五輪記念ナンバーは金属製じゃない!?

2017年10月13日 08:00

先日東京五輪記念ナンバープレートの交付がはじまりました。

nhknewsnumber.png
東京五輪・パラ記念ナンバープレート交付開始(NHKニュース)

ブログのネタ的に面白いかな?と申し込もうと思ったのですが、この記念ナンバーは樹脂シート製なんですって。一足先に公布が始まったラグビーワールドカップ仕様も同じようです。

cautionnumbers.png

軽量化にはなりそうですが(笑)耐久性は劣るようですね。夜の高速道路なんか走ると虫がたくさん張り付きますが、それを落とすのも一苦労!?お祭り記念ナンバーなので、汚くなったら交換すればいいのかもしれませんけどね。軽自動車を白ナンバーにしたい方には面白いと思いますが、それ以外だと期間限定で楽しむのがベターなのかもしれません。そう考えると一番派手なのにしてもいいのかもね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

安全確保

2017年10月12日 12:12

高速道路の夜間工事などもスタートしていますが、工事の最後尾に車線減少などを知らせる道路標識車が必ず停まっています。

05.jpg
「NEXCO中日本、EVトラック新型「キャンター E-CELL」で秋に実証実験」 Car Watchより

大きなLED看板で先の情報をドライバーに知らせるのですが、このクルマにはもうひとつ特徴があります。それは車両後端に取り付けられた大きな四角い箱。これ何かわかりますか?これは追突衝撃緩和装置と呼ばれています。中身はクラッシャブルゾーンとなって、これが潰れる事で機能を果たします。よく中央分離帯に置いてある水タンクもこれの一種ですね。

高速道路は時速100km/hの自動車がビュンビュンと走っている場所。そこで停車しているリスクは大きなものです。実際にこれだけ大きな看板を背負っているにもかかわらず、追突する事故は年間で何回か発生します。もし高速道路上で自動車が故障して動けなくなった場合、まず危険である事は認知してください。ハザード、発煙筒、三角表示板など様々な方法で後続車に自車の存在をアピールしましょう。

参考:事故を起こした、故障(パンクなど)が発生したら NEXCO中日本

この記事を書こうと思ったのは東名高速で起こった事件のニュースを知ったから。容疑者を擁護する気は全くありませんが、容疑者も最初の段階ではここまで大きな事件に発展するとは思ってなかったんでしょう。

話の通じない人間はいくらでもいるし、ちょっとしたボタンの掛け違いで破滅の螺旋に組み込まれてしまうなんてのは映画で何回も見て知ってます。いろんな人がいます。傘がないときに雨が降っても怒らないでしょ?運が悪かったな・・・と忘れる事も大事なのかもしれません。通勤で小さなオートバイに乗っていると少なからず危険な状況に遭遇しますが、とにかく冷静に、平常心を心がけたいと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

日産の無資格者検査問題

2017年10月04日 08:00

48PRODUCTの写真倉庫(Flickr!コレクション)の日本メーカーグループを見てみると・・・

japancarsic.png

メーカー別で写真をグループ分けしているのですが、1,000枚を超えているのはトヨタとニッサンだけです。3位のホンダが700枚でその次となると300枚まで減ってしまいます。主に古い車を撮り続けてきた結果、どれだけトヨタとニッサンのファンが多いのかがわかりました。

1962-1967 PRINCE GLORIA (Red)

そんな日産自動車について、先日大きく取り上げられる事件がありました。「日産西川社長「心からおわび」…無資格審査で陳謝、121万台リコール届出へ(レスポンス)」

1969-1978 NISSAN FAIRLADY Z

自動車整備専門学校時代を振り返っても日産を志望する学生は、熱狂的な日産ファンが多くレースシーンやストリートである種無骨さを漂わせるその雰囲気を愛しているようでした。

1989-1993 Nissan Skyline

NOTE e-POWERや新しいLEAFなども評判が高く、単なるエコカーとしてではなく、古くからいるいわゆるクルマ好きからも注目を集めていた最中に・・・

1973 NISSAN SUNNY 1200 GL Sports

このようなファン、ユーザーの気持ちを裏切るようなニュースは残念でなりません。もちろん販売店など関連企業の方々も青天の霹靂でしょう。私も実際、リコール対応に苦労した経験があるのでこれから現場で実際に作業を担当する方々には同情します。

1965-1968 NISSAN SILVIA (CSP311)

リコール制度についてはキチンと機能すれば消費者に取ってもプラスなのですが、今回の一件はちょっと悪質だと言わざるをえません。メーカーは信頼回復に向けて、少しでも早くどのような問題があったのかを究明し対応を発表してほしいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

今度はパイクスピーク

2017年09月28日 08:00

随分と前の記事になりますが以前パイクスピークで開催されるヒルクライムレースを取り上げました。日本ではモンスター田嶋選手の活躍で知っている方も多いはず。

そんなパイクスピークを舞台にケン・ブロックの新しい動画が発表されています。

FL03.png
FL04.png

サンフランシスコなどを舞台にした作品よりも、よりパワフルでスピード感溢れる豪快なシーン満載です。



Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

最も手軽なアウトドア遊び!?「チェアリング」

2017年09月27日 08:00

今、最も新しいかもしれないアウトドアライフスタイルが提言されています。それが「チェアリング」。

チェアリングとは、アウトドア用の座り心地がよく、なおかつ携帯性に便利なイスを持ち歩いて、ここぞというスポットを見つけたら、イスを設置し、くつろいでしまうという行為。
「チェアリング体験!街は俺らのリビングルームだ!」より


街で暮らす私たちが本格的なキャンプなどを楽しもうと思うとなかなかハードルが高い。でも都会には残された小さな自然や気持ちの良い公園であって「ココにベンチがあったら気持ちいいのになぁ」ってポイントもたくさんあるんです。そこに自分で椅子を広げれば、そこがリビングになる・・・最高じゃないですか。

IMG_9580.jpg

自転車レースでも椅子とテーブルを並べていて、無意識にチェアリングの楽しみは味わってます。アメリカ映画を見ていると玄関ポーチに椅子とテーブルを置いて缶ビールを飲んでいる風景なんてのもよく出てきますよね。

728_GT.jpg
映画「グラントリノ」より

今までもある行為に新しい言葉を発明して名付けることによって、意識することにより、また新しい価値が生まれる・・・そんな感じでしょうか。BBQよりももっと気軽に楽しめるアウトドア概念として定着、認知されると面白いな。

IMG_1871.jpg

何もアウトドアだけではなく、私たちにとってはそれがガレージでもあるわけです。あまり準備に気合を入れずに、その場の空気感を楽しむ。こんなアウトドアライフスタイルいかがでしょうか?

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!