ナショナルカラー

2019年02月14日 11:24

トヨタから86の限定バージョンが発表されました。ブリティッシュグリーンのカラーリングとタンカラーのアルカンターラシート。更にハイパフーマンスパッケージが用意されていて専用のサスペンションやブレンボのブレーキなどが追加できるそうです。

britgreengt86.png
トヨタ86特別サイト

この限定でブリティッシュグリーンにタンカラーのシートって組み合わせ・・・どうしてもあれを思い浮かべますよね?

1989-1998 EUNOS ROADSTER

世界的にライトウェイトスポーツの復権をした初代ユーノス・ロードスター。その成り立ちを考えればこのカラーリングはお手本となったクルマへの敬意を感じるものでした。

エラン

ブリティッシュレーシンググリーンなんて言われたりしてジャガーやベントレー、モーガンなんかもこの色のイメージが強いですよね。これは過去に設定されていたモータースポーツのナショナルカラーに由来しているって事で理解していますがどうなんでしょう?

スプルースグリーン

ちなみに48PRODUCTのAustin Healey100はブリティッシュグリーンではなくスプルースグリーン。イギリスの緑にはも似ていますがいろいろ種類があります。

7974904466_875dd57ea7_z.jpg

そうなるとブリティッシュグリーンよりもまずは日本のナショナルカラーモデルがあってもいいのにね。まぁ、あまりナショナリズムを打ち出すのも賢明ではないかもしれませんが、ブリティッシュグリーン、イタリアンレッド、フレンチブルーとかシルバーアローなんて聞くと、ジャパンアイボリー(&レッド)がもう少し大事にされてもいいのにな。

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/2006-1e990fc1
    この記事へのトラックバック