東京オートサロン2016 2

2016年01月19日 14:01

昨日のつづきです。一時期より痛車(かわいらしいアニメのキャラがラッピングされた車)は減りましたね。あれだけ増えたのは世間的な萌えキャラの目新しさと技術と商売の目新しさがあったフルラッピングの相性が良かったんでしょう。

DSC_0208

フルラッピングの提案はまだまだたくさんありますが、表現としては次の段階に入っているようですね。ちなみにこのGT-Rはフルラッピングではないと書いてありましたけど・・・。

DSC_0323

単純にアニメのイラストがデザインされているキャラモノは減りましたがキャラを使ったプロモーションはまだまだ元気。ガンダムとコラボしたシャア専用オーリスも新しいバージョンが登場しました。

Mazda RX-7

映画の公開に合わせたタイアップ等も・・・

DSC_0305

新しい86にもサイドにはこんな感じでアニメキャラクターが貼ってあります。こんなの効果あるんかいな・・・って正直思ったけどポスターやこの車の写真を撮って行くアニメファン(リュックの飾りなどから推測)がいましたよ。

DSC_0226

クラシックカー風に改造するパターンもいろいろありましたがパンプキントラックフェイスに変身した日産キューブには驚かされました。

DSC_0357

正統な先祖帰りとしてはこのハイエースのカスタムも面白かった。使い勝手が悪くなるような難しい事はあまりしていないけど、しっかりと過去のオマージュが表現されています。

DSC_0227

もっと地味なオマージュだとこれ。新型ロードスターが初代ミアータのブルーを纏って登場。こんなのだってありですね。

HONDA STEPWAGON

ここまでやっちゃうと遊園地の乗物みたいになってしまいますが、いつも面白いアイデアを実現化している専門学校の車は楽しみにしています。これ、ステップワゴンですって!

今日はここまで。明日でオートサロンレポートは最終回です。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1299-12116e9a
    この記事へのトラックバック