The Man from U.N.C.L.E.

2016年08月22日 08:00

夏と言えば夏休み映画。わかりやすいブロックバスタームービーに期待するのですが、今年はどうも映画館へ足を運びたいと思う作品がなく(シンゴジラは話題で波に乗るか迷いましたけど)公開時に見逃した映画を借りて来ました。

コードネーム U.N.C.L.E.
過去のテレビシリーズの映画化。ガイリッチーによって古き良き60年代を更に誇張した表現が最高にカッコ良く気持がいい。冷戦時代、核兵器を巡るある計画を阻止する為にCIAとKGBが手を組み・・・みたいなストーリーです。難しい事を考えずに観ましょう。

1984 Trabant 601 S
travant.jpg

手に汗を握るカーチェイスもちゃんと描かれていますが、冒頭はいわゆる大衆車がベルリンの闇夜を疾走します。このトラヴァントは旧東ドイツのクルマ。整備シーンからはじまりエンジンは750ccである事が語られます。このカーチェイスの結末もクールでした。

その後、富豪のパーティが開催されるサーキットシーンがあり、そこではアストン、ジャガー、PORSCHE、フェラーリ、マセラティ、ベントレイ、クーパーのフォーミュラなど一級品のクラシックカーが走っています。

LANDROVER DEFENDER 90
defender90.jpg

冒頭の冷戦化ベルリンを舞台にした街でのカーチェイスも最高でしたが、後半の大自然の中をディフェンダー、バギーそしてカスタムオートバイが走り回るシーンもたまらなく良いです。

Métisse Mk 3 Hammer
DSC_0189

そのディフェンダーを追いかけるモーターサイクルがこのマティス社のスクランブラー。マックィ−ンが大脱走で乗ったスクランブラーを忠実に再現したモデルです。今年のモーターサイクルショーに出展されていて乾燥重量135kgでストリート仕様は338万のプライスが付けられていました。空冷バーチカルツイン、Triumph TR6エンジンが美しいですね。ストリート仕様があるって事はレーサーもあります。レーサーレプリカはやっぱりいいですね。

この映画での活躍も素晴らしかったのですが、借りて来たブルーレイディスクにはこのオートバイを作っているファクトリーのレポートも収録されています。それも必見ですよ。こんなの観ちゃうとオートバイのカスタム欲がふつふつと湧いて来ちゃうんだよな(苦笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1436-3979071f
    この記事へのトラックバック