【DIY】ヒッチメンバーを取り付けました

2017年07月18日 10:35

連休初日の昼間に大きな荷物が到着。この鉄の塊は。そうヒッチメンバーです。翌日も早起きして自転車に乗る予定でいつ取り掛かろうか迷ってましたが、思ったよりも部品点数も少なく簡単そう・・・

IMG_0777.jpg

今回、ヒッチメンバーを取り付けてもトレーラーを牽くわけではないので、コンビネーションを連動させるための電気配線工事、コネクター取り付けはなし。左右のステーとヒッチメンバー本体を取り付けるだけでボルトだって12本しかありませんし・・・

IMG_0780.jpg

ガレージにクルマを入れてリフトで上げて・・・

IMG_0782.jpg

既存の牽引フックを取り外し、左右のメンバーにステーを取り付けます。メンバーには予めナットが溶接されているのでそこにボルトを締め込むだけ。運転席側はマフラーの上にメンバーがあるのでちょっと大変ですが、まず簡単にアクセスできるボルトを締めこんでしまえば落ち着いて作業できます。

IMG_0788.jpg

仮止め状態のまま左右のステーにヒッチメンバー本体を取り付け。角度を見ながら本締めします。

IMG_0794.jpg

作業所間は30分ほどでした。ルーフレールのないクルマにはじめてシステムラックを取り付ける方が時間かかるかもしれませんね。クルマへの負担も少ないし、取り付け位置が低いので荷物の乗せ降ろしも簡単。使う人が増えればステーも安くなるだろうし、もっと普及してもいいのにな。

ただ、後ろからぶつけられたり、ぶつけてしまった時にヒッチメンバー本体で車両のメンバー曲げてしまうので修理代が高くつく可能性もあるのかな。バンパーで衝撃吸収せずにダイレクトに骨格が曲がるような・・・いろいろな条件があるので一概には言えませんけどね。

※車両によっては、取り付けがもっと大変だったり、簡単な場合もあるので、詳しくは各メーカーへお問い合わせください。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1657-fef68960
    この記事へのトラックバック