伝説の天才レーサー浮谷東次郎展

2010年08月25日 08:30

エラン

お台場のMEGA WEB内ヒストリーガレージで開催されている伝説の天才レーサー浮谷東次郎展に行ってきました。ロータス・エランに「がむしゃら1500キロ」に登場するクライドラー(この2台は実際に乗っていた本物!)に東次郎仕様に仕立てたヨタハチが。この1レースしか走っていないレーシングエランはすごく貴重らしいです。詳しくはカーマガジン(No.387)でも特集されているので興味のある方は是非。

クライドラー

個人的にはクライドラーに残る痕跡をじっくりと拝見したかったのですが、展示レイアウト的に無理でした。残念・・・。

leman01.jpg

ル・マンの展示もテンションめちゃくちゃ上がりますねぇー。どれもかっこいいなぁー。タミヤのCカーシャーシにマツダのボディーかぶせて走らせていた事を思い出しました。

私自身もオープン当時に行って以来でしたから常設展示も楽しめましたよ。興味のある方。がむしゃらにGOです。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ジム・クラーク | URL | -

    いや~かっとび東次郎懐かしい~。1960年代本当に良かった。オースチン、ヒーレー、MG、トライアンフ、ロータス、ジネッタ多くのバックヤードビルダーが元気でした。そして多くの労働者雇用も生み出し社会にも大きく貢献した時代です。小生の偏見を少しのべます。ロータスエラン26Rは世界で2番目に良い車です。なんといっても世界一はセブンです。3番目は250GT、4番目はイオタ、5番目はディーノといったところでしょうか。生意気なことばかり言ってすみません。終わり

  2. Jr | URL | -

    黄金世代

    やっぱり60年代が車の黄金期なんですね。アメリカ車だと50年代派と60年代派に分かれる気がします。

    ベスト5の発表ありがとうございます(笑)趣味の一貫した隙のないランキングですね。しかし世界一の車を実際に所有しているんだから素晴らしい!

    私はいつになったら世界一の車に出会い所有できるんだろう?ずっといろんな車が好きなままで決められないんだろーなー。(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/13-a1b39813
この記事へのトラックバック