少なめですが、熱量はありました。

DSC_0014

自転車の積載スタイルとしてはルーフラック、ヒッチラック、簡易取り付けの背面ラック、室内積みなど。個人的には雰囲気としてルーフオンが素敵だけど、使い勝手においてヒッチラックが1歩リードしている印象。空気抵抗による燃費低下や屋根の上だと、ぶつけそうって意見も多い。

リゾートランナー

様々な車種が集まりましたが何故かフランス車が多かったな。自転車=Le Tour de France=フランスみたいなところもあるのか?私の一番お気に入りは三菱シャリオのリゾートランナー。ギャランVR-4やランサーEvoシリーズに搭載されていた4G63インタークーラーターボを搭載した快速7人乗りワゴン。しかもマニュアルミッション車!オーナーのセンスでカッコイイカスタムも施されています。

同じようにRVRにもスポーツギアってと特別仕様車がありまして、スイング式のスペアタイヤキャリアなどを利用すればオリジナルに自転車ラックが作れそうだな・・・なんて話はこのブログにも以前書きました。まだまだ車種選択、自転車の積載方法などでオリオジナリティをアピールできる奥深さがありそうですね。今後も続けていきたいようなので、また開催が決定したら告知いたします。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ジャパンカップサイクルロードレース2018

2018年10月22日 14:28

久し振りにジャパンカップサイクルロードレース観戦へ。すっかり地域に定着した日本最高峰の自転車レースイベント。観客の急激な増加に事故などを心配したのが3年前。しかし、そんな心配はすっかり杞憂に終わりました。交通整理、誘導がかなり洗練されて本当に驚きましたよ。

docomo car

山頂には通信会社のクルマが。これも以前はありませんでした。これは観客の利便性の確保ではなく、おそらくモバイル回線を使った映像中継のためかな。海外ではレースの上空にヘリが飛んで電波をキャッチして局に流していると聞いたことがありますが、その役目をこの伸縮ポールとポール先端に取り付けた伝送装置で行なっているのかな。

SUBARU LEGACY OUTBACK

6ホイールウォッチャーとしては、スバルプレゼンツな日本のロードレースはあまり楽しみはありません。

SUBARU LEVORG

基本的にレヴォーグで、たまにレガシーアウトバックって感じ。

ジャパンカップ2018

本当はチームカーをもっと撮影したかったのですが、運営が洗練されて来た裏返しで、なかなかそのような場所に近く付けなくなっちゃってね。その辺の敷居の低さもサイクルロードレースの楽しみだっただけに残念ですが、これだけ観客が押し寄せるようになったら仕方がないですね。噂では世界最高峰のプロツアーにこのレースが組み込まれる可能性があるとか。そうなると最高峰ランクのチームが集結することになります。その為の準備と考えると納得。きっとうまく行くことでしょう。

Fumiyuki Beppu

手を伸ばせば届く場所を選手が走って行く興奮はそのまま。同日同県で開催されていたMotoGPも盛り上がったようですが、ココにもその興奮がありました。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

この家具を選んだ理由

2018年05月29日 17:19

GWに開催した匠大塚クラシックカーフェスは大好評で幕を閉じました。今回を記念すべき第1回として続けていきたいと考えています。そのイベントがどんなものだったか48PRODUCT側のレポートでお伝えしました。

IMG_5674

このイベントのキモはクルマと家具の真剣勝負にありました。

クルマとパーソナルチェア
車種選定はこちらで行い、そのクルマの写真とちょっとしたデータを匠大塚さんに渡しました。そこから連想するパーソナルチェア(もしくは家具)を選定してもらい一緒に並べて展示する事にしました。この宿題を受け取った匠大塚の担当者は眠れない夜を過ごしたそうです・・・生産国、色、年式、デザイナー・・・どこをフックにするか?直球勝負か?ちょっと捻ったチョイスがいいのか?いやでもそこまでいくと伝わらないかな・・・などいろいろ思考を巡らせた事でしょう。
48PRODUCTレポートより



匠大塚春日部店のブログにて、今回のレポートと共にどうやって家具を選んだかを解説してくれています。ぜひご覧ください!

匠大塚春日部店ブログ:【レポート】CLASSIC CAR FESTIVAL in KASUKABE

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!