新作Tシャツの紹介15 Z POWER!!!

2013年09月30日 08:00

zpower.png
Z POWER Tシャツ

ブログで紹介するのをすっかり忘れていた「Z car(ズィー・カー)」(日産フェアレディーZのアメリカでの呼び名)のドラッグレーサーTシャツです。クリスマスツリー(ドラッグレースのシグナル)のグリーンランプが点灯した瞬間にチューンナップされたエンジンが唸りを上げてナロードされたデフにビッグトルクが伝わりホイールスピンをしながらスタートする様は、正にアメリカンモータースポーツを象徴するシーンでしょう。

1969-1978 NISSAN FAIRLADY Z

これだけアメリカで愛されている日本製スポーツカーは他にないんじゃないかな。一度生産終了になったZが復活(S30をイメージして復活したZ33)したのもアメリカでの人気が大きかったからなんですよね。このTシャツを着ればカラッとしたアメリカの風を感じることができるかも・・・しれませんよ。

48 PRODUCT Tシャツショップ

Jr

スポンサーサイト

新作Tシャツの紹介14 スーパーセブンのフォトTシャツ

2013年09月28日 08:00

photot-seven.jpg
(左)P​h​o​t​o​T​ ​W​i​n​d​i​n​g​ ​r​o​a​d
(右)S​U​P​E​R​ ​S​E​V​E​N​ ​P​h​o​t​o​T


久しぶりにTシャツのデザインを追加しました。今まで撮影した写真から選んで、そのままシンプルにTシャツにしてみました。
今回、ボディーに選んだのはDALUC製の薄手でタイトフィットするタイプです。今までのヨンパチTシャツで使用していたユナイテッドアスレなどと多少寸法が違うのでご注意下さい。長袖のシャツやジャケットのインナーにサラッと着るイメージで作りました。

「Jr」の考えるクルマのカッコイイ部分を切り取りたいと思ってます。お求めやすい価格設定にしてありますので、気に入ったら是非です。スーパーセブンのTシャツは他にもあります。他にもいろいろなデザインがあるのでヨンパチTシャツショップを覗いてみてくださーい!

Jr



blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

別の視点

2013年09月27日 11:12

クラシックカーフェスティバルのシーズンがやって来ました。幸手クラシックカーフェスティバルの準備をしつつ、他のイベントにも参加しようとエントリーシートなんかを書いています。

1954 Austin Healey 100

そこで必要になるのがクルマの写真。Austin Healey 100の写真をまともに撮影していなかった事に気が付きました。クルマのシルエットがわかるように背景なんかにもこだわりたかったのですが、とりあえず・・・です。

1954 Austin Healey 100

カメラについてはこれだけ撮影しているのに関わらず、ホントに知識がなくて(苦笑)絞り優先で、被写体に寄り過ぎずに(広角で撮らない)、突っ立って撮らないで中腰やしゃがんで撮影する事(被写体がカッコ良く見える高さを見つける)を心掛けています。

1954 Austin Healey 100

そろそろ、一眼レフの機能をもう少し使えるように追求しないと・・・とは思うのですがなかなかね。作品ではなく記録だと思っているので、その現場へ足を運んだ事実が一番大事なとこ。あまり気を使わずにたくさん撮影すると・・・下手な鉄砲数打ちゃ当たる時があるんですよね。あくまでも当社比ですが(笑)これはデジタルカメラ時代の為せる業かな。

1998 YAMAHA TRX850

最近のお気に入りはこれ。iPhoneで撮影した写真です。ラーメン屋の派手は看板とオートバイです。Flickr!にアップするようになって、”外国人が自慢されたい日本”みたいな事を意識するようになりました。外国のカメラマンが撮影する日本って住んでる私達が普通過ぎて気が付かない場面を切り取ってハッとさせてくれる事あるんですよね。まぁ、その視点を持つ事ってなかなか難しいのですが、そんな事を考えていると面白いですよ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ムチだけじゃなく

2013年09月26日 08:00

また京都で痛ましい事故が起きました。(ニュースサイト)事故の被害に遭われた方々の早期の回復をお祈りします。
さて、このような事故がなぜなくならないのか・・・テレビでも話し合われていました。その中で昼間のワイドショーでは危険運転致死傷罪の適応拡大をするべき・・・みたいな事が語られていました。まぁ、罰則を強化する事もひとつですが、自動車運転のスキル向上や思いっきり走ることができる環境だって同じくらい語られて欲しいものです。サーキットみたいな大規模なコースなんてなくたっていろいろできると思うんだけどな。

Demolition Derby @ Potomac Speedway
Photo by BKL

この写真はアメリカのデモリションダービーの様子。ボロボロのクルマを改造してぶつけ合い生き残りをかけるゲームです。衛星放送で一度観た事がありますが、皆さんいい笑顔してましたよ。

湾岸や工業地帯で非合法に行なわれているドリフト遊びなんかも、サーキットじゃなくて、廃校になった自動車教習所なんかでできたりしてさ。ラジコンの世界ではドリフトタイヤなるグリップしないタイヤをあえて装着してサーキットを走る遊びが一般化しています。本物のクルマでもタイヤに低μを作り出すカバーをはめて走るような動画を見た事があります。高まったクルマの限界をちょっと落としてあげて、比較的安全なスピードで限界走行を楽しめるような工夫はあるんですよね。

D1 GRAND PRIX (NISSAN SILVIA & SKYLINE)

このように安全が確保された場所で自動車を操る楽しさを満喫できれば、一般道での無謀運転は減るような気がします。昔から若者とスポーツカーは世界的に見たって事故率は高い訳だし、簡単じゃない事はわかってますけど。それにもちろん事故を起こすのは、無謀運転だけではなく、様々な要因が絡み合いおきてしまうものなので、安全運転のアシスト機能も必要だと思いますよ。

芸能人が一日所長になって安全運転を訴えたり、ねずみ取りや白バイが路上に増える全国交通安全運動もいいけど、自動車メーカーや業界は楽しみ方をもっと啓蒙しないといけないんでしょうね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

The Descendants

2013年09月25日 08:00

邦題は「ファミリーツリー」。舞台はハワイ。ジョージ・クルーニ扮するマット・キングはカメハメハ大王の直系のファミリーで、先祖から受け継いで来た広大な土地を管理する立場にある。その広大な土地の売却とファミリーの問題に直面して・・・といった内容です。公開当時に映画館で鑑賞したのですが、映画内で流れるハワイアンミュージックに浸りたくて改めて観てみました。

2006 Honda Accord
06hondaacord.jpg

マット・キングの愛車としてホンダのアコードが出て来ます。日本ではインスパイアのベースとなったクルマですね。カメハメハ大王の直系で広大な土地を所有し、その土地の売買が新聞で報じられる程の男がアコード・・・。父親からの教えを守り、自分の信念もあり、弁護士で得た収入で質素に暮らしているようです。不動産で得た収入は他で管理してるのかな?その誠実さにシルバーのアコードはピッタリだと思いました。

Jeep Wrangler
1997 Jeep Wrangler
Photo by Christopher Toumanian

家族の問題で悩みながらも、先祖代々受け継いできた土地を皆で見に来る場面があります。その島でコテージの管理をしているいとこのラングラーに同乗して牧場のようなオフロードを走り抜けます。オープンのジープとハワイの風が気持良さそうでステキなシーンでした。

この頃のクライスラーは務めていた三菱で扱っていた事もあってなんとなく馴染みがあります。ジープと共に過ごすライフスタイルってどこか憧れもあったりするんですよね。都会を走るジープもそれはそれでカッコイイのですが、やっぱりこのクルマは泥汚れも気にせずに荒れ地を駆け回る姿に惚れ惚れします。やっぱり頼りになるタフな道具としての付き合いだろうな。

他にも生活の足としてVOLVOのワゴンなんかが出て来ましたね。自動車をフィーチャーしているような物語ではないのですが、登場人物のキャラクターとクルマがフィットしてるのは大事ですよね。映画の内容は、気持のよいハワイの風景とハワイアンミュージックとはウラハラに結構シビアな部分もあるのですが、最終的には家族の絆や受け継ぐ事への真摯な態度みたいなものが描かれています。先祖代々受け継いで来たハワイの広大な大地に比べれば私達のクラシックカーなんてちっぽけなモノかもしれませんが、相通ずる所もあると思いますよ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!