ミラーレス車が市販化へ!

2018年09月13日 08:00

ついにサイドミラーを装備しないクルマが市販化されるようですね。一般的にミラーレス車と呼ばれ、今まで後方の確認には鏡の反射を使っていましたが、それをカメラとモニターに置き換えたシステムです。要はバックモニターのサイドバージョンですね。

003-20180910231651-900x507.jpg
参考:ウワサの最新装備がついに搭載! 新型レクサスESに量産車として初となるデジタルアウターミラーを採用より

このブログでも2016年の記事でミラーレス車の基準ができるニュースをお伝えしました。確かカメラの位置は従来通りのドアミラー付近に取り付けて、モニターもAピラー付近に取り付ける基準があるんですよね。ドライバーの運転習慣を変えずに違和感なく移行するのが目的だと思います。

alfa-romeo-4c.jpg

本来ならスタイリング的にも空力的にもすれ違い的にも邪魔なミラー(カメラ)がもっと違う場所で目立たなく機能してくれたらいいのにな。フェンダーミラーからドアミラーに対応できたんだし、気を使うのはモニターの位置だと思うんだけど。まぁ、小型化されるだけでもスタイリング的には大きいと思いますけどね。

asayake.jpg

鏡からモニターとミラーになる事でタイムラグや距離感などに違和感を覚えることもあると思いますが、それよりもデジタルならではの機能がどんどん加えられてなくてはならないものになるんでしょうね。思い浮かぶだけでもナイトビューやバックモニターのようなガイドライン、ウインカーや速度と連動して拡大などもするかもしれません。

KTM

この流れはオートバイにもやってくると思うのですが、オートバイの場合はカメラ位置どうするんだろう。ナンバーの近くで超広角なバックモニターでは距離感が掴めないだろうから、やはり従来のミラー位置にカメラ取り付けて、モニターはメーターASSYみたいな感じかな。

HONDA

カウリング付きのオートバイなら自由度あるから、まずはスクーター系から移行していくのかもしれませんね。するともっと自由度のない自転車だとヘルメットにカメラとモニターつけた方が早そうだな・・・とかいろいろ妄想が膨らんできます。

どんな進化を遂げて、それをどんな風に受け入れていくのか。アポロウインカーがなくなったように、サイドミラーが過去の遺物になる時代があっという間に来るのかもしれませんね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

市販品でグランドスラム

2018年09月11日 15:06

大坂なおみ選手がUS OPENを制して大きなニュースになっていますね。彼女の使用するラケットはYONEX製で同社のサイトでも大きく取り上げられています。

yonexezone98.png
YONEX EZONE98

使用しているラケットはトッププロ選手では異例の市販モデルで我々でも購入できる代物だそうです。サイトを見ると車いすテニスの絶対王者国枝選手や他の選手も使用ラケットをEZONE98と書いてありますが、彼らはデザイン、ベースはEZON98だけど独自のチューンを施してあるって事なんですかね。とにかく、大阪選手のラケットは特別なチューンもせず、ガットもナイロンとポリエステルで道具に関してはテニス部のプレイヤーと変わらないそうです。

yonex リオ五輪モデル
YONEX CARBONEX リオ五輪女子ロード與那嶺恵理選手使用バイク

クルマやオートバイではトップカテゴリーと同モデルを使うなんて夢はそうそう叶えられるものではありません。レギュレーションの関係で市販ホモロゲーションモデルなんかが発売される事もありますが、そこからレーサーはどれだけチューンナップしているのか想像するしかありませんからね。

自転車もフレームが鉄やアルミで製作されていた頃は選手に合わせて組むのが当然でしたが、カーボンフレームになった今では市販モデルを使っている(と公言している)ところが大多数です。それでもエース級の選手にはサイズを特別に合わせたモデルを作ったりしていますが、基本的には市販品の組み合わせ。トップと同じ道具を使えることがこの趣味の醍醐味でもあります。

しかしほとんどの道具が介在する場合トップ選手は最先端技術を先と投入した機材を使い、それがやがて市販品モデルにフィードバックされるのが世の常です。マラソンランナーのシューズや野球選手のバット、グローブだってそう。ですから大阪選手が市販品モデルを使っていることが大きな驚きをもって伝えれれているわけです。

こう聞いちゃうとヨネックスのラケット欲しくなってきますね。大阪選手と自分の差に道具の違いは存在せず、純粋にテクニックとフィジカル、メンタル(プレイヤー)が違うことが体感できるわけですから。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

身近なDIY ジーンズのエイジング

2018年09月07日 08:00

DIYと言うと日曜大工で本棚を作ってみたり、それらにペンキで色を塗ってみたり・・・そんなシーンを思い浮かべることが多いですよね。乗り物好きならそれらのメンテナンスを自ら行うこともDo It Yourselfだと思います。

1955 Austin Healey 100 BN1

ジーンズを履くことはDIYでは?
でも最近「これはもはやDIYじゃないのか?」ってことに気がつきました。それはジーンズを履くことです。予めウォッシュをかけて履き古した風合いを表現した新品が売っていますよね。その技法は年々向上しています。当初は全体的なストーンウォッシュだったのが、今ではちゃんと履いて擦れる部分とそうではない部分を考えて自然な経年変化が起きているように仕上げています。穴を開けたままのもの、そこをリペアしているものなどアレンジも豊富になりました。誰でも望めばそれを手に入れられます。

IMG_1787.jpg

そんな時代にあえてリジッド(未洗いのデニム)のジーンズを買う。風合いが出るまでは新品の照れ臭さがありますが、時間をかけて自分の体格、行動パターンや癖をジーンズに刻み込む。予めダメージ加工の製品が流通している中で、その工程を自らが楽しんで行う。これはもう立派なDIYでしょう。

IMG_1803.jpg

その方法も様々。最初から一切洗わない方法や糊を落しはしっかりとやって履く人、洗うけども使う洗剤にも神経を使う人などもいるようです。

sc414vsl505.jpg

生地は洗えば縮み、履けば伸びる。その繰り返しで膝が出てきたり、赤耳の当たりやヒゲ、蜂の巣と呼ばれる擦れて白くなる部分が生まれます。最初からダメージ加工されたジーンズとは比べ物にならない愛着がここに生まれることでしょう。

リーバイス社もあまり洗わないことを推奨しています。水洗いして吊るしておけとタグに書いてあるのですが、それが地球環境の保護になると。これから涼しくなりデニムをDIYで育てるのには良いシーズン。ストレッチの薄いデニム生地に慣れてしまったあなた。ヘビーオンスのデニムを久しぶりに履くと気持ち良いですよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

360°全方位で楽しむ旅のスタイル

2018年08月20日 10:50

SNSでシェアされていたので知ったのですが、テレビ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」( テレビ東京)の中での出川哲朗さんがオートバイ乗りならきっとわかる気持ちを代弁してくれたようです。

コレ クルマで来るよりバイクだから 全体だからコレなんですよね
バイクだと もうもう 360° 見れるんスよ
だからオレはバイクを愛しているんです


出川哲朗の充電させてもらえませんか? : テレビ東京より

33675582482_22dc7de10e_z.jpg

旅に出て、日常の中でもそう、素晴らしい景色に出会った時、それを額縁の中から覗いている感覚なのがクルマだとしたら、オートバイはその景色の中に突っ込んで行く感覚があります。はじめてオートバイで山にツーリングに行った際に、ピカピカに磨いたフューエルタンクに木々の間から降り注ぐ木漏れ日が映った時の感動は今でも覚えています。それは視覚だけではなく、エアコンによって心地良い空調が整っているクルマと空気が変わる瞬間をリアルタイムで感じるオートバイの違いも大きいでしょうね。

昨日赤城山へ遊びに行ったのですが、すれ違うサイクリストがウィンドブレーカーを着込んでいることや、メーターパネルに表示される外気温で涼しいことは頭で理解していましたが、実際に体感したのはクルマを止めて湖畔に降り立った時。標高が上がるにつれて下がる気温を肌で感じるのは、旅を五感で楽しんでいる証拠です。

日陰に入れば涼しいし、海が近くになると潮のかおりがするし、牧場があれば肥料の匂いもしますが(苦笑)それもまた感覚を刺激して楽しいものです。

MITSUBISHI OUTLANDER PHEV

そんな感覚を味わいたいけどオートバイの免許は持っていない・・・そんな方にはオープンカーがおすすめ。高速道路のインターを降りたらすぐにルーフを全開にしましょう。オートバイのように全身を晒している感覚にはなれませんが、その代わりヘルメットを着用していないこと、乗車姿勢がオートバイと違うので空がとても広く感じます。

Go to Motegi

現代のオープンカーは安全基準をクリアするため、昔のクルマに比べて開放感はありませんが、それでも乗ったことのない人にはカルチャーショックを与えるには十分だと思います。

uphillriders.jpg

しかし、オートバイもクルマもエンジン音により、小さな音は聞き逃してしまいます。風が吹いた時の木々のざわめきを感じるにはやはり自転車でしょう。鳥のさえずりに耳を傾け、それ以外は自分の呼吸、心臓の音と小さな自転車の風切り音のみ。フィジカルを酷使することによって研ぎすまされる感覚も味わえます。今では電動アシストのスポーツバイクもあるので気軽に味わえると思いますよ。

クルマが美しい景色を額縁に入れて覗くとしたら、オートバイはその景色の中に突っ込んで行くと書きました。なら自転車はどうか?私は景色に溶け込めるのが自転車だと思います。

1966 DATSUN BLUEBIRD 1300SS

忙しい現代人にとって、徒歩では遅すぎるし、クルマでは速すぎる。やはりオススメは目的地まではクルマでワープして気持ちの良い場所で自然をフルに感じられる乗り物に乗り換えるスタイル。私の場合は自転車ですが、それがオートバイでもいいし、電動自転車もいいですよね。

6ホイールで360°感じる旅。秋にかけて計画してみませんか?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

マイカー、愛車

2018年08月02日 08:00

私は見ていませんが、テレビ番組で若者のクルマ離れについてインタビューを交えて放送をしていたみたい。それを聞いてぼんやりと、これからの時代もしかしたらマイカーを持つことはカッコ悪いことなのか?もしかしたら自分のクルマを指して「マイカー」とか「愛車」と呼ぶことさえ死語になるのかもしれません。

HACHIKOU BUS

確かに東京23区やそれに準ずる都市に住んでいると、公共交通機関を使えば普段の生活で困ることもないでしょう。私も大好きな自転車があれば、その狭い交通網の網目の中でさえも簡単にアクセスができます。バス停留所では、次に来るバスがどこにいて、どれくらいで着くか表示してくれるし、タクシーが運悪く道で捕まえられなくても手に持ったスマホで簡単に呼び出すことができます。

クルマは金食い虫です
免許を取得するのに長い時間が必要で約30万円。めでたく免許を取得してクルマを買うと車両代金の他に聞いたこともない諸費用がたくさん必要です。

諸費用
・自動車税
・自動車重量税
・自動車取得税
・自賠責保険
・リサイクル料金
・消費税

登録を業者さんにお願いしたら・・・
・車両登録代行費
・車庫証明代行費
・その他

クルマを所有すれば日常的に必要な経費もあります
・任意保険
・燃料代
・駐車場代
・有料道路通行料
・オイル代とかメンテナンス費用
・反則金とかもあるかも
・事故を起こしたら・・・

これ以外に4月になると自動車税が徴収されて、2年(1年、新車は3年など)で車検が・・・。まぁ、とにかくお金がかかる。ほんと、カーシェアリングが手軽に使える環境ならクルマいらないな・・・そう思う人が増えるのも仕方がない気がしてきた(汗)

それでも所有しますか?
6917433280_560c94ee2b_z.jpg

クルマが必要ないって判断した人の中で一度もクルマを所有したことがなく、免許さえも持っていない人がいます。それもまた自由だし、別に構いませんが、自分のクルマを所有した時のメリット・・・なんて言葉でまとめたくないな、ワクワク感とか楽しみ、喜び、それによって生まれた思い出・・・を知る事なく「いらない」と判断をするのはもったいないなってクルマ好きはお節介にも思ったりするんですよね。

自由
fundrivers.jpg
Photo by Eigo Shimojo

他人の敷いたレールに縛られるなんてごめんだ!まぁ、他人の敷いたアスファルトには若干縛られますが、ルートやタイムスケジュールは思いのまま自由自在。クルマがあれば昼間の喧騒が嘘みたいな深夜の街を走り抜けて、朝日が登る頃に静かな浜辺へ・・・なんて事もできちゃうのに。まぁ、レンタカーでもできるんですが、思いついたらすぐに衝動的にできないと。オートバイだっていいし、自転車でもいいんだけど、その時にピッタリな手段を選べる贅沢が嬉しい。若いうちはそれが友達に借りたオンボロ車でもいいよね。流行歌の歌詞みたいに。

そう、だからね、昨日ネズミ捕りで捕まったからって私はクルマを愛するのですよ。そう遠くない未来にはカーシェアがもっと一般的になってきたとしても、今の所はまだマイカーのある人生を、大袈裟じゃなく自由へ翼を持つ幸せを味わいたいと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!