いろいろな価値観

2015年01月22日 08:00

昨年何度もニュースになっていましたがアメリカのオークションでクラシックカーの価格が高騰しています。記録的な価格となったフェラーリなんかは全く関係のない話しですが、それ以外のクルマも軒並み値段を上げているとか。

250-gto.jpg
参考:2014年のクラシックカー・オークション、高額ベスト10のうち9台がフェラーリ!(オートブログ記事)

日本では一部の人気車を除けば、クルマへの投資意欲も下がっている感じがします。バブル期に日本にたくさん輸入されたクルマが本国へ買い戻される現状はそれを物語っているのでしょう。



昔は海外のオークションからクルマを探して持って来てもらう方が船便代を考えても安かったのですが、現在は円安もありますしなるべく日本にあるクルマを探した方がいいでしょう。あれば・・・の話しですが、昔から人気のある英国車なんかは比較的日本でも探せたりしますよね。
日本メーカーのクルマも当然投資の対象になっていて2000GTやハコスカなんかも桁違いの値段が付いていたりします。



個人的には自動車を投資対象になんて見られないし、普段のアシグルマだってリセーリュバリューなんて事考えた事もないのですが、たまたま自分が好きになってしまったクルマが希少価値の高い高価なクルマだったら不運だろうな・・・と思いまして。

いや、待てよ。希少価値が高いって事もひとつの魅力だと考える人ならそれも必然か。逆に私の場合不人気ってファクターがよりそのクルマを愛おしく感じるポイントだったりしますからね。

73malibu.jpg

不人気 is プラス査定です(苦笑)

Jr

人気ブログランキングへ
自転車人気ブログランキングへ


楽天で自転車の部品を探す
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1067-1937b91b
    この記事へのトラックバック