ロゴやキャラクターのデザインしますよ

2017年07月10日 08:00

季節柄ご好評をいただいております48PRODUCTのオリジナルTシャツ。以前はシルクスクリーンで製作していたのですが、最近はもっぱらオンデマンドのインクジェット印刷。こちらのほうが在庫を気にせずに新しいデザインをどんどんアップできるので私たちに合っているようです。

4​8​P​R​O​D​U​C​T Tシャツショップはコチラ

ヨンパチデザインのT-ShirtsはロゴTやフォトTもありますが、何と言ってもプロダクトデザイナーのYamaさんが書き下ろすイラストTシャツが人気。スラスラとサインペンで描いたイラストをスキャンしてフリーハンド(!)でドローイングしていきます。例えばこれが下書きでコイツをスキャンしてからパソコンソフトでトレースしたり色を塗ったりするわけ。

ita_pbcar.jpg
最近始まったパブリックカーシリーズは注目ですよ

写真をベースにイラストっぽくする手法もありますよね。トレースして描くこともあるでしょう。48PRODUCTには膨大な写真データもあるので、それもできるのですが、あえてしていません。好きな人だからわかるデフォルメこそがYamaさんイラストの魅力じゃないでしょうか。

これまではほとんど、私とYamaさんの雑談の中からアイデアを出してデザインを決めていましたが、その他にもコラボレーションデザインもあります。

20thdesign.jpg

こちらはフランス車のスペシャルショップRS UNOさんの20周年をお祝いしたオリジナルデザインです。(その時の顛末はこちら

kcbm48T.jpg

これはカワサキのユーザーグループミーティングの100回記念で製作したもの。ドライTシャツをベースにシルクスクリーン印刷で製作しました。48PRODUCTのタグも縫い付けました。100枚の限定でしたがあっという間に完売でした。

セブンスピード オリジナルTシャツ

英国車、特にセブン系を得意とするセブンスピードさんとのコラボデザインも製作しました。

ゴリラ自転車
goliT.png

独立開業を計画していた「ゴリラ自転車」さんの立ち上げにも協力しました。(このイラストはYamaさんデザインじゃありません)立ち上げはいろいろ大変だと思いますが、親しみやすいお店のロゴ、キャラクターはお店のファン作りに大きく役立っていると喜んでいただけました。

このようなオリジナルイラスト、デザインはもちろん、ハウスインナー®などのガレージプロダクトを活用したショッププロデュースのご依頼も承ります。個人のガレージももちろんOKですよ。お問い合わせからのメールでも48PRODUCT HQ(東京都墨田区業平1-3-11 1F)からでも、お気軽にご相談ください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

ゴリラ自転車 ロゴ&キャラクタープロデュース

2017年04月26日 14:00

埼玉県春日部市にオープンした自転車店「ゴリラ自転車」のロゴ&キャラクターをプロデュースさせて頂きました。オーナーとは彼が修行時代の自転車ショップでもいろいろお世話になっていて、その繋がりで大事な門出のお手伝いを依頼していただけたことを嬉しく思います。

ゴリラ自転車

スタートはお店の名前を決めるところから。オーナーが考えていた案も悪くなかったのですが、どこかで聞いたことのあるそもそも自転車屋なのかもわからない名前でした。それならオーナーのキャラクターや親しみやすさ、どんな自転車屋さんにしたいかなどをディスカッションして子供の頃のニックネームをそのまま採用することを提案しました。これでロゴやキャラクターも見えてきますしね。

goriyoko.jpg
gorimaru.jpggoriillust.jpg

自転車に貼るステッカーやサイクルジャージやTシャツ、名刺に看板などを想像しながらロゴとキャラクターを構想。今回はイラストレーターの八重樫チヒロ(Web Site)さんに依頼しました。イラストの作風やタッチなどもピッタリ相性が良いと思ったんですよね。ちなみにヤエさんとJrは古いオートバイ仲間なんです。

goliT.png

自転車ショップとして車両の販売はもちろん、ママチャリからスポーツサイクルまでメンテナンスも大得意。ツーリングイベントも開催するようなのでご興味のある方はぜひよろしくお願いします。そうそう、オリジナルTシャツも販売予定とのこと。気になる方はお問い合わせてみては?優しいゴリラ店主があなたをお待ちしてます。

ゴリラ自転車
〒344-067 埼玉県春日部市中央6-3-8 浪江マンション103
Tel/Fax 048-716-3087
Mail  info@gorillabicycle.sunnyday.jp
営業時間 11時~20時
定休日 水曜日
Web Site http://gorillabicycle.sunnyday.jp/

このようなデザインのお仕事も48PRODUCT(株式会社クルー)では承っております。ハウスインナー®を使った店舗プロデュースも含めてご興味のある方はぜひお問い合わせください。

過去記事
セブンスピードコラボTシャツ
RS UNO 20周年記念Tシャツをデザインしました


Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

クルマ好きだったらこんな仲間たちと遊びたい

2011年09月06日 13:30

CREWのblog「元気な企業を創るデザイン」より転載しました>


宗一郎さんつながり
妄想イラストでYAMAさんが、デザイナーのガンディーニさんのことに触れていましたね。私の友人に、実はそのガンディー二さんのデザインビジネス代理人であるMさんと言う方がおられます。その方は、僕が敬愛する本田宗一郎さんの息子さんと二人で、日本初のカロッツェリアを立ち上げたんです。これはあまり知られていないことだと思います。不幸な事故で会社をたたむんですが、ご存知のように息子さんは後年、「無限」を設立します。

designersnight.jpg

フェラーリで再び
Mさんは、その後一旦車の世界から身を引き、全く異なるビジネスでイタリアに渡るのですが、やっぱり車の世界は、どこかで轍でつながっているんです。なんと、エンツェオ・フェラーリの薫陶を受けることとなり、結果、信頼を得てガンディー二さんの代理人になるのです。
でも、やっぱり、自分の手で車づくりをしたくなったんですね。この気持ちはデザイナーとしてしみじみわかります!“自分でも生涯現役デザイナーでいたい”という気持ちです。スタッフのYAMAさんとJrには、年寄りの冷や水って言われるでしょうが・・・。

マエストロたちの友情
御殿場に「ストゥディオ エンメ」というカロッツェリアを立ち上げ、間もなくダイハツのネイキッドとコペンの事走可能なショーモデルを開発したこと。
copenneked.jpg
そこには、アミーゴのためなら!と言って、かつて一緒に苦労をしたイタリアのマエストロたちが、自分の使い込んだジグと工具をひと抱え持参し、まっ平らな鉄板から猛烈な勢いで美しいボディーをたたきだしてくれて・・・などなど、拳骨のような“「板金ジグ”を触らせていただきながら、Mさんからお話をお聞きした至福の時間こと。僕の名刺ホルダーにあるガンディー二さんとジュッジアーロさんのサイン入りビジネスカードを見ながら、遥か遠い夢の世界を漂っていました(苦笑)

いつかきっと・・・
いかん、いかん!現実に戻らなくては(苦笑)
でも、このお話はいずれ機会を見てじっくり、さし障りのない範囲でお話をしたいと思います。関連したお話は、「クルマ好きだったらこんな街で暮らしてみたい―御殿場自動車生活 (NAVI BOOKS) 」(いのうえこーいち)をご覧ください。御殿場に棲んでいる車好き達のお話が満載です。

いつかさくらモーニングクルーズに集まる仲間たちを指して、「クルマ好きだったらこんな仲間たちと遊びたい」って本が出るくらいになりたいですね!

DSC_0076

あー、また妄想が始まった!でも、いつか、何年かしたら、本を出しましょう!これも妄想でしょうか?やっぱり(笑)

48の父


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

デザイナーの特権?

2010年12月21日 08:00

僕(48の父)が乗っている1948年製シボレー・フリートラインは、ボディーに3本のラインを走らせています。全体にぼってりしたボディーを、低くシャープに見せるためと、スペシャリティーのグレード感を演出するのに、実に効果的な装飾です。

DSCF0039

実はこの3本ラインは、フリートライン エアロセダンのデザインモチーフとして、デザインの重要な表現要素になっています。この処理はエクステリアだけに止まらず、インテリアでポイント的に使われています。

DSCF0042

初期型が1942年(昭和16年・太平小戦争開戦)ですから、デザインされたのはおそらく1940年頃(昭和14年)だと思います。その頃の日本車はダットサンが代表的な車で、そのような処理は見受けられません。

datsun_dc3.jpg
日経トレンディー【鉄人】日本の誇るべきスポーツカー「フェアレディZ」の軌跡を振り返るより

英国車ではMGが6角形のモチーフが大切にされ、代々引き継がれていて、MGファンはそれをアイコンとして大切にしています。

kccf68

時代はグンと近代になります。
アウディーTTクーペのワンモーションスタイリングが、その後のデザイントレンドを牽引しますが、どうもフリートラインのエアロデザインとダブります。

ttfl02.jpg

アウディーのTTクーペを見たのが1999年のグッドデザイン審査会場。( Audi TTクーペは1999年グッドデザイン金賞を受賞しました

Audi TT Fredo31
Photo by Philippe BOBET

僕は当時トランスポーターのデザイン審査を担当していて、実際に乗ってみるなど、細部にわたりしっかり観察してみました。そこでもフリートラインやMG同様、あるデザインモチーフが繰り返し表現されていたのを覚えています。円形のパターンが繰り返し、繰り返し、これでもかと用いられていたのです。

2004 audi tt coupe
Photo by chris_lori

米国、英国、ドイツと、半世紀以上たってもデザイナーはやることが同じです。車は大きなプロジェクトで仕上げるのもで、デザイナーの裁量権はそう大きくありませんが、車の性格訴求やスタイリングの整合性を豹変する!と言う理屈を謳って、「自分の仕事だ!」と、堂々とボディーにキャンバス代わりに表現したとしたら・・・!!!凄く贅沢な遊びですよね。

実は僕自身、自分がデザインしたプロダクトにサインをするように、スタイリングコンセプトを創り、型に刻んだ経験があるような、ないような?

皆さんも、ご自分の車や、身の回りのプロダクトを観察して、デザインの重要なデザインモチーフを探してみてください。もしかしたらデザイナーの仕込んだ遊びが発見できるかもしれません。

48の父


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

幸手クラシックカーフェスティバルの表紙完成!

2010年10月18日 08:00

今年の第15回幸手クラシックカーフェスティバルの表紙が出来上がりました!ヨンパチブログでいち早く大公開です!

2010幸手クラシックカーフェスパンフ表紙
クリックすると大きくなります

毎年、お手伝いしているパンフレットの表紙デザイン。今年の主役はオースチン・ケンブリッジです。クルマのキャラクターと写真の雰囲気が完璧に調和しているので、その雰囲気に合わせた控えめなデザインと、オーナーのケンブリッジに対する想いを文章にしてみました。

今年は募集台数を大きく上回る参加応募があったようです。皆さんにご参加いただきたいのは主催者側の共通意見なのですが、会場の大きさや他のイベント(ツーリング企画など)との兼ね合いもありましてお断りする事になってしまいました。
是非、惜しくも漏れてしまった方も、自慢のクルマで会場にお越し下さい。私もそうですが、来場者駐車場も楽しみにしているファンも多いと思いますので。

開催日時
平成22年11月14日(日)午前9時~午後3時まで(雨天決行)
会  場
幸手市ひばりが丘球場 広場
内  容
(1)日程 集合8:30~ 開会式9:00~ 車両紹介とツーリング10:00~ 表彰式14:30~
(2) 展示車両等  1980年以前の車(同型車は1985年以前)

今までの表紙デザイン
2000~20052006~2009

関連記事
弟15回幸手クラシックカーフェスティバル 2010 開催決定!
第15回幸手クラシックカーフェスティバル参加申し込みについて

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!