手で削る

2019年01月22日 08:00

皆さん雪板って聞いたことありますか?
雪板と書いて"ゆきいた"と読みます。スノーボードの日本語直訳といえばそれまでですが、いわゆるスノーボードとはちょっとだけ違います。まずは映像見てもらった方が早いですね。



バインディングの付いていない板に乗って遊ぶソリ遊びみたいなものでしょうか。スノーボードみたいに金属のエッジはなく、単純に緩やかにアールのついた板に乗って遊ぶようです。私もまだやっていないので、メディアを通じて見たことしか説明できません。しかし現段階でも明確に雪板とスノーボードの違いをひとつ知っています。それは「雪板は道具を自分で作れること」です。

diy_yukiita.jpeg

この製作途中の雪板は私が4時間ほどで作ったものです。合板にラインを引き、ジグソーで切り出し、サンダで整えました。

手作業で道具を作る
ある程度まで機械工具を使っていますが、最終的には手でカーブを撫でながら凸凹を探し、紙やすりを丁寧にかけて仕上げていきます。ささくれが手に刺さりそうな状態から滑らかに仕上がっていく感覚・・・なんとも心地良いものですね。わからないなりに「このカーブをこう仕上げたらカーブしやすいかな?」なんて想像しながら削っていると食事をするのも忘れて時間が過ぎていました。

道具を使って行うスポーツはたくさんあります。私が熱中している自転車もそのひとつ。先人の技術開発で初心者でもポテンシャルをグンっと引き上げてくる道具は、そのスポーツを気軽に楽しませてくれる事でしょう。反面楽しみを奪っている部分もあると思います。自分で道具を作る雪板はそのプリミティブな楽しみを味わうことのできる遊びなのかもしれません。

単純に手で気を削るのってなんでこんなに楽しいんですかね(笑)また作業が進んだら報告します。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

表面処理後の組み立て

2018年12月14日 11:02

バイクロア8で初お披露目となった屋外設置できるハウスインナー®メッキ仕上げVer。48HQにて再組み立てを行いました。

メッキ仕様

表面仕上げをしない状態では何度も分解、組み立てを作業を行なっているのですが、メッキで仕上げたことにより問題が出ていないかを設計者を含めて確認しながら組み立てます。

hi_kumitate1.jpg

具体的には、メッキでも塗装でもそれを施せば材料の厚みが増します。それにより差し込み部分などがキツくなっていないか?穴がずれたり不具合がないか?を確認します。ハウスインナー®は精度高く無駄に大きな穴やクリアランスを設定していないのでちょっとした厚みでも問題になる場合があるからです。

hi_chrome.jpeg

特に、今回挑戦した溶融亜鉛メッキ(どぶ漬けメッキ)は性質上厚みのムラがどうしてもできるのでやってみないとわからない部分がありました。結果的に穴が埋まってしまったり、一部メッキが厚くなってしまいはめ合いがキツくなる部分もありました。大きな問題ではなく、多少クリアランスを増やす設計にするなど調整をすれば良さそうです。穴が埋まる件に関してはメッキ後に後加工で対処するしかなさそうですね。作業工程の増加は価格に跳ね返ってしまうのですが、それでもこの耐候性が必要な方には問題ないと思っていただける範囲に納めたいと努力します。傷を気にせず扱えるタフなメッキはいいですよ。

hi_akigase2.jpeg

来年早々には欲しいといったお話もいただけて、急ピッチで改良をしています。ちょっとでも興味のある方は、まずお気軽にご相談ください。今なら48PRODUCTのハウスインナー®ショールーム「48HQ」で3台のハウスインナー®をご覧いただけますよ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナー®ができること

2018年12月12日 12:21

使い方はあなた次第。その汎用性から様々な場面で活躍しているハウスインナー®。例えばこんな風に・・・

ハウスインナー® ツールボックスレッド

hi_lechoppe1.jpg

ハウスインナー®

自宅 ボルダリング

47341539_1915966358699583_7571896552503902208_o.jpg

個人住宅、ガレージはもちろん、店舗など商業施設に展示会やイベントなど様々なシーン、場所、活用方法があります。私たちはデザイン会社なので、それらの可能性をできるだけ想像して対応できるようにハウスインナー®をデザインをしました。ですから、皆様のイメージを伺い、それを膨らませることができます。

IMG_4332.jpeg
イラスト:CREW Yama

IMG_4333.jpeg
イラスト:CREW Yama

「そうそう、こんな感じ!」
「ここまでできちゃうんですね!」

など反応は様々。私たちが膨らませたイメージをイラストにして、そこから更に何ができるかを妄想してもらいます。お互い「そこまでは考えつかなかった!」みたいなイメージが出てきたら大成功。使い方が自由なだけに迷ってしまう。どう使っていいかわからないって方には「どうぞご自由に使ってみてください」なんて投げ出さずに、一緒に考えてイメージするお手伝いもしています。

昨日紹介した表面処理の話もそうですが、まずはお話を聞かせてください。そこから最適なハウスインナー®を選んでご提案します。ハウスインナー®じゃなければ!ハウスインナー®があるからできた!そんなことが見つかればいいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

選べるハウスインナー®の仕上げ方

2018年12月11日 11:28

今回ハウスインナー®の表面処理として選んだ溶融亜鉛めっき。作業工程でめっき槽に浸ける様子から、ドブづけやテンプラメッキなんて呼ばれています。

hi_chrome1.jpeg

屋外の構造物の防食処理として広く使われており、鉄塔だとか非常階段などでよく目にします。48HQ周辺を歩いてみても色々なところでドブ漬けメッキをした製品が見つけられました。

dobu2.jpeg

dobu1.jpeg

dobu3.jpeg

ハウスインナー®を屋外で使いたいとリクエストがあって最初に思い浮かんだのがどぶ漬けメッキでした。最初はギラギラとしたブリキっぽい感じですが、風雨にさらされると次第に白っぽっくなってきます。エイジングを楽しむのも良いのですが、メッキの上に塗装をしてみるのもありです。塗装前の処理に気を使う必要がありますが、専用のプライマーや塗料で塗ることができるようです。

参考リンク:溶融亜鉛めっき上の塗装(社)日本溶融亜鉛鍍金協会

hi_bikelore_chrome.jpg

無骨なメッキ処理の柱だけではやや味気ないモノになってしまうかもしれませんが、ハウスインナー®の木製パネルがそれを上手に和らげてくれています。

47341539_1915966358699583_7571896552503902208_o.jpg
Photo by Takashi Saito

このハウスインナー®をベースにちょっと雰囲気の良いテント生地を取り付けられるようにして屋外駐車場に置くなんていかがですか?既存のカーポートよりもグッと雰囲気の良いものになると思います。

鉄の素材感を楽しむローフィニッシュ(表面処理なし)、調和を楽しむ白系塗装、屋外で使えるタフな溶融亜鉛メッキの3パターンを選べるようにしてお届けしたいと考えています。それぞれ良さがあるし、得意不得意もあります。ハウスインナー®をどんな場所でどんな風に使うのかご相談いただければ、どれが向いているのかアドバイスができます。ぜひご相談ください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

屋外設置OKのハウスインナー®

2018年12月05日 08:00

バイクロアで初お披露目となった開発中の新しいハウスインナー®屋外対応バージョン。

IMG_4177.jpg
Photo by Takashi Saito

ハウスインナー®のデビューは2014年5月のガレージングEXPOですが、その頃から「屋外で使えないのか?」とご質問と要望をいただいてました。私たちも屋外使用の可能性に惹かれていたのですが、耐候性の問題(錆など)を解消できずに屋内での使用を考えて開発していました。

従来型のハウスインナー®を当初の価格で販売することが難しくなり、かなり値段が高くなることが予想されるタイミングでもっとシンプルでフレキシブルな新しいハウスインナー®を開発することになりました。その開発目標に掲げたのが屋外での使用に耐えること。

IMG_3349.jpeg

表面処理として従来型はアクリル塗装を行なっていました。発色は良いのですが耐候性は劣ります。また組み立てを容易に行うのに埋め込みのナットを多用していたので、その部分から錆びることが予想されます。新型は埋め込みナットを使わず、また表面処理に溶融亜鉛めっき(どぶ漬メッキ)を採用しました。上の写真は依頼した工場の写真ですが、非常階段まど建築系の大きな構造物がたくさん並んでいました。

hi_chrome.jpeg

かなりラフな仕上がりでコントロールも難しく仕上がりには好みが分かれると思いますが、目標にした耐候性の観点では間違いはありません。このメッキの上から塗装するなんてのもありでしょう。

hi_akigase2.jpeg

仕上がった直後は特になのですが、ギラギラ過ぎて「うーむ、やっちゃったか!?」とちょっと不安になったのですが(苦笑)

hi_chrome1.jpeg

自然の中にポツンと入ると際立ちますね。その無骨でそっけないシンプルなデザインも相まってアメリカのホームセンターに並んでそうな雰囲気があります。

hi_bikelore_chrome.jpg

木製パネルとの相性は抜群じゃないでしょうか?鉄の地肌そのままも屋内仕様には最高にクールだし、従来通り色を塗って仕上げるのもカッコイイ。今回の新型については表面処理なし、メッキ、塗装から選べる感じにしてもいいですね。できるだけ素材として安く手に入れたい方には表面処理なしで、組む前に自らペンキで塗るなんてDIY精神溢れる導入もありですね。

その辺の構成も考えて、そろそろ販売を開始します。お待たせしちゃって申し訳ありません。新型(名前も考えないとな)もうすぐリリースです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!