メカニカルドーピング

2017年01月31日 16:02

昨日ですが「強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道」なんてニュースが飛び込んできました。朝のTVニュースでも取り上げられていて驚きました。ちょうど1年前にシクロクロス世界選手権でベルギーの選手が自転車フレームにモーターを仕込んでいるのが見つかり処分が下されました。

gruber_assist.jpg

今回は薬物ドーピングでLe Tour de France7連覇を剥奪されたランス・アームストロングや現在の絶対王者クリス・フルームらも使っていたんじゃないかと言われています。薬物に関してはグレーな部分がたくさんあるのでルールの範囲ギリギリで使っている選手はまだいると思います。でもメカドーピングはどうなんでしょうね?

TOYOTA CELICA GT-Fore ST185

1995年にトヨタのWRCチームがレギュレーシン違反を犯してポイントの剥奪、翌年の出場停止になったのを覚えている人も多いでしょう。吸気制限を解除できるカラクリで自転車選手で言うと気管支拡張剤(喘息薬)みたいなもんかな。効果は自動車のエンジンの方がすごいと思いますけどね。目まぐるしくレギュレーションが変わるF1でも解釈の違いを逆手にとるようなアイデアで他を出し抜くようなマシンが出てきたりして面白かったりするのですが、それとは次元の違う安易なペテン行為はそのスポーツの価値を落とし、結果的に自分たちの不利益になることでしょう。

TEAM SKY
フルームの所属するTEAM SKY

まだ疑惑の段階ですが、このニュースが飛ばし記事であることを願うとともに、検査の厳格化、新たな方法が必要なんでしょうね。

※ 現在でも無線スキャン装置や馬用のレントゲン装置などを使って検査することがあるようです。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

スポンサーサイト

カラーマッチング

2017年01月30日 11:28

先週末の6ホイールライフは、シーズン後半戦に入った自転車レースへ。

IMG_7664

アウトランダー PHEVに自転車から工具、スペアホイールやアップ用のローラーを満載して会場へ。冬の早起きはちょっと苦手ですが、夜明けの高速道路は嫌いじゃないです。

レース前

もう3シーズン目となり、レースまでの時間の過ごし方も慣れたもの・・・と言いたいところですがなんだかソワソワして落ち着かないんですよね。肝心のレースの展開と同じで(苦笑)

colormuch.jpg

フリートラインカラーのフルオーダー自転車にぴったりのカラーの靴下はポートランド空港のカーペット柄をモチーフにしたもの。成績がついてくれば最高ですが、幸いな事にそれで生活をしている訳ではありません。競争ですからいつでもトップを狙っていますが、それ以外にも楽しみ方はあるんですよね。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

手軽に必死に思いっきり

2017年01月27日 12:11

ちょっと前にMTBのハンドルをカットしました。電動グラインダーで一気にチョップしてもよかったのですが、取り外すのが面倒なので自転車に取り付けたままハンドソーでシコシコと。自転車のハンドルは軽量化を狙って薄いアルミでできているのでそんなに大変じゃありません。ケータハムのサイクルフェンダー化の時もヘッドライトのステーをハンドソーでカットしたけどこれは大変だったな。カットしたらバリをヤスリで削ってグリップを元に戻せば完成です。

IMG_7474.jpg
ソーガイドを使えば誰でもまっすぐにカットができます

最近のMTBはハンドルの幅がすごく広い状態で売っています。MTBは元々ビーチサイクルを改造して生まれました。その後アメリカのビルダーが試行錯誤を重ね、当時自転車の生産地だっ日本でOEMフレームが作られ発展し世界中でブレイク。現在ではフレームはカーボン製になり、前後にサスペンションを有する高性能レースマシンが活躍しています。それに比例してレースは高難度・高速化し、操作性を考慮してハンドルバーもワイド化していったようです。

koheyY.jpg

でもそれはトップカテゴリーのレースの話。近所の森で木々の間をくぐり抜けるにはそのハンドルバーでは引っかかるし、私の体格ではハンドルが広すぎて肩が凝ります。そこでフィールドと遊び方、体格を考慮してハンドル幅の最適化をした訳ですね。全くお金のかかっていないチューニングですけど、この効果は抜群でした。こんなトライ&エラーができるのが楽しいんですよね。シクロクロスレースに関しても同じで(自分なりに)必死に走っているから小さなトライでも結果が出るのでチャレンジできるんです。良くも悪くもね。

これが手軽にできるのが自転車レースの面白いところだと思います。特にダート系の遊びはリスクが少なく楽しめるのかな。ミジェットカーやオートバイのフラットトラックレースなんかが近いのかもしれません。でも、なかなかそんなシーンが日本にはないんですよね。

DSC_0374

気軽にクルマやオートバイを思いっきり走らせる事ができる場所ってどうにか作れないものですかねぇ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

シノケンとVR-4

2017年01月26日 10:55

皆さん今週末のご予定は決まっていますか?まだって方はこんなイベントいかがでしょう?1月29日(日)長野県南牧村主催の冬を楽しむイベントがあるそうです。

15994780_1290777957677270_1750636459124967168_o.jpg
八ヶ岳グレイスホテルFBページより

雪上サイクリングやい犬ぞりレースも興味あるのですが、ココを見に来てくれるあなたには「雪上ドライビング」に目が行ったことでしょう。それもあのシノケンこと篠塚健次郎さんの同乗走行があるんですから!



篠塚健次郎さんはこんなクールなVR-4を所有しているだけで胸が高鳴ってしまいます。現在は清里でペンションを経営する傍ら雪上ドライビングのスクールなども開催しているそうです。

私は残念ながら他の地域で開催されるシクロクロスレースに参加するために行けないのですが、ご興味のある方はぜひ野辺山高原まで足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

プレッシャー

2017年01月25日 08:00

Jrが所有した最初のオートバイはカワサキの空冷4発。Z400GPという中型バイクでした。もう18歳でクルマの免許取得も可能でしたが、それは後回しでとにかくオートバイに乗りたくて。小学生の時から憧れていたオートバイを手に入れた時の興奮は今でも覚えています。

kawasaki motorcycle

当時は限定解除(大型自動二輪)の免許を取得するのは非常に面倒なものでした。なにしろ一発試験しかなかったなんて信じられない世代の人も多いのかもしれません。オートバイ誌には、試験にチャレンジするライダーの体験談の投稿コーナーなんてのもありましたよね。

元々は普通自動車免許があればオートバイも乗れた時代もあり、次に(排気量の限定がない)オートバイの免許ができて、私が取得するずっと前には排気量別の免許制度が確立していました。その理由は事故の多発、暴走族の問題など社会問題が背景としてあったと理解しています。それなのに、なぜ教習所で大型自動二輪の免許が取得できるようになったのか?

それがアメリカからの圧力だったなんてのは若い人には信じられないのかも?

HD
ちなみに高速道路の二人乗りも同時期にできるようになりました

平成6年(1994年)の資料がネットに残っています。駐日アメリカ大使館を通じて自動二輪の規制制度の改善を要求したことが記されています。こんなんで覆るなんて呆れてしまいますよね。今まで何だったんだろう?って。事故が多いから乗せない。臭いものには蓋をしろって感覚だったのか。白バイの権威を保つためか?

とにかくこれによって私も1997年には大型自動二輪免許を取得できたわけです。

Tochigi Touring
あっという間にツーリングは大型バイクばかりになりました

アメリカの大統領が変わりました。アメリカを再びグレートにするためにアメリカ人を雇いアメリカ製品を買え!と高らかに宣言しています。そのスローガンが書かれた帽子は「Made in China」ってところもあって何を要求してくるかわかりません。

1955~1957 CHEVROLET Bel-Air

ついにFORDが撤退するなど日本ではアメリカのBIG3は日本で存在感がありません。アメリカでは日本車を過剰に保護していると言っていますが、別にアメリカ車に関税がかかっているわけではなく、単純に使用環境に適合しないのが主な理由(ボディーサイズが大きい、燃費が悪いなど)でしょう。なので大型自動二輪のようにどちらも納得できるようなアイデアがあるのか難しいところ。

私たちのようなクルマ好きにとってはうまい事大排気量車の税金が安くなったりしないかな・・・ミラクルを期待してしまうのですが・・・環境問題が深刻な状況でそんな事はないですよね。5,000cc以上V8に限り自動車税を減税します!なんて夢のような要求が通ったりしないかな(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!