デザイナーの特権?

2010年12月21日 08:00

僕(48の父)が乗っている1948年製シボレー・フリートラインは、ボディーに3本のラインを走らせています。全体にぼってりしたボディーを、低くシャープに見せるためと、スペシャリティーのグレード感を演出するのに、実に効果的な装飾です。

DSCF0039

実はこの3本ラインは、フリートライン エアロセダンのデザインモチーフとして、デザインの重要な表現要素になっています。この処理はエクステリアだけに止まらず、インテリアでポイント的に使われています。

DSCF0042

初期型が1942年(昭和16年・太平小戦争開戦)ですから、デザインされたのはおそらく1940年頃(昭和14年)だと思います。その頃の日本車はダットサンが代表的な車で、そのような処理は見受けられません。

datsun_dc3.jpg
日経トレンディー【鉄人】日本の誇るべきスポーツカー「フェアレディZ」の軌跡を振り返るより

英国車ではMGが6角形のモチーフが大切にされ、代々引き継がれていて、MGファンはそれをアイコンとして大切にしています。

kccf68

時代はグンと近代になります。
アウディーTTクーペのワンモーションスタイリングが、その後のデザイントレンドを牽引しますが、どうもフリートラインのエアロデザインとダブります。

ttfl02.jpg

アウディーのTTクーペを見たのが1999年のグッドデザイン審査会場。( Audi TTクーペは1999年グッドデザイン金賞を受賞しました

Audi TT Fredo31
Photo by Philippe BOBET

僕は当時トランスポーターのデザイン審査を担当していて、実際に乗ってみるなど、細部にわたりしっかり観察してみました。そこでもフリートラインやMG同様、あるデザインモチーフが繰り返し表現されていたのを覚えています。円形のパターンが繰り返し、繰り返し、これでもかと用いられていたのです。

2004 audi tt coupe
Photo by chris_lori

米国、英国、ドイツと、半世紀以上たってもデザイナーはやることが同じです。車は大きなプロジェクトで仕上げるのもで、デザイナーの裁量権はそう大きくありませんが、車の性格訴求やスタイリングの整合性を豹変する!と言う理屈を謳って、「自分の仕事だ!」と、堂々とボディーにキャンバス代わりに表現したとしたら・・・!!!凄く贅沢な遊びですよね。

実は僕自身、自分がデザインしたプロダクトにサインをするように、スタイリングコンセプトを創り、型に刻んだ経験があるような、ないような?

皆さんも、ご自分の車や、身の回りのプロダクトを観察して、デザインの重要なデザインモチーフを探してみてください。もしかしたらデザイナーの仕込んだ遊びが発見できるかもしれません。

48の父


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

  1. バオヤッキー | URL | -

    実にデザインは奥が深いですよね。

    自分の満足、関係者の満足、使う人の満足、それら全員の意見を整理し集結させなければいけないわけですから本当に難しい仕事だと思います。

    いやぁ~考えさせられます。

  2. 48PRODUCT「Jr」 | URL | -

    バオヤッキーさん

    あまり整理と集約をしていくと結局つまらないものになりがちな気もするので、個人的にはどこかとんがってて、でもそこが好き!みたいな納得が欲しかったりします。きっとバオヤッキーさんもそのタイプじゃないかと(笑)

    でも受け取る側としては、直感的に「なんとなく好きだから」と選んだ物に巧妙な仕掛けがあって、それを読み取っていくのも面白いのかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/112-0fcca6b0
この記事へのトラックバック