作業はスマートに

2014年12月17日 11:33

過去にメカニックを生業としていた私。その頃から苦手だったのがしゃがんで行う作業です。床にウエスや段ボールを敷いてその上にブレーキだとか部品を並べて整備するスタイルがどうにも苦手でした。床の埃も気になるし、疲れるし何も良いことはないと思いますが、結構床で作業する人が多いんですよ。

austin_garage.jpg
奥に見えるのはハウスインナー®のモックアップモデル(単管パイプ製)

メカニックの人数の対して、それなりに2柱リフトが設置されているような工場だったので自分が楽な姿勢で整備するようにしていました。ドラムブレーキの整備だって目線の高さに合わせれば楽だし効率もあがります。部品が単体になる場合は作業台まで持って行くとかね。CS放送で海外の整備やカスタムの風景を見ていても床で作業をしている人なんていませんよ。日本人は畳生活に慣れ親しんでいるからってのはあるんだろうけど、畳の需要は減ってるしイスで生活してる人の方が大半でしょ?作業環境を整える事に無頓着な人って多い印象があります。

hi_6w_bmr3.jpg

そんな経験があるからハウスインナー®の自転車整備ラックは整備しやすい高さを考えてデザインしました。吊り下げる方式なので力のかかる作業は苦手ですけど、それ以外の調整や整備の方が頻度は多いはず。

tire_table.jpg

その他の作業もこうやって作業台の上で行ないます。これはTUタイヤをホイールに貼付ける作業ですが床でやっている人が多いんじゃないかな。自転車のホイールで言うと振れ取りなんかはしっかりとした作業台がなければ床でやった方がいいってのもあると思いますが・・・そこで作業台に求められるスペックって決まって来ますよね。

yousetsu.jpg

溶接作業を行うなら鉄の天板が欲しいだろうし、どれくらいの重量物を載せるかで剛性も決まって来るでしょう。ワークの大きさも、作業の精度も関係して来ますね。万力や電気スタンドを取り付けられるように考えておくのも結構大事。

tableset.jpg

この折りたたみテーブルはノートパソコンの操作くらいしか考えていないので、ホームセンターで手に入る簡単な部品でDIYしました。もちろんハウスインナー®ならもっと頑丈な作業台が設置できます。折りたたみ式の作業台・・・開発中です!

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1049-b20e98d4
    この記事へのトラックバック