戦争の果てに

2016年10月06日 08:00

びっくりしました。「ホンダとヤマハ 2輪車の生産や開発の提携で最終調整」なんてニュースが飛び込んで来たので。

国内のオートバイの市場は、少子高齢化や若者のバイク離れなどを背景に縮小を続け、年間の販売台数は今年度はピーク時の5分の1以下の40万台を割る見通しとなっています。

関係者によりますと、ホンダとヤマハ発動機は、排気量が50CCの小型スクーターについて生産や開発で提携する方向で最終調整していることがわかりました。


hywars.jpg

ガラパゴス規格になっている50ccのスクーターを独自で開発するのが市場規模的に難しくなってきたようですね。もう数年前から大きな排気量は欧州・北米向けから、小排気量は東南アジア向けの中から選んで日本で売るパターンになっているのはご承知の通り。大型免許が教習所で容易に取得できるようになり、これもまた日本独自制度の中型免許に合わせた400ccモデルもラインナップを見るとかなり寂しい感じになっています。毎年のように過激にモデルチェンジを繰り返していたレーサーレプリカブームを知っている身としてはやっぱり寂しいですね。

1988 HONDA NSR250R

これがスズキとホンダが・・・とかヤマハとスズキが・・・とかならまだ話は飲み込めるのですが、HY戦争と呼ばれシェア争いをしていたホンダとヤマハが手を組むなんて想像もできない事でした。野球で言えばジャイアンツとタイガースが一緒になるようなもんですよ・・・いまいちピンとこないですね(苦笑)

1983 YAMAHA JOG

50ccの原付バイクに限定される動きのようですが、これでまた個性的なスクーターが産まれにくい状況になっていく事でしょう。

HONDA ZOOMER

配達等に使う業務用バイクや電動スクーターの開発も視野に入れているとか。私は現在スーパーカブ・プロに乗っています。これは新聞配達用にカスタムされたカブになりますが、実際に新聞配達ではヤマハのギアが人気だと聞いた事があります。タフで壊れないスーパーカブ神話も今は昔。タイで部品生産、熊本組み立てを経てオール中国生産になった現行カブは評判が別れるところ。

YAMAHA GEAR

2社共同で開発するスケールメリットを生かして、ついでにカブも日本向けは日本組み立てとかにならないかな・・・と淡い期待を寄せています。

oldmagazine.jpg
ガレージで最近見つけた古いオートバイ雑誌

E・ローソンがヤマハからホンダに移籍してガードナーと同じチームになった時くらいの衝撃か。この提携が限定的でありながら、コストのためだけでなく面白い動きになる事を願います。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1467-7c802c8a
    この記事へのトラックバック