日曜日はさくらモーニングクルーズ Vol.38ですよ!

2014年01月31日 08:00

2月2日(第一日曜日)は毎度おなじみさくらモーニングクルーズの日です。



今年一発目のさくらモーニングクルーズは過去最大規模の台数になりました。



お正月だからこれた人、お正月だからこれなかった人もいたかと思います。来れなかった方の為に今年からちょっと新しいルールが出来た事を改めてお知らせします。

あたらしい「さくらルール」
・撤収は11時45分にします(12時までの15分間は世話人で事後確認の時簡とします)
・ゴミとタバコの吸い殻は持ち帰りましょう
・コンロなど火の使用は厳禁となっています
・駐車場内での空ぶかしや試走は厳禁です
・駐車場の出入りは徐行しましょう
詳しくはコチラへ



今までは12時までで、その後自由解散だったのが11時45分と区切りを付けた事が大きな変更です。今までもゴミの問題等があった訳ではありません。ただ、公園管理の方に許可をもらって駐車場を使わせて頂いているので、どこまでが私達の責任で使用させてもらったのかをハッキリさせる為だとご理解下さい。



それ以外は基本的に今まで通り。楽しい時間を共有しましょう。

48baner.gif

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

今年もストリートカーナショナルズはお台場で

2014年01月30日 08:00

毎年エントリーしているMOONEYES主催 28th Annual Street Car Nationals®(以下SCN)の開催が決定しました。

日時:2014年4月13日(日)
場所:東京お台場青海 Parking N&O Area



心配していた開催場所もいつものお台場に決まって一安心・・・って言うのは、今年からニューイヤーミーティングの開催場所がお台場から富士スピードウェイに変わったから・・・。以前もこの件で記事を書きましたが、青海駐車場が今後全く使えなくなる可能性もあったのでSCNも他の場所で開催になるのかと心配していたのです。



この写真は2000年のSCNの時で千葉ニュータウンで開催。砂利だったのでラジオフライヤーも転がしにくかった(苦笑)写真のデータを見るとCASIO QV8000SXって初めて買ったデジカメで撮影したようです。懐かしいなぁー。
お台場で落ち着く前はいろいろな所でやっていたのですが、やはりお台場はクルマに興味のない観光やショッピング目当ての方の目にも留まる場所でもあり絶好の立地なんですよね。



お台場で開催ですが、会場は例年より狭くなるようで募集台数が1000台から600台に減っています。2/15からのエントリーをリマインダーに入れておきましょうね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

一体何者?

2014年01月29日 08:00

昨年の11月に行なわれたクラシックカーフェスタin神宮外苑。貴重で素晴らしいコンディションのクルマがたくさん並んでいて最高だったのですが、特に注目を集めていたのが特別展示の3台。



そのウチの1台で完全に復元されたパブリカスポーツ。もちろんヨタハチのベースとなったクルマ。特徴的な戦闘機のようなキャノピーは独創的なデザインですね。1962年の東京自動車ショーに向けて開発され、反響が大きく1965年にTOYOTA SPORTS800としてデビューします。



恐らくその東京自動車ショーの写真がこれですよね。


Photo by Michiel V

この写真をアップしてくれているのがMichiel Vさん。フリッカーでお互いの写真についてコメントをするくらいなのでどんな方なのか全くわからないのですが、日本の古い写真をたくさんお持ちです。恐らく日本に滞在をされていたんだと思われます。


Photo by Michiel V

このパレードシーンも貴重ですよね。ガラスハッチをスライドして外し、そこに着物姿の女性が風船を片手に乗っています。プリンス・スカイラインとダットサン・フェアレディも特別なナンバーでパレードをしたのでしょうか?英語が得意ならいろいろ聞きたい写真がたくさんなのですが・・・


Photo by Michiel V

【緩募】英語の得意なクルマ好きな方(笑)

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

古道具市で

2014年01月28日 08:00

ハンドメイドバイシクルフェアが行なわれたのは科学技術館。ついでに行った事がなかった靖国神社へ参拝に行ってきました。まず本堂へお参りを済ませ、お目当ての遊就館へ。



しっかりとレストアされた零戦や・・・



タイで走っていた機関車を見てきました。入館料を払いその他の資料も拝見したのですが、そちらは撮影NGだったので写真はありません。

クルマはもちろんオートバイや自転車が好きなワタクシ「Jr」ですが、飛行機や列車にはほとんど興味がありません。戦闘機の方はその成り立ち上、素直に「カッコイイ!」と思なかったりするのですが、このような力強い鉄の機械然とした機関車を幼少の頃に見て育てば列車も好きになっただろうなぁーと思いました。新しい発見です。

quincy.jpg

参道脇でやっていた古道具市でこんなのを買ってきました。金属の質感やクラシックなフォントなどに惹かれてしまいまして。私達の開発しているハウスインナーにもこんなプレートが付けられたらいいなぁーと思っています。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

あなたのために

2014年01月27日 12:08

週末にハンドメイドバイシクルフェアなるイベントに行ってきました。



台湾や中国で大量生産された自転車が安価に手に入る時代。スポーツの世界でもそこで作られた高性能、高品質のカーボンフレームが世界を席巻しています。



でも、ちょっと前までは日本は世界に誇る自転車生産地域だったんですよね。その技術は競輪のおかげもあって細々とですが受け継がれています。



プロと同じマシンが手に入る。これはF1やMotoGPなどでは考えられない幸せな事で贅沢な事であり醍醐味の1つだと思いますが、自分の体格や体力、用途、好みに応じてビルダーが世界に1台を作ってくれるってのも非常に贅沢な事ですよね。



このLEVELの自転車は150cmくらいの身長でも無理なく乗れるロードバイクです。カーボンバイクの場合はたい焼きのように型を作って生産していくので細かいサイズ調整は難しく、体格の劣る日本人が乗るサイズは結構適当に作られている、もしくはラインナップにない場合も多いのです。しかし、スチールフレームであればこのように柔軟なサイズに対応がしやすいんですね。



例えばランニングをする時にブカブカのシューズで走らないでしょ?スポーツの道具としてこれは致命的です。



クルマの世界でもオーダーで1台から・・・って話、昔はありましたよね。フレームとボディーが別だった時代に。今でもカロッツェリアにワンオフでボディーワークを頼むなんて話もありますが・・・



高級カーボンバイクを買う金額よりずっと安く自分専用の自転車が作れる・・・これも自転車の大きな魅力かもしれませんね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!