サーキットサポート

2010年09月02日 08:30

昨日アップした還暦超え親父のサーキットデビューいかがでしたか?いろんな意味でバトンを渡されたので、サポート側から見た顛末記を。

以前のエントリーでもちょろっと書いてますが、実は私(Jr)は2級自動車整備士なんて資格を持っていまして、自動車整備士を8年間ほど生業としていました。
勤めていたのは某国産車自動車メーカーのディーラー。その時に何の因果かモータースポーツなんてモノに1年間だけですが関わる事があり、いくつかのチームのメカニックを担当。(その辺はまた後で、詳しく書きましょうか)そんな訳でサーキットのピットには親しみがあったりするのです。

走行会前日の準備
車検を通したばかりなので水やブレーキなどは点検済み。とりあえずエンジンオイルとエレメントの交換をしました。
実はこのSUPER7が来てから一度も下回りを見た事がなくて(汗)初めてジャッキップしてみましたが、スターターケーブルのあまりにも無防備な配線にビックリ!オイルを抜いている間に配線にコルゲートチューブを被せ、取り回しを変えました。
ホイールナットの増し締めだけ行いこの日は終了。タイヤの空気圧チェックはすっかり忘れていました・・・。

とりあえず工具は一式用意。それにブレーキクリーナーなどのケミカルに飛散防止に使うテープ類にインシュロックやエンジンオイルにウェスなど。
ピットが確保できない事を予想してテントも準備。キャンプ用の折りたたみイスにクーラーボックスに現地移動用の折りたたみ自転車をサポートカー(中古で買ったステップワゴン)に積み込みます。

当日
現地へは集合時間の1時間くらい前に到着。なんと期待していなかったピットが確保できたのでクルマを付けて準備をしました。

tslb07.jpg

当日はとにかく暑く、気温は37度!クーラーボックスには飲み物はもちろん、氷を袋に詰めて首筋等に当てられるようにしていきました。これが結構効くんです。

tslb08.jpg

クルマの方は、ライトなどテーピングとフロントのナンバーを取り外し。助手席のハーネスをテープで固定。ゼッケンを貼り、トランスポンダーをロールバーに固定しました。

tslb10.jpg

後はドライバーさんの無事を祈って応援。自転車でダンロップコーナーの方まで行って写真を撮ったり・・・

tslb09.jpg

こんな感じでサポート側もサーキットでの1日(正確には半日)を楽しみました。クルマも一度コースオフしたようですが、砂埃で汚れたくらいで持って行った工具を使う事はなし。

tslb11.jpg

遅い初体験を終えたドライバーは暑さと疲労感でぐったりでしたが、新しい刺激に大満足の様子。いくつになっても新しい経験ができるってのはやっぱり素晴らしい。それには若さ(精神的にも肉体的にも)が必要だし、その場を作る、または出会う努力が必要。その不意に現れる出会いに身を任せる事ってなかなかできないですよね。

そんな訳で次回の走行会には私"Jr"がドライバーを勤める事になりそうです。サーキットは通い慣れていますが、ピットからの光景しか知りません。今までの車歴もほとんどがスポーツ走行とは無縁の車種ばかり。峠に通ったりなんてした事もない全くの素人。そう言えばサーキットはYAMAHA XS650SPECIALでパレード走行した事あったな。カスタムによって左カーブしかまともに走れない&雨天走行でしたけどね。レッカー車の荷台に乗ってクラッシュしたレースカーを救出しに行った事もあるか・・・経験に入らないと思いますけど・・・。

はぁー、これくらい言い訳しておけばいいかな(笑)

最後に今回のベストラップを。手元に2本目までの記録しかないのですが、1分28秒667。3本目でここから2秒縮めたそうです。トップから4台は4秒台。平均で13秒くらいかな。

どうですか?セブンに乗ってるけどサーキットデビューに躊躇している方々。「こんな遅い人が走れるなら俺も!」って同士が、次回に現れる事を期待しています。

Jr


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/21-6ca2d68d
    この記事へのトラックバック