ヘッドライトの正常進化

2014年10月27日 08:00

Audiのおかげで流れるウインカーが認可されるそうで、BMWが火付け役になったイカリングヘッドライトに続いたカスタムトレンドになりそうですね。トラック野郎かナイトライダーのどちらを連想するかで世代がバレます(笑)
ウインカーと違ってすぐにカスタムパーツで取り入れる事は難しいけど、注目はこっちのヘッドライトですね。


新型アウディA8のヘッドライトには、片側に25個のLEDを使用した「マトリクス LED ヘッドライト」が採用されております。
このヘッドライトは対向車や前走車、また歩行者を検知し、ハイビームで照らした際に、まぶしくならないように暗くしたり、その部分だけロービームにしたりと、約10億通り(9億6,610万5,422通り)に点灯が可能であるということです。
フロントウインド上部に設置されたカメラセンサにより前方の状況をリアルタイムで認識し、ハイビームの光によってまぶしいであろう対向車や歩行者の存在と位置を確認して、対応する位置のLEDハイビームを消灯させるというものです。


電球式からプロジェクターを経てHIDやLEDなどヘッドライトは進化して来ました。とにかく明るく!その進化は安全製を高める事にあったかもしれませんが、明るいから平均スピードが上がることにもなっているとか。



私もあまり明るいヘッドライトは好きではありませんし、古いクルマ(シールドビーム式)に乗ると見えにくいのでスピードはかなり遅くなる事を実感しています。これについては良いのか悪いのか判断が難しい所ですけどが、明る過ぎてドライバー本人はいいけど、周囲のドライバーには迷惑ってのは避けたい所。



そんな問題を一気に解決できるのがこのAudiのマトリクスヘッドライトになりそうですね。気分はル・マン24hよろしくスピードの出し過ぎには注意ですけどね。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

  1. 通りすがり | URL | -

    明るすぎるヘッドライトは、正直迷惑です。
    あと、過度なフロントフェイスの飾りライト。
    ヘッドライトをチューンするなら、光軸は頻繁に整備してください。

    by 全高の低いクルマ乗り。

  2. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    Re: タイトルなし

    明るいヘッドライトは現状他者への迷惑になるケースが多いですよね。カッコイイ(と思っている)スモールランプの意匠を魅せる為にフォグランプを点灯して走っているクルマも見かけます。パッシングで知らせてもパッシング仕返してくる始末で本人は「アップで走ってねぇーよ」って事なんでしょうけど・・・。
    そんな現状を打破するのがこのマトリクスヘッドライトになるかも!?って記事ですが・・・ちゃんと理解してくれていますか?

    > 明るすぎるヘッドライトは、正直迷惑です。
    > あと、過度なフロントフェイスの飾りライト。
    > ヘッドライトをチューンするなら、光軸は頻繁に整備してください。
    >
    > by 全高の低いクルマ乗り。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1014-ea967a15
この記事へのトラックバック