自転車バッグ 試作第一弾

2017年03月28日 08:00

6ホイールライフにおいて「自転車を車内に積む悩み 」についての記事で予告した自転車カバーの試作第一弾が出来上がってきました。

泥だらけ自転車
Photo by ZERO

泥だらけの自転車を現地で掃除することなく、車内に積むために現在はラッゲージトレイとブルーシートを併用しています。安価な方法ではありますが、スマートとは言えませんよね。さらに自転車を出し入れする際に付着していた泥が車内に落ちてしまうこともあります。

IMG_8265.jpg
IMG_7190.jpg

自転車丸ごとバッグに入れてしまえばいいのでは?
自転車を電車で運ぶための輪行バッグは商品としてあるので、車に積むためのバッグがあってもいいのではないかと思っていました。今回の使い方とは違いますが前後ホイールを外して入れるバッグは以前あるメーカーが出していたのですが(現在は廃盤)、後輪を取り付けたままフロントフォーク固定用専用バッグは見たことがありません。かなりニッチな商品なのでわざわざ商品にするところはないんでしょうね。それなら作りましょう。

cyclebag1.jpg

とりあえずターポリン生地を使って袋状にしてみました。これをベースに細かい部分を詰めたいと思います。写真から見えにくいと思いますが、バッグの左下に開口部があり、フロントフォークの先端を出せるようになっています。

cyclebag2.jpg

MTBはホイールベースが長いのでフロントフォークが入りませんでした。大は小を兼ねるでいいのか。サイズ展開を準備するのか・・・。

求める機能は単純明解なので迷うことはありませんが、どうやって袋に自転車を入れるか?車内で固定する為には何が必要か?そんな事を考えたいと思います。生地もここまでヘビーデューティじゃなくていいですね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1579-723badab
    この記事へのトラックバック