尾道ジーンズから考えるエイジング

2016年12月28日 08:00

漁師が1年はいたデニム、価格2倍に… 人気の秘密は?(朝日新聞)
「2万2千円の新品デニムを漁師が1年間はいたら、4万2千円の中古デニムに」そんな企画を尾道ジーンズプロジェクトが始めたようです。様々な職業の方にジーンズ1年間履いてもらってそれを買い取り、タグには「漁師」とか「介護士」などと記して売るそうです。技術が進んでダメージジーンズもかなり自然なものが増えましたが、機械的に行うウェザリングではなく、実際にワークウェアとして使ったユーズドにストーリーを加えて売る・・・面白いアイデアですね。

jenesbike.jpg

学生の頃はジーンズ育てるのは特に難しいことではありませんでしたが、社会人になると週末しか履かない・・・そんな人も多いですよね。色落ち、当たりの出方はその人の骨格や習慣、それにワークから生まれるもので自分で育てるのが一番なのはわかっていますが、なかなかね。そう考えると自分と似たライフスタイルの方を選んで購入するなんてのもいいだろうし、あえてハードに使っていそうな漁師さんを選ぶなんてのも面白そう。ダメージからいろいろなことを想像するのも悪くない。

jr_bb.jpg
Photo by Kensaku Sakai

個人的にはメーカーが新品にダメージを与えたものを高値で売ることに若干の戸惑いがありました。ダメージは目に見える現象で、もっと大事なのはそのアイテムと過ごした時間だったり、長年かけて自分にフィットさせた機能だったりするからです。それを目標に風合いの楽しめるアイテムを新品はダサいけど着続けるのです。

写真のジャケットは4年、ブーツは3年、ジーンズはまだ1年未満かな?それぞれ時間を過ごしてきました。そうやって使おうと思うとタイムレスでシンプルで飽きないモノを選ぶようになるんですね。20代の頃にはなかなか目移りしちゃってできない事でした。

ustotan.jpg

私たちも扱っているこのUSトタンもダメージ加工をした製品です。サビは塗装で表現してあるので穴が開く事もありません。さきほど偉そうに語った事とは相反する事かもしれません。でもそれを受け入れられるくらいに大人になりました(笑)それは諦めているわけではなく、そういったアイデアや企画を柔軟に取り入れられるくらいの軽やかさを持っている方が生活は楽しいって事に気がついたのです。

yama_houseinner1.jpg

何でもかんでも自分でこだわり続けている、いつしかそれが苦行みたいになってきちゃいますからね。

例えばオートバイのエンジンをオーバーホールするのに作業台が欲しいなぁと考えます。DIY派なら自分で作ろうと考えますよね?そこから作業に耐える強度を考え、大きさを検討し、制作方法を調べ、材料を買いにいく。いつしか木工が趣味になってオートバイのエンジンはそのまんま・・・それも楽しい脱線だとは思いますが、それだったら作業台買ってしまったら目的だったエンジンオーバーホールを追求できていたかも?

ハウスインナー 赤

ガレージの基本骨格はハウスインナー®に任せちゃえばいいし、作業台だって簡単に設置できちゃいます。雰囲気を作るのにデザインコンクリートやダメージ加工したトタンを使えば、クラシックカーの雰囲気にピッタリ合うバックヤードガレージができちゃいます。環境整備はこれらに任せて、あなたはホビーをもっともっと楽しんで下さい。

そう考えるとジーンズのダメージくらい尾道の漁師さんに任せてしまってもいいんでしょうね。




この記事が2016年最後のブログ記事となります。平日は毎日更新を目指して95パーセントくらいは達成できたと思います。毎日見に来てくれる皆様がどれくらいいるのかわかりませんが、アクセス数と「いいね!」の数は大きなモチベーションとなりました。
来年も私たちが考えるホビーライフについて徒然なるままに書いていきます。さくらモーニングクルーズ、ハウスインナー®などを通じて皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。来年もよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

ちょっと遅くなりましたが・・・メリークリスマス

2016年12月27日 08:00

連休前にYamaさんが描いていたイラストがこちら。アップがクリスマスからずいぶん過ぎてしまってますが・・・メリークリスマス(苦笑)

ロードスター イラスト クリスマス

Yamaさんも乗っていた初代ロードスターはそのうちTシャツのモチーフとして登場することでしょう。シクロクロスの会場にもロードスターをトランポにしている方もいますしね・・・6ホイールライフシリーズかな?

santa411ssrally.jpg

ちなみに昨年はダットサンとサンタでした。それがこのTシャツになったことを考えるとね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

ブランドロゴ

2016年12月26日 15:21

Webで面白い記事を見つけました。
ワニもポニーもいらない ブランドのロゴを避ける消費者たち
ポロシャツやサングラスなど大手ブランドのロゴマークを消して使う人が出てきたそうです。

 イリッチさんがラコステのシャツを着るのは質が良いからだが、ロゴマークは「これ見よがし」だと感じている。クロコダイルのロゴマークがマーケティングプラットフォームとして使われていることは不快だという。
「どうして私がただで他人の宣伝をしなければならないのか」(WSJより)


「ブランドマークを身につけたい人はもういない」とアバクロンビー・アンド・フィッチ(アバクロ)の主席デザイナー、アーロン・レビーン氏は言う。(WSJより)



私の知る限りで、これは特別新しいことではありません。1977年ロンドンから世界へ急激に拡大したパンクムーブメント、その影響から生まれたスキンヘッズもフレッドペリーの月桂樹をサインペンで塗りつぶして着用していました。それは商業主義へのアンチテーゼ、反体制のアピールだったわけです。

現在はそれらに加え、インターネット広告モデルの拡大により、ブランドロゴを身につける事が無料で広告宣伝の片棒を担ぐことと感じられるようになったってことかな。

ブランドロゴはダサいのか?
そのブランドの理念に共感しリスペクトすれば、そのロゴを身につけることが誇らしい事もあるでしょう。単純にグラフィックデザインとしてこのロゴが気に入っている場合もあるでしょう。

48PRODUCT

そんな私たち48PRODUCTもロゴマークを作っています。オリジナルデザインのTシャツにはこのロゴマークが入っているものもありますね。知る人ぞ知るブランドとかロゴの楽しさみたいなものもあってか、気に入って身につけてくれる方もいて大変嬉しく思います。

hisugitoside.jpg

一方ハウスインナー®にはロゴマークは入っていません。シリアルナンバーには製造メーカーとして名前が入っていますがそれだけです。ロゴマークをあえて貼り付けなくても唯一無二の製品ですからその必要もないのかな。

消費者としての立場で考えると、ロゴなしは大いに賛成!例えばロードバイクなどレーシーなスペックになればなるほどメーカー名やロゴマーク、過剰なグラフィックが付いて回ります。欲しいのはそれじゃないのに。ラーメン屋の「ニンニク抜き」みたいに「ロゴ控えめで」が選べたらいいのにって思います。(最近はカラーオーダーができて選ロゴを同色のマットとクリアくらいにできるメーカーもありますね)

メーカーとしては・・・?やはりこれもロゴなしを求められるのは嬉しいことですね。本来の価値を理解して気に入ってくれるわけですから。それも踏まえて、ロゴマークを身につけたいと言ってくれるファンはもちろん最高のパートナーみたいな意識はありますけどね(笑)

こうやってお互いが成熟していけば粗悪品にロゴマークだけ付けた偽造品のマーケットは縮小していくのかな。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

6 ​W​h​e​e​l​ ​l​i​f​e​ ​#​7​ ​O​n​e​ ​d​a​y​ ​i​n​ ​t​h​e​ ​C​X​ ​r​a​c​e​ ​v​e​n​u​e

2016年12月22日 08:00

シクロクロスレース会場で最近密かに注目を集めるクルマがあるんです。それがこのVWゴルフ。この程よく枯れた年代のゴルフは良い意味で力が抜けていて雰囲気にマッチしていると思っています。

6 Wheel Life

デザイナーのYamaさんの個人的な趣味もあってゴルフモチーフが多いとお気付きの方もいらっしゃるでしょう。(過去のゴルフデザイン1)好きな人が描く事もあって勘所を掴んでいるのかな?反応がある(ご購入いただけている)のでどんどんアイデアが浮かんでくるようです。他の車種もリクエストしているんですけどね(苦笑)

6wheelgolf2.png

デザイン説明
根強いファンがいるゴルフ2、チューニングの幅や車体バリエーションも豊富ですね。その中でも特徴のあるカントリーでシクロクロスに出場しているシーンをイラストにしました。反対側にはJDMなゴルフがスタックしていますw



golfcxt.pngswetgolf.pnglongtgolf.png

今回は半袖のTシャツの他にラグランロンTとスウェットも設定しました。もちろん各ボディー共に豊富なサイズとボディーカラーからお選び頂けます。注文が入ってからのインクジェットプリントで恐らく注文から5営業日くらいでお手元に届くと思います。3枚以上で送料は無料、週末にはクーポンが発行されることもあるのでぜひ会員登録をされてはいかがでしょうか?

6ホイールライフ Tシャツ
専用ボックスに入って届きます

このデザインにビビッと来た方はぜひご注文ください!

6 ​W​h​e​e​l​ ​l​i​f​e​ ​#​7​ ​O​n​e​ ​d​a​y​ ​i​n​ ​t​h​e​ ​C​X​ ​r​a​c​e​ ​v​e​n​u​e アイテム
(下記のリンクで販売サイトへジャンプします)

半袖Tシャツ
ラグラン長袖Tシャツ
スウェット

このデザイン以外にもたくさんのオリジナルデザインTシャツをオンデマンド販売しています。ぜひ48PRODUCT Tシャツショップをご覧下さい!

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

団塊ジュニアのノスタルジックカー

2016年12月21日 12:03

学生時代の同級生が乗っていたクルマでカルチャーショックを受けた1台がパルサーGTI-R。

393 Nissan Sunny (Pulsar) GTi-R N14 (1992)
Photo by Robert Knight

大衆向けハッチバックにシルビアに乗せていたエンジンを搭載。大きなタービンと前面に取り付けたインタークーラーによってパワーアップ。そのパワーをフルタイム4WDで路面を蹴っ飛ばすように加速します。当時オートバイの免許しか持ってなかった私もオートバイでは味わえないターボの加速感とトラクション、そして羊の皮から少し狼の牙がはみ出したような凄みに興奮したのでした。

元々二枚目なスーパーカーには当時あまり興味がなかったし、整備専門学校では確か実技テストの待ち時間にWRCのビデオが流されていて、その影響もありラリーベース車にヤラれてしまいました。WRCに関して全く詳しくないんですけどね。

1992-1996 MAZDA FAMILIA GT-R

ですから大衆車をベースにホモロゲ取得のため限定でハイパワーなクルマを作っちゃうって手法には手も足も出ないくらい惹かれてしまうのです。

TOYOTA COROLLA WRC

トヨタだったらセリカが年代的にドンピシャですがスタイルとしてはクーペよりもハッチバックのカローラの方が好き。

1990 MITSUBISHI GALANT VR-4

ハッチバックではありませんが大衆向けセダンのギャランはこの時代で一番好きなラリーベースカー。しっかりとヘッドクリアランスを確保したキャビンスペースや力を入れやすいドアハンドルなど質実剛健で野暮ったい雰囲気が逆にプラス。ボルボやベンツのツーリングカーとイメージが重なります。

90年代初頭は良い時代でした。前にも書きましたがいわゆるクラシックカーにノスタルジックを感じることはなく、私にとっては新鮮に受け取っていますが、この辺のクルマには徐々にノスタルジーを感じるようになっていくのかもしれません。

現在ガレージにあるダッツン411もアウトランダー PHEVもラリーベースカーなのは偶然ですが、いつか90年代ラリーベースカーを本気で探す日が来るのかもしれません。良いタイミングでコンディションの良いギャランVR-4やランサーエボ(1〜4くらいまで)と出会えますように。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!