ZOOM UP! 自動車の眼

2011年11月17日 14:36

自分でもあまり意識してなかったのですが、自動車の写真を撮影する時にヘッドライトをアップにしてる構図が結構あると指摘されました。

DSC_0341
SUBARU 1000 SPORTS

うーん、確かそうかも・・・。自動車のフロントの意匠の事を「顔」と表現しますが、ヘッドライトはやはり眼でしょうね。映画「カーズ」はフロントウィンドシールドに眼が書いてありますけどね・・・(笑)

1966 TOYOPET CORONA RT40
1966 TOYOPET CORONA RT40

そう考えればここに惹かれアップで撮影するのは必然なのかもしれません。

1964 DUTSAN BLUEBIERD P410
1964 DUTSAN BLUEBIERD P410

古いクルマの多くはシールドビーム式のヘッドライトを使うしかなく、それ自体では個性を演出できませんでした。(今はプラスチックの成形で様々な形状のヘッドライトがありますよね。 例:猫目のプジョーとか)

HINO
HINO CONTESSA<

同じ丸いヘッドライトを使用しながらも個性を演出する為にベゼルやヘッドライト取り付け位置、グリルやボンネットなどの雰囲気を含めてを工夫をしたのでしょう。

1973 NISSAN BLUEBIRD 610
1973 NISSAN BLUEBIRD 610

やっぱり眼ですから、クルマの印象ってヘッドライトで変わりますよね。

1977 NISSAN PRESIDENT
1977 NISSAN PRESIDENT

速そうに見えたり、豪華そうに見えたり、簡素に見えたり・・・

sccf62

制約があったからこそ、知恵を出して様々なトライがあったりして・・・

kccf55

それが魅力的な表情を生んだのかもしれませんね。

eye_cad.jpg

特に古き良きアメリカンカーは豪華なメッキと相まって個性的な表情が多く面白いですよ。中には失敗作も多いのですが・・・(苦笑)

eye_cov.jpg

今の方が自由度が高いのにつまらないのは気のせいなのかな?

Lincoln 15-10-2011
Photo by Martin Pettitt

まぁ、個人でこんな風にやられてる方もいるようですけどね・・・(苦笑)


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. KEiTH | URL | rIG/kuhY

    幼稚園児くらいの頃、夜間、対向車のライトだけでなんの車か当てるスキルを持ってましたw
    なのに、今の車はさっぱり。
    何故でしょう?
    幼稚園児の頃なんてシールドビームしか無かったのに。

    あ、あと、窓の外の車をルーフラインだけで判別とかやってましたw

  2. ブログ管理人「Jr」 | URL | -

    KEiTHさん

    天才幼稚園児だったんですね(笑)妙に詳しい同級生いましたよ。私はさっぱりでしたが・・・。
    ルーフラインでとか・・・凄過ぎます!

    今は、なんか複雑なラインがたくさん入ってるクルマが多くて疲れちゃいます。特に日本や韓国のクルマは・・・(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/311-b76b8b06
この記事へのトラックバック