ルーフに雪を乗せたままはダメ!

2018年01月26日 08:00

路上の雪もだいぶ溶けてきたのでオートバイで通勤しました。(写真は月曜日の夜)まだ裏通りの日陰で雪かきをしてないところは完全に轍が凍結していて慎重な運転を要求されますが、幹線道路は問題なく走る事ができました。

48_snow.jpg

気になったのが、今だにルーフに10cm近くの厚みになる雪を乗せたまま走行しているクルマがいること。走行中にフロントガラス側に落ちてくれば視界を遮ります。ワイパーを動かしてもタイムラグがありますし、最悪の場合ワイパーが破損する場合もあります。反射的に急ブレーキをして追突される事もあるでしょう。
また風圧で雪の塊を吹き上げて後続に撒き散らし事故の引き金を引いてしまう事も考えられます。普段屋根の上に荷物をロープなどの固定なしで走ったりしますか?しませんよね。降ってから数日経った雪は氷の塊。完全に凶器になり、そんなのを乗せて走行するなんて凶器狂気の沙汰です。

オートバイで走っているときにそんなクルマを見つけると車線変更してすぐに抜くか距離をとるようにしています。ドライバーにうまく伝えられればいいのですが、言葉が通じる人ばかりではありませんからね。難しいところですわ。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!


関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1777-b723bff6
    この記事へのトラックバック