高級セダンをアピールする場所?

2019年01月10日 08:00

スポーツはやるのも観るのも好きな私。お正月は箱根駅伝を割と長い時間観ていました。スポーツとして純粋に箱根駅伝を楽しみつつ、クルマ好きならどうしたって伴走車も気になるところでしょう。

mitsubishi jeep

箱根の伴走車と言えばジープが定番でした。自衛隊に協力を仰いで行なっていたとのこと。監督がクルマから檄を飛ばす風景がCM前の過去映像でも流されていたと思います。でも走っている選手にとってはジープの排気ガスは嫌じゃなかったのかな・・・当時はそれが当たり前だったからそんな疑問も湧かなかったのか?

6491400513_d3eb8e0546_z.jpg
2011東京モーターショー Kanto Auto Works' FS Hybrid Concept

今年話題をさらったのが「トヨタ センチュリーGRMN」でした。かなりの視聴率を見込める箱根駅伝はプロモーション効果が絶大だと思いますが、大きな白いセダンに選手が追いかけているように見えたのは私だけでしょうか。それ言ったらJeepの方が怖い人乗ってそうか(苦笑)

それよりも伴走するクルマが多くて後ろの選手が見えないのが気になりました。選手の安全を保つため、レースを円滑に進めるため、テレビ中継のためなど様々な仕事があるのだと思いますが、本当にこんなにいるんですかね・・・。

SUZUKI BANDIT 1250F

選手のためにハイブリッドや電気自動車をベースにもっと小さな2輪に近い車両だったら、後ろの選手がどれくらいの距離にいるのかなど見通せます。

DSC_0295

マイクロEVなんかが活躍するような雰囲気になったらいいのにな。そんなにプロモーションの場として最適なら高級セダンよりも、もっと楽しい未来を見たいよね。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!




関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/1985-64ec907e
    この記事へのトラックバック