エンジンもお手本に

2010年09月14日 11:45

シボレーエンジンは豊田AAと瓜二つ!!
このエンジンとまったく同じデザインに出会いびっくりした記憶があります。場所は名古屋の豊田産業博物館。トヨタ自動車の前身である豊田織機のミュージアムです。豊田が目いっぱいの力をこめて作った国産普通乗用車 豊田AA型サルーン>に搭載した3400ccのエンジンです。

toyoda-a.jpgトヨタ・A型エンジン

説明ボードにはシボレーエンジンを参考(というかコピー?)したとは記載されていませんでした。でもそっくりなんです。(Wikipedeiaにはしっかりとコピーしたと解説されてますね。)
豊田はアメリカ車をお手本に、日産は英国のオースチンのノックダウンから車づくりを教わって、そしていつの間にか世界の自動車"生産"大国(生産大国ですよ!念のため 笑)になったんですね。

sakura1-5.jpg
A35とノックダウンのA40 日産はオースチンから

織機メーカーがバイクと自動車産業を興す
話は少し横にそれますが、日本の三大織機メーカーをご存知でしょうか?豊田織機、僕が働いていたスズキの前身の鈴木織機、そして遠州製作所の3社で、何れも浜松と名古屋に居を構え、豊田と鈴木は自動車製造業へ、遠州さんは工作機械メーカーに事業展開するのも面白いですね。

浜松にはホンダとヤマハをはじめとした60以上のバイクメーカーがあったと聞きました。「やらまいか」というスピリットが、新しい物好きの遠州人気質をあいまって、オートバイであいつが儲けたから、おれも「やらまいか」!という具合で、街中バイク屋の社長さんだらけだったんでしょうか?そんな街と会社で、デザイナー人生をスタートできたことを幸せに思っています。

実は10年数年前から母校である日本大学藝術学部で、デザインを教えています。僕のゼミは、車やバイク、おまけに車いすとベビーカーなど、とにかくタイヤが付いているものを卒業制作に選ぶ学生が集まります(笑)。もちろん就職希望はバイクと車メーカーで、特に自分の出身であるスズキに行きたい!という学生が現れるとうれしく思います。でも、数年、ホンダさんばっかり決まっています(苦笑)。オサムさん!なんとかなりませんか(笑)。


blogランキング参加中。1日1クリックの応援をよろしくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://48product.blog135.fc2.com/tb.php/32-ac2f4c02
    この記事へのトラックバック