SAFETY FIRST

2018年02月26日 17:10

F-1の安全対策が議論になっているのをご存知ですか?それがコックピット保護デバイスです。飛来するマシン残骸やパーツの破片などからドライバーの頭部を保護するためのコックピット取り付け型装置でその形状はいろいろ試行錯誤されています。レッドブルがオートバイのスクリーンのような形状を発表しましたが、今はメルセデスが提案する3本の支柱を持つロールケージみたいなHALO(ハロー、ヘイロー)のが優勢なのかな。

安全対策
【F1】新コックピット保護システム「ハロ」、フェラーリが初めて実走テスト(レスポンスより)

賛否両論あるようですね。まずカッコ悪いことや重い、空力に影響があるなど。ドライバーの視界についても議論があるようですが、ヘイローを取り付けたPOVを見てもわかる通り、そんなに気になるものでもないとか。


ハローの裏から見た世界

このような安全優先の議論は最初はいろいろ物議を醸しますが、優先すべき事を考えれば結局導入されて行く事になるでしょう。ヘルメットだってシートベルトだってそうでした。

9695345133_cf8462f50b_z.jpg

クルマやオートバイだけじゃなく、例えばサイクルロードレースも。私が見始めた80年代後半、ヘルメットを被る選手は少数派でした。その後しばらくの間、長い下り(安全性)やタイムトライアル(空力)だけ被る感じでしたね。スノーボードやスキーだっていつのまにかヘルメットが当たり前になりました。平昌五輪のハーフパイプでの優勝が記憶に新しいショーン・ホワイトは子供たちへの影響を考えて必ずヘルメットを被るようにしていると。

8756380962_f5e6f4786b_z.jpg

センターに柱があるのなんてすぐに慣れるでしょ。あの姿勢で運転できる超人達の集いですから。形状はどうであれ安全最優先は仕方がない流れ。今のうちに目を慣らしておきましょうね(笑)

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1795-ad480e78
    この記事へのトラックバック