ロードムービー

2018年07月09日 08:00

ネットでこんな記事を見つけました。「70年代黄金期ぶり。帰ってきた〈ロードトリップブーム〉オールドスクールな車の旅がなぜいま米国で再び?」(HEAPSより)

goldensc.png
アメリカでは飛行機なんかより自由で安価に済むロードトリップが再び見直されているって記事です。クルマは所有しなくてもレンタルで借りるパターンもあり。飛行機は規制で色々厳しくなり、遅延も起きる。それならクルマで自由に旅を楽しもうって感じ。スマホがあれば何か問題が起きても外部と通信ができるし、暇つぶしもできる。日本だと渋滞情報をチェックしながら効率の良いルート検索なんかもできますよね。テクノロジーの後押しがロードトリップの魅力をアップさせている部分もありそうです。インスタグラムをはじめSNSによって個性を表現しやすいなんてところもあるのかな?

outlander_mori.jpg

どちらにも良い部分があると思います。海外に行くならまずは飛行機を使う必要があるし、目的に応じて決めるしかありません。しかし、国内でもどこでも電車と公共交通機関での旅しかしていない人には、ロードトリップで享受できる自由と相反する不自由な旅の面白さを知って欲しいな。

Go to the forest road

なんとなく行く先を決めて、疲れたら止まってテントを張れる場所を探して眠る。面白そうなポイントを見つけたら脇道に逸れる。別にキャンプが好きだったわけではありませんでしたが、その自由を得る為にキャンプをしていました。宿を予約したらそこに行かないといけません。実際はいつオートバイが壊れるかわからないから予約しようがなかった理由もあるんですけどね。

Triumph

確かにいきあたりばったりの旅も、今ならスマホがあるから楽だろうな。過去オートバイツーリング中に大雨が降ってきてびしょ濡れになり寒くてテントを張る気にもならず、電話ボックスに駆け込んで電話帳をめくり受け入れてくれる宿を探したこともあったっけ。ナビもあるから脇道に逸れたって、すぐに戻ることもできるしね。 

27158325743_644da5742e_z.jpg

アメリカで再注目されているって記事ですが、日本では軽自動車ベースのキャンピングカー、もしくは乗用車を活用した車中泊なんかは以前から注目されています。道の駅が整備され、高速道路もどんどん延長されています。コンビニ、自動販売機、健康ランドなど後押しする施設はたくさんありますからね。日本では何も考えなくても快適、便利、安全にロードトリップをするのは簡単。だからこそ、ロードトリップにどんなテーマやストーリーを重ねるかがキモかもしれません。

この自転車の写真は一昨年新潟まで旅をした時のもの。子供の頃に父の運転で帰省していた田舎まで、高速道路が整備されてあまり使わなくなった一般道にてトレースしました。行きは自転車、帰りはクルマで。あの頃の風景は見慣れたチェーン店の看板によって塗り替えられていますが、当時休憩したドライブイン跡、寂れた温泉街など記憶のカケラを見つけることができます。

IMG_7730
ヒッチメンバーを取り付けてあるので、トレーラーの旅もしてみたいですね

ロードムービーの主人公になったように、道中をゆっくり楽しむ旅・・・また計画してみようかな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

炎天下駐車対策

2018年07月06日 08:00

暑くなってきたこの季節。炎天下に置かれたクルマに乗るのって嫌ですよねぇ。なるべく日陰になっている場所を探しますが、そうも言ってられない事の方が多い。

suzukitwincars.jpg

対策としてはサンシェードをしたり、窓を少しだけ開けておいたり・・・他に何かありますか?乗り込む前に運転席から一番離れた窓を半分くらい開けて、運転席のドアを何度か開閉して車内に溜まった空気を押し出す方法を試したり。

私はサンシェードを使っていません。ハンドルが熱くて触れない事態は避けられたとしても、車内温度の変化はそこまでない気がして。やるならハンドルにタオルなどを描ける方が手間じゃないしそれでいいのかな?そんな疑問をJAFで実験して検証しています。



どうやら効果は結構あるみたいですね。まぁ、涼しい、暑くないってところまではいきませんけど。ヘッドライニング、内装を剥がして断熱材を追加したり、ボディカラーを太陽光を反射する色にしたり・・・そんな積み重ねが結果に繋がるのかもしれません。

とりあえず車中泊するときに目隠しにもなるし高いものでもないので、今年の夏は買っておこうかな。オリジナルで48PRODUCT仕様なんて作れたらいいのだけれど。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ご当地ナンバー自由化

2018年05月24日 15:38

ご当地ナンバープレートのデザインが発表されましたね。ラグビーW杯や東京五輪の図柄入りナンバープレートのような図柄が入ったタイプのナンバープレートです。市町村管轄の原付用にはご当地図柄入りナンバーは今までもありましたが、自動車でははじめての導入となります。

ご当地ナンバープレート
ご当地ナンバープレートデザイン一挙紹介!埼玉からはあの地域が!

全国すべての管轄で採用されたわけではなく、全国で41地域での導入が決定したそうです。あなたの地域ではさいようされましたか?私の場合春日部になりますが、幸か不幸かとりあえず今回は手を挙げなかったようです。お隣の越谷は採用したそうですが・・・子供がいたずらで貼ったシールかな・・・。従来と同じプレーンなナンバーも選べるようなのでご安心を。

DSC_0061

ラグビーも五輪も図案の素晴らしさや、このナンバーの意義よりも注目されたのは軽自動車でも白いナンバーを取り付けられること。今回は枠の色は残るようです。

numberwakucolor.png
ご当地ナンバープレートデザイン一挙紹介!埼玉からはあの地域が!

昔からアメリカ車が好きな私にとっては80年代のカリフォルニアのライセンスプレートみたいなのだったら愛せるかな。

3304593427_2141eac8b2_b.jpg

ふるさと納税みたいに、その地域に住んでいなくてもデザインが気に入ったら使えるなんてのはどうですかね。その地域へ多少の寄付金が回せるし、デザインがんばろうと思うだろうし。春日部だと大凧のカラーがイタリアントリコロールなのでそれをモチーフにしたら全国のイタリア車乗りが選んでくれそうな気がします。

いろいろ言いましたが、普通のプレートを選べるようになってくれてればいいんですけどね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハンドル位置と日本仕様

2018年05月15日 10:57

Webメディアのクリッカー記事左側通行で左ハンドル? 日本仕様なら右ハンドルにすべし!【ココがおかしい日本のクルマ&交通事情・第二回】で"おかしなことが当たり前に扱われている日本の自動車社会のあれこれを、自動車ジャーナリストの諸星陽一がぶった切ります。"だそうです。
ハンドル位置について、左ハンドルで設計された車は、そもそも左ハンドルで乗ったほうが良い事が多いのもあるが、日本の道路事情であれば右ハンドルにして、ウインカー位置などもちゃんと日本仕様にして輸入するべきだって意見のようですね。

自国のハンドル位置(右側通行なら左ハンドル)と逆向きのハンドル位置が許されない国も多く存在します。日本も外圧に負けることなく、そういう方向性を打ち出していってほしいものです。ウインカーレバーの位置も含めて。



右ハンドル 英国者

クラシックカーの場合、英国車ユーザーはやはり本国仕様の右ハンドル仕様に憧れるし、まだ右ハンドル仕様がこなれていなかった頃の左ハンドル仕様はそのまま左で乗った方がドラポジに無理がないし、ブレーキのフィーリングなんか特に違和感が出たりね。基本的に本国仕様に人気があると思います。

mcficenterhd.png

もう全車センターハンドルになれば文句ないのですが、そうもいかない(笑)

個人的には欲しいと思った車が、どっちのハンドル位置でも小さな問題でしかないのですが、最近の車でハンドル位置を選べる立場なら右ハンドルを選ぶかな。普通に運転している場合は左ハンドルでも不自由はありませんが、路上駐車している車を追い越すのに、対向車も有無を目視するのに時間がかかるのが唯一困るところかな。乗ったまま支払うタイプのコインパーキングや洗車機などは降りてしまえばいいので問題ありません。有料道路はほとんどETCですしね。

日本は舐められているのか?
ハンドル位置も本国のまま、ウインカー位置も直さないのは日本が舐められているのでは?って指摘もあるようです。確かに左ハンドルで税金が上がるとかそもそも乗る事ができないなんてこともないので、無理にコストをかけて日本仕様にする必要がないのかもしれません。

Alfa Romeo Junior Zagato

そもそも国産車が強い日本でわざわざ外国のメーカーを選ぶ人には強いこだわりがあり、本国仕様のまま乗ってみたい、日本車とは違うハンドル位置で乗ることに優越感を得るようなところもあったのかな。外国車の事を左ハンドルって呼称する時代もありましたから。

今後は外国の車が一般的になってきて特別感がなくなってきた事、操作系統が電子制御化された事もあり右ハンドル仕様じゃないと売れない時代になって来るでしょうね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

DIYワラーチとその後

2018年05月14日 13:39

過去記事「【ワークショップ】はじめてのワラーチDIY」で製作したワラーチ。裸足感覚でランニングをするために作った手作りのサンダルです。

a238b18e.jpg

あれからクッション材を追加して、シューレースをヘアーゴムに変えるなどの改良をしていつものランニングコースを走ってみました。深夜の住宅街をランニング。足元が良く見えないのはいつも通りですが、無防備なワラーチでは緊張感が段違い。それでも走っていると足の置き方など感覚がわかってきていつのまにか8キロ走っていました。

しかし、翌日ここ数年経験した事のないふくらはぎの張りとアキレス腱の痛みを感じます。ランニング時の衝撃をシューズに頼らず、自分の体で受け止めるために、慣れていないとこのような状況になるようです。

wara_park.jpg

とりあえず退化した能力を呼び覚ますために。原っぱのクッションに甘えながら、ゴムのテンション、鼻緒部分の角度などを調整しつつ5キロのランを決行。翌日、足の痛みはなし。最初のハードルを超えたかな?

今シーズンハーフマラソンの大会に2回参加しましたが、ワラーチで走っている人の他に裸足の人も見かけました。自分で作って、試行錯誤して、また作って、履きこなす・・・走り方を見直し、シューズ選びにも影響を与える事になるでしょう。ランをより深く楽しむためにアプローチとしてのDIYワラーチ製作・・・ありだと思います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!