2019東京モーターショーはオープンロードに注目

2019年09月30日 14:40

今年のモーターショーは今までとちょっと違います。晴海、幕張やビッグサイトなどのインドア見本市会場で開催されてきたモーターショーですが、東京五輪準備の影響もあって、今年は半ば強制的にモデルチェンジを迫られました。



東京ビッグサイトだけに留まらず、そこからお台場周辺エリア(青海やトヨタメガウェーブなど)までエリアを広げて開催されます。青海駐車場はクルマのイベント開催実績も多数で問題はなし。更にそのエリアをつなぐ道路がモーターショーのシンボルロード「OPEN ROAD」として、小型モビリティに乗ったり、普段見ることのできない陸・海・空、様々なモビリティが見られるようになるそうです。(ココは入場料無料)トヨタのメガウェブもココにあるんだから流石だよなー。

ad0b0604cb11d69330b7fab9a2aa11824f98a7c8.png

モーターショーで発表になる新しいコンセプトや市販間近のモデルを見るのも楽しみですが、それよりもこのオープンロードを含めて会場がどのような雰囲気になるのかとても楽しみです。問題はとても1日で会場全部をカバーするのは難しそうなところかな。

新しいハンターカブ
クロスカブ110は廃止されて、125ccベースのハンターカブになるのかな!?ディスクブレーキが羨ましい。

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/2136-7f4c73f0
    この記事へのトラックバック