デッドストックがリボーンする

2021年01月23日 09:00

新型コロナ感染拡大を受けて世界的に売り上げが伸びているスポーツサイクル。もう何年も前から健康や環境を考慮してこの流れが始まっていましたが、改めて生活習慣を見直し密を避けて移動ができる自転車を選択した人も多いのかもしれません。新型コロナ感染で工場が稼働できなくなったり、流通がスムーズに行えなかったことで品薄になっているのも要因みたいです。

私の妻は以前から自転車通勤をしています。使っている折りたたみ自転車は購入から13年くらい。2年ほど前に大規模なメンテナンスをしましたが、全体的に古びた雰囲気なのかは隠しきれません。そもそも折りたたむ必要のない使い方で折りたたみって重いし、稼働部分が多くてガタも出てくるしデメリットしかないんですよね。更新したいとの希望がありましたが、それなら過去に乗っていたロードバイクを通勤エクスプレスに仕立て直すことを提案。

giantocr32007.jpg

過去には一緒にサイクルイベントで130km走ったりもしていましたが、今では部品を剥がされてフレームだけの状態でガレージの天井にぶら下がっています。改めてフレームを確認するとロードバイクと言ってもエントリーモデルなだけあって、ダボ穴(フェンダーなどを取り付けられるネジ穴)が設定されているしなんとかなりそう。

IMG_1425.jpeg

イメージは冷蔵庫の残り物で作る炒飯。ガレージのデッドストック部品を使って自転車を蘇らせます。リクエストのあった泥除け、カゴ、スタンドなんかは普段使わない部品なので購入。タイヤも古いし通勤で使うには細いので交換します。

mamasbikeroad.jpeg
この後タイヤを交換しました

夜な夜なガレージで汎用部品を工夫しながら組み付けること3日くらい。ドロップハンドルからフラットバーハンドルに交換。リクエストのあったフルフェンダーと前かご、キックスタンドを取り付け。通勤距離が短く、日頃のメンテナンス頻度を軽減するために変速機は使わずにシングルギアに。クランクには3枚のチェーンリングが付いていますが、とりあえず一番小さいギアにかけてあり、平地と坂道を走ってもらって最適なギヤ比を見つけます。

世の中には「ときめかなければ捨てろ!」なんて乱暴なご意見もあるようですが、その瞬間ときめかなくても、いつか輝く時が訪れるんですよ。デッドストックとなっていた部品がパズルのピースのようにハマってまた働く場所を与えていく作業は楽しいです。これぞリ・サイクル。この興奮を求めすぎるとゴミ屋敷みたいになりそうですが(苦笑)

こんな状況ですから、遊ぶのが忙しくてガレージや家で後回しになっているコトを楽しみながら潰していきましょう。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト



アウトドアライフ

2020年11月20日 10:57

モーターサイクルフォトグラファー中尾"テッペー"省吾さんのFacebookにてキャンピングカーの話を背景に少年時代からアメリカに行くまでの話がありました。中学生時代に買い漁っていたオートバイ雑誌。その中でいつも楽しみにしていたテッペーさんのダートトラック記事。そのルーツを垣間見ることができて、個人的にとても嬉しかったのです。

エアストリーム

広大なアメリカを移動するには飛行機が一番効率的だろうとは思います。実際に移動している(飛んでいる)時間だけ考えるとね。でも、搭乗手続きをするのに1時間前とかに飛行場に行かないとダメだし、飛行場へ行くための交通手段(例えば駐車場とか)のことも考えないといけないし、現地での移動も考えるといろいろ面倒だと思うのは日本人の私だけではないみたい。一人一枚チケットを買わなければいけない飛行機に比べて、高速道路は無料だし、ガソリンは安い。キャンピングカーに乗ってワイワイ行こうぜって気持ちになるのは想像できますよね。

48763333866_11e0ec2da6_c.jpg

日本でもいまや空前のキャンプブーム。コロナ禍の影響もあって、公共交通機関を避けクルマで移動し、アウトドアで楽しもうって機運が高まっています。まぁ、人気のキャンプ場は一時期の海水浴場のように大混雑でトイレに長い行列ができている・・・なんてのを見ると複雑な気持ちにもなります(苦笑)

akigasetent.jpeg

近所の公園でもちょっとタイミングを見計らえばゆったりアウトドアタイムを満喫できるでしょう。キャンピングカーのレンタカーなんてのを利用してアクセスがあまり良くないキャンプ場まで足を伸ばすのもありかもしれませんね。

jhi_hanmok.jpg

自宅の庭でハンモックに揺られるだけでもリフレッシュになるものです。ハウスインナー®があればそんなことも簡単にできますよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

DIYの季節

2020年10月12日 14:13

急に涼しくなってガレージでさ作業をするにも良い季節になってきました。そんな訳で6月からずーーーーーっと見ないふりをしていた作業に取り掛かります。在庫している木材を見ながら頭の中でなんとなく図面作成。足りない部材を割り出してホームセンターへ。

IMG_7402.jpeg

スライド丸ノコが接触不良なのかな?調子が悪く動かなかったのは誤算でしたが、丸ノコでカットして組み立て。枠を作って真ん中に補強を入れて・・・

IMG_7406.jpeg

爪付きナットを埋め込んで・・・

IMG_7405.jpeg

前面は1x4材を貼って、 さっきの爪付きナットのところにステーを仮固定。ここまでで何を作ってるかわかります?













バスケットボールのバックボードでした。ゴールリングは既製品でバックボードは自作。バックボードも既製品でいろいろあるのですが、ガレージの壁面に取り付けるのに浮いてしまう感じがしてね。これから取り付け方法を決めていないのでそれを考えつつ、バックボードの塗装をしたいと思います。

これ実は甥っ子への誕生日プレゼントなんです。誕生日は5月なんですけどね・・・(苦笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®ガレージをzoom背景にしよう!

2020年05月28日 08:00

今回の新型コロナウィルスの爆発的感染を防ぐために48PRODUCTを運営する株式会社CREWもテレワークを実施中。緊急事態宣言が解除されていますが、現在も新しい生活様式、働き方を模索しながらテレワークをこれからも取り入れようと考えています。

これまでもTV電話やビデオ会議の提案はずっとありましたが、なかなか普及しませんでした。確かに実際に顔を合わせないとわからないこともたくさんありますが、やってみたらビデオ会議でもなんとかなるし、メリットも見つかった。オンライン飲み会もいけるじゃん!と新しい可能性の扉を開いた感じはありますよね。この騒動で開封していなかったiPhoneのマイク付きイヤホンがどれだけ活躍したか(笑)

ハウスインナー® zoom 背景
48HQ ハウスインナー®zoom背景

テレワーク環境を快適にする流れも出てきているんじゃないでしょうか。以前も触れましたが、ハウスインナー®を有効活用したアイデアがあります。そんなことを言ってもなかなかハウスインナー®をすぐに導入できる人も少ないと思います。気分だけでも・・・って事でzoom用の背景を作ってみました。

hi_zoomback_takumi_mr.jpg
匠大塚春日部本店 ハウスインナー®zoom背景

画像を別画面で開くと1280x720のサイズになります。ダウンロードしてzoomアプリの設定からバーチャル背景を追加して下さい。アプリデフォルトのミラーリングで使うことを想定してロゴなどを反転しています。よろしければどうぞ!

STAY GARAGE , SAVE LIVES

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®に開閉式サンシェイド

2020年05月25日 11:24

昨年納品させてもらった飲食店テラス席にハウスインナー®。テラス席に活用するならやはりサンシェイドがあった方が活用の幅が広がると計画はしていました。どんな形で取り付けるのが活用方法にマッチするのかいろいろ検討はしていました

hi_naname_blue.jpg
昨年、納品時の状態

48PRODUCTでもいくつか企画を練っていたのですが、一足先にお客様の手配で「テントを取り付けたよ!」と連絡をもらってさっそく見学させてもらいました。

hi_tent_blue.jpeg
植栽も成長して良い雰囲気になっていますね

スライド式で簡単に開閉ができるサンシェイドが見事にハウスインナー®にマッチしていますね。しっかりとしたアルミ製のレールを剛性のあるハウスインナー®にセットすることで、かなりスムースに動かせます。

slidetent_hi.jpeg

水勾配も設定されていて、テントの生地も撥水性が高そうなので、吹き込むことのないちょっとした雨なら問題なく、食事ができそうですね。

hi_tentnozoku.jpeg

低めの天井高が落ち着いた雰囲気を演出してくれています。屋外の開放感とハウスインナー®&テントによる包まれ感。このバランス・・・良いです。

hi_tanakaya.jpeg

IMG_5045.jpeg

3つの密「密室、密着、密接」を避けることが推奨されていますが、テラス席はその点とても良い解決方法ですよね。これまでちょっと周囲の目が気になって使いにくいなんて声もあったようですが、時代の変化でもっと活用しやすくなるのかもしれません。
店内での食事に関して営業自粛が続いていますが、このハウスインナー®&テントのテラス席でお弁当販売なんてのも素敵じゃないですか。

ハウスインナー®はあなたの活用方法に合わせて様々なサイズ、仕上げ、色などを選べます。どんなスタイルがベストなのかイラストなどを使ってご提案をさせていただきます。是非、お問い合わせください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!