最悪!?セブンロードスター系のCd値を改善する

2023年10月25日 11:21

風洞メーカーの日本風洞製作所、および富士エアロパフォーマンスセンター代表取締役 Joshua Lawn 氏の旧Twitterに興味深い投稿があったので紹介します。それはバーキンセブンの風洞実験の様子。空気抵抗なんて一つも設計思想に入ってなさそうな軽トラックよりも数値が悪い(空力が悪い)そうです(苦笑)


オーナーの方ならあのノーマルスクリーンの巻き込み風を知っているでしょうから、かなりの乱流が発生している事は体験してるでしょ。レイジートップをつけた方が最高に快適ですが、それは空力的にも良い方向に作用している事が実感としてわかっていましたが、風洞実験でも実証されました。

lazytopbluespark.png

①フロントガラスが無ければ10km/h以上速い
はつけたほうが6km/h速い
③サイドスクリーンは悪影響はない。お得。
④人間が乗ってるほうが空力はいい。できれば2名のほうが最高速は出る。

前面投影面積1.22㎡

NDロードスターの約1.7㎡、R35GTRの2.1㎡などと比べると極端に小さいので、Cd値が極悪でも生値としてはそんなにバカみたいな大きな空気抵抗値ではないです。


ヘッドライトもかなりのドラッグが発生しているようで、この辺も気をつければ空力は改善しそうだとのこと。セブン系の車両でサーキット遊びをしている方々にはとても興味深い実験ですね。

lazytop003.jpg
クラムシェルとサイクルフェンダーの差はかなりありそうで気になりますね

Jr

ssalebaner.jpg
自立式空間構成フレーム「ハウスインナー®」発売中!

ssalebaner.jpg
ケーターハム・スーパーセブン用ビキニトップ「レイジートップ」発売中!


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/2496-c9d01b7b
    この記事へのトラックバック