ヨンパチカーゴ

2014年11月28日 08:00

48PRODUCTでイベントに出るときなどに荷物を運ぶカーゴとして活躍してくれていたステップワゴン。外観はシンプルなミニバンスタイル。プラスチッキーでチープな内装に取って付けたような木目パネルがアメリカンな感じで気に入っていました。イベントで荷物を満載にするのはもちろん実家で飼っている秋田犬を載せたり、自転車をそのまま突っ込めたりと活躍してくれました。



ただ、ずっと馴染めなかったのは軽薄さ。アクセルを軽く踏めばミニバンとは思えない加速。絶対的に手応えのない軽い操作系。これはメーカーの個性でもありますが、ミニバンには必要あるのか?と疑問に思っていました。落ち着きがなくて疲れるんですよね。気兼ねなく使える道具としてそこだけは惜しかった。その気兼ねなさを兼ね備えたワゴンにしたいなぁと次期ヨンパチカーゴとしてチョイスしたのが・・・

Peugeot 407SW


RS-UNOさんに探してもらいました。新車だとフル装備で凄くお高いのに中古になるとびっくりするくらいお安くなってしまうクルマ。きっとそれには理由があるんでしょうけど・・・。それでも新車の軽自動車の半分以下で買えちゃうんだからありがたい。
発売当時にはちょっと引いてしまった猫目もいまでは中途半端に枯れた感じで愛おしく思います。大きく空いたグリルも後期型はメッキ仕上げになっていてアストンに見えなくも・・・スイマセン言い過ぎました。

この伸びやかなボディーのおかげで走りはおだやか安定志向。それでいてアクセルをグイっと踏めばちゃんと反応してくれます。シートも大きく快適ですね。ドイツ車までとはいきませんが、手応えのある操作系も好みで長距離運転もへっちゃらな感じ。ただフロントオーバーハングの長さはいただけません・・・ナンバーは簡単にアスファルトとKISSします。



ステップワゴンほどの積載量は期待できませんが、ルーフラックなどである程度までは補えるかな。さっそく自転車を積んで遊びに出掛けたりしています。しばらくよろしくな!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

48LAB 2.0

2014年11月27日 11:06

今までハウスインナー®開発の場となっていた48LABに製品版のハウスインナー®をインストールしているよとお伝えしましたね。その日のうちに赤いハウスインナーを組み立てて、今ではこんな風になっています。

ハウスインナー® RED

前の水色もクールででしたが、やっぱりガレージには赤が似合う。ツールキャビネットなどとの相性も良く定番カラーですね。そこに薄型のショーケースやお馴染みの自転車ラック(ダミーヘッド)、DIYで作った折りたたみテーブルなんかを取付けました。

hi_ex4.jpg

開発の場は48HQに譲り、もっとパーソナルな実例を見て頂ける場所としてとして48LABは生まれ変わります。要は自転車とクラシックカー好きの6ホイール・ライフの現場となる訳ですね。ショールームは万人向けのセッティングになりますが、ここはひとりのオーナーが実在する場所なのでもっと尖ったリアリティーのある場所となります。

healey100garage.jpg

この生まれ変わった48LABですが、近日発売の雑誌に掲載して頂く事になり取材がありました。ガレージに関するDIYの特集にはハウスインナー®がピッタリでしょう。どんな記事になるのか?私達も楽しみにしています。詳細が見えて来たらまたお知らせしますね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ハウスインナーのショーケース 2

2014年11月26日 11:31

ガレージングEXPOでお披露目したハウスインナーのショーケース。とにかく大量のコレクションを効率よく、更にミュージアムのように飾りたい・・・そんな欲求を満たしてくれる商品です。

hi_showcase1.jpg

こちらの開発も続けていますが、同時にちょっとライト版の薄型タイプも開発しています。それがこれ・・・

lite_showcase1.jpg

薄型のショーケースになります。ハウスインナーの柱の奥行きにピッタリ納まってしまうので圧迫感がありませんね。小さなスケールであればこれくらいの方が使いやすいかもしれません。
背景に写真などをセットする事ができるようにしました。これだけで飾ってあるガンダムの世界観が表現できていると思いませんか?F1を並べて背景にピットが並ぶホームストレートの写真を貼るのも良いでしょう。

lite_showcase2.jpg

バックパネルはハウスインナー用の角穴パンチングパネルを使用しているのでフックなどもそのまま使えます。ブリスターパックのまま下げておく事なんかも出来ますよ。
アクリル製の棚に陳列していますが、この角穴を利用したブラケットで空を飛んでいるような表現なども出来そうですよね。夢が広がります。

lite_showcase3.jpg

薄型なので他のパネルと一緒に並べても違和感なく溶け込むのも魅力的。数はないけど大事なコレクションを並べたい・・・そんな方もいらっしゃいますよね?もちろんミニカーやフィギアだけでなく、大会で勝ち得たメダル、古いカーバッジ、時計など使い方はいろいろありそうです。

『ハウスインナー』は株式会社クルーの登録商標で、自立式空間構成フレームを核とするホビーライフ応援システムです。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

デザインコンクリートワークショップ見学

2014年11月25日 08:00

小屋展示場やガレージングEXPOで一緒にイベントに参加しているカントリーベースさんがデザインコンクリートのワークショップを開催するとの事で、開催場所の山崎工務店(埼玉県新座市)さんへ見学に行ってきました。

デザインコンクリートでかわいいウェルカムボード作り
dc02.jpg

玄関先やガレージの良いアクセントになりそうですね。この手法を覚えればガーデニングの小物等いろいろなアイデアをカタチにできそうですね。

dc03.jpg

私が会場へ到着した頃には、参加者の皆さんが思い思いのアイデアで最初のモルタル造形を終えた所ででした。ここからどんな風に出来上がって行くのか・・・楽しみですね。

dc05.jpg

私は小屋展示場の時に造形は体験させてもらったのですが着色の方は未経験。やはりリアリティーを出すには着色が大事です。

dc01.jpg

もちろん最終的にはセンスが必要になりますが、コツや勘所を惜しげもなく!?丁寧に解説してくれるので「わたしにもできるかも!」って挑戦したくなりますよ。そんな訳で48HQでも開催できるように計画してみようと思っています。ブログやFacebookでお知らせしますが、ご興味のある方は是非コメントやメールを下さい。詳細が決まればこちらからご連絡を差し上げます。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

48PRODUCT TEST TEAM

2014年11月20日 08:00

サイクルモードに出展した件についてはレポートさせて頂きましたが、予告していたシクロクロスレースについてはまだでしたね。

レース当日の朝は早い。TTのハッチに簡易サイクルキャリアを取付けてまだ渋滞が始まる前の高速道路に滑り込みます。やはりお気に入りのクルマで会場入りするのは気分がいいですね。便利だからって何でもハイエースがいいわけじゃない。

audittonbicycle.jpg

レース会場は特設コースですから事前に試走をする事は出来ません。当日の朝、はじめてコースの全貌を知る事になります。幕張のコースはオフロード初心者にはちょっと面食らうようなコース設定。急な坂を下り、すぐ180度ターンして自転車を担ぎながら駆け上がる二曲坂やMTBのようなバンプやキャンバー、テーブルトップなどが含まれます。

csgate.jpg

多少の戸惑いはありましたが、どうしようって言うよりはワクワクの方が適当なテンション。試走を3〜4周ほどして乗車して抜けられる場所と降りなければクリアできない場所を確認。本当は試走を通じて自分なりのレコードラインを探すべきなんですけど、速そうな人の走りを参考にいくつかのポイントはラインを描けました。

START!!!
c32start.jpg
Photo by シクロワイアード

2列目だったか3列目からスタート。集団で第1コーナーに入って行くあの感覚。一瞬の静寂を号砲が打ち消し自転車の「シャーッ」って音と息づかいしか聴こえなくなる瞬間。カテゴリーは下位でもそこにはそこの戦いがあります。


Photo by Hisanori Ueda

ほとんどの事がはじめての経験で引き出しには何もありません。体力もなければ技術もない。でもその分上達が感じられるので楽しいんですよね。この担いで坂を登る所だって自転車を持ち上げる必要があったのか?速い人は転がしている人が多かったんですよ。そんなちょっとしたミスが重なって体にダメージを与え蓄積される・・・

katsugi.jpg
Photo by 輪工房

最終的にはトップにラップされずにゴールはできましたがその中では最下位。C3のドアマットと自虐的に言ってます(苦笑)結局は引き離されてしまいましたがレース中は競い合うような場面も楽しめましたよ。課題はたくさんありますが、とにかく楽しめたって事は強調しておきましょう。



このイベントの目玉は何と言ってもナイトレース。DJがプレイする音楽と滑るように走る自転車のヘッドライトが幻想的。しかもトップカテゴリーの迫力あるレースに集まった観客から大歓声が途切れる事なく続いていました。F-1も都市型のナイトレースが開催されるようになりましたよね。ナイトレースはともかく、郊外にわざわざ足を運ぶ事なく、興味のなかった人に見てもらえるってのは大きい。さくらモーニングクルーズの開催場所だって一般の人に気が付いてもらえるって事も重要視して会場を決めましたから。

どうですか?面白そうでしょ?下位カテゴリーならシクロクロスバイクがなくても参加できます。MTBの人もいますし、ロードバイクでとりあえず参加してみる人もいるくらい。興味がある方は日本シクロクロス競技主催者協会のWeb Siteでスケジュールを確認してみては?

今回のエントリーにある通り「48PRODUCT TEST TEAM」の名前でレースに参加しています。こうして遊びながらも自転車を楽しむライフスタイルをテストしているんです。そこで得た経験や感覚をハウスインナー®なんかにどんどん反映していきますよ。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!