東京オートサロン2016 3

2016年01月20日 08:00

ヨンパチ的には新しいカスタムカーよりもやっぱりこっちって事で・・・

TOYOTA 7

ゼッケンは8だけどTOYOTA 7と・・・

PRINCE R380

プリンス R380です。国内モータースポーツの草創期に生まれたこのライバルカーをまさか幕張メッセで見られるなんて!何も事前情報をチェックしていなかったので驚きました。

NISSAN CEDRIC

外観はキレイにレストアされたセドリックですが、中身はオーディオやら足回り、観音開きのサイドドアなど隅から隅まで手を入れられてました。

DSC_0220

ディスカバリーチェンネルの愛車自慢コンテストで賞を獲ったFIATも置いてありましたね。

RE Chantez

RE雨宮のマツダシャンテも凄い迫力でした。飛ぶように走りそうに感じるのはWRCカーみたいなマキシボディーが連想させるのかな。

DSC_0199

ざっとJr的視点で振り返った2016年のオートサロンいかがでしたでしょうか?メーカーが力を入れてプロモーションの場にする事からも影響力が大きいのだと思います。メーカーのレーシングカーを並べられてもそれはモーターショーでやりなよ・・・って思ってしまう部分もちょっとあったりしますが・・・。痛車が減り、派手なイタリアンスーパーカーもちょっと減ったかな?次のトレンドはどこにあるんでしょうね?良い意味でバカみたいなカスタムがなくて淋しい感じしませんか?

メーカーがカスタムの領域に脚を突っ込んでくるのはわかります。利幅も大きいでしょうし。ユーザーも保障が受けられるとか、何も考えずとも車検も大丈夫だとか、リセールバリューとか計算するでしょう。でもオートサロンて元々アフターパーツメーカーの祭典だったんじゃないのかな?

私ははじめてメーカーカスタムってワードを聞いた時に非情に違和感を覚えました。

恐らくトヨタのワンボックスファミリーカーがどんどん勇ましい顔になっていった頃だと思います。CUSTOMとKUSTOMの違いを真剣に議論できるような人達はきっと同じ気持だったと思います。もちろん今の時代イリーガルは推奨しませんが、その何て言うかちょっと危険な匂いみたいな、雰囲気がカスタムにはあると思うんですよね。個性を求めてカスタムして信号待ちでまるっきり同じ”メーカーカスタム”が並んだらどんな気持ちなんでしょ?

選ぶのは個人の自由だし、それを尊重しますが、メーカーはもう少しアフターパーツメーカーや市場を育てて欲しいな。こんな話は何度も書いている気がしますけど・・・。

写真はフリッカーアルバム「TOKYO AUTO SALON 2016」にアップしてあります。どうぞご覧下さい。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1300-e2593d9b
    この記事へのトラックバック