LIFE IS SWEET  還暦越え親父のサーキットデビュー

2010年08月31日 08:30

2010年の8月最後の暑い暑い日曜日。48の父が62歳にして筑波サーキット2000に初挑戦!!感想は「Life is Sweet」&「Thank you」。

tslb01.jpg
ゼッケンとガラスの飛散防止テープを貼る。これだけで愛車も勇ましく見える!?

サーキットは楽しい!
サーキットスタッフが見守る中、頂いた時間を走りきり、セブンと身体も壊さず、人に迷惑をかけずに(迷惑をかけてしまった方にはすみません(汗)帰還できました。客観的で正確なドキュメントと写真はJrに任せ、熱い批評と声援はジム・クラークさんにお願するとして、僕は「車好きなのに、なかなかサーキットを走る機会に恵まれなかった団塊親父」。あるいは学生時代ジムカーナに興じていたが、「仕事の忙しさにかまけて、車遊びから遠ざかっていたご同輩の代表」として、ちょっと背中を押す感想を書きます。
結論は、また「走りたい!」、レベルは低いですが、「なんとか15秒台で!」。そしてもう一つは「団塊世代よ、サーキットデビューをしよう」です。

62歳の軽薄と感動
事の始まりは、セブンスピード高橋社長の「あっ48さん!1台空きがあるんですけどサーキット走ってみません?」の一言でした。元来、最後の○○というお誘いには、ついつい乗ってしまう卑しい性格が災い(?)して、「あぁ、サーキットを走れるんだ」という軽薄なノリでエントリーをしました。
走行会なのでライセンスはいらないし装備は最低限度。しかし、ヘルメットは数多くデザインしていたくせに、なんと手持ちのフルフェースがない・・・。XLサイズで選択の余地のないメットとグローブを何故かオートバイ量販店へ買いに。それと、長袖シャツって言ってたけど・・・、「つなぎ(作業用)でいいんじゃない?」Jrの軽い返事を受けて、「つなぎ」は塗料で汚れているし・・・、だったら、ま、いつものブルゾン(古い!)でいいか、と思い行ってみたら、みーんな、歴戦のにおいが染み込んだレーシングスーツ・・・。ジーンズにブルゾン・・・あぁー、浮いてる(苦笑)

マシンはみんなSUPER7には変わりなく、一般の人が見れば同じ車の走行会。でも、纏うオーラが違います。おまけにクラムシェルフェンダーは数台だけ・・・というよりも、Sタイヤは当たり前のサーキット仕様。「わっ!・・・やっぱり何か間違ったみたい・・・」とここでも更に浮き上がりました・・・。

tslb02.jpg

しかし、場違いなところに行っても、何とか仰せつかった役割を演じるのがこの世代の生きざま。62年も生きていると、そんなことは何回もあって、涼しい顔してしのいできた。「じたばたしても始まらネェー」ずうずうしさと開き直りは早い。「ま、これも経験しろってことね」と観念し、深い考えもないまま時は否応なしに運命のスタートしたのでした・・・
[ 続きを読む ]

スポンサーサイト

マスコットキャラ

2010年08月30日 08:30

クルマのイメージを高める為にマスコットキャラを採用するのはよくある話。古いアメリカンマッスルカーには特にそれが有効的に使われていました。

mas04.jpg

やっぱり一番に思い浮かぶにはロードランナー。クラクションまでアニメの鳴き声を表現したモノに交換してあったりと芸が細かい。写真のデーモンの他にもダスターやスーパービーなどMOPARはそれを見ているだけでも楽しくなります。

mas03.jpg

アメリカ車以外でもコマーシャルにキャラが出てくる事はあると思いますが、ここまで主張することはないかな?・・・と、思っていましたがありました・・・



[ 続きを読む ]

スーパーラップ中?

2010年08月29日 09:00

本日はセブンスピードさんのお誘いで筑波サーキットへ行っています。



イベント名は題して「SEVEN SUPER LAP BATTLE」!!!

あれ?セブンスピードの社長の話では軽い走行会って事だったんだけど・・・(汗)ずいぶんと物騒な名前ですね・・・。ドライバーは"48の父"。還暦超えた男の意地を見せつけるか!?暑さとプレッシャーでやられているのか!?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

真夏のロケハン

2010年08月27日 08:30

各地で行われるモーニングクルーズにお邪魔するうちに、気軽に参加できるこのスタイルを地元でも定着させたいと思い、所属するカークラブ(OFCC)で企画中です。

rokehan02.jpg

エリアはカークラブの拠点がある埼玉県春日部市からカーフェスのお手伝いをしている幸手市。それとその間の杉戸町近辺です。条件は大きな駐車場があり、車でのアクセスが良く、一般の人に迷惑がかからない所。トイレがあって、コンビニか自動販売機なんかがあれば完璧です。
できれば、目的じゃなく通りがかった人にも「古い車が集まってるなぁー」って思ってもらえれば、今後の口コミも期待できますね。

道の駅なんかが手っ取り早い気もしますが、杉戸や庄和の道の駅は、一般のお客様で駐車場が一杯になっているので難しいかな。

rokehan01.jpg

写真は幸手市の権現堂桜堤の駐車場。北野監督の映画「DOLLS」のロケ地になった事でも有名になりました。広い駐車場でトイレも完備。隣にはガソリンスタンドに併設されたコンビニもあり。国道4号沿いだから近所の人はすぐにどこか分かりますよね。残念ながら高速道路からのアクセスは悪いので遠距離からの参加は期待できないかもしれませんが・・・。

cb8d687b.jpg

桜の昨シーズン(4月~5月)はちょっと他の場所や日程を変更する等の調整が必要ですが、それ以外は大丈夫でしょう。他に良い場所ありますか?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
[ 続きを読む ]

あとは考えながら作る!これが48流(ヨンパチ流)

2010年08月26日 08:30

我が「世田谷ガレージ」は、OFCCの仲間で建築家から渡されたガレージは、前回のエントリーでお話したように、壁と天井は総べニア張り、床はコンクリート打ちっぱなし。「さあ、あとは好きなように」とお楽しみのいっぱい残った半完成状態。

そこで最初に手をつけたのは、ロフトづくり。ガレージは何かとモノが増えることを想定して、入口の上に約3畳のロフトを設けた。実は、ロフトを作ったのはもう一つ理由があった。あまり大きな声では言えないが、僕は中学生以来の「隠れ鉄」で、いつかそのロフトで夜汽車の運行を楽しもうと目論んでいたのだ。当時はレールの真ん中に電気が走る3線式のOゲージを入門機として、EF58(青大将)を走らせていた。そのモデルは甥っ子にプレゼントして今は手元にない。今はとりあえず600×900の小さなシナリ―をつくりNゲージで紛らわしている。

catcycle.jpg
左:エントランスドアのブリキサインはお約束
中:どのガレージにもロードレーサーの一台くらいはありますよね?
右:リビングからガレージを見つめる猫


話をもとに戻す。ガレージの内装は黒い柱と梁、そして黒い腰壁で構成し、腰上から天井にかけて白い漆喰を塗った。土蔵風にしたかったのだ。天井はガルバの波板を張ってシーリングファンを取り付け、スポット照明をつけ、思いがけない訳ありジュークボックスが入り・・・。アレっ!?と気がついたら、いつの間にか昭和38年が年代不詳、住人(車とのマッチング)不明のガレージになっていた(爆)

ジュークボックス

コンセプトが大切!なんて、大見えを切ったが、まっ、それなりに居心地のいい土間に仕上がったと思う。結果はともかく、「ネコパブさん」に紹介されるかっこいいガレージには及びもつかないが、自分で汗を流せば、流した分だけの満足感が得られる。駄目だったらやり直せばいいし、新しいイメージが湧いてきたら、また時間を作り直せばいい!車の改造と同じように、ガレージも時間をかけてチューンナップすれば愛着が湧くというものだ。だって自分のガレージだもの。これが自作ガレージの醍醐味だ。

これを実行するには、アイデアと根性のほかに道具がいる。僕が助かった欠かせない道具に、「卓上スライド丸のこ」と「深切り丸のこ」がある。
卓上スライド丸ノコ
家を作ってくれた工務店さんにもらったものだ。これ一台あったおかげで、本当に仕事がはかどった。これと電動ドライバーがあればほとんどの事ができるだろう。ぜひ参考にしてほしい。

48の父 馬場 了


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!