第26回 トヨタ博物館 2015クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

2015年12月01日 08:00

2013年にAustin Healey 100で参加したトヨタ博物館主催のクラシックカーフェスにフリートラインで参加しました。会場の規模やパレード走行等を行なうこともあって出展車両は少なめ。トヨタ博物館が希望車両の中から毎年厳正なる審査をして選ばれます。

【シボレー フリートライン エアロセダン(1948年)アメリカ:GM】「フリートライン」は戦前の大型車である「スペシャルデラックス」の上級グレードでした。 第2次世界大戦が終わり、1945年10月にシボレーは自動車生産を再開しました。 ...

Posted by トヨタ博物館 / TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM on 2015年11月19日


同じ車種が並ばないようにするのはもちろん、トヨタ博物館の展示車両を持って来るのでそれとのバランス等も含めてテーマを決めて選定しているんだと思います。今年はその中の1台に1959のインパラがあったのが良かったのかな?会場内のでデモンストレーションドライブをする事も依頼され、最終的に特別賞も頂いたそうです。1948年のフリートラインは人気車種なので日本に何台も現存するのですが、ローライダー系カスタムベースになる事がほとんどでノーマル状態で稼働しているのはかなり珍しいんですよ。またアメリカ車がこのようなクラシックカーイベントに参加するのは少数で、どうしてもアメリカ車だけで集まってしまう傾向にあります。そんな事からも来場者の方には新鮮だったんじゃないでしょうか?

V8 HOTRODだけがアメリカ車じゃない!

そんな訳でInstagramで見つけた写真をシェアさせて頂きます。撮影ありがとうございました!

Classic car festival

Takehiko Hagaさん(@t_gaha)が投稿した写真 -




明治神宮外苑 トヨタクラシックカーフェスティバルなう。 #トヨタ #クラシックカー #イケメン

Emi_19910611さん(@emi_19910611)が投稿した写真 -







Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

掲載メディア
9年目を迎えた「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」レポート(Car Watch)

トヨタ博物館賞
Car Watchより
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1270-ca4fb92f
    この記事へのトラックバック