29th Annual Street Car Nationals 2

2015年04月28日 11:05

昨日のつづき。今日はアメリカ車を追って行きましょう。まずは、個人的に好きなクラスになるコンパクトセダン。アメリカ的なコンパクトであって日本ではクラウンより大きいのですが。

DSC_0127

日本で言うカローラやサニーでアメリカの3台メーカーにそれぞれラインナップされていました。一番のお気に入りはこのDodge Dart。最近イタリアンなルックスで名前が復活しましたね。

DSC_0238

フォードからはファルコン。コイツは一世代前になりますが、丸っこいボディーがファニーで人気です。オープンもあれば4ドアセダンもあるしワゴンだってトラックだってあるんですよ。まさにサニーみたいですね。

DSC_0116

GMからはCHEVROLETのNOVAがエントリーするのが普通ですがCORVAIRにしておきましょうか。人気のあった輸入小型車に対するCHEVROLETの回答。アルミニウム製、空冷、水平対向型6気筒エンジンをモノコックボディーのリアに積んだ意欲作でした。安全性の問題などもあり販売は思わしくなく消えて行きました。マスタングやカマロなんかと比べると当時は時代遅れに写ったと思いますが、50年代の雰囲気と新しい時代へのチャレンジが感じられてカッコイイですね。

いつも言ってますが、この辺のクルマを下駄にして涼しいか押して乗るのがカッコイイなぁーと妄想するのです。エルカミーノに乗っていた経験があるので、これくらいなら少し気をつけるだけで気持よくドライブできるくらいのサイズです。裏道に入るのは慎重になりますけどね。

DSC_0158

そう考えると日本車のサイズ感がやっぱり魅力的に思えます。農道にだって躊躇なく入れるでしょう。

DSC_0129

ただ、サイズから来る伸びやかさなんかは絶対に日本車では表せない部分。

DSC_0131

部品の心配を余りしなくても良いのも魅力的だったりします。圧倒的にパワーもありますしね。

DSC_0107

乗り込めば、そこには古き良きアメリカの匂いで溢れています。

DSC_0239

今はそんなに熱くなっていませんが、いつか手元に置いて涼しい顔で転がせる日が来るでしょう。だってずっとずっと変わらずに好きなんだもん。コンパクトな大衆車で元気なエンジン・・・皆も好きでしょ?

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1128-297104e3
    この記事へのトラックバック