幸手クラシックカーフェスティバルのエントリーはお済みですか?

2014年08月29日 10:32

今年も開催が決まった幸手クラシックカーフェスティバル。19回目を迎える関東でも老舗の本フェスは2014年の今年も11月の第2日曜日に埼玉県幸手市権現堂にて行なわれます。

第19回幸手クラシックカー・フェスティバル2014の申し込みについて



19回目ですから、今までも様々な取り組み、企画をしてきました。一昨年からはじまったヤングクラシックスとミニスワップミートは特に好評で今年も続行です。クルマを並べながらちょっとしたガレージセールをしてみたい・・・そんな需要ってたくさんあったんですね。



自分では使わなくなったものを必要な方に引き継げるリサイクル効果はもちろん、他の参加者や来場者の方々とよりコミュニケーションが取りやすくなるのが一番のポイントだったりするんですよね。


昨年より砂利部分は整備されてなくなりました

国産旧車が多い幸手クラシックカーフェス。更にヤングクラシックス(昭和のクルマ)としてクラシックにはまだ早い80年代のクルマもエントリー可能となり幅広い来場者にとって"日常にあった懐かしさ"を刺激してくれるでしょう。

エントリーは既にはじまってます。毎年、締め切り間際の頃には、どうしてもスペースの都合でお断りしなければなりません。皆様、早めのエントリーをオススメします!

エントリーはこちら
48PRODUCTホームページから開催要領書、エントリー用紙をダウンロードして下さい!トップページを下にスクロールするとダウンロードリンクがあります。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

基本パーツを開発中

2014年08月27日 16:55

ハウスインナーの可能性を広げてくれるハウスインナーパネル。規則的に配置された四角い穴を使って様々なものを取付けることができます。

hi_panel.jpg

汎用的に使えるフックからスケートボードや自転車をハンギングする専用品まで様々なバリエーションを開発しています。

hi_tanauke1.jpg

今日紹介するのはこれです。なんだかわかりますか?

hi_tanauke2.jpg

もうおわかりですね。棚受けです。今までも市販の棚受けを使って棚を加工して取付けていますが、今回は各穴のパンチングへ簡単に取付けられるようにしてあります。1度取付けても、その後に簡単にレイアウトを変更できる楽しさがあります。それ以外にも工夫があるんですがそれはまた今度。ヒントは拡張性です。

hi_trusimage.jpg

スタイリングのモチーフはハウスインナーのトラス部品。その他、丸穴を開けたタイプを試作しました。ちょっと棚受けにしては凝り過ぎな気もしますが、機械好きをくすぐる雰囲気になったと思います。基本パーツの充実で、そのカタログを見ただけで妄想が暴走するような魅力的なラインナップにする為にがんばります。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

Land Cruiser is Back!!!

2014年08月26日 11:25

ついに正式に発表になりましたね。ランドクルーザー30周年記念で70が期間限定で復活です!SNSで私の友人達もこの話で持ちきりなっており、こんなにファンがいるのかと驚きました。



また今回、日本市場に初めてダブルキャブピックアップトラックを導入することに関しては「基本的に私はショートホイールベースの2ドアを出したかった。ただ中々、国内の規制というのは厳しくて、国内では復活できないような規制、決まりごとがあって、(導入するには)ほとんど新しい車を造るのと変わらない状態までやらなければいけないことがわかった。そうはいっても最低限2モデルは出したいという中で、急きょ、ダブルキャブなら出せるということで、決めた」と明かした。
レスポンスより


2ドアショートも捨て難いですが、ピックアップが選ばれたのは嬉しいな。

私もエルカミーノに乗っていた事もありピックアップトラックは大好き。それはきっとアメリカ映画の影響が色濃くてね。スクリーンの中でも日常を感じさせる道具としての佇まいがいいんですよ。オーストラリアに行くまではピックアップ天国はアメリカだと思っていました。

lc40stake.jpg

これはオーストラリアの降り立ってすぐに駐車場で発見したランクル。牧場で使われているのか?現役感がたまらなくカッコ良かったです。



アメリカ本国では息絶えたセダンピックアップが至る所で使われていて・・・



更にその亜種とも言えるクーペピックアップまでもが存在感をアピールする。もちろんカンガルーバーを装着してね。



とりあえずバンじゃなくてトラックがないと話にならないのか?雨が少ないとかいろいろ条件もあるんでしょうね。

今回、復活するランクル70のWキャブピックアップもそんなオーストラリアで鍛え上げられてきた本物です。素で乗るのも良いですが、テーマを決めてカスタムするのも楽しそうですね。荷台の広さは可能性の大きさ。遊びのギアを満載にしてレジャーに使うのもいいし、仕事でデイリーユースするのもカッコイイ。

このランクルの反応に気を良くしてトヨタがレトロイメージの最新ランクルをもっと作ってくれたらいいのにな。FJ Cruiserじゃちょっと大きすぎし、豪華すぎるのでもっと小さいレトロの皮を被ったブランニューを。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

また走り出す為に

2014年08月25日 12:14

暑い時期はすっかり足が遠のいてしまうガレージ。ビルトインの適切な大きさのガレージであれば空調を入れるのも現実的なのですが・・・とりあえずスポットクーラーの風の来る範囲で作業をしていました(苦笑)



いつも自転車は部屋の中でいじることが多いのですが、複数台のバイクを一緒に作業するとか、汚れそうな作業なんかはやっぱりガレージの方が効率が良いですね。溶剤も気兼ねなく使えます。

pos_panasonic2.jpg

ブログ初登場のパナソニックオーダーバイク。ツール・ド・フランスやパリ〜ルーベなどのビッグレースでも勝利を収めたレーシングバイクです。レース供給機材と市販品が同じかどうかは置いといて、80年代後半から90年代はかなり売れた自転車でした。当時のフィットネスブームで自転車を購入したバイクを走れるようにして欲しいって依頼は自転車屋さんにも多く入っているようですね。コイツは弟が高校の入学祝いに買ってもらった自転車です。

pos_panasonic.jpg

私の三連勝のようにレストアしながらって方法もありますが、今回はとりあえず安全に走る事ができるように消耗品の交換、グリスアップをして当時の雰囲気を懐かしみつつ、今後の展開を考えたいとの事。

クルマもオートバイも自転車も走らない状況で保管しておくのと、ちょっと手を加えれば動けるようにしてあるのとでは大きく違いますよね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

セルフ撮影なグーグルストリートビュー

2014年08月22日 08:00

新しくリリースされたグーグルのカメラアプリで48HQとその周辺を撮影してみました。



グーグルストリートビューみたいに画面をグルグルと回すことができます。スカイツリーもキレイに写っているでしょ?街灯とかぶらない位置で撮影すれば良かったな・・・反省。今度はライトアップされたスカイツリーを撮ってみようかな。

hiwhite2700.jpg
※『ハウスインナー』は株式会社クルーの登録商標で、自立式空間構成フレームを核とするホビーライフ応援システムです。

最初はハウスインナー®の中で撮影してみたんですけど近い所はなかなか合成が上手くいかないようで画面がややホラーに(苦笑)カメラをゆっくりと動かすとか、ぶれない用に高さを固定するなど方法はありそうなので今度またトライしてみようと思います。

この3D画像を頼りに48HQまで遊びにきて、ハウスインナー®を体感して下さい。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!