模型製作とハウスインナー®

2016年01月13日 08:00

お正月に久し振りに会った友達の息子に影響されてね、久し振りにガンダムのプラモデルを作ったんですよ。メガサイズは5年前にザクを作っていたので組み上げにかかる時間とか検討付いたので休み最終日の夜一気に!

ganplaworks.jpg

Macを机の奥にグッと押し込んで狭いデスクで作業を。このプラモデルがスナップフィットって言って接着剤もいらないし、色プラ(あらかじめ部品がランナー単位で色付けされている)なので塗装なしでもそれなりに見えるからね。

rx78-1.jpg

有機溶剤が入らないのでこんな作業環境でも出来ちゃう訳。でも部品が大きいからちょっとは手を入れないとおもちゃっぽい。そこでスジの部分に墨入れをしてリアリティーを演出。これも専用のマーカーがあるから簡単です。

rx78-2.jpg

そこから、本当はつや消しのスプレーを吹いてプラスチック感を消そうと思ったのですが、それをやるにはこの環境ではできません。スプレーはしっかり買ってあるので一度大まかにバラして作業をしたいとは思っています。

kickdownhidesk.jpg

最初からハウスインナー®の作業台で作業してればつや消しスプレーまで一気に作業を進められたんですけどね。今は自転車の工具が並ぶハウスインナー®の作業台ですが、プラモデルの塗装まで考えた作業環境をハウスインナー®に作るのも面白いかもしれません。

hi_rc1.jpg

取り付けた作業台の上に換気扇をインストールしておけばそんな事も可能ですよね。エアブラシを使うにもホースを柱の中に通線できるのでスッキリと機能的な作業環境が手に入るんじゃないかな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1295-d6ba397b
    この記事へのトラックバック